2005年04月30日

献花して 頭下げても 無い命 (川柳 脱線事故の報道姿勢に思う)

4月25日のJR福知山線(宝塚線)電車脱線転覆事故が起きてから、もう5日になる。
その間、TVや新聞が色々と趣向を凝らし、ここぞとばかりに速報合戦を展開している。
現在埼玉県に住んでいても、私自身に縁の深い地域の大事故だけに、
毎日我が事のように辛い。胸が痛む。
今朝もTVを見ていて、相変わらずJR西日本の記者会見内容の誤りがどうとか、
模型を使って転覆事故がどのように発生したかをアレコレ推測を加えて
一生懸命説明している。
明日、日曜日も同じ事の繰り返しと思うと少々ウンザリだ。
特に感心出来ないのは、被害者や被害者の縁者が、怒りを顕にしている画面を
延々と流し続けている事だ。
何の落ち度も罪も無いのに、突然命を奪われ傷つけられて、
悔しい、腹立たしいのは当たり前だ。そんな辛さや悔しさが分からぬ視聴者は一人もいない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「献花して 頭下げても 無い命」
事故発生状況、JR西日本の事故防止体制、プロの救援活動、責任者の追及、
被害者や縁者の怒り等どれ一つ取っても重要な問題だ。
どれ一つ欠いても報道機関として失格だと思う。
でも、チョット考えて欲しい。
TVを見ている、あるいは、新聞を読んでいる人々の大半は、
我が事のように思っていても、直接何も出来ない人々である。
直接何も出来ない我々が一番知りたいのは、万が一大事故に遭遇したとき、
自分がどのように対応し、何をしなければならないかを知ることであると思う。
視聴者も読者も報道機関も、熱しやすくて覚めやすい。私だって同様だ。
皆がカッカしている今こそ、尼崎地域の一般人がどのように対応したかを知ることで、
実体験に及ばずとも、わが経験わが知識とすることが出来る。
危機に対応出来る責任ある人間に近づけると思う。
放送時間は短かったが、今朝6時半ごろTBSーTVが行った”一般人の救援活動”を
テーマとした放送は、タイミング良し、内容良しだった。
この種の放送なら何度繰り返し何時間流し続けても十分価値がある。
新聞記事なら、何ページであろうと歓迎だ。
備考:2010/1/23 以前、別URL(閉鎖済み)で公開していたものを文章のみインポート、改行を一部変更して再公開。


posted by 三龍斎 at 09:58| Comment(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あたりまえ 出来ぬからこそ 大惨事 (川柳 一般人の救援活動に頼っていては?!)

「あたりまえ 出来ぬからこそ 大惨事」
JR福知山線事故直後に、的確な救援・救護作業が、一般人の手で行われていたとTBSテレビ(6CH)で午前6時半ごろ放送してくれた。実に心温まる話であり、頼もしい地域会社・住民達である。ニュースは途中から見たのだが、メモ出来た事は次の通り。
◎ 事故直後、本職の救援隊が到着してバトンタッチするまでに、
  率先して救援活動を行った人たち
1.近所で働いていた人
  日本スピンドル製造
  尼崎市中央卸売市場
2.野次馬
  会社の人の ”貴方が一人手を貸せば一人助かる・・・”
  との呼びかけに15人ほどが応じた
3.近所に住んでいた人(マンション住民も)
4.軽度の被害者がより重度の人たちを助けた
5.被害者が電車の中で靴を脱ぎ捨て裸足で困っていたら
  ”こんなものしかないけど” と近所の主婦から靴下を頂いた
◎ 今回事故現場にとっさに持ち寄られた物
1.水(480リットル以上)、氷(1トン以上)、タオル1000枚
2.消火器(50〜60本)
3.救急用品、業務用アルコール、ゴミ箱
4.トラック、業務用バン、自家用車
5.青シート、仮設テント、毛布(数十枚)
6.脚立(約10枚)、スコップ、バール、滑車付チェーン(3台)
◎ 今回のケースで学べる事
1.まず、二次災害を予防する事
  素人であってもこの意識が必要
2.水、氷、タオル+手近にある物の活用
  阪神大震災での経験から水・氷・タオルは3点セット
  電車の座席をタンカーとして利用した
3.兎に角大きな声を出す事
  正確な情報伝達、被害者の励ましとなる
4.プロとの連携
  地の利があるのでプロ(遠方からのパトカー等)をも
  案内・先導出来る
  専門技術が必要な事は、専門集団に譲らねばならぬ
  例えば重症患者には手を出さない事
■□ 日本って素晴らしい国だ !! 
●○ 日本人って、素晴らしい国民だ !!
▲△ 近畿の人たちよ !!
    十分な救援が出来なかったとショゲでおられるそうですが
    私達は、被害者同様、大変感謝していますよ !! !
備考:2010/1/23 以前、別URL(閉鎖済み)で公開していたものを文章のみインポート、改行を一部変更して再公開。
posted by 三龍斎 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

▲義経は頼朝の嫉妬で抹殺された

「ナンデでも 渡したくない 神仏に」
JR福知山線電車脱線転覆事故の死者106人、重傷者150人、軽傷者311人、負傷者の内100人以上が(28日現在)入院中との事である。その時たまたま電車に乗り合わせた、ただそれだけの理由で命を絶たれ、あるいは、傷を負ってしまった。人それぞれの、その人の運命と片付ける輩がいたらブンナグリタイ。
畿内は、生まれ、学び、会社に勤め、結婚し、3人の子を授かった場所であり、年数では半分だが思い出の大半を占める大切な所だ。
 JR福知山線の宝塚〜大阪・神戸間はもっぱら阪急電車を利用していたので、その区間の乗車は10回に満たないが、駅名・土地の名前は馴染み深いものばかりである。尼崎市塚口に数年間下宿もしていた。
今日は鎮魂の意味を込め、お寺の写真を使って雑文を書きたい。
○-○-○-○-○-○-○-○-○
5枚の写真は昨日、埼玉県越生町龍ヶ谷に在る曹洞宗の "龍穏寺" で撮影してきた。
まず、龍穏寺を紹介しよう。
龍穏寺は、永享の頃(1429〜1441)に将軍足利義教が上杉持朝に命じて尊氏以来の先祖の冥福と戦乱に果てた人々の霊を弔うために創立したものといわれる。
その後兵火にかかったので、文明4年(1472)に太田道真、道灌によって再建された。その後も何度か火災に合い、最初の写真 "山門" 及び3枚目の写真 "経蔵" は天保12年(1842)に再建されたものである。
龍穏寺と言えば、曹洞宗の大本山永平寺の住職を輩出した事もある名刹だが、現在の観光的見地からは "太田道真・道灌の墓があることで有名だ。最後の写真がそれで、本堂左の坂をを上ればすぐの所に在る。
太田道灌と言えば、江戸城(現在の皇居)を築城したことが入学試験にも出る。
又、狩りの途中雨に合い土地の貧しい農家に蓑を求めた時、そのあばら家の若い娘に、
"七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞ 悲しき"
の和歌と共に山吹の一枝を差し出され激怒したが、帰城してから歌の意味が分かり、身分が高いだけの自分の教養の無さを悟った。その後勉学に励んで立派な城主となった。 ・・・と戦前の教科書に出てきそうな(出てたのかな?)話でも有名だ。
まさかと思うが、 "みのひとつだに" の "み" は、果実の "実の" と "蓑" が掛け合わせてあることをご存知無い方はおいでにならないと思うが?

さて、本日のメインテーマに入る。道灌にはもう一つ有名な話がある。
文明18年(1486)神奈川県伊勢原市で謀殺されたことである。謀殺者は "上司" である。部下の道灌の雄将ぶりに嫉妬し恐れをなした "上司" が犯人なのである。
ようやく、本日のタイトル ”義経は頼朝の嫉妬で抹殺された” に到達した。歴史は解釈する人次第で登場人物像やストーリが変わる。TVドラマとなれば、尚のこと顕著だ。
しかし、これだけは抑えておきたい。戦のヘタッピーな頼朝が、一の谷・屋島・壇ノ浦の合戦で圧勝し”平家にあらずんば人にあらず”と豪語していた平家一門を滅ぼした武功の義経の類稀なる才能に嫉妬し恐れたのである。諫言があったとしてもベースは嫉妬である。と私は思う。
歴史上、才能あるがゆえ、嫉妬され抹殺された人物は天神様菅原道真を始めとして数多い。日本人は、権力者よりも悲劇の英雄達を哀れみ、怨霊を恐れて、末永く語り継ぎ、お祭りする。そんな意味で、私は典型的な日本人である。
身近な話に置き換えてみる。
才能あるがゆえ嫉妬し恐れて足を引っ張ったり苛めたり・・・の例を少なからず知っている。逆に才能ある者の落ち度を影でそっと補って知らぬ顔をしている例も知っている。才能なしと見極めても決定的にならぬよう黙って影で助けの手を差し伸べられた例も知っている。
若人よ! 例え君に才能があったとしても、それを認め発揮させてくれる上司に付いていればこそと肝に銘ずるべし。能ある鷹は爪を隠すとも言うではないか。才能を発揮するのも、時と、場所と、相手を選ぶべし !!!
posted by 三龍斎 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナンデでも 渡したくない 神仏に (川柳 義経は頼朝の嫉妬で抹殺された?!)

「ナンデでも 渡したくない 神仏に」
JR福知山線電車脱線転覆事故の死者106人、重傷者150人、軽傷者311人、
負傷者の内100人以上が(28日現在)入院中との事である。
その時たまたま電車に乗り合わせた、ただそれだけの理由で命を絶たれ、
あるいは、傷を負ってしまった。
人それぞれの、その人の運命と片付ける輩がいたらブンナグリタイ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
5枚の写真は昨日、埼玉県越生町龍ヶ谷に在る曹洞宗の "龍穏寺" で撮影してきた。
まず、龍穏寺を紹介しよう。
龍穏寺は、永享の頃(1429〜1441)に将軍足利義教が上杉持朝に命じて
尊氏以来の先祖の冥福と戦乱に果てた人々の霊を弔うために創立したものといわれる。
その後兵火にかかったので、文明4年(1472)に太田道真、道灌によって再建された。
その後も何度か火災に合い、最初の写真 "山門" 及び3枚目の写真 "経蔵" は
天保12年(1842)に再建されたものである。
龍穏寺と言えば、曹洞宗の大本山永平寺の住職を輩出した事もある名刹だが、
現在の観光的見地からは "太田道真・道灌の墓があることで有名だ。
最後の写真がそれで、本堂左の坂をを上ればすぐの所に在る。
太田道灌と言えば、江戸城(現在の皇居)を築城したことが入学試験にも出る。
又、狩りの途中雨に合い土地の貧しい農家に蓑を求めた時、
そのあばら家の若い娘に、
  "七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞ 悲しき"
の和歌と共に山吹の一枝を差し出され激怒したが、帰城してから歌の意味が分かり、
身分が高いだけの自分の教養の無さを悟った。
その後勉学に励んで立派な城主となった。
・・・ と戦前の教科書に出てきそうな(出てたのかな?)話でも有名だ。
"みのひとつだに" の "み" は、果実の "実の" と "蓑" が
掛け合わせてあることをご存知無い方はおいでにならないと思うが?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、本日のメインテーマに入る。道灌にはもう一つ有名な話がある。
文明18年(1486)神奈川県伊勢原市で謀殺されたことである。
謀殺者は "上司" である。
部下の道灌の雄将ぶりに嫉妬し恐れをなした "上司" が犯人なのである。
ようやく、本日のタイトル ”義経は頼朝の嫉妬で抹殺された” に到達した。
歴史は解釈する人次第で登場人物像やストーリが変わる。
TVドラマとなれば、尚のこと顕著だ。
しかし、これだけは抑えておきたい。
戦のヘタッピーな頼朝が、一の谷・屋島・壇ノ浦の合戦で圧勝し
   ”平家にあらずんば人にあらず”
と豪語していた平家一門を滅ぼした武功の義経の類稀なる才能に嫉妬し恐れたのである。
諫言があったとしてもベースは嫉妬である。と私は思う。
歴史上、才能あるがゆえ、嫉妬され抹殺された人物は天神様菅原道真を始めとして数多い。
日本人は、権力者よりも悲劇の英雄達を哀れみ、怨霊を恐れて、
末永く語り継ぎ、お祭りする。そんな意味で、私は典型的な日本人である。
身近な話に置き換えてみる。
才能あるがゆえ嫉妬し恐れて足を引っ張ったり苛めたり ・・・
そんな例を少なからず知っている。
逆に才能ある者の落ち度を影でそっと補って知らぬ顔をしている例も知っている。
才能なしと見極めても決定的にならぬよう黙って影で助けの手を差し伸べられた ・・・
そんな例も知っている。
若人よ! 例え君に才能があったとしても、
それを認め発揮させてくれる上司に付いていればこそと肝に銘ずるべし。
能ある鷹は爪を隠すとも言うではないか。
才能を発揮するのも、時と、場所と、相手を選ぶべし !!!
備考:2010/1/23 以前、別URL(閉鎖済み)で公開していたものを文章のみインポート、改行を一部変更して再公開。
posted by 三龍斎 at 08:59| Comment(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

ゴミと花 何れが神の 御心や (川柳 里山の方々がゴミ捨て場に)

「ゴミと花 何れが神の 御心や」
香川県・豊島の例を持ち出すまでも無く、日本国中ゴミや産業廃棄物の捨て場になっている。
私が日常的に散策する里山も例外ではない。
埼玉県の飯能市(名栗村)、日高市、毛呂山町、越生町、都幾川町(玉川)、東秩父村、
小川町、川越市、鶴ヶ島市、坂戸市、鳩山町、川島町、東松山市、吉見町の野山が、
常日頃私がウオーキングや散策する範囲である。
水も空気も汚れていないし、自然が十分残されていて、ぶらつくだけでも爽快だが、
時には里山の一部がゴミ捨て場になっていて、悲しい思いをする。
二枚目の写真は、○○町の見捨てられた(?)里山にあったゴミ捨て場である。
西に秩父連山を望む高台の雑木林300坪程が整地され、
そこが廃車などの置き場になっていた。
一年ほど前に同じところを訪れた時は、野良犬でさえも入り込めない程の廃車置場に
なっていたが、一昨日訪れたときは10台ぐらいに減っていた。
近くには、XX会社やその社宅、病院、ゴルフ場、○○の大団地がある。
推定の域を出ないが、おそらく近くの住民か会社・病院の関係者からの苦情があって
(役所が介入したのかも知れぬ)、少しは片付けられたのだろう。
畑としてお使いになるも良し、別荘をお立てになるも良し、元の雑木林に戻されるも良し、
一日も早く小奇麗な景観を取り戻して欲しいものである。
最初と最後の写真が、廃車置場から100メートルも離れていない雑木林の情景だ。
一部の土地は個人の物であっても、隣の土地は別人のものであり、
人や動・植物に必要不可欠な新鮮な空気・水・景観は皆のものだと思う。
自分の土地だから、どのように使おうが勝手だろー
・・・ と居直らないで、よろしくお願いしますね !!!
備考:2010/1/23 以前、別URL(閉鎖済み)で公開していたものを文章のみインポート、改行を一部変更して再公開。
posted by 三龍斎 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

コンクリーの 隙間の雑草 健気とも (川柳 雑草のごとく強く、清楚に美しく)

「コンクリーの 隙間の雑草 健気とも」
現役を退いて何事にも専念しなくなり、新聞やTVに費やす時間が多くなると、"一言もの申したい" と、イッパシの評論家や今流行の(タレント)コメンテーター気取りになってきます。
メディアの毒に犯されてあるべき自分が見えなくなってしまいます。
ブログを開設(公開)すると、なお一層毎日のネタ探しで感性が鋭くなります。
年金、介護、個人情報保護、情報開示、裁判員制度、郵政民営化、
地方自治体の合併・財政、拉致、反日運動、海外派兵、ゴミ処理、企業買収、地震、台風、
電車や自動車事故、振り込め詐欺、学力低下、・・・
の何一つを扱っても、肩を怒らせ拳を振り上げ口角泡を飛ばすネタとして不足ありません。
でも、チョット立ち止まってみませんか?
皆がこれでは、索漠として、人間って何だろうと思いませんか?
最初の写真は、自宅の門扉の側、コンクリートの見えないほどの割れ目に咲いた スミレ です。
東京や大阪の大都会だと後生大事に鉢植えにされているでしょう。
我が家・わが街では雑草扱いです。
二枚目の写真は、近くの公園の通路に咲いていた "タンポポ" です。
左側がコンクリートの壁で通路もコンクリートで固められたわずかな隙間に咲いていました。
同じく雑草です。健気と言えばいいのでしょうか?
土も肥料も水もろくに無い所で、人の世話を受けるどころか、抜き取られ、刈られ、
踏みつけられても、幾度と無く再生し花を咲かせます。
強いですねー 何だかホットします。私自身もこうありたいと思います。
菊や薔薇や牡丹や桜も華麗な美しさで我々を癒してくれますが、
何気ない街中のこんな風景に、小さな感動を覚えて、立ち止まってみませんか?
ダメデスネー こんな事を言っているから、ソフトバンク・楽天・ライブドア ・・・
これらの親分の様な成功者になれなかったのでしょうね。
年中ピーピー悲鳴を上げているのでしょうね。
でもねー、廃車寸前の国産ポンコツ車でもチャント整備すれば東名高速を走れますよ。
備考:2010/1/23 以前、別URL(閉鎖済み)で公開していたものを文章のみインポート、改行を一部変更して再公開。
ラベル:雑草
posted by 三龍斎 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

▲脱線転覆事故 死亡者名簿

「友の名の 無きを安堵の 浅ましさ」

不幸にも事故でお亡くなりになった方々、ご遺族に対して大変失礼、不謹慎な川柳です。でもTVで名前が公表されたとき、京阪神に数多く生活している私の親戚や友人の名前が無かった事にホットしたのも事実です。だからこそ逆に、当事者である皆様方の痛み、苦しみ、怒り、悔しさも年相応に分っているつもりです。死者への鎮魂の強い想いを込め、加えて、浅ましい自分を戒めるために、あえて投稿いたしました。

○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○

この投稿は、4月26日午後1時30分頃公開投稿しましたが、28日の新聞朝刊に正式の氏名が記載されたので、同28日午前5時55分頃非公開に変更したものです。

TV放送は、その時見ていなければ確認できません。願わくば、数多い氏名の速報は、同時にHPでもブログでもいいので流して欲しいと思います。そんな意味で、5月4日再掲しました。

○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○

昨日(4月25日午前9時20分)発生のJR福知山線(尼崎市内)電車脱線事故の死亡者73名中61名の名前が、本日午前11時のNHKニュースで発表された。故人のご冥福をお祈りする。

「友の名の 無きを安堵の 浅ましさ」

不幸にも事故でお亡くなりになった方々、ご遺族に対して大変失礼、不謹慎な川柳です。でもTVで名前が公表されたとき、京阪神に数多く生活している私の親戚や友人の名前が無かった事にホットしたのも事実です。だからこそ逆に、当事者である皆様方の痛み、苦しみ、怒り、悔しさも年相応に分っているつもりです。死者への鎮魂の強い想いを込め、加えて、浅ましい自分を戒めるために、あえて投稿いたしました。

○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○

この投稿は、4月26日午後1時30分頃公開投稿しましたが、28日の新聞朝刊に正式の氏名が記載されたので、同28日午前5時55分頃非公開に変更したものです。

TV放送は、その時見ていなければ確認できません。願わくば、数多い氏名の速報は、同時にHPでもブログでもいいので流して欲しいと思います。そんな意味で、5月4日再掲しました。

○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○

昨日(4月25日午前9時20分)発生のJR福知山線(尼崎市内)電車脱線事故の死亡者73名中61名の名前が、本日午前11時のNHKニュースで発表された。故人のご冥福をお祈りする。


死亡者名簿

兵庫県三田市 田窪稔さん  45歳
兵庫県宝塚市 喜屋武俊男さん 56歳
兵庫県三田市 佐々木麻有さん 25歳
兵庫県西宮市 田中豊子さん  30歳
神戸市北区  石井勝さん  37歳
兵庫県西宮市 石井利信さん 55歳
兵庫県川西市 早川徹さん  31歳
兵庫県三田市 奥村容子さん 21歳
兵庫県西宮市 西野節香さん 63歳
兵庫県川西市 片瀬朗さん  19歳
兵庫県伊丹市 奥村国博さん 34歳
兵庫県伊丹市 田中美晴さん 67歳
兵庫県伊丹市 篠原拓也さん 18歳
兵庫県川西市 九鬼哲次さん 37歳
兵庫県西宮市 蓬莱幸子さん 73歳
兵庫県宝塚市 稲毛勝さん  51歳
大阪市淀川区 池田正雄さん 58歳
兵庫県川西市 中井正武さん 64歳
兵庫県川西市 山田博子さん 54歳
兵庫県宝塚市 和田明夫さん 58歳
神戸市北区  下浦善弘さん 20歳
兵庫県宝塚市 福田和樹さん 18歳
兵庫県川西市 杉山恭枝さん 34歳
大阪府豊能町 新城靖枝さん 41歳
兵庫県篠山市 田中大造さん 58歳
兵庫県宝塚市 尾形和賀子さん 41歳
兵庫県三田市 福田佳奈さん 19歳
神戸市北区  上田昌毅さん 18歳
兵庫県川西市 市来三佳さん 24歳
神戸市北区  光永美紀子さん 25歳
大阪府豊能町 林田勇作さん 29歳
大阪府堺市  芦原直樹さん 39歳
兵庫県西宮市 山本淑子さん 51歳
兵庫県西宮市 小幡幸子さん 53歳
兵庫県西宮市 藤井誠さん  45歳
兵庫県西宮市 濱端諒介さん 19歳
兵庫県伊丹市 斉藤満さん  37歳
兵庫県宝塚市 阪本ちづ子さん 55歳
兵庫県西宮市 福西千明さん 61歳
兵庫県西宮市 岡崎美代子さん 52歳
兵庫県西宮市 上垣都さん   42歳
兵庫県宝塚市 長濱彩恵さん 19歳
兵庫県宝塚市 薬師佳子さん 24歳
兵庫県宝塚市 榊原怜子さん 18歳
兵庫県伊丹市 岡和生さん   37歳
兵庫県川西市 木戸博さん   70歳
兵庫県猪名川町 尾形優さん  17歳
兵庫県三田市 樗木愛さん   36歳
神戸市北区  鈴木恭介さん 54歳
兵庫県西宮市 武部譲治さん 71歳
兵庫県三田市 中村敬助さん 27歳
兵庫県西宮市 川口初枝さん 48歳
兵庫県宝塚市 竹崎快さん  31歳
兵庫県川西市 原口浩志さん 45歳
兵庫県川西市 山中克矩さん 58歳
兵庫県三田市 渡邉貴幸さん 44歳
兵庫県川西市 小杉繁さん  57歳
兵庫県伊丹市 陽田七栄さん 34歳
兵庫県伊丹市 勝部晃奈さん 22歳
大阪府高石市 石橋孝広さん 34歳
神戸市東灘区 菅尾吉崇さん 31歳



(写真三枚は、4月7日 埼玉県都幾川町の天台宗都幾山慈光寺で撮影したもの)
(鎮魂の意味を込めて、ここに掲載した)


posted by 三龍斎 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | インポート作業中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友の名を 無きを安堵の 浅ましさ (川柳 JR福知山線(宝塚線)脱線事故)

「友の名の 無きを安堵の 浅ましさ」
不幸にも事故でお亡くなりになった方々、ご遺族に対して大変失礼、不謹慎な川柳です。
でもTVで名前が公表されたとき、
京阪神に数多く生活している私の親戚や友人の名前が無かった事にホットしたのも事実です。
だからこそ逆に、
当事者である皆様方の痛み、苦しみ、怒り、悔しさも年相応に分っているつもりです。
死者への鎮魂の強い想いを込め、
加えて、浅ましい自分を戒めるために、あえて投稿いたしました。
備考:2010/1/23 以前別URL(閉鎖済み)で公開していたものを文章のみインポートして再公開、文章に犠牲者の個人名を掲載していたのでその部分は削除、その他の文章は修正せず、改行数変更。
posted by 三龍斎 at 13:20| Comment(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神うらむ 若い命を 召さずとも (川柳 JR福知山線列車転覆事故)

昨日午前9時20分、痛ましい列車転覆事故が起きた。
JR福知山線の塚口駅と尼崎駅の中間地点で発生、
26日午前8時時点の発表で、死者71人、負傷442人とのことだ。
まだ救出作業中である。
TVは現場実況放送を流し続け、
今朝の新聞も第一面トップ、その他の紙面でも多くを割いている。
死者のご冥福をお祈りし、残されたご遺族の方々に心よりお悔やみを申し上げる。
負傷なされた方は、一日も早い回復を願う。
これ以上、語る言葉を知らない。
「うらみます 若い命を 神様が」
★天災ではないと言われてしまえば、それまでですが?
「神うらむ 若い命を 召さずとも」

170426-1 福知山線脱線事故.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/
備考:2010/1/23 以前、別URL(閉鎖済み)で公開していたものを文章のみインポート、改行を一部変更して再公開。2014/6/2 ネットから写真借用。
posted by 三龍斎 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

ウイルスを アンチソフトが まき散らし (ウイルスバスターの障害)

「ウイルスを アンチソフトが 撒き散らし」
23日、トレンドマイクロ社のウイルスバスター更新データの誤りで
個人ユーザー22万5千、法人ユーザー61社ものPCに障害が発生したそうだ。
幸いにも今回は難を逃れたが、
私もウイルスバスターを最後の砦として頼りにしている個人ユーザーの一人だ。
NO CHECKで配布したとの事、これでは困る。
ウイルスバスターを導入して 7年? 8年?
これまでに、ウイルスバスターが原因としか考えられないPC障害が何度かあった。
デスクトップのアイコンが潰れた事を記憶している。
別件でその障害状況は忘れたが、今回の修復方法と同じ方法
(更新したパターンファイルを削除、更新しなおし)で修復した事も記憶している。
ウイルスバスターが原因としか考えられない障害が度重なったので、
数年前から自動更新をやめて毎回手動で更新している。
ウイルスバスターの更新に限らず、JOBの並行処理は殆どしない。
自動更新や並行処理は、PCの操作に慣れ使い込めば使い込むほど進めるのが
ノーマルだと知っているのにである。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
PCの使い方としては、ドンドン退化している。
今まで致命的な障害は数えるほどしかないが、
更新やJOBの前後を注意深く観察していなければ、障害に気付いた時、
どのアプリケーションが障害の原因か "切り分け" が出来ないからである。
このPCは一人で使っている。
慌て騒がず根気よくこの習慣を続ければ、
やがては膨大で複雑なPCも習得出来るだろう、と思う。
トラブルの大半は "ミス・オペレーション" が原因とも自覚するようにもなる。
勝負は障害時に "ハード" か "ソフト" か "オペレーション" かを
切り分けしよい様に使う事だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一枚目、二枚目の写真の両方とも自宅の庭のものである。
住宅購入資金が乏しければ東京を遠く離れた田舎で暮らさざるを得ないが、
狭いとは言え、自宅の庭で植木や草花をいじる楽しみがある。
物事は考え方次第だ。
何事も良い様に思えば良くなるし、悪く考えれば悪くなる。
あるがままが一番だ。
凡人には有らざる悟った僧侶の言葉のようだが、稀には良しとしよう。
備考:2010/1/23 以前、別URL(閉鎖済み)で公開していたものを文章のみインポート、改行を一部変更して再公開。
posted by 三龍斎 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

ブログ投稿再開に際して、匿名にした訳を申し述べます。

このブログでの名乗りは"亀之丞"です。勿論本名ではありません。家族、親友と言えども"亀之丞"のみからでは私を特定できません。これまでは実名で開設していましたが、ニックネーム(ハンドルネーム)で開設しなおす為に一旦閉鎖し、再開設しました。これを機会に、その理由を述べておきたいと思います。   (2014/11/19現在の名乗りは 三龍斎 です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(川柳) 匿名の つもりがバレバレ 亀之丞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


170409-045g.jpg

さて、亀之丞ですが、このハンドルネーム(ニックネーム)に何の意味も因縁もありません。今日あるを予測して昨年暮れから何か良い名前はと考え続けて来ましたが、結局ピッタシくるものが無く適当に選びました。選んだ理由を後付します。

"鶴は千年、亀は万年"と言いますのでこのブログを長く続ける意思の表明として縁起が良いとおもいます。加えて、ウサギと亀の昔話から、相手を見くびっていい加減な事をする者よりも、実力は劣るが実直にコツコツと目標に向かって努力する者が、最後には勝利を収めるとの意味もこじ付ける事が出来ます。(チョイト、気障ですね)

浦島太郎の昔話もあります。"亀"に悪い印象はありません。ただ、好みにもよりますが、亀は見た目が鶴やウサギよりもダサいのが難点です。市川歌右衛門や片岡千恵蔵、大川橋蔵が活躍した時代劇映画に出てくるがごとき名前です。TVドラマの水戸黄門様のご家来衆の一人のようでもあります。市川歌右衛門の名前を知っている年代ですから、相応しいと言えます。若者からはダサイと言われかねませんが、特別意識して若者に迎合したり擦り寄りたいと思わないし、その必要も無いのでこれで良しとしました。

そして、「*之丞」ですが、このブログの良心的な読み手が、実在しない=匿名=だと、すぐ気付いて下さるでしょうし、それなりの年齢だとも分かります。ふざけているとは受け取られないと思います。
それでは、いよいよ核心に入ります。

私は現役を退き自宅でPC(インターネット・メール等)を始めてから約9年になります。HPは障りがあって公開しなかったので主にメールの話になりますが、 相手の住所・電話番号が分かっている人には、実名を含めて出来るだけオープンにしてきました。

アドレスのユーザー名部分をズバリの実名で確保するのにも腐心しました。簡単に身分を隠せる(偽れる)無料(Web)メールアドレスを取った事も使った事もありません。受信するメールの中には、何とかして身分を隠そうと苦心している痕跡がアリアリと残っている場合が少なからず存在します。物品の販売やエロサイトの紹介をしているメールは顕著です。

私は、メール相手にはオープンの姿勢を貫いてきました。それなりの理由があったからです。インターネット(メールを含む)は健全に利用すれば極めて便利で廉価で強力なものです。反面、ウイルス・身分詐称・情報漏洩・誘惑等々セキュリティ上深刻な問題を抱えています。ウイルスはそれなりの対策が取れますが、身分詐称は厄介です。

そこで、私の発信情報を受け手に安心・信頼してもらうために、私自身の情報をある程度犠牲にしてオープンの方針を貫きました。オープンにして来たのは、別の理由もあります。私の知識・技能を尽くしても情報漏洩問題は解決しない事を知っていたからです。

インターネット網内は暗号化等の技術(手段)である程度は防げます。問題は人間です。信頼して私の秘密(秘密でなくても広がりを期待していない情報)を通信相手が過失で、場合によってはわざと第三者に漏らせば万事休すです。対策はありません。ならばと、居直って基本的にはオープンの姿勢を貫きました。居直ったと言っても、直接接触のない者が、私の"言動"を知っているのは極めて不愉快です。悲しいかな、不愉快な思いをした経験は豊富です。

4月1日、個人情報保護法が発効しました。
情勢が変わった。法律の適用範囲の問題がありますが、その精神は普遍です。世間が変わった、否、変わるべきだ、否、変わる事を期待できるようになりました。世間が個人情報を適正に扱ってくれるのなら、居直って何でもオープンにする姿勢のほうが、問題です。違和感を覚えます。だから、情報発信手段だとは言え基本的には日記であるブログまで実名で出す必要はありません。

ニックネームで公開しているものを、手を尽くして個人を特定しようとする行為こそ責められるべきと考えます。無料のWebメールアドレスを使う気は全くありません。インターネットの恩恵に浴したいのなら、それなりの代価を払うべきと思うからです。ついでですが、ドリコムは無料ですが広告の掲載を受け入れているのでチャラです。有料のメールアドレスを使う以上、匿名を徹底するには、最初から、実名以外で郵便が届く様に工作するところから始めなければなりません。

ですが、何のために匿名にするのでしょうか?
匿名にして法や倫理を悪用・誤用したり、抜け道を探してまでして他人を誹謗中傷したいのでしょうか? 他人を騙したいのでしょうか? 汚く小銭を稼ぎたいのでしょうか? 否です。自らの人格を卑しめ誇りを捨ててまで何かをしたいのではありません。このブログは公開します。公開することで、理不尽な攻撃を受けたり悪用される恐れがあります。

その時の備えなのです。そして、家族・友人・知人対策です。ブログという手段、文字列から受ける印象は実際の私とは随分異なります。虚像です。家族友人知人に誤解してもらいたくないから匿名にするのです。
匿名で投稿するからといって、事実を歪曲・捏造したり、汚い事、恥ずかしい事をするつもりは全くありません。触法行為を行った場合、警察なら即実在の私と分かる仕組みにしています。

ニックネームでメールアドレスとブログURLを新たに取り直しました。IPアドレスは変えていません。中途半端な変更です。ニックネームに変えたところで、回線を借りたり、メールアドレスを借用ているプロバイダーやブログサイト運営のドリコム社、そして、憎むべき「盗聴している輩」には効果が無い事は、先刻承知の上です。ニックネームに変えた事で、今まで少なからず有った「縛り」がほんの少し解けて、より具体的に、より本音に近い投稿(情報発信)が出来るのではないかと思っています。
現にこの投稿で具現しました。

280630-3s.jpg

備考:2010/1/23 以前、別URL(閉鎖済み)で公開していたものを文章のみインポート、2014/11/19 です・ます調に変更。
posted by 三龍斎 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。