2007年01月31日

住宅展示場で見つけた企業キャラクター 結構楽しめます!

山の神によるアッシー君のご下命である。国道407号線沿いの彩の国(埼玉県)鶴ヶ島市にあるスーパーマーケットにお出かけだ。


老生は買い物には全く関心なし。スーパーの隣にある住宅展示場で時間潰しだ。これが結構楽しい。我がオンボロ屋敷の建て替えは経済的にあり得ないが、あり得ないから自由気ままに豪邸住まいを空想している。


本日(水曜日)はお休みだったが、各モデル住宅の案内人が居ないから展示場全体がスッキリとした感じで、掲載写真の企業キャラクターが目立った。これもまた、結構楽しめた。


19013120 住宅展示場.jpg      19013121 住宅展示場.jpg


続きにも紹介したい写真があります。ご覧頂ける場合はここをクリックして下さい。


posted by 三龍斎 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 鶴ヶ島市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

説明板付きの板石塔婆と道端の地蔵 貴方はどちらに価値を見出しますか?

1月30日、彩の国(埼玉県)鳩山町をウオーキングした。その途中で二つの宗教(信仰)関連建造物?を撮影してきた。その二つは同じ字(地域)内にあり1500メートルぐらい離れている。


19013002 金澤寺と地蔵.jpg      19013013 金澤寺と地蔵.jpg


左上の写真の釣鐘堂は最近造立された物らしく真新しい。明治政府の廃仏毀釈政策以来衰退した仏教が近年多少盛り返しているが、それにしても、新しく釣鐘堂が造立されたのを見るのは珍しい。地域(檀家)の信仰心の厚さが偲ばれる。このお寺は金澤寺(こんたくじ)と言って寺内に珍しい板碑がある。(板碑は屋外ではなく、お寺の建物内に安置されている)


右上の写真は、釣鐘堂が造立されたお寺から少し離れたところにあって、お地蔵さんなのに雨よけの屋根がある。老生が知っている限り殆どのお地蔵さんは雨ざらしだ。老生の守備範囲で祠に鎮座なさっているお地蔵さんは、鎌北湖近くと吉見町の「北向地蔵」だけである。


(1月30日 午後 毛呂山町をウオーキングしていて 地蔵尊 とだけ表示して祠にお入りになっているお地蔵さんを見つけた。この文節 21:13 投稿)


裕福な檀家が多く釣鐘堂を建立されたお寺に保管されている 板碑 と道端の お地蔵 さんのどちらが、貴方にとって価値がありますか?


問いかけをする以上、老生の答えを記述するべきだろう。


老生には、裕福な一個人が特定の一故人を供養する為に造立した板碑よりも、多くの衆生を導く為に造立され地域の人々に護られてきたお地蔵さんにより大きく深い信仰心を感じるので、価値は高いのでる。老生と板碑は関係ないが、お地蔵さんは貧富の差無く老生をもお守り下さっているのである。因みに、老生の実家は角地に在って、そこのお地蔵様には道案内の矢印と場所が刻まれている。


宗教関係の建造物を文化財としか表現しない、そんな観点からしか見ない昨今に チョッピリ 抵抗を感じている。個人の篤志家が説明版を寄贈する時代でなくなったし、さりとて、公共機関(自治体)が宗教施設と認識してお金を出すのは、憲法の政教分離原則に反するし ・・・
結果、文化財なら文句を言われずに済むだろうとの知恵の結果とは思うが ・・・


鳩山町指定
有形文化財   金沢寺(こんたくじ)の十三板仏板碑(いたび)

          指定日 平成四年三月二十五日
          所在地 大字泉井 金沢寺

板碑とは、板石塔婆、青石塔婆、平仏などとよばれる供養塔です。
鎌倉時代後期から南北朝中頃に最も多く建立され、以降、減少の一途をたどり江戸時代初期には造立されなくなります。


金沢寺の十三仏板碑は、現存長七十五cm、幅四十cmで、蓮座から上部、基部が欠損しています。碑面に刻まれた「嘉慶二年」の紀年号から、一三八八年(南北朝末期)に造立された最も古い十三仏板碑であると言われ、さらに、種子の配列が一般的でないとも言われており、十三仏板碑を研究する上で、大変、貴重な資料です。

 ・・・ 略

平成七年    鳩山町教育委員会
posted by 三龍斎 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

春の兆しを告げる梅のほころび!

狂い咲きではない。暖かい日が続く冬だから梅のほころびが見られた。掲載の写真二枚は、彩の国(埼玉県)鳩山町をウオーキングしていて撮影した。


梅に限らず、若芽は大自然の躍動、生命の誕生を告げてくれる。秋の紅葉の美しさも良いが、春の若芽の誕生(再生)は明るい未来、希望を告げてくれているようで、好きな季節だ。


19013009 早咲きの梅.jpg      19013008 早咲きの梅.jpg
posted by 三龍斎 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

人は誤りを犯します。機械も誤りを犯します。では、何を信じれば???

まず、掲載画像をクリック、大きく映して頂いて血圧測定結果をご覧頂きたい。
日付が 2007年4月4日 となっている。今現在は 2007年1月29日である。 ???


19012999 血圧.jpg血圧測定結果の日付をみて血圧計を昨日購入した。その経過をご紹介しよう。


あって3年前ほどから病院や公共機関に設置されている血圧測定器を使わせて頂き、測定結果の記録紙を残してきた。勿論、記録紙の出ないものはメモを取り毎回保存してきた。


今回、保存していた記録を整理し、測定条件・環境をも付けて時系列表を作成する必要性が出てきた。整理中に発見したのが 記録紙の日付間違いである。


血圧測定は4ヶ所である。その内のある病院の血圧測定器の日付がデタラメだったのだ。ショックである。病人が治療してもらいたくて通う病院だからショックは大きい。


老生は過去210回も献血をして来た。献血の度ごとに血圧測定が行われ教えてくれる。毎回医師に 理想的な血圧ですね! とお褒めを頂戴してきた。健康であることがチョットした誇りだった。献血できない年齢になってから数年後に  が出来て公共機関の測定器を利用、記録を残してきたのに ・・・ アーア ・・・


以前から血圧測定器は欲しかったが、欲しい物を何でも直ぐ購入出来る家計ではないし、公共機関のもので代用できるのだから ・・・ 日付の不正確なデータを時系列にしたところで意味を成さない。


他人が管理している機械は頼りにならない!!! 自分で管理できる測定器の購入を、即、山ノ神に直談判、販売店に直行と相成った。


機械を管理する人間が問題だ。たかが日付といい加減に管理されている場合がある。機械を運用管理するのは人間だ。人間は往々にして誤りを犯す。機械を迂闊に信用してはならないと言うよりも、人間を迂闊に信用してはならない ・・・ ってことだ。


勿論、一番の問題は、日付誤りに気付かなかった私の注意力の欠如である。実はこの注意力の欠如も  の付随障害なので老生にとって重大且つ深刻な問題なのである。
posted by 三龍斎 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウオーキングや散歩道はゴミだらけ!

老生、若い頃から何の目的もない散歩・散策は好きであった。今は訳あってウオーキングに比較的熱心である。場所は、ブログ用写真撮影の目的がない限り人が余り通らないところを選ぶ。加えて、平野よりも景観に変化の多い山裾を選ぶ。


1月27日は珍しく一面のタンボの中をウオーキングしてきた。
左下の写真である。面白くないねー!!
何が?? 昨今は何処へ行っても数十年前の風景とは異なるものがる。それは右下の写真 ・・・ ズバリ ゴミ である。


皆が知っていて皆が対策の必要性は承知しているが、余り触れたくない話題だ。写真も美しくない。これ以上の記述は気が乗らない。


19012732 坂戸市東部.jpg      19012731 坂戸市東部.jpg
posted by 三龍斎 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーマーケットでワクワク! 郵便ポストを見っけ!!

スーパーマーケットやコンビニは、客の行動特性を研究して整然と品物が展示されている。買い物には便利だ。便利だけれども味がない。面白くない。


19012801 〒フリーマーケット水上公園.jpg山の神のアッシー君で年中スーパーには行くが売り場を徘徊?することは滅多にない。近代的なスーパーやコンビに比べて  はホンノチョッピリだが楽しい。


何か面白い出物はないか? 一応全店をCK?することにしている。そして稀には数百円の無駄使いをする。


1月28日も、先週に続いて開かれた水上公園でのフリーマーケットに出かけた。主催者は リサイクルマン だ。例により全店をCKしていた途中、掲載写真の郵便ポストを見つけた。(1月28日撮影)


非売品と掲示してあった。車のタイヤと比べていただければ大きさが分かるが多分オモチャか飾り物の類だろう。でも、わざわざフリーマーケット会場に運んできて人の目を引く作戦=その商魂に頬が緩んで、写真を撮らせてもらった。


実用、便利、効率 ・・・ 別に批判、非難するつもりは全く無いが、余裕、無駄だから良い=楽しい場合だってあるってことを申し上げたい ・・・ んだ!
posted by 三龍斎 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

目をみはる泥棒市(フリーマーケット)の隆盛振り

十年以上前の話である。フリーマケットが爆発的に奥武蔵の方々で開催された。以前ほどの熱気は無いが現在もその殆どが継続して開催されている。


たかがフリーマーケットと言うなかれ。されどフリーマーケットなのである。火の車の我家の衣類の殆ど、その他諸々はフリーマーケット仕入れなのである。


掲載の写真は、彩の国(埼玉県)川越市の水上公園駐車場で、汽車ポッポと言う団体が開催したフリーマーケットの集まった客と車の洪水状況だ。1月21日の撮影である。


19012130 フリーマーケット水上公園.jpg      19012126 フリーマーケット水上公園.jpg

※※ 掲載の写真について
掲載した写真については、映っている方や建物等々の肖像権侵害、私生活権侵害、犯罪誘発にならぬよう私なりに吟味した上での投稿ですが、個人・組織により感じ方は異なります。真に恐縮ですが、もし掲載に不適切なものがあったり、不快に感じられましたら、その旨を「コメント欄」に書き入れて下さいますようお願い申し上げます。その場合は、写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、即、対処いたします。よろしくお願い致します。
削除要求コメント等は何方でも結構ですが、出来ましたら映っている方とのご関係をご記述頂ければ幸いと存じます。
posted by 三龍斎 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モットモット欲しい彫刻家の活躍の場!

1月25日、ブログ掲載用に撮影してきた。左側は彩の国(埼玉県)鳩山町の鳩山町中央公民館、右側はコミュニティーセンターのものだ。


一箇所一体ずつなので、東松山市の東武電鉄東上線高坂駅西口一体の彫刻群、滑川町の同じく東上線森林公園駅から国立森林公園への歩道に設置されている彫刻群には敵わないが、それでも、一見の価値ありだ。


ウオーキングや散策の時、神社仏閣とか彫刻とか行き先に何か目標が在るとそれ自体で楽しくなる。ヨーロッパの古都とまでは無理だが、藝術に触れるチャンスがあるのは有り難い。


19012506 人々への賛歌.jpg      19012511 コミュニティ.jpg


続きにも紹介したい写真があります。ご覧頂ける場合はここをクリックして下さい。
posted by 三龍斎 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 鳩山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

秩父連峰の四季折々 平成19年1月27日 越辺(オッペ)川からの眺め

秩父連峰の景観を、最初の内は外秩父の裾野(東側)からばかりの写真を掲載していたが、山中に入っての景色の素晴らしさに魅了されて、裾野からの秩父の紹介を忘れてしまっていた。


本日午後、国道407号から荒川まで坂戸市内をウオーキングしての帰り、越辺川からの秩父の美しさを再認識、掲載の写真をパチリとなった次第。16時半ごろだったかな?


秩父山中には、危険だと言うので徒歩車共に山の神のお許しが出ず当分ガマンの子である。
      (スタッドレスタイヤを持っているのだけどなー)


19012739 越辺川べり.jpg      19012737 越辺川べり.jpg
posted by 三龍斎 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父連峰の四季折々=3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

如何に立派な文化財でも残っていなければ意味無し! 龍隠寺径蔵を紹介

宗教施設を美術品とか文化財とかの観点・視点でばかりで眺めると誤りを犯す。宗教施設は、如何に教義を民衆に伝えるかの知恵の塊と考えねばなるまい。


とは言っても、何百年もの間守り通された事自体に価値があり、それらは殆ど美術品的に見てもそれ相当の値打ちがある。施設そのものの値打ちもさることながら、守り通した価値観や熱意に敬服する。


関西、特に奈良・京都に比べれば関東の重要文化財は少ないが、それでも、その一つ一つを検証しようとすれば、一生 ・・・ 二生かかっても時間は足りない。検証したい一つを紹介する。1月21日の撮影である。


埼玉県指定文化財

龍隠寺経蔵 一棟

     有形文化財
     昭和五十八年三月二十二日


第五十六代住職 道和和尚 が天保年間(1830〜40)に建立。唐破風向拝付土蔵造り、屋根は方形で銅版葺きである。

外壁に道元禅師一代記の彫刻、向背天井に酒井抱一(さかい ほういつ)による龍の絵が描かれている。内部には一切経を納める輪蔵と、輪蔵の創始者といわれる傳大師(ふだいし)の像がある。

県内には、これだけの規模と構造を持ち傳大師の像をそなえた輪蔵を持った経蔵は他に類例がなく、本県の建築史上貴重な建造物である。

        昭和六十一年三月三十一日
          埼玉県教育委員会
          越生町教育委員会
          龍隠寺

  19012190 龍隠寺径蔵.jpg      19012189 龍隠寺径蔵.jpg
posted by 三龍斎 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 越生町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

参詣時に千社札を張る習慣は、観音巡礼の特徴???

1月24日の投稿記事で都幾山慈光寺の本堂や山門、休憩所に貼られている千社札を紹介したが、老生の守備範囲内で他にもベタベタと千社札が貼られている古寺(古刹)がある。


東松山市の巌殿山正法寺の本殿、仁王門、そして、昔宿坊だったと推測される民家にも所狭しと千社札が貼られている。間違いなく観音信仰の習慣らしい。


慈光寺も正法寺も坂東・・・ の対象寺だが、四国や西国、秩父の観音霊場はどうなのだろう? 民俗学、宗教学的には興味の対象になるが、宗教施設といえども貴重な文化財との認識される建物に ・・・ 老生はどうかと思うのだが ・・・


19012471 千社札正法寺本殿.jpg      19012475 千社札正法寺仁王門.jpg


続きにも紹介したい写真があります。ご覧頂ける場合はここをクリックして下さい。
posted by 三龍斎 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無料配布の漫画本 一体何が狙いなんだ!!!

190123999 新宿南口雑誌.jpg1月23日、午後6時ごろからだっただろうか? 東京都内をJR駅や線路沿いに1時間ほどウォーキングした。

目的地の新宿南口に到着した時、コピー掲載画像の雑誌(表紙)を配布された。

コンビニや書店で販売されている漫画週刊誌と大差ないのに無料である。114枚(228ページ)、広告は12〜3ページ、少女の水着写真は4枚、強いエロ、グロ、宗教色、政治色は感じない ・・・ 平凡な漫画週刊誌モドキである。特徴は、ある特定の落語家の出世物語を漫画化していることだけ??

一体誰が何の目的で出版し、無料で配布しているのだろう? 相当な出費だろうに??? 以前TVで無料雑誌の話題を放送していたような微かな記憶はあるが ・・・ 流石に日本一の繁華街新宿ならでわの出来事だった。
posted by 三龍斎 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

掃き溜めに鶴の例えあり 厳寒の今に咲く花に喝采!

掲載の写真は、JR八高線の明覚駅前に咲いていたものである。1月22日のことだ。ウオーキングの途中に撮影した。


厳寒の昨今、花は少ない。薔薇や桜やモミジや梅 ・・・ 比べれば華やかさに劣るとしても、寒い今咲いていることに値打ちがある。これ以上記述を続けると教訓めいた話しをしたくなるので、打ち止めとしよう。


19012205 明覚駅側.jpg      19012206 明覚駅側.jpg
posted by 三龍斎 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国ときがわ町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

靖国神社に祀られている英霊の御心は如何ばかりなりや???

靖国神社は、何かと政争の具にされている。老生はナンダカンダと記述する立場にないので、写真の掲載だけにしておこう。


約束の時間までに少し余裕があったので、地下鉄を乗り継いで九段下の靖国神社を訪れた。1月23日午後の事である。


文章でも写真でも同じ事だが、撮影した時や掲載した時から時間を置くとかなり印象が変わる。余裕のない短い時間内に撮影し何気なく?掲載した写真だが、今(2007/1/26)見ても最初の二枚の写真は よく撮れた と満足している。冒頭に掲載した最初の印象と変わらない。三流の素人写真家としては出色ナリ。
      (この文節 1/26 07:50)


19012332 靖国神社.jpg      19012346 靖国神社.jpg


続きにも紹介したい写真があります。ご覧頂ける場合はここをクリックして下さい。
posted by 三龍斎 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトではあるまいに、何の神様を祀る石像???

老生は上方生まれの上方育ちである。仕事の関係で関東に移り住んでウン十年になるが、ウオーキングや散歩をしていて馬頭観音を祀る石像や仏閣の多さに驚かされる。


流石に古から馬の供給地だっただけの事ありだ。変わったところでは牛を神様として祀る大寺もある。馬にしろ牛にしろ生活の糧となるものを大切に思ったのだろう。


1月22日、ウオーキング中にときがわ町(旧玉川村)と鳩山町の境界辺りで掲載写真の石像を見つけた。頭部にエジプトの像で見られる コブラ のような物を乗せている。マムシ避けの祈願なのだろうか? 宗教には朧な知識しかないので ??? で通り過ぎるしか対応はなかった 民俗学の柳田国男にお出まし願わねば解決しないのか?


19012208 何をお祀り?.jpg      19012211 何をお祀り?.jpg
posted by 三龍斎 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国ときがわ町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

推理小説家にご登場願い解明して欲しい”釣り禁止決定の裏側!!”

ウオーキング途中で、次のような掲示を見つけた。
私は釣りをしないし、役人の経験も無いし、日本中の何処にも水利権や入会権等々地域の権利など持っていないので門外漢だが、大層なタイトルと相成った経過、即ち、釣り人達、町当局、水利組合の間に何があったのか? 表面的な掲示文章の裏にはきっと何かがある !? 松本清張がご近所さんなら推理をしてくれるのだが ・・・ 


掲示板を出すまでに、丁々発止、紆余曲折 ・・・ 一つの案件を深く掘り下げてみれば、世の中の仕組みが見えてくるのだが ・・・ 裏に何があったのか? 興味津々である。 ・・・ こんな姿勢が良いのか? 悪いのか?


     釣り廃止について(お知らせ)

農村公園内の大沼での釣りについては、これまで水利権利者である赤沼地区の大沼水利組合のご好意により解放されておりましたが、ここ数年の窒素過多など水質の悪化が著しいことから農作物への影響の懸念と、沼管理に必要な沼干し作業が行えないことから、水利組合より釣り廃止の要請を受けております。

これまで多くの方々に親しまれて参りましたが、水利権利者の強い要請により、下記ののとおり大沼での釣りが行えなくなりますのでお知らせ致します。

釣り人の皆様には、ご理解の程宜しくお願い致します。

       記

釣り廃止 平成18年4月1日(土)から
           平成18年2月1日
           鳩山町
           大沼水利組合

19012201 釣り廃止大沼.jpg      19012204 釣り廃止大沼.jpg
posted by 三龍斎 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 鳩山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古寺に残る千社札は何のために張られたのか? (慈光寺の千社札を紹介)

今を去る1300年前に建立された古刹、古寺を紹介するには、適切でない写真かもしれない。が、あえて掲載した。


彩の国(埼玉県)の天台宗都幾山慈光寺の山門や本堂には数多くの千社札が貼られている。張ることを禁止と掲示されているが所狭しの感がある。


江戸時代 ・・・ の寺社参拝の名残りかと思いきや、駐車場脇にある最近建造のプレハブ造りの売店にも張られている。参拝した事を誇りたいのだろうか? お店や団体の名前を宣伝したいのだろうか? 一体全体何のつもりなんだろうと寺社参拝オンチの私には理解できない。


19012154 千社札慈光寺.jpg      19012153 千社札慈光寺.jpg


続きにも紹介したい写真があります。ご覧頂ける場合はここをクリックして下さい。
posted by 三龍斎 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国ときがわ町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

菁莪って何か知っています? 都幾山 慈光寺に自生する草花です!

冬である。常緑樹以外に緑はない。常緑樹も茶色っぽい色調だ。緑のある場所をふと思い出して彩の国(埼玉県)ときがわ町の古刹 天台宗 都幾山 慈光寺 を訪れた。里の無料公共駐車場からウオーキングである。キツイ坂道の参道を2キロメートルも頑張った。寺内に無料の駐車場が有る事は承知しているが、それなりの理由があってのウオーキングである。


期待通り、全山に自生の 菁莪(シャガ) が無事だった。お恥ずかしい限りだがここで見るまでは、菁莪なるものを知らなかった。


左下は、以前紹介した釣鐘堂だが、チョイトアングルを変えて菁莪を入れて撮影した写真を紹介する。1月21日の撮影である。

右下の黄色い花を付けた木の名前は知らない。被写体を求めて寺内を散策?中に見かけた。


19012143 菁莪(シャガ) 慈光寺.jpg      19012148 名をしらぬ花慈光寺.jpg
posted by 三龍斎 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国ときがわ町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜や紅葉の華やかさは豊臣秀吉!! 冬の鎌北湖は千利休!!

掲載の写真は、彩の国(埼玉県)毛呂山町の鎌北湖を大寒に近い1月18日に撮影したものである。流石に釣り人の数は少ない。


葉っぱが完全に落ちている モミジと桜の木だ。湖面に映えるモミジの小枝や桜の生け花的な枝ぶりに静寂の美しさがある。日は又登る ・・・ 木には、春になれば若芽が息吹きやがて花や紅葉の美しさを誇ってくれる。その日の華との対比が楽しみである。


19011809 鎌北湖.jpg      19011814 鎌北湖.jpg


続きにも紹介したい写真があります。ご覧頂ける場合はここをクリックして下さい。

2007年01月21日

関東の雄将 太田道潅 が忙殺されなければ徳川政権は成立しなかった!?

太田道潅の墓が彩の国(埼玉県)越生町の龍穏寺にあり 父 道真 と同じ墓地にある。寺の案内板と写真で紹介する。


歴史に もし は禁物だが、雄将太田道潅がだまし討ち(謀殺)されていなかったら関東の勢力地図はかなり変わっていたのではないか ? 楽しい推測である。(1月21日撮影)


19012094 太田道潅一族墓.jpg     太田道潅公墓

永享四年(1432)龍穏寺寺領三枝庵(さんしあん 父・太田道真の居城)に生る  幼名鶴千代丸のち雲崗舜徳襌師(うんこうしゅんとく 龍穏五世)について出家 道潅と称す

「瑞巖主人公」の公安を受け大悟徹底す

長禄元年(1457)江戸城を築き川越城・岩槻城・鉢形城を修築し野戦に長じ関東の雄将たり  しかるに惜しむべし文明十八年(1486)神奈川県伊勢原市にて謀殺される

法名 香月院殿春苑道潅大居士分骨して当山に葬る

  190121100 太田道真公墓.jpg      190121101 太田道潅公墓.jpg
posted by 三龍斎 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 越生町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。