2007年06月30日

造成地の野草

東武東上線の若葉駅が造られたのは十数年前になるだろうか? これまでは主に東口方面が開発されてきた。最近、西口にも開発の手が入って、今、でっかいマンションが造られている。

だが、駅の隣接地なのにまだ手付かずの空き地も残されている。人通りの無いそんなところの野草を撮影してきた。

若葉駅西口 19063008.jpg     若葉駅西口 19063010.jpg


posted by 三龍斎 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

生活の規範

他人に迷惑をかけず、自分も嫌な思いしない、何のトラブルもない生活をおくりたいと思っても、山に篭って自給自足の完全な隠遁生活をしない限り無理である。ところが今時は、自分が大資産家でない限り山に篭ることも出来ない。

世間から逃げるだけなら刑務所に入ればいいが、入ったら入ったで看守の強烈な干渉を受ける。規則規則の押し付け生活だ。この歳だ。死んだほうが余程いい。

散歩道で 19061937.jpg人生に絶望し世を捨てた昔の人は、放浪の旅に出たり、宗教に帰依・入信して修行場に篭り俗世間との接触をなくした。現在は、旅に出れば余計赤の他人との摩擦があるし、宗教に救いを求めても祈りだけの日々など有り得ない ・・・ としか思えない。

要するに、生きている限り他人に迷惑をかけず、自分も嫌な思いをしない生活など不可能でる。そんな望みは絶つべきなのだ。唯一死があるのみだが中途半端な理由で死ぬのもバカバカしい。

哲学の分野である。一老人が大層に考える必要もないし、考えても仕方ないが、生活しづらくなった(大きな)原因の一つは、外国人が大勢日本に住まれるようになったこと、否、それよりも、成り立ちが全く異なる外国の言語、文化、考え方、規範が幅を利かしてきたことだと思う。

一例を挙げれば、市場重視の政策、米国人の価値観を善とする流れである。日本の国に住む生活規範が一つでなくなった。拠りどころが分からなくなってしまった。多様性を善とせねばならぬようになって、それらを要領よくさばけない ・・・ 住み難い国になってしまったものだ。

山の実 19062357.jpg     散歩道で 19061708.jpg

7月4日 19:00修正
posted by 三龍斎 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

雑草ならぬ野草

国って何なんだろう? 法律って何なんだろう? 文化って何なんだろう? 風俗って何なんだろう? 習慣って何なんだろう?

子供じゃあるまいし、今更そんなこと考えたって、結論など出ないことを承知してねばならぬ。それなりの年なんだから! 例え自分の結論が出たとしても、それが世に受け入れられるかどうかが疑問なんだなー コレガ・・・

難しい問題は避けて気楽に草花を紹介しよう。奥武蔵を散策し注意深く目を凝らすと、色々な草花に出会える。掲載写真の野草は特別珍しくもないが、名を尋ねられれば、左側を ケイトゥ、右側を リンドウ と答えていただろう。

ブログ投稿前に老生よりは草花の名前に詳しい山ノ神に尋ねてみたら、思い出せないが何れも違うそうだ。分からないからと言って野草図鑑を購入なんて考えは ・・・ あり得ない。

・・・ 時間が出来たので、例によって、インターネット検索してみた。ケイトゥ も リンドウ も全く別の草花だ。記憶力ウンヌンよりも、草花の名前を覚えようともしない無気力さのほうが問題かな?

野草 19062360.jpg     野草 19062363.jpg

6月23日撮影。
posted by 三龍斎 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさか 水不足?

不謹慎な記事を投稿していた・・・かも知れない。鎌北湖(埼玉県毛呂山町)の水位が、見慣れた状態から4〜5メートル下がっていたが、今時は稲田に一番水が必要なときだから、そのために放水したのだと思っていた。誰かに確かめたわけではない。

拙宅の水道は、埼玉県水道局が都幾川から取り入れた水を貰っている。水質は良く水枯れもあまり話題にならない。身に詰まされていない ・・・ 蛇口を捻れば 美味しい水がドバッーと無制限に出てくると錯覚している。これが日常だ!

掲載の写真をご覧頂きたい。水と樹木の中間に岩壁や陸地のような風景が写っている。その部分は湖の水位が下がらないと見られない部分である。

日本の常識は、水と空気は ・・・ 奥武蔵はその典型だ。自然の恵みをタップリ頂戴していてその有難みを意識しない稀に見る恵まれた地域なのだ。水源が枯れ始めたとなると気楽にチャラチャラしたことを言っておれない。不謹慎な野郎だ! と非難の眼差しを向けられるかも知れぬ。

水不足? 19062586.jpg     水不足? 19062588.jpg

6月25日撮影。
posted by 三龍斎 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

水不足? 鎌北湖の水位

鎌北湖(埼玉県毛呂山町)へは度々訪れる。何時来ても絵になっているからだ。

珍しい風景を写真に収めた。随分と水位が下がっている。鎌北湖は農業用水のために作られた人造湖だ。今は、稲にとって一番水が必要なときである。だから貯められていた水を放出したのだろう。

普段見慣れた水位の所に 線で印 を付けた。通常の水位から4〜5メートル下がっている。初めて見た光景である。

水位の印以外にも写真にお遊びをしてみた。シーサー・ブログにはこのような機能もある。老生には似合わないが、若い女性がお遊びを楽しんでいる様子である ・・・

・・・ チョット待てよ! TVで愛媛県が水不足ウンヌンと放送している。ここのところ関東地方の水不足は話題になっていないし ・・・ 放水で水位が下がったのじゃないの? 農業用溜池なんだから釣り人や観光客のために見栄えよく満水にしておく必要はないからと思ったのだけど ・・・



6月25日撮影
posted by 三龍斎 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍しい花あり

日本が豊かなのだろうか? 老生が撮影用の花を求めてウロウロする地域が豊かなのだろうか? 意識すれば結構珍しい花を見かける。掲載の写真の同種の白色以外のものは方々で見かけるのだが ・・・

大昔の食糧難だった頃、食料品店で売られている野菜が高値で自家栽培の意味があった頃、休耕することで補助金がもらえる前の頃には、荒れたままで放置されている田畑を見かけるなど滅多になかった。最近はやけに目に付く。

その流れなのかどうかは田畑を持たぬ身には分からぬが、食物の栽培でなく、販売用の草花でなく明らかに趣味として植えられている草花を見かけることも多くなった。本日掲載の写真も同様である。

ブログ投稿用に花を求めてウロウロする身には大変有り難いが ・・・
大豆の海外依存率が90数パーセント ・・・etc etc ・・・ 何だか釈然としない。何も、住宅直前の10坪程度の庭まで耕作しろ等と戦時中の様なことを言っているのではない。老生は、要するに食糧安保の事を言っている。

自分の土地でもないのに余計な事をヌカスナ! 土地所有者がどう使おうと勝手だろ!! とお叱りを被りそうだ。

昔の人は言いました。触らぬ神に祟りなし。ホドホドにしよう。

遺伝子操作 19062589.jpg     遺伝子操作 19062594.jpg

6月25日、某所で撮影。
posted by 三龍斎 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

コスモスの狂い咲き

日本人は桜が大好きだ。何故だろう? パット咲いて、パット散る、その潔さが日本人の気質に合っているから ・・・ 目出度い入学シーズンに合わせて咲くから ・・・ とかなんとか、巷の噂だ。

好きなものは好き、綺麗なものは綺麗、それだけで十分だと思うが、騒ぎたい者には何とでも騒がせておけばいい。

多くの人が開花時期に関心を寄せるものだけに、毎年桜前線とかの情報が公表されるが、そんな予報は関係ないと、秋や冬に突然の狂い咲きがある。

コスモスにもそんな現象が起きるのだろうか? コスモスは 秋桜 とも書くように、秋に咲いてこそ値打ちがある。昨日、花を求めてのドライブの帰りコスモスの花を見つけた。フーン コスモスにも狂い咲きがあるんだ!!

コスモス 19062597.jpg     コスモス 19062599.jpg
posted by 三龍斎 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散歩道の花

梅雨時はどうしても派手に咲く紫陽花(アジサイ)に目が奪われてしまう。散歩時の感想は、紫陽花しか咲いていないなーって事になってしまうが、他には ・・・ と意識的に歩けば結構色々な花に出会える。

四季折々、自然豊かな郊外ならばこその楽しみだ。

街路樹 19061941.jpg     街路樹 19062349.jpg

左上の写真は6月19日、右上の写真は6月23日、自宅近辺で撮影。
posted by 三龍斎 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

流鏑馬(やぶさめ)祭り

ここ数日の間に余り好ましくない写真を数枚投稿した。美術や藝術に理解がある方にすれば、投稿写真を 余り好ましくない と記述すること自体が 余り好ましくない と言われそうな類の代物だが、投稿本人はチョットHッポイかな ・・・ と思っているから仕方ない。

意味不明のケッタイな提案やHッポイ写真の掲載など脱線しかけたブログ投稿姿勢を元に戻す意味を持って今回は有名神社の写真を掲載する。

写真の神社本殿は、埼玉県毛呂山町にあり、国指定重要文化財建造物で埼玉県内最古の神社建築(流造一間社)の出雲伊波比(イズモイワイ)神社である。

鎌倉八幡宮ほどではないが、毎年11月3日の秋の例大祭に流鏑馬(やぶさめ)祭りが町を挙げて行われるのでチョイ有名である。

出雲伊波比神社 19062477.jpg     出雲伊波比神社 19062480.jpg
posted by 三龍斎 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

■芸術品とエロ?の違い

2009/8/5 17:20 ページビュー数に疑問を持ち見たところ、掲載写真がエロ過ぎる、そんなものを今頃多くの人に見られるのもバカバカシイ、非公開にした。
----------------------------------------------------------------------

お許し願おう、喜寿ならばこそ申し上げられる。

物事は何でもそうだが、一部分をあるいは一面的に捕らえて評価してはならない。そんな事、ワザワザ言われなくても分かっている! とお怒りになっては物事が先に進まぬ。

掲載の写真(東松山市高坂駅前通りに展示)をご覧頂きたい。そして、同じ所の同じ彫刻を別の角度から撮影した写真 その1 と その2 もご覧頂きたい。何れも老生が撮影したものである。

美術品の見方 190521112.jpg三枚の写真を見比べていただいて如何なる感想を持たれただろうか?

女体は美しい。男性の大半が否定すまい。作者 高田博厚 はその美しいものを彫刻で表現した。

その1、その2をご覧頂いた限りでは、美術品である。芸術品である。しかし、当該記事の写真を見れば、多くの方が眉をひそめられるだろう。カメラの位置が悪い。

序に、当該ブログの その3 もご覧頂きたい。

その3の右側の写真は単体で掲載している場合は明らかに芸術品としか思えないが、左側の写真と並べて掲載し、且つ、記事の内容から エロ(モドキ)画像となってしまう ・・・ と思うのは老生だけだろうか?

折角の芸術品が見る方向、写す方向を変えただけで、加えて、横に並べた写真やコメント(環境)の所為でエロ(モドキ)画像?にもなってしまう。物事は多面的に捉えねばならぬと言いたいが為の分かりやすい例とした。生意気だったかな? 喜寿に免じてお許し願いたい。

チョイとエロっぽい画像を投稿した。まさか、この程度のもので警察のお叱りを頂戴するとは思えないが、暇つぶし、お遊びブログには相応しくない一枚である。

老生の投稿記事で気取る気はサラサラ無い。お堅いブログと言うつもりも無い。ただ、お色気をお求めなら、他のブログ、ホームページでワンサカご覧いただける。そちらに譲ろう。それが懸命だ。
posted by 三龍斎 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散歩道の可憐な草花

日本の気候風土に合っているからだろう。今時の花といえば、アジサイ(紫陽花)一点張りだ。鎌倉の何とか寺のように有名でなくとも、奥武蔵の道を散歩がてら、あらゆる所で紫陽花にお目にかかれる。

ブロガーとしてはいささか食傷気味である。紫陽花以外の花がないかなーと、体を痛めないようノンビリ歩きで拙宅の近くを探してみた。少ないねー

辛うじて写真の花を見つけた。勿論その花の名前は知らない。名前を知らなくても、美しければそれで十分だ。住宅街の歩道脇にあったが田畑のあぜ道などでは見かけない花だから、多分ご近所の方が植えられたものだろう。可憐な花だ。

散歩道 19061928.jpg     散歩道 19061929.jpg

6月19日撮影。
posted by 三龍斎 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東松山駅東口の再開発

古くから開けていた街、川越や東松山市の街をぶらつくと気が付く。古い時代の建物がそここに残っている。日本中が米軍の焼夷弾で燃やされたあの戦争の被害に遭っていなかったのだろうなー ・・・ と。

日本が敗戦の痛手から立ち直って開発ブームが押し寄せたときにも、ここは地上げ・再開発が行われなかった様子だ。手付かずの土地が十分にあったから資本や人々の関心がそちらに向かったのかもしれない。だから街中の脇道に入ると車が交差するには狭すぎてあちらこちらに一方通行の場所がある。道路事情に精通していない者はウロウロすることになる。

東武東上線東松山駅舎が何時頃立てられたのかは知らないが古かったことだけは確かである。駅近辺に空き地があり仮の駐車場に使われていたので再開発の準備中とは察しが付いたが、一ヶ月ほど前からようやく工事が始まった。周辺のビルも駅前再開発を見越して建て替えられている。スッキリした駅前に仕上がりそうだ。

再開発中東松山駅前 19062351.jpg     再開発中東松山駅前 19062343.jpg

東松山駅コンコースから窓ガラス越しに6月23日午前11時ごろ撮影した。
posted by 三龍斎 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

不祥事撲滅対策を提言する!

近年に限らないが、政治家、役人、企業家 etc etc の不祥事が相次いで、良識ある国民の怒りを買っている。何か抜本的な対策はないのか?自宅庭芍薬 190523145.jpgあるはずが無いと申されるか! ならば、日本の歴史上如何なる為政者も為し得なかった”不祥事を撲滅”する決定的な案(素案)を発表したい。
結論から申し上げよう。
それは、五欲制限の原則を憲法に明記し制度を確立することである。
民主主義は人々の多様な要求(欲望)を尊重する。だが、民主主義国家として成立・存続させる為にはお互いの欲望を調整しなければならない。これが原則だ。この大原則を踏まえ、狸親父(徳川家康)が採用した統治の手法、即ち、権力を持つ譜代には所領を少なく、中央権力から遠い外様にはより多くの所領を与える、生かしも殺しもされない百姓には高い身分を、暴利をむさぼる商人は最低の身分にして蔑む ・・・ 誰にも全ては与えないのである。
老生の提案、提言の骨子は既にお分かりだろう。
では、五欲とは何を指すのかを説明したい。
それには、単純に人間の欲望を羅列すればいい。
1.権力者になりたい。
2.金が欲しい。
3.名誉が欲しい。
4.美人(イケメン)と結婚したい。
5.心安らかに死にたい。
如何なる者にも以上の五欲の一つしか与えない様に制度化する事を提案する。
内閣総理大臣の報酬は時間給720円しか与えないし、野球選手でMVPを獲得すれば美人アナウンサーとの結婚などご法度である。
社長で金がたまって美人の奥さんを持って死の間際に勲章を貰って、家族友人知人の皆から惜しまれつつ大往生する ・・・ そんなことは絶対に許されないのである。二欲を得たと判明した時点で、問答無用、即、獄門磔の刑が執行されるのである。
親が財産を残してくれた場合、司法試験や公務員試験は受けられないし、被選挙権は剥奪されるし、マトモに畳の上で死んではならないのである。
例え偶然 一欲 を得たような場合、具体的に言えば、たまたま一等の宝くじが当たった場合でも、TV局(第4の権力)は退職、美人の奥様とは離婚、歯が痛んでも痛み止めは処方してもらえない様になるのである。勿論、即日、五欲管理省から閻魔さまに、誰もが迎えるその日には、舌抜きの刑を執行するよう通知される。
斯様にして、金を稼いで何が悪いとホザク ホリエモン や ハゲタカ村上 の様な人物は存在しなくなる。自分や親族の会社の為に議員になる不逞の輩は居なくなる。欲望を分け合う事で不祥事が無くなり、日本は平和で幸福な人々で溢れかえるのである。真に結構な住みよい国ではないか?
因みに、老生には既に美人の山ノ神がおいで遊ばす。しかし、金は無く無職で名誉などには程遠い。ギリギリのセーフで歯の痛みには痛み止めと抗生物質と消毒液、そして、新しい歯ブラシが与えられた。有り難い事である。
・・・ ヤッパリ オレッテ ヘンダ 意味不明の論理展開だ!
しかし、これだけ書けば、夕食のオカズは葫をタップリ染み込ませた200グラムのビフテキにありつける。平和である。
posted by 三龍斎 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少子化対策の決定打

少子化が叫ばれて久しい。政府は専任大臣を配置してまで対策に苦慮しているが解決策が見つかったとは承知していない。

老生、以前から抜本的対策に気付いていたが、発表は始めてである。

結論から申し上げよう。
ズバリ、健全な青年の目からバーチャル(まがい物)な女性のお色気を排除するのである。所詮、彫刻は彫刻、絵は絵、画像は画像、音声は音声に過ぎぬ。街中に氾濫する看板類は言うに及ばず、雑誌、新聞、TV、書籍、インターネット、映画、勿論、美術品、工芸品 etc etc

かくして、健全な青年は、男性しか理解できぬ高まりを”生身の”隣のミヨチャンに求めるようになり万々歳! 平安時代、江戸時代の秩序に戻れば万事解決である。

オレッテ ドウカシテイル ヘンテコダ!!!

高田博厚彫刻  19052170.jpg     高田博厚彫刻 190521113.jpg

写真は、東武東上線高坂駅西口駅前通りに展示されている 高田博厚の彫刻 である。5月21日、午前9時過ぎ 撮影。
posted by 三龍斎 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

街にとけ込む高田博厚の彫刻

バブルの頃は箱物もそれに付随するものも金をかけた豪華な物だった。東武東上線高坂駅西口の駅前が20数年前に区画整理(整備)されたが、その時、駅舎から駅前道路を西へ約2km、歩道に高田博厚の彫刻が数多く配置された。

現在では考えられない贅沢さである。その彫刻も街に溶け込んでしまって、人々の足を止めることも無くなってしまった。

・・・ とは、体裁を構った建前の記述で申し訳ない。彫刻の多くは女性の裸像である。美術品を鑑賞する姿勢であっても、その様な物をシゲシゲと眺めていてはスケベーと思われはしないか? ・・・ 無関心を装うのが一番だ ・・・ と、そんな人達ばかりなのである。

ならば、老生は? 決まっているではないか! 美術品としてしか観ていない。嘘偽りなどない。
信じられないって! それは貴方の勝手である。アーシンド!!


高田博厚の彫刻群 は紹介済みだが、光の加減がいいときに取れたので再び紹介したい。去る5月21日の9時過ぎの撮影である。

高田博厚の彫刻 19052124.jpg     高田博厚の彫刻 19052130.jpg
posted by 三龍斎 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎮痛剤が効きました

一週間前から奥歯が痛い。最初のうちは物を噛んだ時だけだったが、次第に進行して昨日からチョット奥歯に触れるだけで イテッー の状態である。会話をしていても奥歯に触れることがある。その度にイテッーの状態だ。

歯茎が化膿している状態なのは素人でも分かる。歯ブラシを熱心に使い血膿を出してしまえば治ると タカオククッテイタ が、朝飯も食べられず痛みに降参して歯科へ駆け込むことになってしまった。

レントゲンで状態チェック、チョイと血膿を出し、消毒をして、日をかけ徐々に膿を出し切りましょう ・・・ と丁寧な歯磨き指導を受けて穏便作戦での治療となった。

化膿止めの抗生物質、消毒薬、痛み止め、新しい歯ブラシを恭しく受けとり勇躍帰宅。早速自宅での治療作戦実施。

・・・ 痛み止めが効きましたねー ・・・ 

老生、実は現在様々な病気を抱え込んでいて、体の方々に違和感、鈍痛 ・・・ 暗い話はそこそこにしよう。けれども、夫々に対応して鎮痛剤を多用すると、病気の状態がわからなくなってしまうし、胃を荒らすので可能な限り鎮痛剤は服用を控えている。で、歯の鎮痛剤のように強いのを飲むと歯ばかりでなく、方々の不快感や痛みが隠れてしまう。

幸い(?)な事に胃・腸の薬を3〜4ヶ月前から服用しているので荒らすことはなかろう、と思い切って鎮痛剤を服用したのである。隠すことも無いが、何を隠そう、痛みに耐えかねて鎮痛剤を飲んだ、ただそれだけの話である。

・・・ 痛み止めが効きましたねー 眠いですねー ・・・

陳腐な日常生活の報告で恐縮、されど、日常の中に非日常あり、非日常の中に日常あり ・・・ と自分に言い聞かせて、ブログ投稿に至った次第。

自宅庭 190523166.jpg     自宅庭 190522121.jpg

写真は自宅庭のもの。5月22、23日撮影。
posted by 三龍斎 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

ガス抜きの方法

紛らわしい表題で恐れ入る。今話題の、温泉に含まれている天然ガスを抜く方法を述べようとしているのではない。人の心にたまったガス ・・・ 非力な自分達では何とも出来ない権力者や組織の不正、追随できない世情に対する不満や怒りを解消することを”ガスを抜く”と例えることがあるが、それである。

名前知らず 19061654.jpg話は簡単だ。シッチャカメッチャカな理論を展開し、大声を発し、相手を罵倒し、自論と自己の存在を押し付けることだけに執着し、限りある討論の場を壊し時間の無駄使いに全く躊躇しない方々を出演させているTV番組を見ることである。

そして、自分が出演して主役を張っていると錯覚することである。胸がスカーッとすること請け合いだ。体内にたまった不平・不満ガスなど一瞬に消えてしまう。

一見お粗末なTV番組は、不平・不満分子のガスを抜き、結果として懐柔するために知恵を絞って放送されていることを認識すべきである。

決してNHK的真面目なTV討論会は見ぬことだ。建前しか発言しない真面目そうな連中の話の中には無い 真実 を見出すことが往々にしてある。それを見出すことが出来るか否かは貴方の器量次第である。夢々、疑うこと無かれ!

アリャ! この記事自体が暴論・奇論 ・・・ かな?

当該ブログも老生のガス抜き?・・・残念ながら、肖像権侵害はないか? プライバシーを犯していないか? 著作権侵害はないか? 名誉毀損に当たらないか? etc etc こんなプレッシャーが常に重石となってストレスが益々たまりそうである。投稿を続けているのは単に老人の暇つぶしに過ぎない アーア
posted by 三龍斎 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険事務所は大混雑

先日、某社会保険事務所を訪れた。大変な混雑だ。5月に訪れた時とは大変な違いだ。中途半端な時間に面談(相談)の受付を申し込むと待ち時間が大変なので、何時も朝一番の受付開始30分以上前に訪れ番号取りをすることにしている。

菖蒲 19061552.jpg例の5000万件報道以来の事だと思うが、今迄通りの相談窓口と納付記録確認用窓口が分けられていた。老生の用件は今迄通りの窓口で、ほぼ同じ時間の午前7時50分ごろの番号取りだったろうか? 15番が取れて大して待たなかった。

一方、新しく設置された納付記録確認用窓口は、待っている方の受付番号をチョイト見たのだが、老生と同じ時刻の番号取りで170?数番である。これではたまらない。訪れた序に念のため老生や連れ合いの納付記録を確認しようと思っていたが ・・・ 恐れをなして早々に逃げ帰った次第。

posted by 三龍斎 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

渋谷温泉爆発事故を詠む

別段上手だと思わないが、何かを感じると、次々と川柳が生まれてくる。
脳ってのは不可思議な物体だ。本日は東京渋谷の(女性客専用)温泉の爆発事故関連から始めて数句を披露したい。

事件より 騒ぐキャスターに 何事ぞ!

往々にして、受け手(聞く側、見る側)の好みや関心の度合いで、同じニュースでも煩わしく感じたりするのだろうと思うが? ニュースショウを漫然と無意識・無批判に受け入れていたのでは自分を失ってしまうので避けたいが、一々真剣にTV画面を見ていたのでは疲れて仕方が無い。その度合い、生活のバランス ・・・ 気楽に過すのが一番だ!

会見の 社長の若さに 目を見張り

責任者が記者会見を開き謝罪していたが、女性で且つ随分と若く感じた。この種の業界 No.1 の会社だそうだ。バックには凄腕の黒幕が居るのだろうなー ・・・

インタビュー 嬉々と応じる 現代っ子

現代っ子と言う表現では老生の意図が伝わらない。ヤレ韓流だのハンカチ王子だと大騒ぎするオバサマ方を詠みたかったが、いい言葉が出てこない。

現代っ子と言えば、ハンカチ王子にしろ、ハニカミ王子にしろ、卓球の愛ちゃんにしろ、スケートのミキティにしろ、アスリート達のTV対応の上手さには常日頃感心している。老生はマイクを突きつけられたことは無いが、一般市民として感想を聞かれた場合、残念ながら彼らほど落ち着いて内容のある話し方が出来るとは思わない。

ハンカチ王子 ・・・ アレッ! 無意識にメディアのお遊びを受け入れてしまっている老人が一人ここに居る ・・・ マー ドーッテコトナイ、適当に調子を合わせよう。

格調の 高さが売り物 我が川柳

老生の川柳なのだ。格調などある筈無いが、このように思ってヘタッピーな川柳を詠み続けよう! その内上手くなるさ! 大切なことは、高齢化対策 ・・・ ってことだ。
posted by 三龍斎 at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

大騒ぎの爆発報道(TV)

東京渋谷の高級住宅街にある女性客専用の温泉(相変わらず表現が古いねー スパと言うのだそうだ。温泉は温泉、馬鹿馬鹿しくて ・・・)従業員の休憩所になっている建物が爆発、死者3名、重軽傷者4名?とTVが騒がしく伝えている。温泉のお湯と共に出るガスが爆発したらしい。

先ずは、お亡くなりになった方々のご冥福を祈り、傷を負われた方々の一日も早いご回復を祈る。

さて、毎度のことだが、何か事件があるとTVは革命勃発のように騒ぎ立てる。時には、それがどうしたの??? と言いたくなるような話題を、如何にも重大事件のように延々と何時間も繰り返し繰り返し放送している。その度に、大層な話し方をする北朝鮮の女性アナウンサーを思い出してしまう。同時に、TV文化の興隆は”一億総白知化”と現在を見通した評論家を思いだす。

メディア側には彼らなりの拘りがあるらしい。一視聴者、一読者でしかない老生には「視聴率、販売部数」の問題ぐらいしか分からない。

念のために申し上げておくが、今回の爆発事件が報道に値しないと言っているのではない。誤解されては迷惑なので一言付け加えておきたい。

どんな問題でもワッと騒いで後はシランプリ、これでは困る。視聴者、読者の覗き見趣味や一時的な興味に訴え視聴率さえ稼げれば良しとせず、バランス良く大切な問題は息長く深く報道する姿勢を貫いて欲しい。メディアに振り回されるのは嫌だ! と思いつつも、現実は頼りにせざるを得ないのが我々なのだから!!

明日一日中、そして、次の日曜日のニュースショウの主役だろう。

posted by 三龍斎 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。