2007年08月27日

厳しい夏の終わりを告げる夏祭り

マッコト、猛暑、猛暑に襲われた厳しい夏だった。
例年、お盆が過ぎれば夏は終わりとの感じがあったが、今年は例外だった ・・・ って言うよりも、そのお盆の間が厳しかった。

殆どの地域では夏祭りはとっくに終わっているが、毎年八月末に開催される埼玉県鳩山町(鳩山ニュータウン)の夏祭りの模様を撮影できたのでご紹介したい。

朝日新聞(2007/9/19 朝刊)によると、個人情報保護法の解釈(運用)の一例として、スポーツ大会の優勝選手名の公表も控えている主催団体があるとの事。あまりの馬鹿馬鹿しさにアングリしながらも、老生投稿の写真には一般個人が写っているので、当然同法に抵触すると思わせられ!!!、削除しました。
    (2007/9/19)


左上=神輿の担ぎ手の半纏が色々なので、まつり本部でその訳を聞いたところ、当該地域以外の方々から神輿を担ぐ為に来られたそうである。祭りのグローバル化 ???

右上=まつりの為の人集めの手段は色々あるが、この種の遊具が何処でも人気だ。

朝日新聞(2007/9/19 朝刊)によると、個人情報保護法の解釈(運用)の一例として、スポーツ大会の優勝選手名の公表も控えている主催団体があるとの事。あまりの馬鹿馬鹿しさにアングリしながらも、老生投稿の写真には一般個人が写っているので、当然同法に抵触すると思わせられ!!!、削除しました。
    (2007/9/19)


左上=アトラクションとして演奏された”鳩山太鼓”の演奏風景である。前列左の男性が”和太鼓のプロ”として活躍されているそうだ。
演奏の最後のほうで、”鳩山太鼓”出身のプロが公演先から駆けつけ友情出演があった。

右上=盆踊りの風景である。真ん中に写っている人物は”日本舞踊の師匠”即ちプロだそうである。

----------------------------------

被写体に個人的なつながりがあって、知人友人親戚等々(閉鎖的な個人空間)に披露する為のものだと”人物”を撮影するのに躊躇しないが、当該ブログは未知の不特定多数対象だ。撮影する時も、投稿する時も個人の肖像権・私生活権をどう考え・どのように扱うか苦労する。

デジカメをプレゼントされて ・・・ ブログ投稿するようになって、デジカメを四六始終携帯しているが滅多に人物を撮影しない。理由は明確! 一般の方々を撮影しても結果的にブログ投稿できない事と”変な誤解”を受けないようにしたいからだ。そう ・・・ 李下に冠を正さず、なのである。

今回の投稿は、人物が入っているので、少し言い訳をしておこう。

☆ 神輿担ぎの風景は、後ろ姿だから問題なかろう。
☆ 怪獣トランポリン(遊具)の順番待ちの子供達や保護者が写っているが、
  配慮して人物を小さく撮影している。この程度はご容赦願いたい。
☆ 和太鼓の写真は素人集団とはいえプロと一緒に方々で活動されているの方々だ。
  同じ画面に写ったとしてもご容赦下さるだろう。
☆ 盆おどりの場面に”プロ”以外の方も写っているが、
  何も悪いことをなさっている訳でない。
  祭りの紹介で盆踊りの写真は欠かせない。
  同じ画面に映っていることをお許し願いたい。

☆ プロの方々だから素人が勝手に撮影して公表していいとは思っていない。本来なら撮影料(肖像権料)を支払うべきだ ・・・ が、インターネット網への公表が、”プロ”が地域住民として無報酬で祭りを盛り上げる為の行為をされている ・・・ それを称える” との基本的思想を持って投稿したのでご容赦願いたい。肖像権料を請求されても、お支払いできる程の金持ちではないので ・・・


posted by 三龍斎 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 鳩山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

佐賀北高校の優勝を祝す

昨日の全国高等学校野球選手権大会で普通の高校が優勝した。

地元出身の生徒だけだそうである。
野球特待生制度がない学校だそうである。
県立高校だそうである。
進学校だ ・・・ これはどうでも良い ・・・

老生も最初から最後までTVにかじりついていたが、試合展開は野球名門の広陵高校が完全に支配していた。佐賀北高校はワンチャンスを生かしただけだ。
奇跡の逆転優勝、正にドラマだった。

だから、高校野球は面白い !!!

19070887 夏の花.jpg
posted by 三龍斎 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

平成19年の坂戸よさこいを紹介しています

高校野球が終わった。凄い試合展開だった。見応えありだった。若いってスバラシイ!


さて、去る8月18日、埼玉県坂戸市で開催された”坂戸よさこい”をビデオ録画してきた。当該ブログではなく、URLを別に立てて、先ほどようやく投稿を終わった。ご覧頂きたい。

出演チーム数は100を超えるそうだが、その内の45チームの紹介である。老生にとっては精一杯の取材?、投稿である。

平成19(2007)年”坂戸よさこい”へは、ここをクリックして下さい。

19070893 夏の花.jpg

坂戸よさこいと写真は、関係ない。
別立てURLの紹介文だけでは寂しいので掲載した。
posted by 三龍斎 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 坂戸市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

今年も訪れる坂戸よさこい

熊谷市、館林市、岐阜市 ・・・ 40度を超える猛暑だそうだ。ドンマイドンマイ この程度は 坂戸よさこい で、吹っ飛ばそう !!!

本日(8月17日、前夜祭)、明日(8月18日 土曜日)、明後日(8月19日 日曜日)に埼玉県坂戸市で例年の 坂戸よさこい祭りが挙行される。体調が許せばビデオ撮影してご紹介したい。

明日からは、曇りで多少は凌ぎやすいとのお天気予報だから期待 ・・・

因みに、昨年(平成18年)の様子は、 

坂戸よさこい 前夜祭、本番第一日目  と
坂戸よさこい 本番最終日 

で紹介している。是非ご覧頂きたい。

19063010 野いちご.jpg

上記の文章と写真は関係ない。
別立てURLの紹介文だけでは寂しいので掲載した。
posted by 三龍斎 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 坂戸市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

涼しく見えるかな? 夜の公園

昨日は凄い暑さだった。館林市では40度を越したとのこと。39度以上の地域もザックザック紹介されていた。本日はどうなることやら ??

一週間ほど前、近くの公園でブログ投稿を意識して撮影してきたのを思い出した。夜の写真なら少しは涼を感じてもらえるかな ?? ・・・ ってんで、ご紹介となった次第。

19080727 外灯.jpg

当該ブログでは、通常サムネイルで写真を掲載しているが、元画に差し替えた。(2007/09/21)
posted by 三龍斎 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

とにかく暑い! 山へ避難しかなし

兎に角暑い! 理屈もヘッタクレも無い。老生の居住地のみならず、全国的だそうだ。こんな時は山へ逃げるに限る。優雅に”避暑”である。

埼玉県毛呂山町の鎌北湖からならすぐ雑木林に入れて涼しい思いを出来るが、体力を考えて、そこを車で通過、外秩父の途中まで車でのぼり、杉やヒノキ、雑木林の日陰の山道を30分ほどの道のりで、高指山の手前の”穂高”に到着、登山客用の東屋で午後数時間の居眠りと洒落込んだ。

写真は、8月8日、その休憩所(東屋)からの外秩父の様子である。著名な避暑地に縁の無い貧乏人にも、神様は平等に涼しい想いをさせてくださる。ありがたいことだ!!!

19080834 穗高から.jpg
posted by 三龍斎 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父連峰の四季折々=3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

東京タワー(六本木ヒルズから)

東京タワーも六本木ヒルズも数多くの画像が紹介されている。今更老生が投稿しても特別目新しくもない。陳腐である。 ・・・ が、草花ばかり、秩父連山ばかりでは食傷気味 ・・・ なので、敢て投稿させていただく。

余りいい写真とはいえないが、鉄鋼の権化の東京タワーをコンクリートと石の権化の六本木ヒルズ(喫煙コーナー)から撮影した。チョイト珍しいと思うのだが ・・・

19073132 東京タワー.jpg
posted by 三龍斎 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

明治神宮絵画館の

東京や大阪の超大都市には緑が少ない。故に老生を引き付けない。緑を味わう為には、丁寧に管理されている名園に入場料を払って見学せねばならぬ ・・・ 寂しい限りだ。

常日頃の生活圏では寂しい思いをするが、時間が許されれば、そこここで緑に遭うことも不可能でない。写真は明治神宮絵画館の一隅だ。誰でも通れるところだが、立ちションなど思いもよらぬ硬苦しさがある。ピクニックマットを敷いて昼寝はできぬ。スーツにネクタイって感じだ !!

19073129 絵画館の.jpg
posted by 三龍斎 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

六本木ヒルズ 寸景

ビバリーヒルズならぬ花のお江戸の六本木ヒルズを、お上りさんしてきた。何だかんだとコメントするまい。ビックリ仰天するもよし、ケナスもよし、人夫々だ。

だが、折角のブログ投稿である。小さな小さな驚きを書き留めておこう。地下鉄大江戸線を降りて件の場所に向かう途中、道筋の至る所に”六本木ヒルズへの道案内”がしてあった。如何に老生と同様の冷やかしお上りさんが多いことか ・・・ 


六本木ヒルズ 19073139.jpg      六本木ヒルズ 19073141.jpg

六本木ヒルズ 19073143.jpg      六本木ヒルズ 19073144.jpg サムネイル
posted by 三龍斎 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。