2007年09月28日

時津風部屋 新弟子リンチ・殺人事件

時津風部屋の新弟子だった 時太山(斉藤俊さん 17歳) が親方及び兄弟子の稽古・指導に名を借りた集団暴力に耐えかねて死の前日(6月25日)父親に助けを求めて電話したその内容が公表された。

僕良い子になるから迎えに来て !

子供の年齢に違いはあるが、子を持つ親として、地獄・絶体絶命の淵からの救いを求めるメッセージを、単に弱気の愚痴と受け止め もう少し頑張ってみろよ と応じた父親が、今どんなに悔いて居られるか想像に難くない。

相撲界そのものが閉鎖的な世界である。弟子入りを勧めたとは云え父親は力士経験者ではない。単に相撲ファン程度の者が、相撲部屋とは昔のタコ部屋、旧日本軍の内務班同様の暴力組織だと想像出来る筈が無い。

記者の取材結果や、相撲界に詳しい元関取や関係者のコメントが報道されている。信じ難い内容に関わらず、伝統との言葉に閉じ込められた前近代的な弟子養成の実態を(コメント通り)事実だと信じてしまう。恐ろしい話である。

相撲興行はスポーツとして、ハワイ勢やモンゴル勢に牛耳られても構わない。今やNHKの相撲実況中継など見る気は全く無いから ・・・ 国技としての伝統は 神前奉納相撲 に形だけ残してくれえれば、日本人として十分である。

19092418 秋の散歩道.jpg

(2007/9/30 追記)
後日のために記録しておこう。
メディアが報じた時津風部屋の殺人行為等は次の通り。
  1.死亡前日、時津風親方が食後ビール瓶で時太山の額を殴打した。
  2.親方は、”お前達もやれ”と集団リンチの実行を指示した。
  3.親方の煽りもあり親方に続き兄弟子達が部屋裏で集団リンチを加えた。
  4.死亡当日、通常は5分が精一杯のぶつかり稽古を30分も行った(可愛がり)
  5.兄弟子達は、金属バットや角材で殴打した。
  6.時太山が気絶してから、2時間も119番通報しなかった。
  7.親方は、他の弟子達にビール瓶で殴打した事をしゃべるなと口止めした。
  8.遺族に無断で火葬を急ぐなど証拠隠滅を図った。親の抗議で実行できなかった。


posted by 三龍斎 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

鳩山法務大臣の”乱数等による死刑執行”発言

改革、改革の大合唱である。改革と言えば何でも善との風潮がある。心良しとしない。従来の、旧来の仕組みを何でもカンデモ変えれば良い、新しいことを云えば良いってものではない。

ここのところボケーとではあるがTVに噛付いている。暇だし、そこそこ(否、大いに)興味のある政治の話だから時間潰しにはなっている。

そんな折、福田内閣の多くの閣僚が就任時のインタービューに答えている中で老生のセンサーが捕らえた”気の利いた応答”があった。鳩山法務大臣である。今更老生が説明するまでも無いが、鳩山法務大臣は今回の自民党総裁選挙で他派閥の麻生元幹事長の選対責任者となっていた御仁である。これ自体は何とも思わない。

安倍政権から引き続き福田政権で法務大臣留任と決まり、その時のコメントがTV放送された時、地味で面白みの無い福田内閣の中にも ホエ! 結構センスある閣僚がいるじゃんと思っていた。

そのコメントとは、・・・
総裁選挙は昔風に云えば大名同士の戦いだ。その戦いで破れた麻生陣営の選対委員長をしていたのだから、さしずめ、獄門さらし首の身なのに、留任とは福田さんも懐が深い ・・・ 云々 ・・・ 上手いヨイショ発言、ベンチャラである。

ところが、安倍首相退陣に伴う自らの辞任会見でトンデモナイ事を云っていた事を昨日知った。

死刑執行は ”法務大臣の署名で執行されるのを改め自動(乱数表・ベルトコンベアー)的に決めろ” との主張である。云いたいことは簡単である。法務大臣である自分が署名することで死刑が執行される。それが嫌とおっしゃるのである。死刑執行や法務大臣の位置づけを何と認識されているのだろう ???

昨夜、この発言を問題視して論評するTVチャンネルがあった。当然である。今日も続くだろう。従来の、旧来の仕組みを何でもカンデモ変えれば良い、新しいことを云えば良いってものではない。お灸を据えるべきである。

19092633 稲穂.jpg

(2007/9/30 追記)
新聞記事によると、法務省のある幹部は次のように語った。
大臣の署名は、回帰不能な刑の執行への慎重さを担保し、死刑(極刑)制度を成り立たせる為に必要。再審請求や心身状況などを総合的に判断する為だ。

今まで死刑廃止論・肯定論に余り考えが及ばなかったが、
法務省のある幹部のコメントに賛意を表する。
posted by 三龍斎 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

衆参両院の首班指名選挙で公明党の姿見えず?

人生長い間生きていて、大概のことは目にし耳に入っていて事新たに思う事は無いが、本日午後1時から始まった衆参両院の首班指名選挙の模様を眺めていても、ヘーと思った目新しい二つの事象???を発見した。

その一つは、衆参両院とも、第一回目投票で公明党が自らの党首に投票しなかったことだ。二名に絞った決選投票なら当たり前だが ・・・ 
日本は基本的に政党政治である。で、なんでー ??? であった。
公明党は相当数の所属議員を抱えて独自の綱領に基き政治活動を展開している公党だ。予め自民党と連立与党合意が出来ているとはいえ、首班指名選挙の最初から自民党所属議員(福田元官房長官)に投票したのは、老生には ??? である。

無所属議員が何れかの政党党首に投票するのは当たり前だ。理解できるのだが?!

二つの放送局が実況中継していたが、唯の一人(司会者も、コメンテータ)も、そのことに触れる人が居なかった。
それが常識なのか? ならば、やはり老生はアウトサイダー(体制こぼれ)なんだなー

両院での首班指名選挙の模様を見ていての目新しい二つ目は、数名の例外者を除いて、スーツにネクタイ姿だったことだ。勿論、好印象を抱いたのである。

国会は神聖な場所だ。彼らの仕事は神様の領分を担っている。それなりの厳粛な気持ちで望んで欲しい。何時も紋付の羽織袴かモーニング姿で居ろとまでは云わぬが ・・・

昨今、クールビズだか何だか知らないが、我々日本国民の生殺権を握っている国会議事堂内でのだらしない格好を見せ付けられてきた。ウンザリしてきた。

だから、普通の服装が新鮮に見えたのである。
議事堂内の温度をネクタイ無しにしなければならぬほど高く設定しろ ・・・ なんて、馬鹿げたことを言う国民は皆無(の筈)である。

19092402 秋の散歩道.jpg
posted by 三龍斎 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊誌”昭和タイムズ”発行 懐かしいねー!!

山ノ神が何から情報を得たのか知らないが、”昭和タイムズ”と言う週刊誌が発行されたので買ってみては? とのご宣託だ。

創刊号とのことで190円と安い。買わずばなるまい。何せ創刊号の昭和39年と云えば、世間並みに結婚して、自分だけでなく家族に対し責任を持つ イッチョマエ になった年である。

山ノ神の祖父から、結婚祝いに”冷蔵庫”が良いか? ”テレビ”が良いか? と問われ、東京オリンピックを控えていた事もあってテレビをプレゼントされ(選び)、和室6畳と2畳ほどの台所の慎ましやかなアパートの一室で世紀の祭典を目の辺りに出来た若き日の思い出の年だ。

本日午後1時から、首班指名の国会中継がTV放送される。
今その時間だ。見ずばなるまい。

19092411 秋の散歩道.jpg
posted by 三龍斎 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党4派閥の領袖が、党4役に就任

昨日、福田自民党総裁は、自民党幹事長に伊吹文明(イブキブンメイ)議員、同総務会長に二階俊博(ニカイトシヒロ)議員、同政調会長に谷垣禎一(タニガキサダカズ)議員、同選対委員長に古賀誠(コガマコト)議員を選任し同党の了承を得てメディア発表した。

本日、首班指名を受けて組閣に入るとの報道。
何方が就任されようと、少なくとも、老生を含む一般庶民を蔑ろにし痛みつける政党、政権で無い事を望む

19092403 秋の散歩道.jpg

4〜5日ほど前から鈴虫が秋を楽しませてくれている。夏の暑さを助長するセミの鳴き声は閉口だが、鶯や鈴虫は、東京都心から50kmも離れ不便な生活をおくる代償として余りある自然の恵みだ。

ドギツイ赤なので、好みではないが彼岸花(マンジュシャゲ)も全開だ。
posted by 三龍斎 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

安倍首相が謝罪会見

東京新宿区信濃町の慶応大学付属病院に入院中の安倍首相が、福田総裁決定に引き続き自民党4役(旧3役に加えて昇格した選対委員長)が決まったタイミングを捉えて、同病院で、内閣総理大臣辞任の謝罪会見を開いた。

投稿記事(記述内容)に意味は無い。
写真を投稿したかったからに過ぎない。自分用のメモと言っておこう。

19092431 秋の散歩道.jpg
posted by 三龍斎 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

□■自民党新総裁に福田元官房長官が決まる!

先ほど安倍内閣総理大臣の辞任表明を受けての、新しい自民党総裁(=内閣総理大臣)の選挙が行われ、(平成19年9月23日 午後3時9分開票)
   福田元官房長官が、330票
   麻生幹事長が、197票
   無効票、1票
結果、福田自民党総裁が誕生した。
森元総理大臣や小泉元総理大臣、派閥領袖の動きで、福田元官房長官の当選は確実視されていて、麻生幹事長が何票獲得するかにかかっていた。

330票 対 197票 をどのように分析するか?
麻生候補は自派閥議員数16名で劣勢が明らかだったが、地方票65、議員票132をどのように分析するか?

開票結果発表時、敗者の麻生幹事長が満面の笑みを浮かべ、福田元官房長官にその様子が見られなかったTV中継が大筋を語っているだろう。
メディアの報道姿勢や一般庶民の反応を自民党国会議員が敏感に感じ取った結果だと思うが、福田候補への 勝ち馬乗り現象 が極端でなかったことに多少安堵している。

19080409 セミ抜け殻.jpg
posted by 三龍斎 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

□■政治家も国民もみな同じ方向に行きたいの?

驚きである。
何に驚いているのかと云えば、・・・・・

昨日の老生のブログへの訪問者の内
  1.記事タイトル=「麻生幹事長に一票を投じます」
  2.ブログタイトル(トップページ)=「気持ちは青年 偽隠居の道楽日記」
  3.index/rdf
の訪問者の合計が、実に10人、昨日一日でたった10人なのである。

勿論、老生のブログの他のタイトルへご訪問くださった方を除いた数字である。通常、何の意味も無い記事を投稿しても、瞬時、これに倍する訪問者数がある。昨日の投稿=明らかに本流とはなれた論調が如何に忌避されているかが分かって、余りいい気分でない。

本日午後の、自民党総裁選挙の結果の帰趨は一週間前に分かっている。新聞・雑誌など読まなくてもTVを見ているだけで福田自民党総裁、福田内閣総理大臣の誕生を疑う者は居るまい。だが、国民総じて同じ方向に乗ろうとする ・・・ 恐ろしい国民性である。

19072527 自宅庭.jpg
posted by 三龍斎 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

□■麻生幹事長に一票を投じます

明日の自由民主党総裁選挙では 
    麻生幹事長 に一票を投じます !!!


自由民主党の総裁選挙は公職選挙法の適用外だそうである。自由民主党内の約束事を守れば良い。老生は党員ではない。部外者だ。当然、自由民主党の約束事を守る必要はない。

自由民主党の党員は100万人ぐらいだそうだが、彼らが選ぶ総裁が、現実的に、1億2千万人を統治する首長(内閣総理大臣)になる。ソリャナイゼー! である。

総裁選挙に参加したければ党員になれば良いではないか? と言われても、それは断る。理由は色々あるが今のところ浮動票で居たい。日本は民主主義国家の筈だ。自分に投票権が無いのなら、せめて、世論に頼りたい。 ・・・ってんで、インターネットで意見の表明だ。

老生の意見表明が今回の自民党総裁選挙に全く影響しないのは承知の上だ!

麻生幹事長に一票を投じる理由は ・・・
内閣総理大臣には、思想・分析力・判断力・調整力・胆力・健康・情熱・指導力 ・・・ 有り得ない神に近い資質を期待してしまう。メディアが発達した現在では、それらに加えて、民の心を掴む能力・民に訴える・民を納得させる能力が不可欠だ!

福田元官房長官よりも麻生幹事長の方が、民の心を掴む能力・民に訴える力・民を納得させる力が数段勝っている と老生は感じた。勿論、自派以外の派閥領袖の全てに袖にされ窮地に立たされている事への 判官びいき もある。

候補者が麻生・福田の二名に限定され直接選挙制ならば、
    老生は 麻生幹事長 に一票を投じる !!!

候補者が、小沢民主党党首 vs 自民党麻生幹事長なら ??
    その場合は、別儀である。


19091310 お茶の葉.jpg
posted by 三龍斎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

□■公明正大に自由民主党総裁選出を願う!

暑い! 今日この頃の暑さを残暑と言うそうだが、呼び方なんぞ何でもよい。真夏の暑さのぶり返しだ。堪らない。

こんな時は、涼しげなものに限る。去る8月21日に撮影していたものを掲載する。

19082103 夏の花.jpg

本日の午後1時から、麻生幹事長と福田元官房長官の公開討論会がTV放送される。
ジックリ拝聴するつもりだ。

選挙権は持っていないが、自由民主党総裁選挙に大変関心がある。当然だろう。現時点では、どんなヘリクツを展開しても 自由民主党総裁=日本国の内閣総理大臣を否定できないのであるから!!

選ばれた人物次第で老生の生活にモロに影響する。
ババチィー手段を弄せず 正々堂々 清く正しく美しく 選んでもらいたい! 
アレッ タカラズカニナッチマッタ!
posted by 三龍斎 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

レッサーパンダは元々野性だ!!

昨日、彩の国(埼玉県)東松山市に在る こども動物自然公園 でレッサーパンダを撮影し、当該ブログに投稿した。自分の記事を見直すことは稀だが、今朝偶々その写真を見直し見て オッ! である。

昨日は何気なく掲載したが、レッサーパンダの顔付きが良い。今は動物園で飼われているが、元々野生の動物だ。眼光鋭く何かを威嚇している様子を捉えていた。久々に傑作写真である。そこで、昨日の写真を別の物に差し替え、改めて、本日はサムネイル掲載ではなく、一発で見てもらえるようにした。

レッサーパンダ舎を訪れる殆どの人達が 可愛いー ナンテ奇声を発しているし、インターネットに掲載されている他の写真も可愛いものばかりである。幼子を連れた母親やジジババは異口同音に
   「OOチャン 見てご覧 可愛いねー レッサーパンダだよ」
なんて感想を押し付けている。確かに縫ぐるみ的可愛さもあるが、可愛いばかりでなく、この写真のような一面を見せる場合もある ・・・ 偶々だが良い写真が撮れたと満足している。

野生の小熊猫 19091920.jpg

2007年09月19日

乱れの中からこそ後世に残る人物が現れる!

ワイドショウ(TV)の世界に浸っていると、一時期は全く面白くなかった政治の世界も、安倍首相辞任表明、次期首相選出ドラマをコレデモカ コレデモカ と押し付けられて多少は退屈しのぎになっている。(実は夢中になってTVに噛り付いている)

特に、裏話がチョロチョロ出始めると、権力に群がる亡者の実態が分かったような気分になる。甚だ不謹慎な姿勢だが ・・・ TV放送で本当の人間が分かるはず無いのに錯覚させられるのだ。

酒席的、厭世的に申せば、政治の世界は権力亡者だけのドタバタ劇になるが、見方を変え別の面から観察すれば決してそうとばかり言えぬ。時には、否、度々、政治家・政治屋集団の中に、この方は絶滅危惧種(貴重な存在)だ! 尊敬に値する! 守り抜かねばならぬ! と我、我が家の利害得失を超えて、心ひそかに仰ぎ見る政治家がおいでになる。

民主主義社会の政治家の大きな役目に「民の多様な欲望を調整する」仕事がある。その仕事を通じて、政治家自身が己の利益しか考えていないじゃーないかと誤解(?)せざるを得ない方々が多いのは確かだ。泥田をいじくっておれば、いじくる当人も泥だらけになるのは当然だ !! 政治家の値打ちを見分けるのは難しいし、時間がかかる。止むを得ない。

老生が尊敬に値すると思う政治家の具体的な名前を挙げるのはやめる。老生の思想傾向がバレルのは心良しとしないからだ。残念ながら、その様な方(方々)が今は美味しい思いをされていないことだけは確かである。だが、何年か後に、何十年か後に、見識高い優れた政治家として人々の脳裏によみがえるのは確かだと ・・・ 老生は思っている。

レッサーパンダ 19091924.jpg      小熊猫の木登り 19091926.jpg サムネイル

野生のレッサーパンダは、現在、3000頭にまで減ってしまっているそうだ。取引が禁止されている絶滅危惧種である。

日本の動物園では、合計で250頭ほど飼育されているそうで、絶滅危惧種との緊張感が伝わらないのは、日本国内の飼育場・飼育数の多さだろう。

絶滅危惧種と知って、コリャ大変だとばかり、彩の国(埼玉県)東松山市に在る こども動物自然公園 へ写真撮影に行ってきた。午前11時ごろの撮影である。

一年ほど前に訪れたときは4頭いた。本日は2頭しか現認できず、案内板には
”ポリン””ナツ””ココ” 3頭の名前しか表示していなかった。4頭いたのは間違いないんだがなー 死んだのかなー ???

・・・ 平成18年12月16日に撮影して、12月20日に投稿したビデオでは間違いなく 4頭 写っている ・・・ ウーン!?
posted by 三龍斎 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

植えるだけでは見苦しい・・・花一杯運動

死者に鞭打つ行為は、日本人として、情け知らぬ卑怯者との誹りを受ける。実質的に権力を行使できなくなった安倍首相(当該記事投稿時は未だ日本国の内閣総理大臣である)の悪口を今更言うつもりはサラサラ無い。

だが、その様な人物を選び、首相の座に据え、挙句の果ては当人ばかりでなく、日本国民・未熟な日本の政治体制を諸外国の笑いものにしたのは誰か? この程度は言わせて貰おう。

責任の所在をトコトン追い詰めていったら、結局、小泉(元)首相を郵政解散で大勝させ ・・・ 安倍首相での参議院選挙で自民党を大敗させた日本国有権者に帰する。
・・・ そんな言い方されても困るんだよなー

19091715 花一杯運動.jpg

日本中とは言わぬ。老生居住の近隣市町村ではどこも 花一杯運動 を展開している。道路や公園の空きスペースを利用しているケースが多い。

それはそれで、真に結構なことだが、植えるだけ植えて枯れてしまうまでホッタラカシにしている花壇を散見する。

これは、何も植えないで空スペースのままよりも数段ババチィー限りだ。

写真は埼玉県坂戸市の小さな公園の一隅に設置された一坪足らずの花壇の花の様子である。派手でなく、地味でなく清楚な草花に手入れが行き届いていて感じよかったので撮影してきた。

人の手で作った擬似自然は最後まで人が手を加えて見苦しくないよう願いたい。責任を持っていただきたい。

花壇のことも、首相を選出し日本を統治することも、権利と責任が 一対になっていると思う。花を植えたら植えたで、首相を選出したらしたで最後まで責任を持ってもらいたいものだ。
posted by 三龍斎 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

政治の混乱? 大道に戻れば収束するよ!

写真は彩の国東松山市の巌殿山正法寺の庭にそびえ立つ銀杏の根っこである。目の高さ位の所の幹周りは10メートル ???

安倍内閣総理大臣の辞任表明から自由民主党の総裁選挙に至る一連の流れをTV放送でみていて、何か感じるものがあり撮影してきた。

余りにも大きすぎて全体像をお見せできないことや、ヤタラと多くの根っこが、ねじれ、絡みあっている様子は現在の政治を表しているように思える。

でもこの銀杏の木は巨大とは言え一本だ。

19091314 根っこ.jpg

日本の政治だって複雑な様子を呈していても、所詮、一本の木だ。
ただ、何が一本なのかが問題だけどね!
posted by 三龍斎 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

ポスト安倍の内閣総理大臣決定す!!

TVのワイドショウやニュースショウを見ている限りでは、本日の午前中の段階で自民党々首選出劇は終わった様子である。勿論、日本国の最高指導者である内閣総理大臣が福田さんに決まったということだ。

自民党総裁選挙の公示前の話だから、こんな段階でワクワクドキドキの種を奪ってしまうなんて罪な事をするな!! と言いたい ・・・・・・・・

・・・申し訳ない。自分の国の最高指導者選出経過を、他国の政変劇が如く野次馬的に、又、ドラマを見ているような感覚で記述している事を詫びねばならぬ。
イイトシヲシテ不謹慎極まりない姿勢だ。

老生は何れの政党にも加入していない。俗に言う浮動票である。だから、仕方ないのである。

憲法や関連法規が改正されて、首長が直接選挙制にならない限り他人事のように評論??せざるを得ない。そう、直接選挙制を切望している一国民(一市民)だ。

・・・ と改憲に触れても、お断りしておくが、老生は改憲論者ではない。現与党は参議院では過半数を割っているが衆議院で3分の2議席を超える勢力を占め改憲可能状況だから、迂闊に改憲気分を盛り上げて、彼らの好き勝手な改憲をされては堪らない。下手な改憲をされるより現状に耐える方がヨッポドマシである。

19091311 梅もどき.jpg

写真は自宅近辺を散歩していて撮影した物だ。小さなお堂の敷地内に植えられていた。個人の庭先だとどんなに綺麗に咲き、実っていても滅多なことでカメラを向けられない。公共物又はそれに類するお寺や神社にこの種の物が在るとブロガーとしては助かる。
posted by 三龍斎 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

安倍首相 辞任の驚き!

安倍首相辞任劇を ”驚いたー 驚いたー” と繰り返し繰り返し流し続けるニュースショウにウンザリしながらも、わいわいガヤガヤ騒ぎたて、オフザケだけで高額なギャラをせしめている方々よりも余程面白い ・・・ と、昨日の午後2時から本日の午前中までTVに付き合ってしまった。そこで、一句 ・・・

腹切って 誰に翻意を 促すの?

19091309 栗.jpg

流石にTV疲れで、息抜きの必要に迫られて、ご近所を散歩 ・・・ と相成った。

味覚の秋が其処ここに訪れ始めている。
瑞々しい梨と葡萄は賞味済みだ。
柿や栗の実りが待ち遠しい。

写真は、ご近所をブラブラしていて、庭先の栗の木を撮影させてもらった。
posted by 三龍斎 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

秋の虫

台風が通り過ぎて、本格的な秋の訪れだ。まだまだ蒸し暑いが仕方なかろう。ご無沙汰だったPCに向かった。

さて ・・・ 暑さを助長する煩いセミの声も聞かれなくなった。これからは耳に快いコオロギや鈴虫が活躍してくれる。老生は田舎育ちである。だが、自慢じゃないが虫を捕まえて、これがコオロギ、これが鈴虫 ・・・ と名指しできぬ。情け無い話だ。

写真の秋の虫は、見慣れている。撮影はしたが、どうしても名前が思い出せない。ナントカバッタ ?? ご存知の方はお教え願いたい。

19090501何虫.jpg
posted by 三龍斎 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。