2007年11月27日

素人探偵登場 坂出市の祖母と孫娘2人殺人事件

意外や意外! 
香川県坂出市の三浦さん(祖母)とその孫娘の行方不明事件が解決に向かった。三浦さんの義弟が犯行(殺人)を供述し始めたと本日(27日)夕刻からTVが報道し始めた。

警察の発表(22:30ごろ)では、本日 21:30ごろ 死体遺棄犯として逮捕したそうである。取調べでは殺したと供述しているそうである。

実は、素人探偵としての老生は、孫娘の父親が犯人だと思っていた。その理由は、父親がやたらとTVカメラに向かって語っており、各局が挙って明けても暮れてもそれを放送していたからである。明らかにTV記者、TV局が父親を疑っている ・・・ と思っていたのである。記者連中が父親を疑っていたとコメントしていた局もあった。無意識のうちに、和歌山の 毒カレー事件 が判断の基準になっていたのである。

TV放送を素人判断で曲解して、危なく ”父親が犯人だ!” なんて言うブログ投稿をするところだった。老生の素人判断にはオーム教団によるサリン事件の教訓が欠落していた。予見、予断、何よりも自分が確かめた事でなくTV放送を頼りにして結論を導き出していた姿勢が問題だ! 危ない! 危ない! 心しなければならぬ。

19112202 鎌北湖紅葉.jpg

写真は彩の国(埼玉県)毛呂山町の鎌北湖の もみじ である。
平成19年11月22日、午前11時ごろの撮影。


2007年11月26日

幽玄! 鎌北湖の紅葉

日本列島、何処も紅葉の季節 ・・・ の筈だ。
老生の居住地、奥武蔵もそれに違わない。
ビル街や密集住宅地に住んでいれば季節の移り変わりを求めて郊外へ紅葉見物に出かけるのだが大自然にドップリ浸っている老生たちには当たり前、当然の景色なのでブログに投稿する為等々の理由でも無いと写真撮影などしない。 ・・・ 
      ッテンデ、お気に入りの 紅葉写真 をご紹介する。

この写真を選んだ理由は、
着物(女性用式服)の色紋付が脳裏に浮かんできたからである。

19112229 鎌北湖紅葉.jpg

掲載の写真は、彩の国(埼玉県)毛呂山町の鎌北湖の紅葉を
平成19年11月22日に撮影したものである。

2007年11月25日

ビデオで紹介 東松山市の ”金谷の餅つき踊り” 

平成19年11月23日に行われた彩の国(埼玉県)東松山市の ”金谷の餅つき踊り” をビデオで紹介する。この神事は埼玉県指定無形民俗文化財であり、成り立ちなどはリンクを張っておいたので 東松山市HP 等をご覧頂きたい。

・東松山市HP   ・るるぶ.COM   ・まっぷる


-----------------------------------------------------------------------------------------------
「お願い」:私のブログ掲載ビデオには特定できる個人や建物などが写っている場合があります。
肖像権・私生活権保護、犯罪防止の観点からご覧になって、不適切と思われたり、不快に感じられましたら、「コメント欄」にその旨御申し出下さる様お願い申し上げます。
即、ビデオを削除するなり、ブログを閉鎖するなり、対処いたします。
続きにも紹介したいビデオがあります。ここをクリックして下さい。
posted by 三龍斎 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

フイクサーや傀儡を持ち出さないと理解できない政治の動き!

現行憲法(政治体制)になって60年、色々な政治局面に出会ってきた。
・・・・・出会ってきたは言いすぎかな? 老生などは、日本国民なのだから当事者と言えば当事者だけど、部外者として、或いは、統治される者としての体験しか無い。

しかし、メディアの発達(報道手段・姿勢)と 情報公開 の流れが大きな力となって我々に事件の実態(真実、事実)を教えてくれる。例え実態が解明されなくても、予想、推測し得る情報が提供される。マスコミ(マスメディア)の動きは、度々行き過ぎや的外れがあって全面的に頼るわけにもいかないが ・・・

政治の動きで最近の最大の関心ごとは、二大政党化が熟して政権交代があるか否かだ。実質的に半世紀もの間政権の座にあるのは自民党だから政権交代があるとすれば民主党(又は野党連合)が国民の支持を受け衆参両院で過半数を得ることなのだが、その流れを堰き止めたのが数年前のメール事件、そして、今回の大連立問題である。

大連立問題は、ご本人はすっ呆けておられるが読売新聞グループの渡邉恒雄会長兼主筆自身が フィクサー あるい暗闇に潜むフィクサーの使者であるのが明らかにされた結果、大連立に乗ろうとの姿勢を見せた(乗せられようとした)小沢一郎民主党代表への非難が沈静化した。メール事件は結局のところ仕掛け人(フィクサー)の使者程度までは判明したがその奥は解明されなかった。

次々と政治の世界での不可解な事件が報道されるが、守屋元防衛省次官問題も分かりづらい。単に政官業の癒着と捉えていたのではお宮入りになるだろう、終戦直後の GHQ体制 を未だに引き摺っていると認識しなければ解明されないと、2〜3日前のニュース番組で某コメンテーター(ジャーナリスト)が解説されていた。
フーム ・・・ 常識で付いていける?? いけない??

権力に巣食うフィクサーを見つけ出したり、日本が未だにGHQ体制を引き摺っている傀儡政権と認識する、即ち、背景を解明しなければ何事も解決されないとしたら ・・・
一庶民には正にお手上げであり、老生如きが意見を述べるナンザー、ナンセンスの極みである。

21:58 追記
最近の政治の動き(参議院選挙後)で驚いたのは、安倍前総理が自民党大敗北に関わらず総理を辞職されなかったこと、小沢民主党代表に(秘密)会談を申し込み断られたからと突然総理を辞職されたこと、流れで麻生幹事長がポスト安倍と見られていたのが、一夜にして福田総理に流れが変わってしまったこと ・・・ 

本日(11月19日)午後9時〜10テレビ朝日 たけしのTVタックル で知ったが、これら一連の驚きの流れは 渡邉恒雄読売新聞グループ会長兼主筆 が描かれたものだそうだ。渡邉氏が本当の大元なのか渡邉氏のバックに別の権力が控えているのか、そこまで話は進まなかったが、ようやく全体像を理解できたような気がする。何と感想を述べればいいのか、言葉を失ってしまった。

TVのニュースやニュースショウは比較的好きだが、何の目的も無くボケーと視聴しているだけでこれだけの情報が入ってくる ・・・ 一体全体これが良いことなのか? 悪いことなのか? 老生のような一国民の幸せに繋がるのか否か ?? 頭を抱えてしまう。

19111577 鎌北湖紅葉.jpg

写真は彩の国(埼玉県)毛呂山町の鎌北湖の紅葉の様子である。
平成19年11月15日撮影。ここ一週間が見物どき、写真撮影どきである。

2007年11月18日

東京女子国際マラソンで 野口みずき が優勝!

本日(平成19年11月18日 12時10分ごろ出走)第29回東京女子国際マラソンが行われた。この大会は北京五輪出場選手(候補)選考を兼ねている。事前の予想では、渋井陽子と野口みずきが候補内定をかけての初めての対決が見所である ・・・ 
    とのことだ。

結果: 14時32分ごろレースに決着が付いた。終盤ホシュレイとの競り合いに勝って 野口みずき(29歳) が2時間21分37秒(大会新記録)で優勝した。野口はアテネオリピックのゴールドメダリストでもある。北京五輪出場は決定だな!? 女子マラソンの残る北京五輪出場枠は1つである。

14時46分 追記
渋井は野口に12分40秒遅れの7位だった。
驚いたことに優勝インタービューでの野口は息一つ切らすでなく淡々と応じていたことだ。スッゲー!!

19111589 自宅紅葉.jpg

写真の紅葉は自宅庭のものである。平成19年11月15日撮影。
posted by 三龍斎 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

そろそろ紅葉撮影の時期かな? 鎌北湖も始まりました!

そろそろ奥武蔵の紅葉も見ごろかな? 彩の国(埼玉県)毛呂山町の鎌北湖のモミジの様子を見てきた。既に、多数の観光客、素人カメラマンが訪れている。ここ一週間が勝負だろう。 もみじ祭りは11月25日 と案内されていた。

守屋前防衛省事務次官の国会証人喚問 18:20 追記

本日行われた証人喚問で守屋前防衛省事務次官は、自分が受けた接待の席に 額賀元防衛庁長官及び久間元防衛相 が同席されていたと思うと語った。関心を持ってニュース番組やワイドショウを見ている者には今更との感があるが、当事者が明確に語るか証人・証拠が無い限り話が進まぬものらしい。当然かな?

例え、300回を超えるゴルフ接待(1500万円)を受けていたとしても守屋氏は最終的な地位は次官だ。巨額の防衛関連費を考えれば トップ(大臣) が絡んでいないとは考えにくい。それが、庶民感覚って言うもんです。

19111583 鎌北湖紅葉.jpg

平成19年11月15日 午後3時ごろ撮影

2007年11月12日

京都の街の人々が正真正銘の観光都市京都を守っている!

京都は正真正銘の観光都市である。何を今更? 訳は順を追って説明しよう。
上方に所用あり。時間を調整して 古都 京都 を訪ねたり。
ウン十年前から何度も訪ねた都である。明るい内は太陽の方向と交通標識で目的地に何とか辿り着ける。午前中は迷うことが無かった。
欲をかいて、午後4時過ぎだったかな? 再訪だ。
最初は金閣寺と思っていたが、フト、嵐山へと気が変わった。西へ向かえばいいと高をくくっていた。これが間違いだった。老生、訳あって小便間隔が短い。街中でトイレ探しにウロウロした所為もあって、目的地の嵐山に到着した時は日が落ちてしまっていた。
  横道に逸れるが、嵐山はアラシヤマと読む。
  日本全国レベルなら知らぬ人は居ないだろう。
  だが、京都に興味の無い関東(東武東上沿線)の方はランザンと
  読まれるかも知れぬ。武蔵嵐山(ムサシランザン)の命名は京都の嵐山のように
  風光明媚だと名前を拝借したものだ。ご承知願いたい。
さて、話は戻って、クドクドと老生の失敗談を記述してみてもセンナイ話だ。先に進もう。午前中や嵐山に来るまではナビもなく地図も見ずにスイスイ街中を走った成功体験が災いした。真っ暗になってしまって嵐山から名神高速京都南インターへの道が分からない。
何度道を尋ねたことか?
男女を問わず、若くは中学生ぐらいから老生より遥かに高齢と思しきご老人までの、京都市民に道を尋ねた。ようやく、本日の投稿記事の結論に辿り着いた ・・・
南インターへは、どう行けばいいですか?
この一言で、全ての方々が的確に指示してくれた。暗さと慣れないせいもあって指示通りに車を走らせなかったから結果的に6〜7人に尋ねる事になったが、皆ジャマクサガラなかった。老生、かなりの年齢まで上方住まいだ。関東の言葉や人々の態度(所作)よりも上方のを受け入れる。だから余計に有りがたく真に親切に感じた。
それにしても、流石に観光都市である。市民が観光客、訪問者の扱いに慣れている。街に買い物であれ観光であれ人々が集まるのは街に活気が出る。地域住民にとってありがたい事だ。だから、観光客・訪問客をおろそかに扱ってはならぬ。観光客、訪問客にとって一番ありがたいのは目的の場所にスムーズに到着することだ。土地の人に的確に案内していただければそれだけで好感を持つ。
何度訪れても、悪い印象を持ったことが無い。何度でも訪れたいと願っている。
そんな意味で、正真正銘の観光都市と言ったのである。

191107-7 東寺.jpg  191107-11 東寺.jpg  191107-12 東寺.jpg
掲載の写真は、京都の 東寺(教王護国寺)です。
平成19年11月7日、朝7時ごろ撮影。
★NHK大河ドラマ「平清盛」放送に合わせ、24年1月9日、蔵入り写真に入れ替えました。
★横150ピクセルの写真をクリック頂ければ横500ピクセルの写真が現れ、
それを再度クリック頂ければ横1024ピクセルの大きな写真が映出されます。
★この写真の著作権は放棄しませんが、ご訪問者のご利用をフリーにさせて頂きます。
何かにご利用頂ければ嬉しく存じます。
posted by 三龍斎 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城国 京都市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

京都祇園 料亭街写真集

京都祇園と言えば 舞妓、芸妓、置屋、高級料亭 ・・・ である。とりわけ、舞妓姿が若い女性に人気らしい。・・・ンデ、舞妓や芸妓の姿が写っていない祇園の写真など一顧だにされないだろうが、マーイイデワナイカ 朝、午前八時ごろの料亭街を写真で紹介しよう。
最初(左下)の写真がかの有名な 料亭 一力(イチリキ) である。

191107-20-R 京都祇園.jpg  191107-22-R 京都祇園.jpg  191107-23-R 京都祇園.jpg

191107-31-R 京都祇園.jpg  191107-32-R 京都祇園.jpg  191107-36-R 京都祇園.jpg
平成19年11月7日の撮影。平成24年1月9日に大きいサイズの写真に入れ替え。
★横150ピクセルの写真をクリック頂ければ横500ピクセルの写真が現れ、
それを再度クリック頂ければ横1024ピクセルの大きな写真が映出されます。
★この写真の著作権は放棄しませんが、ご訪問者のご利用をフリーにさせて頂きます。
posted by 三龍斎 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城国 京都市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

京都東山 ”哲学の道 11月7日の写真集”

ブログを始めてからの懸案であった。
京都を訪ね、思い出の地や建物の写真を撮り投稿することが ・・・
上方に所用あり。限られた体力と時間を有効に使わねば後悔する。11月7日、ホテルを早めに出発、午前7時ごろに京都に着き、午前9時に名神高速京都南インターに乗るまでの2時間を使って 祇園と哲学の道 を撮影してきた。祇園御茶屋街は前の記事に掲載した。今回は、琵琶湖疎水(分流)と哲学の道をご紹介する。
桜や紅葉に合わせて訪れる事が出来ればどんなに幸せなことか ・・・ 
叶わぬから、夢を追い求めて生き永らえるってコトダ!!

191107-49-R 哲学の道.jpg

191107-39-R 哲学の道.jpg  191107-40-R 哲学の道.jpg.jpg  191107-41-R 哲学の道.jpg

191107-42-R 哲学の道.jpg  191107-43-R 哲学の道.jpg  191107-45-R 哲学の道.jpg

191107-46-R 哲学の道.jpg  191107-53-R 哲学の道.jpg  191107-54-R 哲学の道.jpg
★平成19年11月7日の撮影。平成24年1月9日、NHK大河ドラマ「平清盛」の放送に合わせて、京都絡みで大きいサイズの写真に入れ替えました。
★横150ピクセル or 480ピクセルの写真をクリック頂ければ横500ピクセルの写真が現れ、それを再度クリック頂ければ横1024ピクセルの大きな写真が映出されます。
★この写真の著作権は放棄しませんが、ご訪問者のご利用をフリーにさせて頂きます。
posted by 三龍斎 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城国 京都市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都観光で、歴史の重みを満悦!

掲載の写真は 京都祇園の朝(2007/11/7) の様子である。
観光客として何度かここを訪れたが何れも夜であった。自分が観光客なのを忘れて道路一杯の観光客にウンザリしながらの散策だった。今回は思い切って午前7時ごろ、祇園を車で周り、ブログ用の写真撮影だ。流石である。この時間で前夜の喧騒を全く感じさせない清々しさである。一片のゴミも見当たらぬ。最高の格式を誇る料亭街ならでは ・・・ である。

191107-37-R 祇園の朝.jpg
★平成19年11月7日の撮影。平成24年1月9日、NHK大河ドラマ「平清盛」の放送に合わせて、京都絡みで、大きいサイズの写真に入れ替えました。
★横480ピクセルの写真をクリック頂ければ横500ピクセルの写真が現れ、
それを再度クリック頂ければ横1024ピクセルの大きな写真が映出されます。
★この写真の著作権は放棄しませんが、ご訪問者のご利用をフリーにさせて頂きます。
posted by 三龍斎 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城国 京都市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢一郎民主党代表の続投を支持、政権交代を期待する!

日本に中国のような易姓革命は無い。天皇陛下が日本国民の象徴であられ国事を内閣の輔弼によるとされている現行憲法が機能している限り、易姓革命の必要性は無い。

だが、政権は変わって欲しい。アメリカやイギリスの言葉(英語)や文化の氾濫は心良しとしないが、彼らが作り上げた二大政党制は現時点では最善と思っている。政治権力は常に交代の緊張感が無ければ、私物化、悪行の隠蔽が横行する。現在は自民党政権だから可能性のある民主党に頑張ってもらいたいと、エールを送っている。

小沢民主党代表は、若い方々やオバサマ族に受けないブルドック顔だし、本人の言葉通り口下手である。東北なまりもある。デモ ソレデ イイジャナイカ!!! 小泉元首相、桝添厚労大臣、石破防衛大臣のようにワイドショウ・ニュースショウ受けしなくても、間違いなく小沢一郎の力(戦術・戦略)で先の参議院選挙は民主党(野党)が勝った。次の総選挙で民主党又は現在の野党が政権を取り、金持ちや権力者のみに都合の良く出来た 疲弊した日本を変えて欲しい。心から願っている。
posted by 三龍斎 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

小沢一郎氏に告ぐ! 民主党代表を続投し次の衆議院選挙で勝負せよ!

小沢一郎氏に告ぐ !

如何なる権力も長引けば必ず増長し堕落する。二大政党制を確立してシンプルな政党選択で国民に政権交代の機会を与えるのが民主主義国家の正道だ。氏は永年それを希求してきた筈だ。今、民主党代表を辞するは政権交代の大波を止め、長年の夢を捨てることになる。

一度辞意を表明して翻意するは多少カッコワルイが、雑音を気にする必要なし。氏以外に政権交代の指導者無し。雨降って地固まる。次の衆議院選挙で勝負をかけることこそ男子の本懐なり。


民主党代表の続投を願う。

(2007/11/5 23:30)
今回の自民党、民主党大連合騒ぎの張本人と言うべきか?、仕掛け人と言うべきか?、位置づけを表現するのに適切な言葉が見つからぬが、そもそもの発端は、読売新聞の代表取締役会長で主筆の 渡邉恒雄氏 の働きかけであると、マスコミがマスコミの内情を暴露(報道)してくれた。

マスコミが第四の権力と言われて久しいが、今や世論=マスコミは、立法、司法、行政の三権力を凌駕する勢いである。時の総理大臣や対立政党の代表を手玉に取り、世論を左右する。世論とは所詮マスコミの代名詞だと痛感させられた今回の騒ぎである。
posted by 三龍斎 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

埼玉県毛呂山町の出雲伊波比神社の例大祭で奉納された舞を紹介する。

彩の国(埼玉県)毛呂山町の出雲伊波比神社の例大祭で奉納された舞を紹介する。同神社で執り行われた流鏑馬(ヤブサメ)の人気に比べ、人の集まり具合が少ないのが残念ではある。老生が紹介したのは11月3日のもので本日(4日)も行われている。

191103039 出雲伊波比神社奉納舞.jpg


191103037 出雲伊波比神社舞.jpg
posted by 三龍斎 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出雲伊波比神社の流鏑馬 伝統行事に調達する馬にも苦労の様子!

彩の国(埼玉県)毛呂山町にある出雲伊波比神社の 流鏑馬(ヤブサメ)の行事中、乗子(ノリコ)の落馬事故があった。老生は矢場で見学(写真撮影)していてその現場を見たわけでない。

三頭(三人)が三回矢を射ることを知っていた。
一回目の三人が終わって二回目が中々始まらない。待つのに疲れて矢場を離れてスタート付近に行ってみた。二頭には乗子が乗馬待機している。どうしたのだろう ・・・??

その内見学者のヒソヒソ話が聞こえてきた。
二の矢の乗子が落馬したと言っている。顔面に擦り傷を負っていた、と言っている。そう言えば、一の矢と三の矢の馬は日本古来の足の短いズングリムックリ馬で扱いやすそうだったが、二の矢の馬は中央競馬に使われている足の長いカッコイイ外来種である。見た最初から癇癪持ちの様子で、手綱捌きに苦労していた。一回目に矢場を通り抜けた時も物凄い迫力だった。

古来の様式を今に伝え、将来に繋ぐために在来種を使いたいのだろうが、農耕に馬が使われなくなって(需要が無くなって)例え伝統行事といえど調達が難しくなったのだろう。こんな所にも古いものが消えつつある。そんな日本を嘆くのは老人だけか??

191103142 流鏑馬.jpg

掲載の写真は、待機中の三の矢の馬である。
因みに、二の矢の乗子は(過去に経験のある)青年に代わり、流鏑馬は続行された。
posted by 三龍斎 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毛呂山町のやぶさめ祭 餅撒き風景

掲載の写真は、彩の国(埼玉県)毛呂山町の 流鏑馬(ヤブサメ)まつり の一行事として、出雲伊波比神社で流鏑馬 を奉納する一行が神社に向かった後、道中(街中)での見物客への 餅まき 風景である。

老生は人々の後ろに位置し写真を撮っていたので、多くは頂戴しなかったが、それでも撒かれた餅を4個拾った。その内の一個に、十円玉と五円玉が入っていた。それなりの意味があるのだろうが、尋ねる余裕は無かった。

191103117 流鏑馬.jpg
posted by 三龍斎 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彩の国毛呂山町の流鏑馬(やぶさめ)お払い風景

11月3日、彩の国毛呂山町の 出雲伊波比神社(イズモイワイジンジャ) の例大祭で 流鏑馬 が執り行われた。初めての見学である。大変な人出なので思うような写真は取れなかったが、追々ご紹介しよう。尚、本日11月4日(日曜日)も同様に行われている。

191103073 流鏑馬.jpg

掲載の写真は、毛呂山町本郷の集会所で、出陣?の準備が終わり、お払いを受ける直前の 乗子(ノリコ)の様子である。平成19年11月3日、午後1時30頃撮影
posted by 三龍斎 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

中日優勝に味噌を付けた落合監督の投手交代差配!

プロ野球日本シリーズで中日が優勝した。チョットモ目出度くない。面白くない。
何故なら、昨日の試合で8回までパーフェクトだった 山井大介投手 を、落合監督はあろう事か交代させたからである。彼は、守備陣の超美技を含む堅い守りに支えられたとは云えそれまで絶好調だった。最後の9回を続投させるのに何の心配も無かった。

山井投手を続投させて、例え、負けたとしてもまだ後があった。
監督は、ゲーム中は絶対権力者である。例え、山井投手に何か不安を感じたとしても、完全試合を達成するか否かの勝負に挑戦させるべきである。失敗すれば、平凡な選手、平凡な記録で終わるだけのことであり試合の勝敗とは直接関係無い。完全試合を達成すれば 大ヒーロ 大記録 の誕生である。

一人の大ヒーロがどれだけその世界を盛り上げるか、例示するまでも無かろう。どんな理屈をつけても、落合監督の判断は野球興行の衰退を後押ししたに過ぎない。大失態である。スカンタコである。
posted by 三龍斎 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

一平方p当たり91文字もある約款! これって読むなって事?

某店でお得なカードを勧められた。勧められたのは二回目である。理由は忘れたが一回目の勧誘には応じなかった。再度勧められた。口頭説明によれば間違いなくお徳だと思われる。 ・・・ でも、カード契約は控えようと、今は思っている。

契約に伴う一番大切なことは口頭で説明された。二番目に大切なことは説明されなかった。勿論、分かりやすく記述されたパンフレットなどはない。
約款は渡されたが、その字の小さいことといったら ・・・

何か事が起こった時、必ず約款に ・・・ とやり込められる。だから疑問に思ったら一応約款で調べておかねばならない。気付いた大切なことの二案件ぐらい簡単だと思ったが ・・・ 大枚20円を使って二段(二度)拡大コピーしたが読めない。何しろ一平方p当たり91文字も記述されているのだ。そして、縦21センチ、横27センチの(約款)用紙である。一体全体何文字あることやら ・・・

世の中変わって、何か事故ると個人の責任だとかナントカ言われるが、これでは人を陥れる為の契約行為ではないのかと ・・・ 別段、腹は立たない、何故なら、今の世、何れの契約に伴う約款も五十歩百歩だからだ。このお店だけではないからだ。

因みに、新聞記事の一平方p当たりの文字数を数えてみた。
6文字+0.5+0.5=7文字だった ・・・ 暇人だねー

19100319 オグロプレーリードッグ.jpg

写真は埼玉県東松山市にある埼玉県立こども動物自然公園のオグロプレーリードッグ
アメリカ中部に生息するリス科の動物だそうだ 平成19年10月3日撮影
posted by 三龍斎 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不正・不祥事の発覚続発! せめてもの救いは御福餅の自発的な発表!

マッコト騒がしいことである。次から次へと不正、不祥事、不始末が発覚してマスコミの餌食になり、白々しいお詫び会見が開かれている。その殆どが 内部告発 に依るものだ。

内部告発との表現なら何となく今っぽく、抵抗感は少ない。だが、所詮(昔風に表現すると)チクリであり密告である。暗いイメージが付きまとう。例え暗いイメージが付きまとうとしても、不正・不始末・不祥事が摘発され責任を取らせる様に制度・倫理・慣習が確立されていない現状では止むを得ない。だから、内部告発者はあくまでも社会正義をベースに願いたい。内部告発が認知されて、ナンデモカンデモ内部告発に走りどこかの国のように密告社会(国家)に成り下がるのはマッピラだからだ。

余計なことかも知れぬが、不正、不始末、不祥事を起こし内部告発され お詫び会見 をせざるを得なくなったからといって、組織を挙げて内部告発者探しに躍起になってもらいたくない。正義感・倫理に基ずく内部告発者を如何に保護するか が今後の重要なポイントだ。正義感や倫理感に基ずく内部告発者が犠牲になるようでは堪らない。

ここ数ヶ月、次から次へと見たくもなく知りたくもない事件が報道されたが一件だけ救われる報道があった。それは、三重県伊勢参り土産の 御福餅 だ。身近な 赤福 が摘発されて自社はどうかと点検し不正が見つかり以降の展開が怖くなり 自発的 に発表したらしい。波及効果で自浄作用が働いた。不正は不正だと切り捨てるのは簡単だが、官憲の摘発や内部告発に依るものでなかったのが せめてもの救い である。

191010122 秋の花.jpg
posted by 三龍斎 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。