2008年01月31日

またまた発覚、中国食品に農薬(毒物)混入!!! 被害拡大中!!!

またまた、中国産の食料品に毒物混入が判明した。
今回は日本では禁止されている 「農薬の有機リン系殺虫剤 メタミドホス」 で、中国河北省の天洋食品 の工場で製造されたギョウザ等々である。被害は1ヶ月ほどから始まり日本各地で、嘔吐下痢などの中毒症状を発症し重態者もいる。

何故、1ヶ月あまり公開されなかったのかの疑問が生じるが、当初病院から連絡を受けた警察は、意図的な毒物混入かもと殺人未遂事件疑いで捜査をしていたかららしいとも、関係機関の手違いからとも ・・・ 未だ闇の中?

輸入・販売元を聞いて一層驚く。早々たる一流企業である。
コープ(生協)、味の素、加ト吉、まるは、JT(日本たばこ産業) ・・・

この後、何と書けば ・・・ 

(17:30)追記
今日一日の報道を見ている限り、問題は相当深刻である。
被害者は、拡大中だ、とのこと。
関係各部門(医療、警察、保険所、検疫所、生産・製造・流通業者 等々)の対応にも方々に瑕疵があった様子だと報じている。

一例を挙げれば、冷凍食品に農薬が含まれている可能性など考えられず、輸入時一切検査をしていない、との事 フアー ・・・

何とも息苦しい話だ ・・・・・

リンク: 労厚省HPへは、ココをクリックして下さい。
リンク: 輸入業者一覧表(PDF)へは、ココをクリックして下さい。 ←2009/2/4 接続不可
リンク: 各食品メーカーの自主回収商品一覧(報道ステーション)はココ

20013161 鳩山町ふれあい農園.jpg

掲載の写真は、彩の国(埼玉県)鳩山町が運営している「ふれあい農園」で、町民の家庭菜園場である。奥武蔵に限らず日本中農家の高齢化による耕作放棄の田畑が目に付く。それらを貸し借り双方が納得するルールで開放、自給自足程ではないとしても自分が食する日々の野菜ぐらいは各自で栽培できればイイナー ・・・ 
平成20年1月30日撮影。


posted by 三龍斎 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 鳩山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリン税攻防が泥沼! 河野議長が斡旋に乗り出す

玉虫色 その手があったか ガソリン税
posted by 三龍斎 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

何時まで続く? ハンドボール五輪代表選出問題!

ハンドボール・アジア大会のコタゴタが未だに続いているとTVは報じている。その結果、アジア・ハンドボール連盟のアーマド会長は2016年夏季五輪誘致にも触れ、立候補している東京を支持しないとも言明したそうだ。来るところまで来たとの感があるが、この言葉に私はそれ程驚かない。

何年前だったか覚えていないがIOC委員(JOC委員?)だったスキーの猪谷千春氏がオリンピック誘致に関して日本人の認識の甘さを警告されていたのを思い出した。

随分と昔のことなので正確ではないが ・・・

オリンピックは奇麗事では誘致できません。日本の関係者の認識は甘すぎる !

・・・ ってことは、誘致合戦に勝つためには、なんでも有りって事 ???
猪谷氏が語った背景は現在と異なるとは言え"考えさせる"一言であった。

20011555 東京都庁中庭.jpg

掲載の写真は東京都庁の中庭である。平成20年1月15日撮影。
posted by 三龍斎 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

大相撲千秋楽、白鵬と朝青龍の闘いは白鵬が制す! これでいいのだ!

ヤッター !!!

大人気ないが、思わず叫んでしまった。大相撲千秋楽、横綱 「白鵬と朝青龍」 の決戦、物凄い力の激突だ!! 白鵬が制した。平成20年1月27日、午後5時30分の出来事である。

・・・ でも寂しいね。モンゴル人同士の闘いに喝采しているのだから ・・・
     --------------------
今場所を除き、私は殆ど相撲(TV中継)を見なかった。フアンとは言えない。だが、一日本人として、相撲界の重なる不祥事に胸を痛めていた一人ではある。

朝青龍問題に関しては、今場所の結果を受けて沈静化するだろう、と思うがあの御仁のことだ。 ?? である。ただ、興行として、結果的に私のような無関心派をも寄せ付けたから成功だ。千秋楽の白鵬と朝青龍の対決で白鵬が勝ったことが幸いした。日本人は、言いすぎなら日本人の一部の人達は、例えスポーツや興行であっても、強いだけで応援はしないしフアンにならない。

私は相撲を全く知らないと言っていい。だから、白鵬と朝青龍対戦に アレッ! と思う動き があっても八百長など見抜けない。もし、今場所の流れを演出(作為)があったとしたら、腹立たしいが見事に成功した ・・・ 脱帽である。

20012745 東松山駅.jpg

掲載の写真は再開発中の 彩の国(埼玉県)東松山市の東武東上線東松山駅前 の模様である。昨年6月23日に同駅前の模様を撮影し翌24日にブログ投稿したが、意外と工事の進みが遅い。実はもう出来上がっていると思っていた。
平成20年1月27日撮影。
posted by 三龍斎 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

坂戸市 稲荷大神の 茅葺屋根吹替え を見てきました!

1月25日の毎日新聞埼玉西版で紹介されていた彩の国(埼玉県)坂戸市成願寺の稲荷大神の 茅葺屋根の昔ながらの葺き替え の模様を見学してきた。

新聞記事には是非見学に来て欲しいと書かれていた所為か、20分ほどの取材(?)時間中に3人もの素人カメラマンにお逢いした。何時ものことだが、新聞、TVの報道の力は凄い!

20012570 稲荷神社屋根吹き替え.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------
「お願い」:私のブログ掲載写真には、特定できる個人や建物などが写っている場合があります。
肖像権・私生活権保護、犯罪防止の観点から、掲載写真をご覧になって、不適切と思われたり、不快に感じられましたら、「コメント欄」にその旨御申し出下さる様お願い申し上げます。
即、写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、対処いたします。
posted by 三龍斎 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 坂戸市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

横綱には横綱の品格が欲しい!

品格、品格と煩い世になったが、朝青龍に関しては横綱としての品格を磨いて欲しいと、ツクヅク思う。強いことは確かだが、ドゥダ! 参ったか! 俺には勝てぬだろう! といった態度は見苦しい。横綱には横綱の相撲のとり方があり、相応しい私生活でなければいくら強くても単なる無頼漢に過ぎない。

20011403 飯能市木馬.jpg

掲載の写真は彩の国(埼玉県)飯能市の飯能大通り商店街の飯能商工会議所前に展示されている木馬である。最近、飯能駅前からここに移されたとのこと。高さ4.8m、長さ4.8m、幅2.7mの西川材で作られ、揺れ動く木馬としては世界最大とギネス社から認定されているそうである。
posted by 三龍斎 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 飯能市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

IT業界の方々、頑張っていますね! でも、給料は超安いんだって?

昨日の午前9時ごろかな? 例によってボーとした頭で、とくダネ!(フジテレビ関東地区8チャンネル)を見ていたら面白そうなサイトを紹介していた。改めて新聞の番組欄を見てみると 「大人気 投稿サイト」と紹介しているではないか!

早速、対応してみた。

そのサイトとは?
ちょっと見てきて と言う。
2009/2/4 追記
見てきて欲しいとの要望が (殆どの物が)撮影するには憚られる 建物なので、残念だが、現在は積極的に応じることを控えている。

20011531 新宿絵画館近辺.jpg

掲載の写真は東京のど真ん中でも緑がありますよ! って事を言いたくて新宿区の絵画館近辺の模様を撮影してきた。平成20年1月15日のことである。
posted by 三龍斎 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

携帯電話の電池消耗の秘密を暴露!!??

大発見である。
携帯電話の電池が意に反して急速に消耗する謎を発見した。
これは是非とも当ブログ訪問者にお知らせでずばなるまい!!

・・・このような書き出しの投稿は大体がマヤカシである。実は、その通りで、発見でも何でもない。が、一部の方には是非とも知っていてもらいたい情報なのである。携帯電話会社のパンフレットや操作説明書の何処かに記述されているかも分からないが、少なくとも、私はその記述を見つけられなかった重大なトラブルに繋がる重要事項である。

伝えたい携帯電話電池の消耗のことは最後にして、如何なる経過でこのことを知ったか、そこから述べたい。

まず背景だが、昨秋からソフトバンクが携帯電話料金(本体の購入料、基本料)を大幅に下げて業界に殴り込みをかけた。NTT−DOCOMOとKDDI−au がコリャタマランと対応策を出してきた。
何れの料金体系も、常日頃は殆ど使わないが公衆電話の激減でやむ無く携帯電話を持たされている私のような”待ちうけ専門”グループには、月々1000円前後(+実使用分)の支払いで済む有りがたい案である。

私は携帯電話をやむなく持たされている? が、殆ど使わない。使わないのに、毎月3000円程度の基本料金を払わされていた。毎月の支払いが3000円から1000円になるのなら、それは捨て金と考えて、マー何とか我慢の限界金額だ。早速契約変更をしたかったが、私の機種は3年前の機種なので、どんな方法をとっても1000円の契約は出来ないという。仕方がないので別機種を新たに購入だ。

携帯電話販売店に行けば、本体0円 の文字が躍っている。当然のこととして、何れの電話会社の物でも、本体料金を払う気はない。ところが、料金(本体と基本料金)体系が実にややこしい。比較検討作業が実に面倒だ。そこで、販売員に ”本体料金を払う気はない。その上で、毎月の基本料金が1000円程度、メールの基本料金も数百円程度のものを紹介して欲しい” と強請り、ようやく新機種ゲットと相成った。この後色々と作業は残っているが、何とか、月々の支払いが1300円〜1400円で済む体制にはなった。

ココからが、本日のメインだ。

旧機種から新機種に電話番号等のコピーが出来なかったので、旧機種の登録内容を参照しながら、手動で新機種の電話番号簿を整備した。その作業中、ヤケニ旧機種の電池切れ時間が短いのだ。1〜2時間電源をつけ画面を見るだけなのに電池切れとなる。つい先日までは、1週間に一度程度の充電作業で事なきを得ていたのに ???

暫らくして、ようやく気が付いた。
旧機種は電源を入れ画面を見ているだけと思っていたが、携帯電話機が一所懸命電波を飛ばして、携帯電話ネットワーク(中継アンテナ)に接続を試みていたのだ。電波を飛ばせば当然(電池の)電気を食う。旧機種は解約しているから、何時まで経っても、何回接続を試みても携帯電話網に繋がらない。猛烈な勢いで中継アンテナに向かってトライ、即ち、電池(電気)を使って電波を飛ばしていたのである。消耗期間が極めて短くなっていて当然なのだ。

以上の機能は、電波の届かないところ(圏外)で携帯電話の電源を入れっぱなしにしておくと数時間で電池切れになる事を意味する。圏外だから ・・・ 携帯電話網に繋がっていないのだから、電波を出していないのではなく、猛烈に電話網(中継アンテナ)への接続を電話機自体が試みているのである。電気(電池)を使っているのである。

私、ここ数ヶ月(数ヶ年)は体調が優れないので外秩父へのプチ登山を控えている。通常の生活で圏外の状態はなかった。だから気が付かなかった。外秩父は殆ど携帯電話圏外である。山に入るから用心のためと十分に充電していても、入山と同時に電源を切っておかない限り数時間(短時間)で電池切れとなり携帯電話は使い物にならなくなる。

ようやく本日の結論を述べられる。
今や電話会社の中継アンテナ設置が充実していて街中では圏外になることは滅多に無い。それに、仕事で年中圏外地域に出入りなさっている方々は十分にこのことを経験済みのはずだ。だから、特に定年後の俄か登山家などにご警告申し上げたい。

くれぐれも圏外で電源の入れっぱなしにはご注意アレ!!!
イザ、使おうと思っても電池切れではサマになりませんぞ?!

何ですって? そんな事トックニ知っているよ、ですか!?
コリャ 又、失礼しました。

20011567 新宿西口.jpg

掲載の写真は 東京新宿西口の駅と東京都庁の間にあるネオン街である。
平成20年1月15日夕刻撮影。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
「お願い」:私のブログ掲載写真には、特定できる個人や建物などが写っている場合があります。
肖像権・私生活権保護、犯罪防止の観点から、掲載写真をご覧になって、不適切と思われたり、不快に感じられましたら、「コメント欄」にその旨御申し出下さる様お願い申し上げます。
即、写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、対処いたします。
posted by 三龍斎 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

年賀状の意味

古い習慣だとか、形式なんてとか、ナンダカンダと理屈を述べても、老生ほどの年になると年賀状の交換は必須である。その理由は簡単だ。故郷を遠くはなれていても ・・・ 離れているからか? 特別な用事が無い限り親戚であれ古い友人であれ、常日頃、電話や手紙などしない。が、せめて年一回の賀状で、生きておられるか亡くなられたかぐらいは知りたいからである。

生きてます それだけ伝える 年賀状

賀状なく どうかご無事と 祈ります

賀状書く 気力も失せる 歳となり

20011402 飯能市アトム像.jpg

掲載の写真は 手塚治虫の漫画 鉄腕アトム 像である。平成20年1月14日撮影。
この像のある場所は、彩の国(埼玉県)飯能市の能仁寺の道路を隔てて南側の小さな公園である。能仁寺は戦国時代飯能地方の領主 中山・黒田両家の菩提寺であり、幕末の慶応4年5月飯能戦争の本陣となった著名な寺である。

像の脇にある案内板の内容をご紹介する。

この銅像は1983年に(社)飯能青年会議所十周年記念事業の一環として、この地域のシンボルとして親しまれるようにと、ニコニコ池ともだち広場に立てられ、落成式には手塚治虫氏もお見えになり除幕されました。世界で唯一の銅像です。2003年この地に移設されました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
「お願い」:私のブログ掲載写真には、特定できる個人や建物などが写っている場合があります。
肖像権・私生活権保護、犯罪防止の観点から、掲載写真をご覧になって、不適切と思われたり、不快に感じられましたら、「コメント欄」にその旨御申し出下さる様お願い申し上げます。
即、写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、対処いたします。
posted by 三龍斎 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 飯能市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

薬害C型肝炎問題、基本合意なるも問題山積!!!

薬害C型肝炎訴訟の和解基本合意が国と原告の間で取り交わされ、取り合えず解決したそうである。解決したといっても原告207人だけの話である。続く対策として、C型肝炎原因薬剤使用病院名が政府から公表され心当たりある方々の検診が勧められている ・・・が、

我々は、最後の最後まで、C型感染者一万人の治療と損害補償、肝炎患者350万人の存在を決して忘れてはならない。

状況判断から明らかに薬害C型肝炎だと分かっていても、カルテの法定保存期間が5年であることがネックとなって、救済対象外となってしまう方々には何と申し上げれば良いのか言葉を知らぬ。

私の知人にも複数の肝炎患者が居られる。お一人は20年以上通院なさっている。確かこの方は輸血が原因だった筈である。数年前病院で偶然お会いした。治療を受けて別の病気に苦しめられる。耐えられない。悲惨な話である。

話を元に戻そう。カルテの法定保存期間を考察してみる。
約一年前と数日前二つの病院からカルテの保存期間を教えられた。某(その一)病院は10年、某(その二)病院は永久保存だそうだ。

話を聞いたときは10年と永久保存と言っても、何時この様に決められたかが問題だ。そもそも問題は20数年前の受診で罹病されたのだから ・・・

その上、法定の5年を超えてカルテを病院で保存されるとなると、又、別の問題が発生する。その第一は個人情報漏洩だ。保存期間が長ければ長いほど漏洩の危険が増す。最近の報道に注意していれば、何とも簡単に個人情報が漏れている ・・・ この後何と記述すれば???

20011561 東京都庁.jpg

掲載の写真は東京都庁の寸景である。平成20年1月15日撮影。
posted by 三龍斎 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

ヤッタゼ! 大相撲2日目、前頭筆頭 稀勢の里 が朝青龍を倒す!

ヤッタゼ! 大相撲二日目の取り組みで、前頭筆頭の 稀勢の里が横綱朝青龍を送り倒しで快勝 した。愉快なり! 日本人横綱が消えて以来、永年相撲にはご無沙汰だったが、今場所は見逃せない。

日本人力士の健闘を心より願っている。老生を相撲フアンとは言えぬが、相撲フアンならずとも日本人の活躍を願うのは、アッタリマエ ざんしょ!!!

20011248 松山神社.jpg

掲載の写真は、神輿や屋台、数百軒の出店で賑あう 東松山夏まつり の原点である松山神社の冬である。因みに、当地は元々 松山 と言う集落だったが市に昇格する時、四国の愛媛県に松山市があったので東の一文字を付け加えて 東松山市 にしたのだろう!? と推察している。平成20年1月12日に撮影。

冬の景色は雪でも降っていない限り単純に寒々しいだけで絵にならない。現場も人っ子一人居らず寂しい限りだった。でも、こうしてモノクロのような写真を掲載してみると、ソコソコの絵になっている。不思議である。
posted by 三龍斎 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンドボールのオリンピック出場は諦めるが肝心!!!

ハンドボール(アジア地区オリンピック予選)試合のTV放映を見た。
クウェイト選手の反則とイラン審判の誤審(偽審?)ぶりは見るに耐えない。
クウェイトをアジヤ代表としてオリンピックに送り出すためのセレモニーだとしても、悪さ(意図的な反則行為とクウェイト贔屓の審判員)が度を越している。それほどまでしてオリンピック出場権に拘る石油大国の王族の気持ち・考え、倫理観が理解しかねる。

既にドロドロの様相だが、高騰し続ける石油の供給国だとの奢りを背景にするクウェイト王族の政治的言動だけに円満解決は先ず無理だろう ・・・ と思う。

高名なアメリカの軍事専門家の話だが、”戦争は金”である。
過ってクウェイトがイラクに侵攻された時、クウェイトを守ったアメリカ軍に一兆円もの金を出した日本に感謝の一言も述べなかったお国柄だ。日本の金の出し方がピント外れだったとしても、日本など、石油を下げ渡している最果ての弱小国とお思いなのだろう。

日本ハンドボール協会の方々にご進言申し上げる。
日本が(クウエィト等の)石油に頼らずとも成り立つ国になるか、クウェイト王朝が消滅しない限り、本来関係させてはならないスポーツの問題でクウェイトの暴挙を提訴しても屁のツッパリにもなりません。諦めるが肝心。あなた方の正当性は日本国民が十分承知しています。それで、我慢して下さい。
posted by 三龍斎 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 北京オリンピック談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実篤の理論を実施している毛呂山町の"新しき村"

掲載の写真は、実篤の理論を実践している方々が集団生活をなさっている新しき村(埼玉県毛呂山町)内にある 実篤美術館 である。散歩で一、二度この村(地域)を通り過ぎたことがある。彼らの共同生活への理解が深まらず特異な集団との印象が強くて近寄りがたい想いがある。看板が有るのでそれと分かるが、報道を知らず、看板も無ければ、唯の農家の集落としか思えない。

20010840 実篤美術館.jpg

追記(平成20年2月15日)
毎日新聞、埼玉西版(平成20年2月13日)に次のような記事が載っていた。

白樺派の作家、武者小路実篤(1885〜1975)らが理想郷の建設を目指し開いた「新しき村」のある毛呂山町と宮崎県木城町が11日、実篤らの新しき村つながりで、友情都市の盟約書に調印した ・・・・・
posted by 三龍斎 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

飯能まつりの原点、住宅街にひっそりの八坂神社

小さなお社である。本殿前の広場を含めても総面積は100坪ぐらいかな? そんな小さな神社=彩の国(埼玉県)飯能市の八坂神社を訪ねた。

実は、体の調子が芳しくないからと自宅に篭ってばかりではムシャクシャするので、
メッチャ高いガソリンを撒きにドライブと洒落込み、その途中、一ヶ月前に開設されたばかりと言う飯能市の観光案内所で貰った観光ガイドパンフレットに、

  八坂神社大祭は7月中旬に開催される飯能夏まつりのもとになった。
  全国的にも珍しい底抜け屋台が10台近く繰り出す。
  この屋台は底が抜けているため演者自らが歩きながら演奏する。


との記述を見つけ、例大祭の下見にと思ったからである。多くの方々に場所を何度も尋ねてようやく辿り着いた。苦労したのは、車では入れない住宅街の隅にあること、お社から10数メートルしか離れていない場所で遊んでいた地元の小学生(高学年)さえ存在を知らなかったこと等々、有名なお社でなかったことである。

掲載の写真でお分かりの如く小さいお社である。大宮の氷川神社、東松山の箭弓稲荷(ヤキュウイナリ)神社、秩父神社、高麗神社 ・・・ 比較的近くの大社を紹介(ブログ投稿)した者から見れば真に粗末なお社である。でも、このお社が多くの観光客を呼ぶ 飯能まつりの原点 だと聞かされると、地元の多くの人にさえ忘れられた感のある小社の存在が世の人々の宗教観の変遷を写しているようで、真に感慨深いものがある。

20010837 飯能市八坂神社.jpg
posted by 三龍斎 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 飯能市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

お正月川柳

逆上がり 得意な孫に 胸を撫で

パソコンを いじくり回す 孫二歳

豆台風 お盆と正月 襲来す

正月さえ 呼ばれぬ芸人 何処に住む?

売れない芸 お義理で出演 賀状並み

漫才で 目出度い一日 終わりけり

19110337 奉納舞.jpg

掲載の写真は、彩の国(埼玉県)毛呂山町の 出雲伊波比神社 の奉納舞である。
平成19年11月3日、同社の例大祭の日に撮影。
posted by 三龍斎 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。