2008年05月31日

メトロン星人からの地球侵略はない! 地球は侵略される価値も無いから!

子供向けTV番組だ、(下司な?)お笑いTV番組だと一括りにして論じると、大きな間違いを犯す。ダカラと言って、年がら年中TV番組の製作意図を注意深く掘り下げて分析しながら視聴するなんて ・・・ シンドイコト この上なしなのだが ・・・
毎度のことながら、ナニゲに録画しておいたTV番組を見ていて、面白いというか? 教えられると言うか? 見逃せない場面があったので紹介したい。

「深イイ話」と言う、色々な逸話を紹介して、それを出演のゲストが「深い、良い話しか、否か」を判定しトークを楽しむTV番組の話だ。東京都江東区の「川本修二」さんが投稿されたとのこと。
     ----------------------------------------
僕は「ウルトラセブン」の中に、どうしても忘れられないシーンがあります。普通の怪獣は街を破壊し、力で地球侵略を図ろうとしましたが、メトロン星人だけは”人間同士の信頼感を奪う”やり方で人類を破滅させようとしたのです。子供心にとっても怖かったと覚えています。
ウルトラセブンと合ったメトロン星人は、とうとうと、恐ろしい計画を語り始めました。
地球を壊滅させるのに暴力を振るう必要は無い。人間同士の信頼感を無くすればやがて自滅していく。どいだい、良い考えだろう ・・・ と。
メトロン星人は、結局ウルトラセブンにやられてしまいますが、番組の最後に、衝撃的なナレーションが流されました。
ご安心下さい。この話は遠い遠い未来の物語なのです。
エッ! 何故ですって?
我々人類は今、宇宙人に狙われるほどお互いを信頼してはいませんから!
監督が急遽付け加えたメッセージです ・・・・・・
     ----------------------------------------

羨ましい話である。何万人、何十万人が見ている商業的(ドラマを見せて生計を経てる)作品に、監督自らの思想を織り込む。こんなことが出来るから、一度はまると マスメディア から離れられないのだろう。

20052232 春の草.jpg

掲載の写真は、彩の国(埼玉県)鳩山町の石坂の森を5月22日、散策中に撮影した。奥武蔵の野山なら何処にでもあり、写真で紹介するほどのものではないが、何処にでも在るから、或いは値打ちがあるのかも?


posted by 三龍斎 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ視聴談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

大河ドラマ「篤姫」に老女役で出演していた宮地雅子が CHANGE にも!

モノゴッーツー面白かった3回前のNHK大河ドラマ 天璋院篤姫 に老女役で出ていた 宮地雅子 がキムタク主演の CHANGE に出ていたよと。、家族が教えてくれた。

主役の篤姫(宮アあおい)に、色々と、大奥の伝統破りの難題を押し付けられて困りきった顔の演技に、余りにリアルなので真っ正直ビックリ仰天し大いに楽しませてもらったのだが、その俳優が、木村拓也総理大臣候補に最初から心酔する大衆食堂のオカミサンの役で出演していたのだ。

驚きだ! 惜しい事をした。
老女役のあの俳優と知っていたら、尚一層楽しめたのに、なー ・・・
TVドラマに限らない。世の中全て主役がいて脇役がいる。主役は主役なりに、脇役は脇役なりに、その存在に応じた、適した役割を果たすことで世の中が成り立つ。世の中の皆が「お陰様」って言う言葉の持つ重みを噛み締めながら ・・・・・

オジンは、コレだから困る。説教めいた話は退屈そのものだ。
早々に筆を止める。

20052215 キノコ.jpg

掲載の写真は、彩の国(埼玉県)鳩山町の 石坂の森 の入口付近で5月22日に撮影した。入口付近は最近整備されて、道に木屑が部分的に敷かれた。そこに生えた 茸 である。

6月1日再び訪れたが当り一面の茸が摘み取られていた(無くなっていた)。多分、食用にならぬものなので、誤食を避けるため、管理者が除去されたのだろう?
posted by 三龍斎 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■篤姫に老女役 加筆修正前の内容

木村拓也は好きな俳優(?)の一人である。
本来は歌手の筈だから、映画やTVドラマにそれ程数多く出演していない。だからこそ、偶に出演するからこそ、役どころを選んで出演しているからこそ、楽しみなのである。

最初から荒唐無稽な筋書きだと分かっていながら、キムタク主演の 「ど素人が総理大臣になる」 って言うTVドラマ CHANGE を最初から見ている。実を申せば、TVドラマを最初から見ることなど、稀である。大概は、評判になって、再放送されるのを昼間の暇な時間にボケーと見る。それが、老生の習慣、習性なのだがキムタクや北大路欣也や ・・・・・ 等々例外もあるのである。

本日はキムタクの話ではなかった。
モノゴッーツー面白かった3回前のNHK大河ドラマ 篤姫 に老女役で出ていた 宮地雅子 がキムタク主演の CHANGE に出ていたよと。、家族が教えてくれた。

主役の篤姫に、色々と、大奥の伝統破りの難題を押し付けられて困りきった顔の演技に、真っ正直ビックリ仰天し大いに楽しませてもらったのだが、その俳優が、キムタク総理大臣候補に最初から心酔する大衆食堂のオカミサンの役で出演していたのだ。

驚きだ! 惜しい事をした。
老女役のあの俳優と知っていたら、尚一層楽しめたのに、なー ・・・
TVドラマに限らない。世の中全て主役がいて脇役がいる。主役は主役なりに、脇役は脇役なりに、その存在に応じた、適した役割を果たすことで世の中が成り立つ。世の中の皆が「お陰様」って言う言葉の持つ重みを噛み締めながら ・・・・・

オジンは、コレだから困る。説教めいた話は退屈そのものだ。
早々に筆を止める。

20052215 キノコ.jpg

掲載の写真は、彩の国(埼玉県)鳩山町の 石坂の森 の入口付近で5月22日に撮影した。入口付近は最近整備されて、道に木屑が部分的に敷かれた。そこに生えた 茸 である。

6月1日再び訪れたが当り一面の茸が摘み取られていた(無くなっていた)。多分、食用にならぬものなので、誤食を避けるため、管理者が除去されたのだろう?

2008年05月25日

後期高齢者医療制度で桝添厚労相と長妻議員が対決しました!

ここ一週間のTV報道の主流?は、中国四川省の地震被災についてである。中国には心よりお見舞い申し上げるが、余りにも極端すぎるので高齢者としてはチョット残念な想いで居る。

忘れられたかの後期高齢者医療制度については、廃止法案が参議院に提出されたが、そのことを、もっともだと思っていても、内容はなかなか分かりづらい。

今朝(5月25日)、偶々TV番組表を見ると、
フジテレビ(関東地区8チャンネル)午前7時30分〜 
”報道2001 生対決 桝添要一 VS 長妻昭 高齢者の怒りに答える”
とあったので録画しておいた。件のTV番組をご覧なかった方のため ・・・ 自分の為にも、その内容をブログ投稿と相成った次第 ・・・ 
放送時間も長く、余りにも多くのことが話し合われたので、全部は記述出来ない。容赦願いたい。
----------------------------------------
長妻議員の話によると、そもそもの騒動の発端である75歳での線引きは、75歳以上(65歳以上の障害者を含む)の一人当たりの医療費が、それ以外の人の 5倍 だと判明したから、だそうだ。
----------------------------------------
今年1月、石川県で、後期高齢者医療制度の制度設計に携わった人物(官僚)が講演会で語った内容が紹介された。講演をボイスレコーダーに録音していたのは 寺越博之氏 とのこと。録音されていた講演内容は、保険料が上がっていくのはあなた方(後期高齢者)の所為である。あなたがた(後期高齢者)が病院にかかり過ぎるからです ・・・ って、ことらしい。

「録音、再生内容」
皆さん、75歳以上の方が一日でも病院に行くのを止めていただければ(保険料)は下がる ・・・ ちょっとした風邪ぐらいでですね、病院に行かなければ、と言う方がいる。
医療費が際限なく上がり続ける。その痛みを後期高齢者をも自ら自分の感覚で感じ取っていただく。今まではそういう仕組みになっていなかったので、なかなか感じ取れなくて ・・・・・
----------------------------------------
長妻議員より各種保険加入者の一人当たりの保険料が紹介された。厚労省の発表データからの次の表は、3〜4日前のTV番組に出演された長妻議員が今回と同様に紹介されていたのを、記憶している。

始めの数字が 2008年の保険料、次の数字が 2015年の保険料である。
注目すべきは、後期高齢者以外のアップ率と後期高齢者のアップ率の差である。

共済組合  19.4万円 → 24.9万円 アップ率 28 %
健保組合  18.7万円 → 23.9万円 アップ率 28 %
政管健保  16.9万円 → 21.3万円 アップ率 26 %
市町村国保  7.9万円 →  9.7万円 アップ率 23 %
後期高齢者  6.1万円 →  8.5万円 アップ率 38 %
----------------------------------------
後期高齢者の保険料負担は、公費(税金)5割、現役4割、後期高齢者1割と発表されているが、この1割にカラクリがある、とのこと。

熊本大学医学部の菊池健準教授や、全国保険医団体連合会の寺尾正之氏、番組スタッフからカラクリの実態が知らされた。

法令上では、後期高齢者と現役世代の比率の変化に応じて、それぞれの負担割合を変えていく仕組みが導入されているとのこと。これが、法令のカラクリである。

実際、厚生労働省は、後期高齢者の数などに応じて、2年ごとに後期高齢者の1割負担を見直す方針 ・・・ と明言している、とのこと。

全国保険医団体連合会の寺尾正之氏は、
後期高齢者の人口が増えれば増えるほど、後期高齢者が支払う保険料は際限なく上がり続ける、と言っておられた。

熊本大学医学部の菊池準教授は、次のように後期高齢者の負担率推移を推測された。

2008年 10%  (現在75歳以上の方)
2015年 11%    厚労省推定は 10.8%
2025年 12.9% (現在58歳の人が75歳になると)
2035年 14.6% (現在48歳の人が75歳になると)
2055年 18.5% (現在28歳の人が75歳になると)

菊池準教授によると、2035年の都道府県別で負担率を計算すると、
東京都は10数万円だが、一番多い秋田県は25万円を越えるそうである。
負担の少ない順番 1.沖縄 2.東京
負担の多い順番  1.秋田 2.和歌山 3.青森

2008年に 7万2000円 の後期高齢者の保険金は
2015年に”9万7000円”、2030年に”19万1800円”、2040年に”28万6000円”となる計算だそうである。
----------------------------------------
長妻議員が、厚労省発表のデータで制度の改正が無かった場合と後期高齢者医療制度に移行した場合の公費(税金)負担を計算したところ、公費が 6200億円減少し、その分後期高齢者の保険料(400億円)と窓口負担(800億円)が増加しているそうである。

後期高齢者の医療費負担(平成20年度) 補助率
制度改正なし            後期高齢者医療制度
医療費合計   11兆8700億円 →  11兆3700億円  5000億円 減額

内  公費負担  6兆5300億円 →   5兆9100億円  6200億円 減額
訳  保険料   4兆3200億円 →   4兆3600億円   400億円 増額
   窓口負担  1兆 200億円 →   1兆1000億円   800億円 増額

又、上記の通り、平成20年度の公費負担(税金投入)は、6200億円減らし、平成27年度の公費負担は、それが、1兆4100億円の減少となる(後期高齢者の保険料と窓口負担が増額)そうである。
----------------------------------------
桝添厚労相の話によると、保険料を是非とも年金から天引きしてくれといったのは、全国の市町村であるとのこと。因みに、天引きされる保険料は、確定申告で控除されない。

高齢者が旧制度では被保険者で家族の誰かを扶養していても、家族の誰かの被扶養者であっても、当人が75歳になると分離されて被扶養者の適用は無くなる。

具体例:
74歳の年金生活者(被保険者)が、妻と子を被扶養者としていた場合、75歳になると、本人は後期高齢者として、妻と子供は夫々が国民保険の被保険者として3人とも保険料を支払うようになる。
----------------------------------------
※ まとまりのないご報告で申し訳ない。
  以上の数値を参考に、今後、関係者の話をお聞き頂ければ、
  多少でも理解が深まると思う。
  一日がかりの、記述 ・・・ アア、シンド

20052242 市民の森.jpg

掲載の写真は、平成20年5月22日、彩の国(埼玉県)東松山市の市民の森で撮影した。
posted by 三龍斎 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 後期高齢者医療制度関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

■後期高齢者医療制度の根源に反対しているのを理解して欲しい!

後期高齢者医療制度の問題点が表面化してから、
我々老人が”何を怒っているのか?” ”何を問題視しているのか?” を分かりやすく表明、代弁してくれる政治家、ジャーナリストに、なかなか出会わなかった。

政治情勢としては、昨日、野党四党が結束して”廃止法案”を提出したことで、
分かってくれたのかな? という感じだ。

一方、ジャーナリストでは、本日の毎日新聞 ”近聞遠見” で、石見隆夫氏が、
”信なくば立たず、である”と題して代弁してくれている。

コラムの冒頭は ・・・
当コラムがスタートして約19年になるが、憤りをこめて書くのは今回が始めてである。こんな情けない政治を目のあたりにしようとは、思いもしなかった。 ・・・・・

コラムの末尾は ・・・
・・・さすがに学者政治家は言葉がうまい。だが、浮いている。謙虚とは何か。理念とは何か。根源に反対しているのが、なぜわからないのか。信なくば立たず、という政界慣用語が、いまにして精彩を放つ。政府と与党は信を失いつつある。 ・・・

コラムの冒頭と末尾の一部を紹介したが、当ブログご訪問者には、是非にも全文をお読み頂きたい。 ・・・ とURLを紹介していたが、平成21年1月26日に確認したところ、紹介URLは全く別の記事に置き換わっていたので、紹介URLは削除した。

20052350 石坂の森.jpg

掲載の写真は、彩の国(埼玉県)鳩山町の 石坂の森 を撮影した。大昔は 里山 として、落ち葉が堆肥に使われ、又、薪を調達したのだろうが、その必要が無くなって人の手が入らなくなって久しい。最近、登山道風に3本の山道が整備された。
posted by 三龍斎 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 後期高齢者医療制度関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散歩道に自生(?)する アヤメ を見つけました!

壕齔Fの中に、一輪だけ鮮やかな黄色でその存在を誇示する アヤメ を見つけた。人の手が施されていない自然の中で自生する花には、言いようの無い美しさがある。体調が優れない中、多少無理して散策した甲斐があった ・・・ ってことだ!

・・・が、しかし ・・・
写真のアヤメは如何にも自生しているかのようだが、残念ながら、周囲の様子から推察するに、自生ではない。10メートルほど離れた所に廃墟(?)となった山小屋がある。そこの住人が昔植えた物の名残りらしい。現在は周囲が手入れされていないだけのことである。場所は、彩の国(埼玉県)鳩山町にある(パラボラがある)宇宙開発事業団施設から100メートルほど離れたところだ。

ナンダカンダ言っても、耕作放棄された田畑に外来の名も知らぬ草が覆い茂る風景より、数倍、数十倍美しい。老生好みの風景である。

20052354 菖蒲.jpg
posted by 三龍斎 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

自宅庭の”牡丹”が優美・豪華な姿を披露してくれました!

今朝は快晴である。大して広くも無い自宅の庭に出て見た。
オッ! 牡丹が豪華な姿を見せ始めているではない! 今朝8時のことである。

昼ごろには、全開だろう。開花期間が一週間ほどと短いのが残念だが、ろくな手入れもしないのに毎年優雅が姿を見せてくれる。陳腐だが、「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花」 との、女性の美しさを賛美する慣用句が頭を過ぎる。現実の社会では滅多にお目にかかれなくなったけれど ・・・

言うことが古いねー! オジンだねー !

(2008/5/24)追記
掲載写真の花は、芍薬(シャクヤク)だそうである。アリャ!
そう言えば、去年も同じ事を言っていた。同じ間違いをしていた。
同じ事を二度三度 ・・・ 年の所為だろうなー 年を取るってイヤだね!

200523 自宅牡丹.jpg

平成20年5月23日、自宅庭で撮影。
posted by 三龍斎 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

NHK大河ドラマ”篤姫”出演の側室”お志賀の方=鶴田真由”にメロメロ!

偶々、NHK大河ドラマ、”篤姫”5月18日大奥入城をビデオ録画していた。
余りにも面白いので、当日は言うに及ばず、月曜日、火曜日、水曜日と合計4回も楽しませてもらった。明日(25日=日曜日)の次回放送が待ち遠しい。

主役”篤姫”役の 宮アあおい は始めて見る顔だ。若いのに中々の芸達者だし、新鮮である。ドラマを盛り立てる数多い脇役陣は、直ぐには名前が出てこないが一度は見たことのある方々だ。私が持つ役のイメージにピッタリの演技を披露してくれている。最初はNHK大河ドラマだからと言うだけで惰性で見ていたが、回を重ねるたびに見応えが出てきた。

特筆したいのは、女性陣の名演技だ。母親役の樋口可南子に始まって、老女菊本役の佐々木すみ江、老女幾島役の松阪慶子、老女初瀬役の宮地雅子、生母本寿院役の高畑淳子、お近役のともさかりえ、小の島役の佐藤藍子、歌橋役の岩井友見、滝山役の稲森いずみ ・・・ 芸達者の方々に敬意を表し、ビデオで名前を確認して記述した。

誰かお忘れではないか? と非難を受ける。決して忘れているわけではない。
18日の放送をご覧になった方なら印象に残ったのではないか。そう、あの女優である。篤姫と初の絡みで前回はワンシーンのみの出演だったが、鶴田真由 の演技にゾッコン、メロメロになってしまったのだ。上目使いのあのシーン、・・・ 体の芯からゾクゾクものだ! 脳天バキューンものだ!

老生、若い方々対象のドラマは殆どみない。だから、若手女優の名前は大半知らない。だが、鶴田真由は ”サトラレ”と言うドラマを見て以来贔屓俳優だったが、中々お目にかからなかった。今回、将軍側室役で、超色っぽい演技を披露してくれた。

明日(日曜日)からは、全放送を録画せずばなるまい。エライコッチャ!

一人の俳優、見応えのあるワンシーンだけでも、そのドラマのファンになってしまうものだが、スタッフ、助演、脇役の存在を忘れてはならぬ。久々の これがNHK大河ドラマだ! に敬意を表して、録画ビデオから起したスタッフ、出演者の名前を記載させてもらう。

原作=宮尾登美子 脚本=田淵久美子 語り=奈良岡朋子 音楽=吉俣良
演出=佐藤峰世
出演 小松尚五郎役=瑛太 徳川家定役=雅人 西郷吉之助役=小沢征悦
   大久保正助役=原田泰造 堀田正睦役=辰己琢郎 徳川斉昭役=江守徹
   井伊直弼役=中村梅雀 阿部正弘役=草刈正雄 島津斉彬役=高橋英樹

オノオノガタ、期待しておりますぞ !

14:00 追記
本日は土曜日である。ウオーキングを早々に切り上げ NHK大河ドラマ "篤姫" の再放送を楽しんだ。勿論、鶴田真由(お志賀の方)が現れる場面に胸ドキドキの状態で、である。オヌシ、ワカイノゥーと揶揄したければ、お好きにどうぞ、である。

20051203 春の花.jpg
posted by 三龍斎 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ視聴談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

重度障害者に迫る後期高齢者医療制度への強制加入!

後期高齢者医療制度は75歳以上を対象としているが、65歳〜74歳の重度障害者も(原則)任意加入で含まれる。一見重度障害者に配慮したかに見える例外制度にもマヤカシがあると、5月15日の毎日新聞は報じている。

記事の概略を紹介する。

1.65歳〜74歳の重度障害者は約66万9千人
2.今年3月末現在で、66万9千人の内の 8万7217人が、
  後期高齢者医療制度に加入しなかったと厚生労働省が発表した。
3.加入しない理由は、
 (A)本人の加入で国民健康保険や健康保険の
  被扶養者の家族それぞれの保険料が新たに生じる。
 (B)子供や配偶者の被扶養者で保険料負担の無かった人が、
  加入で負担が生じる。
4.(1.)の重度障害者が後期高齢者医療制度に加入することを、
  障害者医療費助成の条件としている自治体は、
  北海道、青森県、山形県、茨城県、栃木県、富山県、愛知県、
  山口県、徳島県、福岡県で、事実上の強制加入になっている。
5.旧老人保険制度に加入していた同世代の重度障害者は、
  手続きをしなければ自動的に後期高齢者医療制度に加入とのこと。

20051226 春の花.jpg
posted by 三龍斎 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 後期高齢者医療制度関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

日本人が世界からどのように見られているか? 気になりませんか?

時間潰しに、以前録画していたTV番組を再生し見ていたら面白いのを見つけた。
申し訳ないが、何時頃の放映(録画)だったのか? TV局が何処なのか記憶にない。メモもしていない。インターネットで調べれば分かるだろうが、面倒なのでご勘弁願いたい。

番組名は”1分間の深イイ話”という。
ゲスト達が用意された ”意味深い、いい話し”を聞いて、それを自分はどのように思うか?を答え、色々トークを広げる番組である。島田伸介がゲストの中心となって話を進めている。

その中の一話である。
”世界の日本人 ジョーク集” という本に書かれている話だそうだ。
部分的には何度か聞いた話の集大成ってところかな?
日本人が世界からどう見られているか? をジョークで語ったものである。

世界各国の乗客を乗せた豪華客船が突然沈み始めました。船長は直ちに乗客を脱出させなければなりません。しかし乗客たちは、海に飛び込む勇気が無く尻り込みしています。

そこで、船長はイギリス人にこう言いました。飛び込めば貴方は紳士ですよ! 
すると、イギリス人は直ぐ飛び込みました。
イタリヤ人には、飛び込めば女性にもてますよ! 
すると、イタリヤ人は直ぐ飛び込みました。
天の邪鬼のフランス人には、飛び込まないで下さい! 
すると、フランス人は直ぐ飛び込みました。

そんな船長が日本人を飛び込ませるために言った言葉は、
みんな飛び込んでいますよ!
それを聞いた日本人は”えー皆が!?”と驚きながら、直ぐ飛び込みました ・・・ とさ。

因みに、ドイツ人には、飛び込むのが規則です! と言うのだそうである。
アメリカ人には、飛び込めば貴方はヒーローになれます! と言うのだそうである。
類似のジョークは他でも何度か見聞きした記憶がある。この例え話(ジョウク)をどのように受け止めるか? 特に日本人に関して ・・・ 私が知ったかぶりをして語るまでも無いが、言い得て妙とだけ申し上げておこう。

20051215 春の実.jpg
posted by 三龍斎 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

平凡な郊外の平凡な春の草・花(5月12日)

数年前にデジカメを贈られ、暫らくして、ブログを始めてからだが、ウオーキング、登山、散歩は言うに及ばず、スーパーマーケットへの買い物の付き合いや通院の時までも年中そのカメラを携帯している。

勿論、ブログ掲載の写真を撮る為だ。意識的に撮影に出かけるよりも、所用の序に撮った写真のほうが、往々にして気に入った物を撮影できることを知ったからである。話がズレ始めた ・・・ 戻そう。

在所の周りには方々に畑がある。年中カメラを引っ提げていて、畑の側を通っていてもどうしても撮影できなかった物があった。そしが、今回ようやく掲載できた 葱坊主 の写真である。

葱坊主が咲いている期間が短いのかな? 否、必ずしもそうではない。不思議と撮影できなかったのである。ある時は放置された感じの畑だったり(絵にならない)、道路から遠い為思う通りのアングルから撮影出来なかった為である。

葱坊主の写真一枚だ。どうでも良い事だが、何故か達成感がある。

20050620 散歩道の草花.jpg
posted by 三龍斎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

平凡な郊外の平凡な春の草・花(5月11日)

東京圏の平凡な一郊外の平凡な春の草・花を紹介する。

20050622 散歩道の草花.jpg
posted by 三龍斎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

平凡な郊外の平凡な春の草・花(5月10日)

東京圏の平凡な一郊外の平凡な春の草・花を紹介する。

20050609 散歩道の草花.jpg
posted by 三龍斎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

平凡な郊外の平凡な春の草・花(5月9日)

東京圏の平凡な一郊外の平凡な春の草・花を紹介する。

20050607 散歩道の草花.jpg
posted by 三龍斎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

平凡な郊外の平凡な春の草・花(5月8日)

東京圏の平凡な一郊外の平凡な春の草・花を紹介する。

20050606 散歩道の草花.jpg
posted by 三龍斎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

平凡な郊外の平凡な春の草・花(5月7日)

東京圏の平凡な一郊外の平凡な春の草・花を紹介する。

20050605 散歩道の草花.jpg
posted by 三龍斎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

「老人いじめ」で自民自爆、民主圧勝(山口2区補選)と大竹剛氏が分析しています。

後期高齢者医療制度は全く酷い ・・・ と、TVや新聞が騒ぎ始めてから気が付いた私であるから、ろくに高齢者・後期高齢者医療制度の内容を知らないし、ろくな主張も出来ない。ならば、論が立つ他人の力を借りるが良策・得策だ!

日経BP社のメールマガジンを購読している。そのメルマガに 大竹剛 氏がルポを載せておられるので、是非ともご覧頂きたい。何か得るものがあると思う。

タイトルは、ビジネス・政策道場 「老人いじめ」で自民自爆、民主圧勝 である。
ここをクリック頂きたい。

20042924 春の花.jpg
posted by 三龍斎 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 後期高齢者医療制度関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

こちら "ブログになります" ・・・ 耳障りだねー

悪口を言うので、某局の某番組で取材(インタービュー)を受けた有名某ファーストフードの店員とだけ言っておこう。

店員が品物を指して、やたらと、”・・・こちらになります”と宣っている。それも、何回も何回もだ! 敬語で喋っているつもりだろうが聞いていて、全くウンザリである。・・・ございます、・・・ぐらいのことが言えないのだろうか?

社会に出ていない学童・学生が、彼ら彼女らだけの隠語としてKYとか何とか宇宙人語を喋っている分には知っちゃーいないが、社会人なら社会人として、もう少し適切な言葉を使って欲しい。余りにも貧相な語彙しか持ち合わせていない連中に将来を託すのは ・・・・・・

止めておこう。後期高齢者医療保険制度の例もあることだ。老人は早く死ね! と言われ続けているのだから、せめても大人しくしていないと益々嫌われるって事だ!!

老生だって、敬語と謙譲語の区別がつかぬ。若者と五十歩百歩なんだから程々にせねばならぬ。

今回は、偶々TVを見ていてブログ記事にしようと思い、ファーストフードを取り上げたが、ファミレスやコンビニも同様だ。老生の思うところ、接客用語を会社(上司・教育係)から押し付けられている業種は何処も同じなのだろう。若者だからとか、個人の常識や才能の所為ではないと思っている。彼ら彼女らは会社の指導に逆らえぬ。止むを得ないのだ。

勤め人の立場は、ウン十年の経験から、十分に承知している。
同情以外になし。

20042925 春の花.jpg
posted by 三龍斎 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 後期高齢者医療制度関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

テニスの伊達公子の活躍に嫉妬しきりなり!

悔しい!
最近のスポーツ界は女性の活躍が顕著である。男性がだらしない。私も男の一員として、マッコト悔しいのである。

テニスの 伊達公子 が若手に刺激を与えたいと出場したそうだが、アレヨアレヨという間に本日は決勝戦である。今、この時間プレーしているのかな? 昼過ぎには結果が知らされるだろう。

12年前、世界ランク4位だったとはいえ、永らく実戦から遠ざかっていた。しかも、37歳にもなって(?)連日の激戦を乗り切る。山ノ神に言わせると、女性蔑視の権化のような老生だが、コレには参った ・・・ である。

健闘を祈ろう! 心から!!

17:40 追記
ニュースによると、テニス・カンガルーカップ(シングル)で伊達公子は優勝を逃し準優勝だったとのこと。残念! ダブルスでは優勝だったそうである。

20042930 春の木.jpg
posted by 三龍斎 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

東京中心部から、2時間で奥武蔵に着く事が出来ました!

大型連休の後半である。大和民族の大移動だ。
息子の一人が東京から帰省した。関越高速は始めから諦めて国道254を全面的に使い、且つ又、頑張って朝6時半に東京の自宅を出発したら2時間で到着だったとのこと。

関越高速がガラガラの時で1時間半だから、この時期2時間なら超上等だ。人様と一緒のコース・時間でノロノロ旅するのも、研究してスイスイ旅するのも、旅は楽しい。チャンスは中々無いが老生は何れでもOKだ。

18:50 追記
ニュースによると、午前7時の関越高速(下り)の渋滞は、花園インターを先頭に 57キロメートルだったそうである。フェー

20042513 桜.jpg
ラベル:関越高速
posted by 三龍斎 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。