2008年10月30日

自宅付近の、秋の訪れ!

掲載の写真は、自宅付近で、10月28日に撮影したものである。

201028-42 秋の変化.jpg


posted by 三龍斎 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

もう暫らくの辛抱かな! 鎌北湖の もみじ祭り!

掲載の写真は、10月25日に、彩の国(埼玉県)毛呂山町の鎌北湖で撮影したものである。

201025-45 鎌北湖で.jpg
ラベル:鎌北湖 彩の国

2008年10月28日

トップ・アスリート Qちゃんこと高橋尚子が引退記者会見! 感動を有難う!

トップ・アスリート マラソンの Qチャンこと高橋尚子(36才) の現役引退記者会見の模様を拝見、横綱千代の富士・ホームランの王選手現役引退に相通じる爽やかであった。特に何があったからと言うわけでなく、プロ高橋 として限界を感じたからとのことである。

山を登れば必ず下らねばならぬ。頂点を極めた者が引退時期・方法を誤れば、それまでの栄光を全て台無しにしかねない。頂点を極めた者のみが味合わねばならぬ、時が来たれば引退を決断しその事を公表せねばならぬ ことの苦しみを乗り越えられたのだろう。Qちゃんの早口だが要領を得た語り振りの爽やかさが我々にも乗り移った。

アテネ五輪のことは本人ならずとも悔いの残る経過をたどったが、その時の事を振り返りクドクド述べても他人を傷つけるだけで、プラスにはならぬ。電撃的なデビュー、そしてゴールドメダリストに上り詰めた栄光は、Qちゃんだけのものではない。頑張れば報われる事を具現し多くの青少年に目標や希望を与えた。日本人の誇りとなった。

心より ご苦労様、感動を有難う と申し上げる。

201024-20.jpg
posted by 三龍斎 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ視聴談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

ホームレスと呼ばれても、それでも生き抜いて下さい !!

JR新宿駅の山手線プラットホームで、煙草は吸えないし、デジカメを誰かに向けるわけにもいかないし、携帯電話の受信メールをCKする必要も無いし ・・・ 仕方なく、何気なく辺りを見回していた。つい、先日のことである。

海外旅行から帰ったばかり ・・・ との雰囲気を漂わせた一人のビジネスマンが徐に黒いビニール袋を ゴミ箱 に捨てて立ち去った。ものの5分も経っていなかっただろう。ホームレスと思しき男性がすっ飛んできてその黒いビニール袋の中身を取り出した。数冊の雑誌だった。ホームレスと思しき男性は素早く収穫物を手提げ袋にしまいこみ、足早にもと来た方向に立ち去った ・・・・・

見慣れた風景である。
数冊の雑誌の転売でホームレスが今夜の夕食にありつけるかも知れない。チョット嬉しかった。見慣れた風景だが、昔と違うのは、小さい政府とか、聖域無い改革とか、市場原理とか、最初から勝負の決まっている状況での競争原理とかが改革の名の下にデッカイ面をしてのさばる様になった事だ。結局は弱者が切り捨てられる格差社会になってしまった現在を生きねばならぬってことだ。元の生活に戻れぬ事を知りつつ、である。

何を見ても、何を感じても、何も出来ぬ。
私自身が今日明日の食事には困っていないだけの、夜露に濡れない所で寝れるだけの、人には言わぬが気持ちは50歩100歩で敗残者、弱者だからだ。

ホームレスと思しき男性に、
それでも 生き抜いて下さい と呟くことしか出来なかった。辛いねー ・・・・・

201024-17.jpg
posted by 三龍斎 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

御社殿復興五十年の明治神宮では、10月31日から特別催事を行われるそうですよ!

明治神宮では、明治維新から140年が経ち、御社殿を復興してから50年経つとのことで、10月31日(金曜)〜11月3日(月曜・祝日)の秋の大祭期間中、秋の特別催事として、さまざまな伝統芸能、武道などが境内で奉納されます。
掲載の写真は、10月21日の午後3時半〜午後4時に撮影したものです。

201021-65 明治神宮復興50年.jpg

201021-42 明治神宮.jpg  201021-45 明治神宮.jpg  201021-57 明治神宮.jpg

201021-59 明治神宮.jpg  201021-62 明治神宮.jpg  201021-70 明治神宮.jpg

明治神宮発行パンフレットから

秋の特別催事ご案内

シンポジウム 「君に伝えたい、日本。」
  日時: 10月25日(土) 13:30 開場 12:30
  場所: 明治神宮会館
  http://sankei.jp/event/meiji/

秋季特別展 「明治天皇と維新の群像」
  会期: 10月4日〜11月24日 09:00〜16:30
  会場: 明治神宮文化館宝物展示室
  拝観料: 一般500円(20人以上の団体料金200円)
       大学・高校生200円(同上100円)

セミナー 「東工大・藤岡洋保教授のレクチャーとガイドで学ぶ
      明治神宮 戦後の社殿建築」
  日時: 10月11日 終了
  参加費:無料 定員:50人

シンポジウム 「明治神宮 戦後復興の軌跡」
  日時: 10月26日(日) 14:00〜17:00
  会場: 明治神宮文化館楠の間
  参加費:無料 定員:150人

記念展 「明治神宮 知られざる戦後復興の軌跡」(仮称)
  会期: 10月26日(日)〜12月14日(日) 開門〜閉門
  会場: 明治神宮文化館一階フリースペース
  拝観料:無料

夜間拝観 特別ライトアップ 「アカリウム」
  日時: 10月31日(金)・11月1日(土) 17:30〜20:30

ミュージアムトーク 「童門冬二先生と探訪する明治維新」
  日時: 11月3日(祝) 14:00〜15:30
  会場: 明治神宮文化館楠の間
  参加費: 500円 定員:100人

明治神宮社務所
電話: 03−3379−5511 http://www.meijijingu.or.jp/
posted by 三龍斎 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

石川や 浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ=進化の一途"振り込め詐欺手法"

応仁の乱から続いた戦乱の世をようやく治めた 太閤"豊臣秀吉" をも翻弄した大泥棒 石川五右衛門 が残したと言われる辞世 「石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ」 をふと思い出した。

五右衛門が相手にしたのは大金持ちや権力者で、(ある意味では)卑怯者ではない。
それに比べ、振り込め詐欺犯は "弱者を標的にする卑怯さで" 日本の優秀な警察が全力を挙げて対応してもその裏をかき続けるズル賢さは、ご立派と言うしかない。

外出の準備中にTVから流れてきたワイドショウーのコメンテーターの話の流し聞きだから詳しいことは分からぬが、女子警察官(婦警)と女子銀行員(の服装をした者)が組んだ振り込め詐欺犯が現れたそうである。

制服に弱い国民性や、振り込め詐欺犯の犯人像は " 男性" との常識(?)の裏をかいた見事な働きぶりだ! クソッタレメ!
今や、火盗改め "長谷川平蔵" に出張っていただき、
問答無用でブッタギッテ頂かねば処置あるまいかな?!
否、平蔵の出番は、"相棒" の杉下・亀山コンビに犯人を特定
してもらってからだな!!


201001-03.jpg
posted by 三龍斎 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

埼玉県ときがわ町の三波峡は、まだ紅葉していませんでした!

群馬県藤岡市鬼石町を流れる神流川の支流の 三波川 では天然記念物の三波石があることで有名だが、その景観がソックリだと言うので、埼玉県ときがわ町を流れる都幾川にも 三波峡 と称する渓谷がある。平地を流れる川の一部分だが奇石が連なる絶景の場所だ。

TVを見ていたら、紅葉真っ盛りの景色が紹介された。今まで三波峡の紹介は紅葉のタイミングを逸していたので、今年こそは ・・・ との思いから、様子を伺ってきた。ヤッパリ山奥と平地では紅葉の時期が大分ことなる。まだ壕齧ハだった。取り合えず、紅葉直前の三波峡の一景をご紹介しよう。

201019-21 三波峡.jpg

201019-13 三波峡.jpg  201019-16 三波峡.jpg  201019-22 三波峡.jpg
posted by 三龍斎 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国ときがわ町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

”豪華絢爛な山車”が出る川越まつりは今日・明日です!

彩の国(埼玉県)川越市の 川越まつり の元々は、掲載写真の川越氷川神社が発祥である。本日と明日、川越まつりが行われ、山車揃い、曳きまわし、曳っかわせ ・・・ などが行われる。掲載の写真は、10月15日に撮影した氷川神社の今である。

201015-20 川越氷川神社大鳥居.jpg

201015-13 川越氷川神社.jpg  201015-15 川越氷川神社本殿.jpg  201015-16 川越氷川神社宮参り.jpg
posted by 三龍斎 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

川越まつりは 明日(18日・土曜日、19日・日曜日)から始まります!

豪華絢爛な山車の "揃い" "巡行" "曳っかわせ"  が行われる 川越まつり は、
明日(10月18日・土曜日)、明後日(10月19日・日曜日)です。
大変な人出ですが、行かない手はありません。見ない手はありません。市内の広い範囲で行われますので、電車(東武・西武・JR)でお越し頂くのがベターですが、駐車場も多く用意されています。

201015-28 祭を待つ時の鐘.jpg
   (写真は、静に皆様方のお越しを待つ 時の鐘 10月15日撮影)

※※ 掲載の写真について
掲載した写真については、映っている方や建物等々の肖像権侵害、私生活権侵害、犯罪誘発にならぬよう私なりに吟味した上での投稿ですが、個人・組織により感じ方は異なります。真に恐縮ですが、もし掲載に不適切なものがあったり、不快に感じられましたら、その旨を「コメント欄」に書き入れて下さいますようお願い申し上げます。その場合は、写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、即、対処いたします。よろしくお願い致します。

削除要求コメント等は何方でも結構ですが、出来ましたら映っている方とのご関係をご記述頂ければ幸いと存じます。
posted by 三龍斎 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

そろそろ 紅葉 の写真の撮り時かな?

昼間でも時々肌寒く感じる絶好の季節になった。我が在所にもそろそろ紅葉が始まるのかな? 掲載の写真は、去る10日自宅近辺で撮影したものだ。秋らしく色づいているのは何の木かな? 桜かな? 自宅近辺ばかりでなく、一度有名どころの紅葉を撮影に行きたいなー と思っているが、何せガソリン代を考えると、気が重くなる。時間だけはタップリ持ち合わせているので、秩父の三峰神社の紅葉を撮影しブログ投稿できればと思っているのだが ・・・

201010-01.jpg
posted by 三龍斎 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小江戸川越市の”楽しい、嬉しい”寸景!

伝統的な街、歴史的な街をぶらり散歩すると、団地やニュータウンと違って色々面白い発見がある。昨日、埼玉県川越市の普段はあまり観光客が訪れない場所を選んで散策と洒落込んだ。そこで見つけた、オシャレー、助かるー、ほのぼのとした街の寸景をご紹介したい。

サムネイル写真を掲載したので、クリックし大きく映出してご覧頂きたい。クドクドと説明するより、写真をご覧頂ければ、私が何を感じて掲載したか直ぐ分かっていただける、筈だ。

先ず、左側の写真である。
商う商品 「桶」 を ズバリ 看板にされている。その昔、江戸時代から何時頃までなのだろうか? 屋号ではなく何を商っているか、一捻りした文字や絵(イラスト)でアピールされていたものだ ・・・ そうだ。現在の看板は大半がカタカナかローマ字の氾濫で一体全体何屋さんなの、時には、一体何と読むの? だ。掲載写真のお店の看板は、さすが小江戸と標榜される街だけあって、眺めているだけで江戸時代にタイムスリップしたように感じさせる。楽しいねー

次は、真ん中の写真である。
現在の地方自治体の禁煙者に対する姿勢は、禁煙条例を作り、喫煙者の入店を禁じ、高圧的にイチャモン(文句)を付け、罰金を科す ・・・ そんな所ばっかりだ。その様な街を訪れたいとも、散策したいとも思わない。川越市も他の地方自治体と同じく条例で路上禁煙を禁止している。でも喫煙者に配慮して、街の方々に喫煙所が設けられている。一服を楽しめる。嬉しいねー 散歩が楽しいねー

次は、右側の写真である。
丁度、下校時間だったのだろう。多くの小学生に出会った。そんな通学路の一隅にあった "掲示" である。観光エリアから少し離れた住宅街の、レストランだったかな? 私の小・中学生時代は、山村だったので "小" の方は問題なかった(?)が、"大" となると流石に道端でとはいかぬ。登校・下校途中に何度か 超苦しい 想いをしたものである。住民が夫々の思いやりで子供・児童を見守る嬉しい "ほのぼの掲示" である。

201015-24 桶屋.jpg  201015-43 灰皿.jpg  201015-81 トイレ.jpg

※※ 掲載の写真について
掲載した写真については、映っている方や建物等々の肖像権侵害、私生活権侵害、犯罪誘発にならぬよう私なりに吟味した上での投稿ですが、個人・組織により感じ方は異なります。真に恐縮ですが、もし掲載に不適切なものがあったり、不快に感じられましたら、その旨を「コメント欄」に書き入れて下さいますようお願い申し上げます。その場合は、写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、即、対処いたします。よろしくお願い致します。

削除要求コメント等は何方でも結構ですが、出来ましたら映っている方とのご関係をご記述頂ければ幸いと存じます。
posted by 三龍斎 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

小江戸川越 ぶらり写真撮影の旅 川越市小仙波の 「星野山 中院」

快適な気候である。
ぶらり旅をして写真撮影をせねばならぬ。本日は、観光マップには大きく掲載されているけれども、普段観光客があまり押し寄せない 小仙波の星野山 "中院" をご紹介する。数年前にブログ投稿を始めてから何度か気にはなったが、不思議と撮影の為に訪れることがなかった。

中院の由緒については、"川越" "中院" のキィでインターネット検索頂ければ数多く投稿(掲載)されているのでそちらに譲ろう。

偶々、太陽光線の関係(逆光)で良いのが撮れず本堂は紹介できないが、流石古刹の名に恥じぬ庭の景色である。サムネイル写真の左側上から三段目の写真の "碑" は 文豪 "島崎藤村" を記念したものである。碑の後ろの茶室 "不染亭" は、藤村が静子夫人の母親(加藤みき)に贈ったもので、川越市新富町に在ったものを平成四年に移築されたとのことである。

201015-73 中院.jpg

201015-64.jpg  201015-65.jpg  201015-66.jpg

201015-67.jpg  201015-69.jpg  201015-70.jpg

201015-72.jpg  201015-75.jpg  201015-77.jpg

201015-78.jpg  201015-79.jpg  201015-80.jpg
posted by 三龍斎 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振り込め詐欺犯は、人の警戒心、銀行や警察、報道の裏を掻くのが常道です!

今日は朝から、老齢年金支給日で、イコール振り込め詐欺警戒日だと言うので、警察の大々的な出動や銀行の警戒振りの紹介でワイドショウは大騒ぎである。そこで一句 ・・・

振り込め詐欺 騒ぎが過ぎたら ご用心

災いは、忘れた頃にやってくる ・・・・・・ のです。

201002-30.jpg
posted by 三龍斎 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

巨匠ピカソは、美術工房 を経営していた!?

小人閑居して不全をなす ・・・ かな。暇人の考えること、することにロクな事は無いが、お許し願いたい。・・・ 何を隠そう ・・・ 隠すことも無いか!
例によりブログネタを探して「引用・転載大歓迎」と標榜されている まぐまぐ(メール) に、色添えとして記載されているコラムに目を通していたら、有った、アリマシタ!

取り合えず、次の引用記事をご覧頂きたい。
ウィークリーまぐまぐ[ライフスタイル版増刊号]2008/10/13 号

●ピカソが作成した版画は何点?
まぐまぐのたかゆきです。今月4日より、東京の国立新美術館とサントリー美術館で、「巨匠ピカソ」展が開催されています。今回は、両館あわせて約230点ならぶ、国内最大級のピカソ展なんだとか。僕は西洋画が好きで、いろんな絵画展を観に行ってるのですが、どの絵画展もたいてい70〜80点の展示です。それに比べると、230点は相当見ごたえがありそう…。今週末観に行くので、楽しみです!

ちなみにピカソは、およそ13,500点の油絵と素描を描いたそう。「最も多作な画家である」とギネスブックに載るくらい、多くの作品を残しました。中でも、もっとも多く作成したのが版画だそうですが…ピカソが生涯で作成した版画はいくつあると思います?
     ----------------------------------------
★答え⇒ 100,000点

正解は10万点でした!このほかにも、34,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作したと言われています。油絵と素描の13,500点をあわせると、147,800点!すごい…という言葉しか出てきません。僕は自分のブログを更新するのでさえ、1日1記事がやっと。1年続けても365記事にしかなりません。ピカソは、いったい1日何個ペースで制作していたのでしょう…。     (たかゆき)
何か引っかかりませんか? そう、このコラムの筆者(たかゆき)さんも疑問を呈しておられるが、ピカソの作品数がメッチャ多すぎるのである。147800点 ホンマカイナと、インターネット海をフラフラしてみたら、簡単にヒット、ウィキペディア(フリー百科事典)に載っていた。推察するに(たかゆき)さんも、ウィキペディアを参照されてのコラムだろう。

そのウィキペディアも、ギネスブックに記載されているとある。
版画の場合は、100000点と言っても、原画→原版を使って同じ物を何枚も摺るから、世に出回っている作品数は多くても、原画作者の”労”はたいしたことない。とは言え大変な製作数であることに間違いは無い。

あまりにも多すぎるから、チョイと疑問が生じる。ピカソの作品と言っても、ピカソが 「ピカソの名を冠することを認めた」 別人、もしくは、ピカソ工房の作品なのではないだろうか?

日本では、運慶・快慶の作品と言っても、運慶・快慶"工房""彫刻製造請負会社" の作品らしいし、雪舟の水墨画も多くの弟子の作品らしい ・・・ と、何かで読んだような、聞いたような記憶がある。それらは、贋作とは扱われない筈だ!

中途半端な知識だが、こんなところから、
  「実は、ピカソは美術工房を経営していて、
   ガッパガッパ作品を世に出していたのではないか?
   美術品工房の社長さんだったのではないか?」
・・・ って、疑い、推測なのである。

こんな話、信じる人が居る訳ないよね! 小人閑居して、不全をなしちゃった!

201002-12.jpg
posted by 三龍斎 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

「転載、 複写、 大歓迎」と言うインターネット記事(サイト)をご存知ですか?

メールマガジンを紹介する まぐまぐ は、十数年前に自分専用のパソコンを購入して以来購読させてもらっているが、紹介されているメールマガジンの中から好みのものを探すだけで、スタッフのコメント(コラム)の類には殆ど関心なく目を通すことがなかった。

ごく最近、インターネット上の記事に関しての 「著作権」 に関心を抱いてからは、
【まぐまぐは、転載, 複写, 大歓迎です。】と記載されているのが気に入って、ほぼ漏れなく読ませてもらっている。で、本日も まぐまぐ に記載されているコラムを ネタ にしての投稿だ。兎に角次の引用記事をご覧頂きたい。
ウィークリーまぐまぐ[ビジネス] 2008/10/13 号

●ケータイが壊れて友人から使ってない機種をもらい、使いづらかったので別の友人から不要な機種をもらい…。最新機種ではないけど壊れたケータイより格段にグレードアップしました。わらしべ長者みたいです。   (なおみ)
どうこう評論する文章ではない。普段なら見過ごすコラムだが、「わらしべ長者」に引っ掛ってしまった。曰く因縁有りそうで、なさそうで、教養ある例えのようでもあり、昔使ったようだが、思い出せなくて ・・・

結局、インターネットを徘徊する事になってしまった。
おとぎ話(説話)なのだが、説教や唱導で使われたらしい。人生訓、処世訓の類だ。「ある一人の貧乏人が最初に持っていたワラを物々交換を経ていくにつれて、最後には大金持ちになった話」って筋書きである。

昔はドウノコウノと話を進めると、(若者に限らず)誰からも忌避されることは分かっているのでこれ以上話を進めるのも気が滅入るが、私が若い頃はこのような説話の類が現実の社会で、生活する上で生きていたような気がする。現在は、損か?得か? そんな事ばっかりで、迂闊に道徳の類を具現しようとするなら、途端に痛い目にあってしまう ・・・

例えば、・・・ 今日は止めておこう。例を上げ始めたら限が無い。
それよりも、まぐまぐ社の【まぐまぐは、転載, 複写, 大歓迎です。】っていう インターネット掲載記事に対する姿勢 の方を取り上げ紹介した事のほうが値打ちがある。

先を見据えた 見識 と覚えたり、である。

201001-01 自宅.jpg
posted by 三龍斎 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

カタバミ(傍食)って野草を知っていますか? 私はクロ−バーだと思っていました。

彩の国(埼玉県)毛呂山町の鎌北湖から外秩父の山中に入り、尾根歩きをする時のルートの一つが、鎌北湖→北向き地蔵→物見山→駒高(高指山) ・・・ だが、その物見山(空地=休息所)で掲載の写真を撮影した。10月9日のことである。

物見山は何度も訪れた場所である。大概は弁当を食べ、30分〜1時間程度昼寝をする。この日は、私のほかに4組もの登山客が休息をしていたので、かっこ悪くて昼寝は出来なかったが、そのかわり初めて眼にする 小さな花を見つけた。

オッ! 三つ葉のクローバーが生えてるジャン! 葉っぱがやけに小さいが間違いなく三つ葉だ! 葉っぱが小さいのは、標高300mとは言え里とは環境が違うので、それもアリかな? それにしても、葉っぱの間にある花は? 帰り道、帰宅後も何だかしっくりこない。そうだ! クローバの花は、白いボンボリのようなものの筈だ! では一体、花の正体は? ってんで、「野草・雑草 観察図鑑」なるものを引っ張り出した。

図鑑によると、カタバミ(傍食)なのだそうである。聞いたような、聞かなかったような名前である。何時死んでも不思議がられない歳になっても、知らないことばっかりである。

201009-44 カタバミ.jpg
posted by 三龍斎 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

10月7日撮影のセミの抜け殻

いい天気だ。爽やかだ。
野山が私を呼んでいる! ・・・ 何だか訳の分からぬ理由をくっつけて、多少体調が芳しくなくても、自宅周辺の野山を散策する機会が多くなった。太陽が照っていても日陰に入り風に当たると爽やかを通り越して寒いくらいの時もある。

掲載の写真は、近くの雑木林で撮影したものだが、珍しくもなんとも無いはずだ。セミの抜け殻なんて、コンクリートが敷き詰められた所以外なら何処にでもある ・・・ でも、10月7日の撮影となると ??? だろう。セミの抜け殻なんて、チョットした雨、チョットした風で吹っ飛んでしまう物なのだが、と思うと、結構珍しい写真である。

201007-24 セミの抜け殻.jpg
ラベル:セミの抜け殻
posted by 三龍斎 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

25歳でノーベル賞を受賞した人がいるんだって!

ノーベル賞、二部門日本人(?)4名の受賞! お目出度い話である。
お目出度い話には違いないが、公開されている年齢を参照させていただくと、小林誠高氏が64歳、益川敏英氏が68歳で特に違和感は無いが、南部陽一郎が87歳、下村脩氏が80歳である。お二人は随分とご高齢だ。どの様な業績もある程度の時間を経過しなければ、特に基礎研究となると、その値打ちが評価されないのは理解出来るとしても、50年前の研究成果と聞くと全く気が遠くなってしまう。

誰も感じることは同じなのかなー? ・・・
私は随分とご高齢だなー で終わりかけたが、世の中には同じように感じると早速調べ記事にされる御仁がおられる。偶々だがそれを見つけたのでご紹介しよう。
前回投稿と同じ まぐまぐ のコラムである。
嬉しいことに、【ウィークリーまぐまぐは、転載, 複写, 大歓迎です。】って記載されている。
●ウィークリーまぐまぐ[ウィークエンドビジネス増刊号]2008/10/10 号 http://www.mag2.com/
ノーベル賞歴代最年少受賞は何歳?

★答え⇒25歳
イギリスの物理学者ローレンス・ブラッグ氏が、1915年に若干25歳で物理学賞を受賞しています。こんな若さで世界に認められるなんてすごいですよね。自分は25歳の頃何してたかなーと思い出してたんですが、初めて車を買ったのがこの歳でした。何だかいっぱしの大人になれたようで、とても嬉しかった記憶があります。納車3日目でオカマほられましたけどね…。      (優)
201009-36 コスモス.jpg
posted by 三龍斎 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

小学3年生向けの 算数 を解いてみませんか?

メールマガジンの まぐまぐ のコラムが結構面白い。
つい、数ヶ月前までは他人様の記事はあまり閲覧しなかったが、最近は結構楽しませてもらっている。本日は、「まぐまぐ」でチョイ面白いのを見つけた。で、ご紹介する。

今人気(?)の芸人「世界のナベアツ」をネタにした算数問題だ。挑戦しようとしたが、寄る年波に勝てず、直ぐギブアップした。ご訪問者は如何かな?

嬉しいことに【まぐまぐ!親子ニュースは、転載, 複写, 大歓迎です】と記述してある。
まぐまぐ!親子ニュース 2008/10/08 号
●親子でトライ!さんすう塾
 〜1から100まで数える間に、何回ヘンな顔をする?

【問題】
「3の倍数」と「3のつく数(23や35など)」でヘンな顔をする人気の芸人がいます。さて、この芸人さんが1から100まで数えるときに、何回ヘンな顔をするのでしょうか。ただし、例えば33は、「十の位で1回、一の位で1回の合計2回」とカウントするのではなく、あくまで「33という1つの数で1回」とカウントします。
                身につく力:意志力 試行錯誤力 発見力
                難易度  :小学3年生向け

【問題ページはこちら】⇒ http://education.mag2.com/try/080710.html
201009-60 鎌北湖上の道.jpg
posted by 三龍斎 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

雨上がりの外秩父には、霧(?)が沸きます!(雲海って言うらしいです)

雨上がりには、外秩父(秩父連峰)に掲載の写真のような風景が現れる。結構写真になる。谷間から湧き出るようなものを、湯気と言うのか? 霧と言うのか? 雲と言うのか? ・・・ 確かめる ・・・ 否、確かめねばならぬ程のことではない。

雨が上がって雲が切れれば尚のこと良いのだが、贅沢を言うまい。
写真は オッペ川(越辺川)の土手 から10月6日正午ごろに撮影した。

(2008/10/8)追記
偶々TVの天気予報放送を見ていた奥方が、アレは雲海って言うらしい ・・・ との注進を受けて、例によりインターネット検索で確かめて見た。ナルホド! ウィキペディアに 篠山盆地の雲海(盃ヶ岳) として、そのものズバリの写真が載っている。雲海ってのは全く別物だと思っていた。アーソウナンダ! である。ブログ投稿を続けているからこそ知った知識で、知人・友人・ご親戚との会話の中で恥をかかずに済んだ ・・・ って事で、メデタシ・メデタシである。

但し、ウィキペディアの記事は、必ずしも責任ある者が責任を持って投稿・掲載した物でも無く、責任ある者が検証した物でもない事を承知している。誰か私の写真、及び、ウィキペェイアの篠山盆地の雲海(盃ヶ岳)の写真を 間違いなく雲海と言うと確認してもらいたいのだが ・・・ それ程の問題でもないか?

因みに、当ブログでは、カテゴリ=秩父連峰の四季折々 1&2
日付けで言えば、2006年8月9日、10月2日、10月25日、11月27日、
2007年4月3日の投稿で雲海(?)の写真を掲載している。ご覧頂ければ幸いなり、である。

201006-08 雨上がり.jpg
posted by 三龍斎 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父連峰の四季折々=3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。