2008年11月29日

(明治維新時)飯能戦争で "振武軍" の本陣だった飯能市 "能仁寺" の紅葉!

奥武蔵、彩の国(埼玉県)飯能市の 曹洞宗武陽山 能仁寺 の紅葉が真っ盛りだと、新聞だったかな? ワイドショーだったかな? で知ったので撮影してきた。
因みに、能仁寺は、大昔のことはさておき、戊辰戦争の折、錦の御旗を掲げる薩長軍にあくまでもと武力で抵抗をした徳川軍の内、上野寛永寺に立てこもった彰義隊と袂を分かち、振武軍と名乗り、江戸市中から離れたて戦った徳川軍の一派が本陣を構えたところである。
この闘いで敗れた振武軍の副将 澁澤平九郎 の墓、血染めのグミ、記念碑が、一山超えた 越生町三滝 にある。

当該ブログ 2006年10月1日投稿
表題:貴方の功績は、縁者の器量次第で世に残ります!!
http://from-sainokuni.seesaa.net/article/24704777.html

実のところ、紅葉どころとして何度も訪れているのに今年は 能仁寺 の事を忘れていたのである。奥武蔵は至る所が今や紅葉真っ盛りなので、必死コイテ紅葉どころを探している訳ではないから、忘れていたとしても不思議でも何でもない。

能仁寺が紅葉真っ盛りだとの情報を得た時、「奥武蔵」の紅葉どころとして、飯能市の能仁寺と共に秩父市(横瀬と???の二箇所)が紹介されていた。エッ! 秩父は奥武蔵って言うの? ・・・で、非常に印象的な情報だったのだ。

例により、インターネット検索してみたところ、秩父地方を奥武蔵と言う人もいるし、奥武蔵とは区別して 「秩父」 と言う人もいるらしい。「寄居」近辺を北武蔵と表現する人も居るらしい。私自身も秩父連峰の東側を 「秩父連峰」 と言ったり、「外秩父」 と言ったり、「黒山自然公園」と言ったりする。何と呼ぼうとドーッテコトナイ事だが、文章を読まされるほうは迷惑この上なしである。私自身が統一しておかねば ・・・ 心せねばと思うが ・・・

掲載の写真は、紅葉の模様を紹介するにはチョット遅かったかなとも思えたが、ご勘弁願おう。
平成20年11月28日 午後2〜3時ごろの撮影。

201128-45 飯能市・能仁寺.jpg

以下のサムネイル写真は、写真をクリックし大きく映してご覧下さい。
201128-08 能仁寺.jpg  201128-11 能仁寺.jpg  201128-21 能仁寺.jpg

201128-24 能仁寺.jpg  201128-29 能仁寺.jpg  201128-30 能仁寺.jpg

201128-34 能仁寺.jpg  201128-41 能仁寺.jpg  201128-47 能仁寺.jpg

201128-48 能仁寺.jpg  201128-49 能仁寺.jpg  201128-52 能仁寺.jpg

201128-57 能仁寺.jpg  201128-64 能仁寺.jpg  201128-71 能仁寺.jpg


posted by 三龍斎 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 飯能市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

龍隠寺の紅葉 (七重八重 花は咲けども山吹の・・・の太田道灌の墓がある寺)

彩の国(埼玉県)越生町の龍隠寺(りゅうおんじ)は 太田道真(おおたどうしん)・太田道灌(おおたどうかん) 父子の墓があることで有名だ。太田道灌とは ・・・

歯が痛い ・・・ 種々の痛みに堪えることに慣れてしまって三日間も歯茎の腫れを我慢している。ブログ更新どころではない。明日こそ、歯医者に行こう! 
      掲載の写真は、11月25日撮影。

201125-44 龍隠寺.jpg

201125-39 龍隠寺.jpg  201125-40 龍穏寺.jpg  201125-42 龍隠寺.jpg

201125-50 龍隠寺.jpg  201125-51 龍隠寺.jpg  201125-56 龍隠寺.jpg

201125-58 龍隠寺.jpg  201125-62 龍隠寺.jpg  201125-63 龍隠寺.jpg
posted by 三龍斎 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 越生町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

出雲の国の どじょうすくい は魚の「泥鰌すくい」ではありません!

何時の間にかTV番組表は クイズ全盛 になったが、大昔から放送されている"紀行クイズ番組"の TBSテレビの 世界・不思議発見 の録画を楽しませてもらった。

外国のことは知らないで当り前なのだが、昨日の放送は 日本誕生記録の空白150年に関してだ。クイズとして出されると結構サプライズである。

出雲の国から多量の鉄製品が出土したのは知っていたが、伝統文化 どじょうすくい は、魚の泥鰌を獲る様子ではなくて、蹉跌を取るための 土壌すくい なんだそうである。サプライズ!

正月に飾る 鏡餅 は、豊穣の神=蛇がトグロを巻いている姿だそうである。サプライズ!

201121-47 霊山院.jpg

掲載の写真は、後鳥羽天皇から勅命を受けた栄西禅師の高弟・栄朝禅師が都幾山慈光寺の塔頭として建久8年(1197)に創建した 臨済宗拈華山霊山院 である。11月21日 午後2時ごろの撮影。
posted by 三龍斎 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ視聴談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

紅葉(こうよう)時期って、山勘では当たらないですね!

今秋は 紅葉 に拘ってみた。
もみじの(隠れた)名所である彩の国毛呂山町の鎌北湖には、もみじの紅葉具合を三回もCKに行って紹介し、吉見町、滑川町の名所にも行った。あと一箇所、ときがわ町の 慈光寺参道 にも絵になる場所がある。

鎌北湖がすっかり色付いたので、慈光寺の「もみじ」も同様だろうと思っていってみたら、それが未だ壕齔Fなのである。仕方がないから、今までに一・二度紹介した参道からの遠景(紅葉)を掲載したが ・・・

我守備範囲だとて年中走り回ってCKする訳にはいかない。紅葉時って結構難しいものである。

201121-49 都幾山からの外秩父.jpg

掲載の写真は、平成20年11月21日、午後2時10分ごろ、慈光寺への参道から外秩父を撮影したものである。
ラベル:紅葉どき 鎌北湖
posted by 三龍斎 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父連峰の四季折々=3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

彩の国(埼玉県)毛呂山町 鎌北湖 の紅葉ぶり

今年、彩の国(埼玉県)毛呂山町 鎌北湖 の紅葉を紹介するのは、これで三度目である。役場の広報係でもないのに、ようやく責務を果たしたような変な気分だ! 現場には、24日に もみじ祭り と掲示してあった。

掲載の写真は、11月21日 午前8時10分〜40分の撮影。

201121-30 鎌北湖.jpg

201121-04 鎌北湖.jpg  201121-07 鎌北湖.jpg  201121-09 鎌北湖.jpg

201121-13 鎌北湖.jpg  201121-14 鎌北湖.jpg  201121-18 鎌北湖.jpg

201121-19 鎌北湖.jpg  201121-21 鎌北湖.jpg  201121-23 鎌北湖.jpg

201121-24 鎌北湖.jpg  201121-27 鎌北湖.jpg  201121-28 鎌北湖.jpg
ラベル:紅葉 鎌北湖

2008年11月15日

彩の国滑川町の 森林公園緑道 の紅葉が見時、撮影時です!

彩の国(埼玉県)滑川町にある 国立(国土交通省)武蔵丘陵森林公園 を訪れた方は多いと思う。東武東上線の森林公園駅から南口までは3キロメートルもあり、駐車場も完備されているので多くの方は車でお越しだろう。

車も悪くないが、折角一日を楽しまれるのなら、電車でお越しくださると別の楽しみもある。森林公園駅から公園南口まで、掲載写真のような景色を楽しめるのだ。歩道と自転車道のペァになっている一本道である。ウォーキング・散策に抜群の 酷ケ である。

今や奥武蔵の野山は紅葉一色だ。実は昨日、吉見町八丁湖撮影の後、更に纏めて写真になる紅葉を探してドライブしていて、公園までの緑道の余りの美しさに、3日連続の 紅葉写真撮影 となった。昨日は晴天だったが、本日は曇天で写真うつりは劣るが、悪天候でもこれだけの美しさである。2008/11/15 午後1時半ごろ〜午後3時ごろの撮影

201115-27 滑川森林公園緑道.jpg

以下の写真はサムネイルしているので、写真をクリック、大きく映してご覧頂きたい。
201115-04 緑道.jpg  201115-06 緑道.jpg  201115-09 緑道.jpg

201115-11 緑道.jpg  201115-16 緑道.jpg  201115-18 緑道.jpg

201115-19 緑道.jpg  201115-25 緑道.jpg  201115-29 緑道.jpg

201115-32 緑道.jpg  201115-38 緑道.jpg  201115-44 緑道.jpg

201115-45 緑道.jpg  201115-51 緑道.jpg  201115-61 緑道.jpg

201115-68 緑道.jpg  201115-71 緑道.jpg  201115-72 緑道.jpg
posted by 三龍斎 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 滑川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彩の国吉見町の 八丁湖 の紅葉を撮影してきました!

彩の国比企地域の観光協会が合同で発行したのだろう、
  Welcom to Wide area of HIKI
  比企地域観光ガイドマップ
なるものを持っている。鎌北湖(毛呂山町)のもみじは何回も撮影し紹介しているが、私の守備範囲は 奥武蔵 である、まだまだご紹介するに値する紅葉名所があるだろうと、件のガイドマップを確かめると、彩の国 吉見町の八丁湖 に「紅葉マーク」が付いている。八丁湖そのものへはウオーキングで何度も訪れているが、紅葉の時期には訪れていない。思い立ったが吉日だ。早速撮影してきた。昨日、11月14日午後の話である。

201114-65 吉見町八丁湖.jpg

201114-60 八丁湖.jpg  201114-62 八丁湖.jpg  201114-67 八丁湖.jpg

201114-70 八丁湖.jpg  201114-72 八丁湖.jpg  201114-76 八丁湖.jpg
posted by 三龍斎 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 吉見町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

鎌北湖の紅葉が 写真撮影どき になりました!

もみじの紅が緑色や青色の湖面に映えて美しい、彩の国毛呂山町の 鎌北湖の紅葉 が写真撮影時になりました。既に多くのアマチュア・カメラマンが訪れています。
駐車場は十分にありますので、是非にも、お越しをお待ちしております。

私は昨日(2008/11/13)の正午頃、撮影して来ました。

201113-40 鎌北湖.jpg

次の写真はサムネイルしています。写真をクリックし、大きく映してご覧下さい。
201113-35 鎌北湖.jpg  201113-39 鎌北湖.jpg  201113-42 鎌北湖.jpg

201113-45 鎌北湖.jpg  201113-46 鎌北湖.jpg  201113-48 鎌北湖.jpg

201113-50 鎌北湖.jpg  201113-53 鎌北湖.jpg  201113-54 鎌北湖.jpg
ラベル:鎌北湖 紅葉

2008年11月13日

秩父連峰 夕景

秩父連峰の撮影ポイントは数多くあるが、天候不順や面白い雲が現れぬので中々気に入った写真が撮れぬ。掲載の写真は、10月29日撮影。

201029-62 夕日.jpg
posted by 三龍斎 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父連峰の四季折々=3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉寸景

掲載の写真は、11月12日、彩の国鳩山町の東京電機大学構内公道で撮影した。公道にチョイト車を止めての撮影だ。近くにある東松山市の大東文化大学の紅葉も素晴らしかったが、車の通行量が多くて一時停車も憚かれる。そちらは残念だが今年は撮影できなかった。

201112-34 東京電機大学.jpg
posted by 三龍斎 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 鳩山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

出雲伊波比神社の流鏑馬に使われた馬の一頭は 在来種(馬)?

去る11月3日の彩の国毛呂山町の出雲伊波比神社 流鏑馬 では、源氏・平家・藤原に擬えた三頭が演武した。その内の二頭の様子は当ブログで11月3日に紹介したが、その二頭らは映画やTVドラマの戦闘シーンや競馬シーンで常々見かける如く(馬とは? とのイメージ通り)スピードといい容姿(馬体)といい走る姿といい真に格好良い。だが、残り一頭があまり格好よくない ・・・ 折角の流鏑馬にケチをつけるような気がして掲載を差し控えていた。

昨年は写真撮影こそ出来なかったが、演武した三頭の内の一頭は今年と同じく見た目が芳しくなかった。 ・・・ 写真を整理していて気が付いたのだが、実は三頭目の不恰好な馬こそ日本古来の馬であり、その馬での流鏑馬演武こそ意味があるのではないか、文化財とされている価値あるものを気付かずに見物していたのでは ・・・ 格好いいサラブレッドでの流鏑馬ショーは、観光対策としてそれはそれなりに意味があるが、可能な限り昔のものをそのまま残すことに大きな意味がある ・・・ と私は思う。大変な費用と労力を必要とするが ・・・

日本在来馬は、小型馬・中型馬であり、ポニーに分類され、これはモンゴルの他、中国や朝鮮半島でも最も一般的であった蒙古馬系に属し、競馬等で親しまれているサラブレッドなどの近代軽種馬と比べた場合の特徴として、

1・やや大きめの頭部
2.太短くて扇形の首つき
3.丸々とした胴まわり
4.体格のわりに長めの背
5.太くて短めの肢
6.豊かなたてがみや尾毛
7.歩き方が「側対歩」=前後の肢を片側ずつ左右交互に動かす変則速歩で歩く
8.時速40q程度でしか走れない(サラブレッドは平坦地で時速60km 以上)

・・・・・なのだそうである。

明治になって国策としての軍馬増強に主眼が置かれ、馬格の大きい洋種馬との交配による大型化(馬匹改良)が行われ、我々が在来馬を見れることは稀だが、掲載した写真の馬がそれに該当するのではないか? あるいは、純粋でなくとも在来馬に近いものではないかと思えるのである。

201103-442 在来種?.jpg

※※ 掲載写真について
掲載した写真については、映っている方や建物等々の肖像権侵害、私生活権侵害、犯罪誘発にならぬよう私なりに吟味した上での投稿ですが、個人・組織により感じ方は異なります。真に恐縮ですが、もし掲載に不適切なものがあったり、不快に感じられましたら、その旨を「コメント欄」に書き入れて下さいますようお願い申し上げます。その場合は、写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、即、対処いたします。よろしくお願い致します。

削除要求コメント等は何方でも結構ですが、出来ましたら映っている方とのご関係をご記述頂ければ幸いと存じます。
posted by 三龍斎 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

秩父連峰の夕日(平成20年11月5日)

秩父連峰を遠くから眺めると靄(もや)のような物がかかって折角の景色が写真にならない。一昨年だったかな、昨年だったかな、撮影にいい時期が来てそれなりの写真が撮れたのだが、今年はどうも調子悪い ・・・ 面白い雲が現れない ・・・

掲載の写真は昨日(5日)午後4時21分の撮影だが、本日も同じような空の具合なので、撮影ポイントに出張る意欲が沸かない。TVに噛り付いて、「森進一のおふくろさん」騒動でも見ることにするか!

201105-13 夕日.jpg
posted by 三龍斎 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父連峰の四季折々=3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

鎌北湖の紅葉は、もう直ぐです! (11月5日撮影の写真を紹介)

ラジオ番組 ナックファイブ で紹介していたが、紅葉の隠れた名所である 彩の国(埼玉県)毛呂山町の 鎌北湖の紅葉具合 をCKして来た。部分的に紅葉が始まっているが、写真の的としては未だ不満かな?

掲載の写真は、平成20年11月5日、午後1時半ごろの撮影である。

201105-10 鎌北湖の紅葉.jpg
ラベル:鎌北湖 紅葉

2008年11月03日

彩の国毛呂山町の出雲伊波比神社の流鏑馬(やぶさめ)の模様を撮影してきました!

私は 埼玉都民である。否、以前は埼玉都民だったと言うべきか?
現役時、埼玉の自宅には寝に帰るだけで、平日は午前6時30分頃から、居残りせずに真っ直ぐ帰宅したとしても午後8時ごろだから埼玉の事はおろか地元のことは全くと表現しても間違いないほど知らなかった ・・・ 知ろうともしなかった ・・・ 知ろうとする気持ちの余裕も無かった。

4〜5年前にブログを始めて、投稿ネタに困り、(結局)行き着くところ自宅周辺の行事や風景を紹介するために、資料を見たりウロウロすることでかなりの地元(奥武蔵)通になったんだなー それでも未だ知らないことは多い。彩の国(埼玉県)ときがわ町で3年に一度 流鏑馬 を奉納していることを ・・・ 今日知った。

平成20年11月3日、彩の国(埼玉県)毛呂山町にある 出雲伊波比神社の流鏑馬(やぶさめ)の模様を撮影しようとして、2時間も前に席取りをして、退屈紛れに隣のカメラマンと雑談していて偶然知ったのである。ときがわ町のそれは、3年に一度で、平成20年(今年)の1月に行われたとの事だから、当分お目にかかれない。クヤシー!

毛呂山町の出雲伊波比神社の流鏑馬は昭和33年に 埼玉県選択民俗文化財(無形民俗文化財)となり、平成12年には「埼玉ふるさと自慢百選」にも選ばれているのでかなり有名だ。見物客、とりわけ行事を撮影しようとする素人カメラマンがワンサカ押し寄せるので、撮影場所を確保するだけでも大変である。

初めて撮影に行った昨年は多少見くびって、馬の出発からを追ったので、流鏑馬そのものを撮影できる場所が取れなかった。今年は、矢を射る瞬間を取ろうなんて贅沢な望みは捨て、兎に角馬が走る姿だけで良いと、開始2時間前に席を確保して、用意万端 ・・・ と思いきや、撮影方法(カメラ操作)を誤ってしまった。連写機能を使って700枚も撮影だけはしたが、次に掲載している程度のものしか披露できない。ザンネン至極ナリである。
撮影技術(腕)の未熟さは如何ともし難い!

201103-361 流鏑馬.jpg

次の小さな写真はサムネイルしているので、写真をクリックし、大きく映出してご覧下さい。
201103-257 流鏑馬.jpg 201103-273 流鏑馬.jpg 201103-418 流鏑馬.jpg

201103-478 流鏑馬.jpg 201103-516 流鏑馬.jpg 201103-682 流鏑馬.jpg

※※ 掲載の写真について
掲載した写真については、映っている方や建物等々の肖像権侵害、私生活権侵害、犯罪誘発にならぬよう私なりに吟味した上での投稿ですが、個人・組織により感じ方は異なります。真に恐縮ですが、もし掲載に不適切なものがあったり、不快に感じられましたら、その旨を「コメント欄」に書き入れて下さいますようお願い申し上げます。その場合は、写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、即、対処いたします。よろしくお願い致します。

削除要求コメント等は何方でも結構ですが、出来ましたら映っている方とのご関係をご記述頂ければ幸いと存じます。
posted by 三龍斎 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今の世は闇の中、でも、沈む太陽は又昇り、春夏秋冬は繰り返す・・・

一昨日は風が強かった。雲があれば変化に富んだ夕景色の一瞬を捉えて、素人でもそこそこの写真が撮れたのだが、風は 木枯らし一番 だそうで、夕方は雲が吹き飛ばされてしまって、狙った甲斐なしである。

サブプライムとか、円高とか、株価低迷とか、年金記録の抹消とか、後を絶たぬオレオレ詐欺とか、食品偽装とか、毒物混入とか、 ・・・・・

人の世は、先が見えぬ、希望が持てぬ ・・・ でも、沈む太陽は、明日の朝又昇る ・・・

201101-08 木枯らし一号の夕日.jpg
posted by 三龍斎 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父連峰の四季折々=3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

彩の国 鶴ヶ島市高倉の獅子舞が日枝神社等に奉納されました。明日も行われます!

彩の国(埼玉県)鶴ヶ島市高倉の日枝神社で、11月2日(本日)鶴ヶ島市重要文化財の獅子舞が奉納された。明日(10月3日)が本番だ! 本日、日枝神社・稲荷神社・(高福寺)で催された様子を写真で紹介する。

詳しくは、リンクしておいたので ここ(高倉の獅子舞) をクリック願いたい。

201102-36 鶴ヶ島高倉の獅子舞.jpg

以下の写真はサムネイルしているので、写真をクリック下されば大きく映出します。
201102-37  高倉の獅子舞.jpg  201102-43   高倉の獅子舞.jpg  201102-52  高倉の獅子舞.jpg

201102-61  高倉の獅子舞.jpg  201102-64  高倉の獅子舞.jpg  201102-75  高倉の獅子舞.jpg

201102-99  高倉の獅子舞.jpg  201102-110  高倉の獅子舞.jpg  201102-155  高倉の獅子舞.jpg

201102-170  高倉の獅子舞.jpg  201102-176  高倉の獅子舞.jpg  201102-185  高倉の獅子舞.jpg

201102-206  高倉の獅子舞.jpg  201102-219  高倉の獅子舞.jpg  201102-241  高倉の獅子舞.jpg

201102-254  高倉の獅子舞.jpg  201102-271  高倉の獅子舞.jpg  201102-274  高倉の獅子舞.jpg

※※ 掲載の写真について
掲載した写真については、映っている方や建物等々の肖像権侵害、私生活権侵害、犯罪誘発にならぬよう私なりに吟味した上での投稿ですが、個人・組織により感じ方は異なります。真に恐縮ですが、もし掲載に不適切なものがあったり、不快に感じられましたら、その旨を「コメント欄」に書き入れて下さいますようお願い申し上げます。その場合は、写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、即、対処いたします。よろしくお願い致します。

削除要求コメント等は何方でも結構ですが、出来ましたら映っている方とのご関係をご記述頂ければ幸いと存じます。
ラベル:高倉の獅子舞

2008年11月01日

久しぶりの晴天、外秩父のいい夕日が撮れそうだ!

体調も良くないし、ガソリンがまだまだ高いし ・・・ アッ そうだ! 先ほど何時も購入しているガソリンスタンドの側を走ったら、レギュラー・リッター当たり 135円(会員価格)って表示が出ていた。そりゃそうだよね。元売価格がガンガン下がっているのだから、小売も追随してもらわないと ・・・

それはそうと、本日は外秩父の夕日を撮影するのに格好の日である。多少の風があって、切れ切れの雲があって ・・・ そんな秩父連峰の夕日を撮りたいとここ一週間ほど頑張っていたが思う通りにならなかった。このままの常態が夕刻まで続けばかなり期待でき ・・・ そうだ!

因みに、掲載の写真は10月29日の撮影である。
雲が多すぎるのでこの程度のものしか撮影できない。マーそこそこってとこかな!

201029-58 夕日.jpg
posted by 三龍斎 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父連峰の四季折々=3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。