2010年04月30日

空気詠む 国民性です みぎ・ひだり (川柳 国民性)

最近やけにテレビ番組宣伝(番宣)が目立ってきた。インタービュー番組、クイズ番組、トーク番組、ワイドショー etc etc に、口下手な俳優が出演すると殆ど間違いなくテレビドラマの番組宣伝である。それはそれとしてアッチャに置いといて、私のような一般大衆(?)が真っ先に見る新聞のテレビ番組ページに、
   「新聞による新聞のための新聞広告」
が載っていた。朝日新聞(4月30日朝刊)である。四コマ漫画仕立てで、
その中に、「サラリーマン 空気読めねば 朝日読め」 って川柳があるんですよねー
それを受けての今朝二番目の川柳投稿デース!
空気詠む 国民性です みぎひだり
空気詠み 無党派層に 宗旨替え
☆日本人は空気読みすぎではありませんか?
マスコミ(マスメディア)に便乗、迎合を信条としている私ナンザー、その典型!

220428-28 奥武蔵散歩.jpg
☆平成22年4月29日 奥武蔵のたんぼ道を散歩中に撮影
平成22年4月30日 午後8時30分より試験的に「検索経由の広告表示」、「RSS広告表示」に設定しております。広告付きで見辛い場合は、タイトル「気まぐれ隠居・・・」をクリック下されば広告無しの画面が表示される筈です。ご訪問を感謝いたします。


posted by 三龍斎 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はぐれ鳥 狙う野良には 目もくれず (俳句? 川柳?)

一般的には余り知られておらず、今年の初め葦が刈られて 白鷺と川鵜 の営巣地ではなくなった溜池へ昨日様子見に訪れたところ一羽の白鷺が休んでいた。北の国に帰りそびれた はぐれ鳥 なのだろうか? それを虎視眈々と狙うかのような野良猫が一匹 ・・・
田舎の情景を俳句として詠んだだけだが、白鷺や野良猫を人間に置き換えてみると、結構意味深な川柳になっている ・・・ かな?
はぐれ鳥 狙う野良には 目もくれず

220429-27 野良猫.jpg
☆平成22年4月29日 撮影
posted by 三龍斎 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

鯉のぼり

掲載の写真は、平成22年4月24日、
埼玉県坂戸市の高麗川べりにある「ふるさとの湯」で撮影した。

220424-105 故郷の湯.jpg
ラベル:鯉のぼり
posted by 三龍斎 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 坂戸市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丹精は 気恥ずかしいと 苦情受け (川柳 庭仕事)

概して大人の女性は「虫」が嫌いである。我が家のカミさんも例外ではない。時間があると植木や草花に巣食う虫退治に躍起になっている。毛虫なんぞは眼の敵である。綺麗な蝶に育つのにねー そんなに虫が嫌いならば殺虫剤を使えばいいのにと思うのだがナンダカンダと使いたがらない。たかが庭の虫退治で喧嘩口論はマッピラである。私は一切庭の植木や草花には関与せずブログ投稿用に写真を撮るだけにしている。

そこで、我が家の庭での撮影写真を「カミさんの丹精」と記述しているが、昨日、撮った写真の投稿の様子を見せたら「丹精などとは気恥ずかしい。止めてよ!」と抗議を受けた。サヨカ!

丹精は 気恥ずかしいと 苦情受け

220429-13 自宅庭にて.jpg
☆平成22年4月29日 自宅庭にて撮影、カミさん管理下の草花 花の名前は「シラー」だそうである。
posted by 三龍斎 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山吹の 小枝に替えて 百円傘 (川柳 太田道灌)

4月の下旬にもなるというのに小雨の降る寒い日、散歩にも出れずウジウジしていて、フト、
  【七重八重花は咲けども山吹の実の(蓑)ひとつだに無きぞ哀しき】
との、太田道灌がらみの歌と、過日、飯能市の東郷元帥像がある秩父御嶽神社で急な雨に逢い傘を持たぬハイカーにビニール傘の提供を申し出たことを思い出し、合体して、次の川柳になりました。現在なら幾ら貧しくとも一本300円のビニール傘(フリーマーケットなら一本50円・100円)ぐらいは備えているだろうに ・・・

山吹の 小枝に替えて 百円傘
posted by 三龍斎 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

春雨に 青き「もみじ」の 常安寺 (俳句)

雨が降ったり、カンカンに照ったり、身震いするほど寒かったり、逆上(のぼ)せるほど暖かかったりの天候不順で不快なこのごろ、ふと、埼玉県東松山市にある天台宗医王山常安寺に立ち寄りました。秋には見事な紅葉ぶりを披露してくれる「もみじ」が、高ニ言うより青々と茂っていました。
春雨に 青き「もみじ」の 常安寺
☆昔から、「香vを「青」と表現する習わしがあるとか ・・・
何かのテレビ番組で「交通信号の色」を説明するときに言っていたような(?)記憶アリ。

220425-145 常安寺.jpg
☆平成22年4月25日 撮影、常安寺山門に至る階段下、左側の風景
ラベル:青いもみじ
posted by 三龍斎 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党=鳩山由紀夫・小沢一郎、自民党=谷垣禎一・大島理森・谷川秀善」体制で決戦を!

簡単に意見表明する。民主党も自民党も現執行部体制を変えることなく、次の参議院議員選挙を戦って欲しいと思っている。
具体的に申せば、民主党「鳩山由紀夫代表=内閣総理大臣・小沢一郎幹事長」、自民党「谷垣禎一総裁・大島理森幹事長・谷川秀善参院幹事長」で政権交代の決着をつけて欲しいのである。
昨日から騒がれている小沢一郎民主党幹事長の件に関しては、検察審議会が起訴相当と議決したとの事だが、これ以上騒いでも無駄骨、裁判の結果は「無罪」だと感じている。その理由は、氏が、魑魅魍魎が跋扈する政界を泳ぎ切って来た海千山千のしたたか政治家であり、田中角栄・金丸信先輩の「金」がらみ裁判を徹底的に研究されてきたとの報道をも受けて、氏と秘書の関係は案件当時、合法的な距離が保たれ、ブッチャケテ言えば案件のような事は秘書に任せていたとの説明を十分に理解出来るからである。糾弾から逃れる為に「秘書がやった」と弁明されているのではなく、糾弾されないように最初から案件関係の事務処理は「秘書に任せていた」としか考えられないからである。起訴相当と議決された案件が「連座制」になっているのなら話は別だが ・・・
鳩山総理の「普天間」の件に関しても、5月末までに決められる話しではない、期日については国民に謝罪せざるを得ないと思うが、政権担当要件は「普天間」だけでない事を私は承知している。
マスコミ(マスメディア)に迎合、悪乗りを信条とするブロガーではあるが、稀には、違うことを言わせて貰いたいと思ってマース!
posted by 三龍斎 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

幹事長 見放さないでと 手を合わせ (川柳 小沢民主党幹事長)

検察審査会が小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で、幹事長を「起訴相当」としたとの報道。テレビに出てくる民主党の政治家は七奉行とか言われる方々ばかりでイマイチ民主党内の反応は計り難いが、小沢幹事長に世話になった方々、頼りに思っておられる方々の心境を推しはかってみると ・・・
幹事長 見放さないでと 手を合わせ
☆幹事長が党や政権から遠ざかると民主党はバラバラになるように思うけど? そんな観測を述べる評論家等々は今のところいないので ・・・
220425-131 雑木林にて.jpg ・・・
posted by 三龍斎 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言っただろ パーキンソンが 笑ってる (川柳 事業仕分け)

昨日、都市再生機構(UR 旧称 住宅公団)が事業仕分けされた。
その様子が部分的に放送されていたが、仕分け人の問いに、「住宅公団としての役割は終了した」と住宅公団の後輩であるURの幹部がシャーシャーと語る言葉に圧倒され、ビックリ仰天でしたねー 官営事業の役割が終わったと認識しているのなら「全面撤退」だと思うのですがねー

膨大な借金(11兆円の債務)を抱え、未だに税金(2009年には1200億円)が投入されているというから厄介な問題だが、「役割は終わっている」との発言を何と言えばいいのだろう? 報道では低姿勢と言っていたが、居直りでしょうか?

言っただろ パーキンソンが 笑ってる

☆ここで使っているパーキンソンの意味は、パーキンソン病ではなく、「パーキンソンの法則」である。表現が適切か否かは自信なしですが ・・・ ☆記憶では、役所や役人の拡大理論等々は「ピーターの法則」で、それを詠もうとした。ネット検索し、調べ直しかけたけど、面倒なのでチョン ・・・

220424-101 自宅庭.jpg
☆平成22年4月24日 自宅庭にて撮影、カミさんの丹精
posted by 三龍斎 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

雑木とは 失礼しました 山つつじ (川柳 写真)

昨日、埼玉県の比企丘陵の一角、東松山市と鳩山町の境界あたりの雑木林を散策。庭の豪華な花も悪くはないが、余り人間の手が入っていない雑木林、それも、「けものみち」大好き人間としては、自慢したい写真の紹介である。桜のような華やかさには欠けるが、楚々とした、控えめな山ツツジを「雑木」と呼ぶのは、真に失礼な話である ・・・ かな?

220425-125 物見山つつじ.jpg

220425-121 ツツジ.jpg 220425-128 ツツジ.jpg 220425-133 ツツジ.jpg
posted by 三龍斎 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白装束 結願しました 正法寺 (川柳 札所めぐり)

坂東三十三ヶ所の「観音霊場 札所めぐり」は、一番札所「杉本寺」から三十三番札所「那古寺」、相模、武蔵、上野、下野、常陸、上総、下総、安房を巡る1360qの道程だそうである。電車も自動車も無い時代に作られた制度、気の遠くなるような話だ。

昨日、埼玉県東松山市の「十番札所・巌殿山・正法寺が最後になったが、これで結願となります」と語る高齢のご婦人を道案内した。
これも仏の縁なり。

白装束 結願しました 正法寺
八十八ヶ所 走破したよと 友便り

☆友人の一人から定年後念願の「四国八十八ヶ所巡礼を終えた」との便りが届いたのは、数年前のことだ。正に「走破」と表現するに相応しい偉業(?)と感じ入った記憶アリ。
220425-110 自宅庭.jpg
☆平成22年4月25日 自宅庭にて撮影、カミさんの丹精
posted by 三龍斎 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

埼玉県東松山市の東武東上線高坂駅前通り(彫刻通り)の はなみずき が満開です!

今まで「高田博厚」の彫刻が素晴らしいので並木の種類には気が及ばなかった。埼玉県東松山市の東武東上線高坂駅前の彫刻通り(駅前通り)には道路両端の歩道に彫刻が野外展示されているが、「彫刻」と「はなみずき」のコラボが中々のものだったので、写真撮影してきた。ご紹介する。この辺りは、東松山市主催の「スリデーマーチ」の経路だったと思う。
☆平成22年4月25日 午後1時頃 撮影

220425-157 高坂駅前通り.jpg

220425-152 はなみずき.jpg 220425-153 はなみずき.jpg 220425-158 はなみずき.jpg
posted by 三龍斎 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県花ゆえ 愛しさひとしお 見守りつ (俳句 さくら草)

”女らしい”とか、”男らしい”って言い方は、男尊女卑の象徴のようで、何となく憚れる世になってしまったが、私は古い人間、女性が草花を愛でる”行為を”女らしい”と表現しても障りなかろう。
カミさんが世の女性と比べて特別女らしいとは思わぬが、草花をソコソコ愛し、庭の草花に向かって「元気に育ってね」とか「綺麗な花を見せてね」と声をかけながら水を注ぎ、
「齧られて可愛そうに・・・」と呟きながら虫を取り除いているのをみると、「男と女はヤッパリ別物だ」とつくづく感じ入る。
私は花を美しいと思うし、見慣れぬ草花を見つけると注目するが、普段は特別の感情はわかぬ。だが、流石に、埼玉県花の「さくら草」は他の草花とは別の感情がある。この気持ちを表現する言葉は見つからぬが ・・・
県花ゆえ 愛しさひとしお 見守りつ

220425-144 さくらそう.jpg
☆平成22年4月25日 正午頃 埼玉県東松山市の天台宗医王山常安寺
別名:武州米山薬師で撮影、自生の「さくらそう」 18:00 追加掲載
posted by 三龍斎 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

極楽は ひと風呂浴びて 生ビール (川柳)

カミサン曰く、「父さんでないと出来ないのよ! 父さんだけが頼りなのよ!」 そんな甘ーい言葉に騙されて、煽てられて、風呂場の水漏れ修繕、完成の暁には、ウッシッシ!

極楽は ひと風呂浴びて 生ビール

220424-98 自宅庭.jpg
平成22年4月24日 自宅庭にて撮影、カミさんの丹精
posted by 三龍斎 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

傷物と 捨てられ続け 出番きた (川柳 野菜高騰)

寒暖の差厳しく野菜の生育に極めて強く影響し、特に「葉っぱ物」の高騰が続いているという。
「今まで流通ルートに乗っからなかった規格品外をも出荷して欲しい」と政府が必死の呼びかけ、早速、千葉県津田沼の「ジャスコ」や東京品川区大森の「イトーヨーカ堂」が呼応し、3割から7割りの安値で売り出している ・・・ と今朝一番のワイドショーで報じていました。
傷物と 捨てられ続け 出番きた

220424-94 キューリ漬物.jpg
☆平成22年4月24日撮影
一本だけ少し曲がっている。キュウリの長さ17pで、4本入り、170円だった。JA西入間 鳩山農産物直売所 で購入。カミさんによるとかなり廉価だそうである。
posted by 三龍斎 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

我が子ゆえ 刺さねばならぬ 母哀れ (川柳 俳句)

全く息苦しい、テレビドラマのような裁判員制度による殺人事件の判決内容が報道された。
一家の大黒柱である息子が自殺を計り未遂、植物人間となった。入院費一日10万円、自殺の為健康保険が適用されないという。蓄えは無い。生活苦と将来への絶望から医師に呼吸器を外してくれと願うが聞き入れられず。母親は残されたものが生きる為、「私が生んだ子だ。私が決行しなければ ・・・」と息子の嫁に書き置きをして、病院のベッドに横たわる息子の胸を3回、4回刺し殺したという。証言台に立った息子の嫁は「義母がやらねば私がやった」と情状酌量を願い、判決は2年の懲役、執行猶予3年(3年懲役・4年猶予だったかな?)
我が子ゆえ 刺さねばならぬ 母哀れ
平成の 御世にも行き交う 高瀬舟
☆「高瀬舟」は安楽死の問題。大分意味は異なるが、共通する部分も多々アリ。
posted by 三龍斎 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おそ咲きの 花にも華あり 比企の里 (俳句 川柳)

小雨降るなか、比企の里をドライブしていたら、多分「八重桜」だと思うが、今が盛りと華を誇示していた。そこで、傘を差しながら撮影、帰宅して直ぐ 5・7・5 を詠んだが、俳句といえるかな?
「比企の里」を「OOO」に、「花」を「OOO」にすれば川柳にもなるが?
おそ咲きの 花にも華あり 比企の里

220423-42 遅咲き桜.jpg
平成22年4月23日 正午頃 小雨の中 彩の国比企の里(埼玉県比企郡)にて撮影
posted by 三龍斎 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

通院日 三つ指ついて 送り出し (川柳 通院は健康の基なのだ!)

我々老夫婦は、相手が病院に行く時はルンルンで送り出す。
何故? 愛しているから? いい年コイテご冗談を!
ルンルンの理由は、配偶者が病気を軽い内に治療してくれることで、重病になるのを防ぎ、老々介護にならずに済むからだ。病気で倒れないことが、ポックリ逝くことが配偶者孝行、子供孝行、孫孝行なのである。ポックリ信仰は最高の宗教なのである。オノオノガタ 心得ましょうぞ!

(川柳)  通院日 三つ指ついて 送り出し

260922-1c.jpg
※川柳背景のイラストは、”いらすとや”から借用しました。
posted by 三龍斎 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貶してて 引っ込みつかず 新党劇 (川柳 桝添新党)

自民党の桝添さん、自分が幹部・看板(厚労大臣)だった自民党が総選挙で敗れると、ナンダカンダとマスコミに向けて仲間(自民党)を批判、跳ね返った仲間からのブーイングやマスコミから急かされて耐えかねたのか、昨夜離党、桝添新党の立ち上げを発表されたそうな!
(けな)してて 引っ込みつかず 新党劇
☆自分自身が自民党の看板だったのに、その自民党が負けたら貶すだけ。
それでもなの? だからなの? 首相にしたい人気No.1 ?? 
小泉も 仲間貶して 大勝利
☆小泉さんは「自民党をぶっ潰す」と叫んで5年前の総選挙に大勝利。
はたして、柳の下に2匹目のドジョウは居るのかな?
posted by 三龍斎 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

埼玉県東松山市「光福寺」の「宝篋印塔」を写真撮影してきました! (紀行文 写真)

「犬も歩けば棒に当たる」ではないが、
「三流素人カメラマンもドライブすれば文化財に巡り合う」である。
埼玉県熊谷市で行われているオープン・ガーデンの情報を得るべく、東松山市の国道407号線を熊谷市市役所に向かってドライブ中、(東松山市)曹洞宗四国山光福寺の「宝篋印塔」なるものの案内板を見つけ、立ち寄り写真撮影してきた。
チョイとした、否、大きな驚きがあった。それは、宝篋印塔の裏面の銘文に 「大日本国武州比企」なる記述が刻まれている事を知った事である。宝篋印塔が造立・光福寺に奉納されたのが”元亨三年(1323年)”で、687年前の鎌倉時代である。
そんな時代に、自分達の国を誇り高く「大日本国」と名乗っていたんだねー
因みに、武州とは武蔵之国(東京都+埼玉県)、比企とは埼玉県東松山市+比企郡である。

220420-25 光福寺宝篋印塔.jpg
☆平成22年4月20日撮影 昭和二十八年八月二十九日国指定有形文化財 高さ2.1m
☆ご住職に撮影しても差し支えないと言われたが、鍵が無い為覆堂の隙間から撮影した。
☆埼玉県教育委員会と東松山市教育委員会が設置した案内板に記述されている宝篋印塔裏面の銘文を紹介しておこう。
奉造立宝篋印塔一基
右塔婆者大日本国武州比企
玉太岡四国山光福禅寺沙門
鏡空子円元亨発亥
仏成道日起之誌之矣
当時大檀那比企尼妙珊
   藤原光貞朝臣
   施主妙弥閣阿
以下の写真も、曹洞宗 四国山 光福寺である。平成22年4月20日撮影
220420-30 光福寺.jpg  220420-33 光福寺.jpg  220420-35 光福寺.jpg
posted by 三龍斎 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。