2011年04月30日

三人で 止めればよかった 専門家 (原発事故対応に任命された内閣官房参与が辞任)

東京電力福島第一原発事故対応の為急遽集められた専門家の一人、放射能安全学が専門の東京大学教授の【小佐古敏荘内閣官房参与】が【政府の対応は法にのっとっておらず、誰が決定したのかも明らかでなく、納得できない】と官邸の対応が場当たり的だと非難、辞職届を提出されたそうである。
マス・メディアが再三批判しているが、余りにも数多くの組織を造り、集められるだけの専門家を集めただけの政府の対応に、又も、ゴタゴタ(の火種)が明らかに?
三人で 止めればよかった 専門家
・・・ マッコト参考になるネット記事を見つけたので、是非にも目を通して頂きたい。
※ネットで見つけた【三人寄れば文殊の知恵】についての解説記事!
会議を活性化するファシリテーションの基礎
【本稿は、財団法人ふくい産業支援センターの機関誌「フロム」に連載したものです】
第1回  3人寄れば文殊の知恵って本当でしょうか?
天才を集めた組織であっても、凡庸な結果しか出せないことがあります。平凡な能力しか持たない人の集めた組織が、天才を超える成果を出すことがあります。成果の分かれ目はどこにあるのでしょうか?それは、話し合いの方法、つまり「どのように話し合うか?」にあります。「3人寄れば文殊の知恵」は必ずしも真実ではなく、話し合いの「方法」によって真実になるのです。この連載では、話し合いを活性化するスキルである「ファシリテーション」を紹介しながら組織のチカラ(創造力と活力)を最大限に引き出す方法を探っていきます。
●会議、好きですか?
 「今日は会議か・・・サボリたいなぁ。どうせ部長がぜんぶ決めちゃうんだし。何のために集まってんだか・・・仕事たまってるのに。まったく・・・」こんな愚痴、よく聞きませんか?言ってませんか?
 会議って、かなりの嫌われ者ですね。ところが困ったことに、企業も役所も学校も自治会もボランティアも、組織のあるところにはどこでも会議がついてまわります。人が集まって何かをしようとしたら、まず「会議」なんです。
 今日もあちこちで「イヤイヤ会議」が開かれています。どうせやらなきゃいけないなら、もっと意味のある会議ができないのでしょうか?「さぁ今日は会議だ!どんなすごいアイディアが生まれるかな」とワクワクしながら会議室に向かえないものでしょうか?
●太古の昔から話し合ってきたけれど・・・
 ところで、どうして会議をしなければならないのでしょうか?組織の決まりだから?なぜ決まりなのでしょうか?太古の昔から私たちはずっと話し合いを続けてきました。どうして私たちは、集まって話し合うということを始めたのでしょうか?それはつまり、「三人寄れば文殊の知恵」だからです。
 私たちは天才であろうが凡才であろうが、それぞれに個性的な能力を持ち、一方で能力の限界を抱えています。だからこそ、一人ひとりの能力を引き出し、ひとつにまとめることができたなら、凡才組織でも天才を超える成果を出すことができます。「三人寄れば文殊の知恵」という言葉にはそんな意味が込められているはずですが・・・
●三人寄れば「バカ3倍」?
 「ひとりで考えるよりも3人集まった方がより良い知恵が生み出せる」。もしこれが常に本当なら、会議が嫌われることはありません。誰もが会議を好きになるはずです。
 では、なぜ会議が嫌われるのでしょう?実際の会議が、3人集まったがゆえに混乱・紛糾・停滞し、かえって凡庸(または劣悪)な結論しか出せなかったり、結論そのものが出せなかったり、まるで「三人寄ればバカ3倍」になってしまうからです。
 あなたの会議は「文殊の知恵」でしょうか?それとも「バカ3倍」でしょうか?「文殊の知恵」を生み出すには、ただ集まれば良いというものではなく、どのように話し合うか?という話し合いの方法について真剣に考える必要があります。
●会議室から生み出されるウイルス?
 会議は知恵を生み出すだけでなく「気分、雰囲気、風土」を組織内に伝染させる作用があります。もし、退屈で生産性の低い会議を繰り返すならば、その雰囲気が出席者の言動を通じて会議室の外に伝染し、無気力な組織になっていくでしょう。逆に、中身の濃い創造的な会議ができれば、その組織にはやる気とアイディアが次々とあふれる風土が根付いていくことでしょう。
 会議の出席者の言動は、まるでウイルスのように組織全体に伝染していくのです。つまり、会議室とはウイルス培養室のようなものなのです。どんなウイルスが生み出されるか?はどんな話し合い方をしたか?で決まります。
●話し合いをファシリテーションする?
 ここまで見てきたように、話し合いの方法が影響を与えるのは、会議の結論にとどまらず、組織風土のあり方にまで及びます。そこで注目したいのが、この連載のキーワードである「ファシリテーション」です。【Facilitation】とはもともと「円滑にする」という意味があり、「ひとりひとりの能力・思いを引き出し、組み合わせ、組織として実現するためのチカラに変える話し合い」ができるように、チーム全体のコミュニケーションを円滑にする方法の総称です。
 ファシリテーションが最高にうまく作用した会議の後には・・・「思っていたこと全部話したよ。すっきりしたぁ〜。あんなすごい結論が出るなんて思っていなかったな。やっぱりみんなで話し合うって大事なんだ・・・」という爽快感が生まれるはず。そんな会議の方法を探っていくのがこの連載の目標です。
●ファシリテーションって何すること?
 では、どんな方法を用いれば話し合いの質が高くなるのでしょうか?創造的な会議に「ある」のは何でしょう?退屈な会議に「ある」のは何でしょう?何があれば私たちは創造的に話し合えますか?創造性を邪魔するのは何でしょうか?そのために、私たちはどんなコミュニケーションをすれば良いでしょうか?是非、日頃の話し合いを振り返ってみてください。次回以降、具体的なファシリテーションをご紹介していきます。


posted by 三龍斎 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

生きる為 羊の皮を 脱いだだけ (川柳 出荷自粛と出荷停止期間中に出荷)

報道記事を添付しておいた。状況をクドクド説明するまでも無かろう! 老生がこの農家と同じ立場なら、お上の言いつけを忠実に守り、絶対に ・・・  と言いきれるだろうか?
生きる為 羊の皮を 脱いだだけ
生きる為 善人ぶるのを 止めただけ
羊の皮を被っていた人々も、脱いだ人々も、被らなかった人々も、皆、
諸々の【力】に振り回されているだけの【羊】ではないでしょうか?
posted by 三龍斎 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳飲み子に 聞いてみようぜ 乳の味 (川柳 母乳から放射性ヨウ素検出)

直ちには健康に障りない ・・・ だったら何時健康被害が出るのだ!
・・・ と追求したくもなる言葉が繰り返されてきたが、懸念された事態が公表された。引用した報道記事は、4月21日の情報である。
乳飲み子に 聞いてみようぜ 乳の味
posted by 三龍斎 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

見えもせず 臭いも出さぬ 不埒者 (川柳 見えず臭わぬ放射能物質の怖さ)

私達には鋭いか鈍感かの差はあるが、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感が備わっている。危険はそのどれかで察知する。
人体を蝕む【放射性物質】が、福島第一原発事故で撒き散らされている。
【放射性物質】から出される放射能は五感の何れでも感知し得ないし、直ぐに疾患が現れるほうが稀だ。だから怖いのである。
見えもせず 臭いも出さぬ 不埒者
posted by 三龍斎 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

なんでなの いつもの銘柄 美味くない (川柳 久々に国産タバコを入手)

フイルター生産工場が東日本大震災で被災ってことで永らく入手できなかった 【マイルドセブン・ライト】 が本日やっとコンビニの店頭に、喜びコロコンデ2箱購入、早速、頂いたのだが ・・・
これが、美味くない。売り切れの間、色々な銘柄を買って吸っていた。それが影響したのかな?

『なんでなの いつもの銘柄 美味くない』
posted by 三龍斎 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先人の 教えを守る 律儀もの (川柳 大津波災害を先人の智恵、熱意が防いだ!)

テレビ画面を見ていると全く救いようの無いほどの津波後風景である。
しかし、日が経つにつれ色々なことが紹介されてホットすることもある。
テレビに出てくる方々が例外なく口にする想定外の大地震と大津波だったが、想定内で備えが出来ていた地域もある。それは、優れた指導者、先人の想いの賜物だ!
先人の 教えを守る 律義者
経験を 教えとしてこそ 永らえり
多くの東北人を知っているわけではないが、彼らは概して律儀者と私には見える。
【NEWS47→岩手日報 2011/04/24 17:07】
祖先の教えが吉浜救う 大船渡、過去の被災で徹底
 東日本大震災で大きな被害を受けた大船渡市三陸町で、過去の大津波を教訓にした高台移住により難を逃れた地域がある。海抜20メートルほどの県道沿いに住宅が集まり、低地に水田が広がる吉浜地区だ。
 「この県道が安全の目安になっている」。地元の歴史を研究している木村正継さん(64)は、吉浜地区の海沿いを走る県道250号を誇らしげに見上げた。
 吉浜地区は今回の震災で、1人が行方不明、住宅4戸が全壊・流失した。中心部には高さ10メートル以上の津波が襲来したとみられるが、被害は県道より低い場所に集中した。
 「吉浜では県道より低地に家を建てないのが暗黙のルールになっている」と木村さん。被災した祖先の教えが今も脈々と受け継がれている。
 高台への集団移転が進んだきっかけは明治、昭和の大津波だ。町史によると、吉浜地区では1896(明治29)年の明治三陸大津波で全人口の約2割に当たる204人が死亡。1933(昭和8)年の昭和三陸大津波では、17人が死亡・行方不明となった。
 大津波のたびに住民は高地への集団移転を繰り返してきた。山を切り崩して宅地を造成し、低地の集落跡地を水田として活用。現在の県道の基となる村道も高地に整備した。
 高地に住居を構え、低地で農業や漁業を営むまちづくりは、沿岸部の将来像を描く県の復興委員会で議論されている「職住分離」とも重なる。
 明治の大津波で家族や住まいを失い、昭和の大津波後に高台移転を進めた当時の柏崎丑太郎村長。高台移転には反発もあったというが、柏崎村長の孫のナカさん(95)は「津波の怖さを知っていたからこそ、信念を持って推し進めたのだろう」と振り返る。
posted by 三龍斎 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

徳利に 故郷追われ 霧の中 (未だ収束せぬ原発、20キロ圏外も計画避難!)

午前8時前、NHKに出演された哲学者(宗教家)曰く、東日本大震災の被災地を巡ってきたがまるで地獄、ただ沈黙あるのみとか。我、凡夫なり。悟りに至らず。福島第一原発事故の説明で何度も何度も見せられ続けた原子炉、兵庫県篠山市にある陶器の里【丹波國 立杭】で見た「伝統工芸士」の作品の一つにそっくりだったのが堪らぬ。原子炉は、徳利にも見えるし、花瓶(一輪ざし)にも見えるが ・・・

徳利に 故郷追われ 霧の中
目の前が見えぬ、その先も見えぬ、戻りたくても戻れるのかどうかも分からぬ! 徳利などと比喩を使わず、【原発】とストレートな表現のほうが良さそうである。そこで ・・・
原発に 古里追われ 五里霧中
ラベル:計画避難
posted by 三龍斎 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

昇りつめ 謝罪行脚も 想定外 (川柳 菅総理、東京電力社長、避難所へ謝罪行脚)

昨日は、福島第一原発事故の重度の人身罹災を防ぐ為に計画的避難等々が示され菅総理が本日は東京電力の社長が避難所へ謝罪に訪れた。何れも位人臣を極めた方、大地震さえ、大津波さえ、原発事故さえなければかな?
昇りつめ 謝罪行脚も 想定外
posted by 三龍斎 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

想定外 誰も彼もは 想定外 (川柳 先ず何よりは責任逃れが大事とか!?)

【47NEWS → (2011年4月19日)福島民友ニュース】が次のような記事を掲載していた。
そっくりそのまま引用させて頂く。
「想定外は責任逃れ」 浅和大玉村長が糾弾 【2011年4月19日 福島民友ニュース】
 東京電力福島第1原発事故の引き金は、高さ15メートル以上の大津波に襲われ、停電時に原子炉の冷却装置を稼働させる非常用電源が使用不能になったこと。しかし、同日の被害状況説明会で、県町村会長の浅和定次大玉村長は「東電や政治家が『想定外』というのは、県民感情を逆なでしている。研究者が指摘したことを無視し『想定外』というのは責任逃れ」と、東電や政治家が「想定外の大きな津波」に責任を転嫁する姿勢を糾弾した。
 避難指示で二本松市に移転した浪江町の馬場有町長も、被災した中で情報通信網が壊滅し、国などの情報が断たれた中で独自に行動しなければならなかったことを挙げ「想定外の想定に考えを巡らし、万一の対応を進めるのが危機管理」と指摘した。
以上の記事をそのまんま受けて ・・・
想定外 誰も彼もは 想定外
・・・・ だよね!
posted by 三龍斎 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この際は 東電だけが 悪い奴  川柳 東電福島第一原発、行き先不透明!)

こんな折である。政府や東京電力、マスコミに言いたい事は山ほどあるが、こんな折である。ふざけたり皮肉を込めた川柳など出来る筈が無い。でも、新聞の川柳欄では結構上手い句が披露されていた。それをネタに ・・・

この際は 東電だけが 悪い奴
・・・・・ で、いいのでしょうか?
posted by 三龍斎 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮設住宅の建設

相変わらずテレビ放送頼りでそれに便乗しての投稿記事で恐れ入る。
今朝、某テレビ番組が東日本大震災の被災者を収容する 仮設住宅 の建設が一向に進まないと政府・自治体を批判していた。

番組は、合板の買占めが起きているのではないか? って疑いを指摘していた。合板の供給側(メーカー)は十分に提供しているのにも関わらず、だそうである。それは、水や納豆に限らず、産業構造が ジャスト・イン・タイム になっていて、平時は合理的に動いているが、イザ大震災となると在庫を持たぬことが仇となって、各建設会社が合板の買い漁りを行っているのではないかと、疑っている。価格が5割も高騰しているのは事実らしい。
posted by 三龍斎 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

震災グッズとしての、ソーラー・ラジオをテストしました!

この記事投稿の直前、午前11時19分ごろ、茨城県鉾田市を震源とし、埼玉県の我が在所も【震度5弱】でビックリさせられた。全く神様の悪戯もホドホドにして頂きたいものである。230414-61 ラジオ.jpg
それはさておき、数日前某ホームセンターで偶々見つけた震災グッズ【コンパクト・ソーラー・ラジオ】なるものを昨日から本日に掛けて本当に使える物か否かをテストしてみた。
晴天だった昨日一日かけて完全充電、本日午前7時30分から暗いところで聞きっぱなしにしてその電源の持続時間を計ったところ、11時過ぎまでラジオ放送を受信できた。3時間半である。これなら、十分使える。

昨日からのテレビで有名電機メーカーが震災時の停電対策として 【家庭用蓄電池】 を売り出したと報じていたが、何しろお値段が100万円前後である。先祖代々由緒正しき貧乏人には高嶺の花である。今や何でもカンデモ動力は電気、ところが災害時は停電、頼りの乾電池が奪い合いで頼りにならぬことは今回の大震災で実証済みである。

被災時の頼りは【外部(遠方)との通信手段】と【情報入手手段(ラジオ・テレビ)】、ならばせめても電源確保に苦労せぬソーラーは頼りがいがあるってものだ。序に言わせていただければ、ソーラー携帯電話も開発して提供していただきたいが ・・・ 音声使用が無理でも、メール使用に限定すれば、ナントカナルと思うのだが ・・・ 一商品の宣伝になるので好ましいとは思わぬが、使えると判断、参考までに商品を紹介する。
商品名:コンパクトソーラーラジオ
商品説明:本製品は、ソーラーパネルに直射日光を当てることにより、太陽エネルギーが電力へと変換され、電源になると同時に蓄電池へも充電されます。夜間や雨天時でも充電された電力を使用して、FM/AMラジオを楽しむことが出来ます。
製品サイズ: 89X55X23mm 製品重量:60g  内部電池仕様:120mA 1.2V
充電に必要な日光照射時間: 11〜13時間
完全充電時の連続使用可能時間:2〜3時間(テスト結果は3時間半)
発売元:株式会社 アーテック 大阪府八尾市北亀井町3−2−21
MADE IN CHINA でーす。
購入店:埼玉県鶴ヶ島市の CAINZ HOME  購入価格:1980円
posted by 三龍斎 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嬉しいな 鼻汁出るけど 風邪だった (川柳 花粉症受難の時期)

今朝起床一番、カミサンが、嬉しいーと歓喜の声を発したのである。
一体何があったのか? 老生些かしかめっ面で問うてみると、風邪を引いた。嬉しいと宣う。ウン? 風邪をひいて辛いのでは? よくよく聞いてみれば、カミサンは春になると 【すぎ花粉症】 で悩んでいるが、昨日から鼻汁が出っ放しで、イヨイヨ 【ひのき花粉症】 を患ったのかと思いきや、鼻汁が黄色い、明らかに感冒の症状、ひのき花粉症ではなかった。嬉しいのだそうである。朝早くから、尾籠な話で恐縮である。

嬉しいな 鼻汁出るけど 風邪だった
ラベル:花粉症
posted by 三龍斎 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

節電に協力! 自動販売機で缶コーヒー購入を自制します!

東京電力管内の火力発電所の数ヶ所、福島第一原発が東日本大震災で被災、供給電力不足で夏場に向けて省電力への協力が企業にも個人にも求められている。政府や東京電力に言いたい事は数々あれど、私は私なりに精一杯協力せずばなるまい。

早速生活習慣の見直しである。
第一弾、今話題になっている【自動販売機】の件、
石原東京都知事や民主党東京都連が自動販売機販売(運転)の自制を求めている。賛成だ! 私はそれなりの訳あって、毎日一個以上【缶コーヒー】を自動販売機で購入している。真に微々たることだが、まず、それを止めることで協力しよう。コンビニなら自動販売機と同じ価格で売っており冷えている。購入はたいした手間ではない。スーパーマーケットやドラッグ・ストアでケース買いなら一個に付き約40円のお徳である。冷えていなければ不味いので、【計画的】に一日一個自家の冷蔵庫の片隅に突っ込めばよい。
善は急げ、早速本日から実行である。
posted by 三龍斎 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つれないことを言いめさるな、防衛相どの!

野田内閣発足。民主党が政権を奪ってまだ2年ほどにしかならぬので、閣僚経験者が少ないのは当然だが、初入閣の防衛相が 「我、素人なり」 とつい本音を語ってしまい、
早速野党からバッシング!
素人に 生命預けて プロ昼寝
Livedoor NEWS→
   時事通信社(2011年09月03日10時47分)
 一川保夫防衛相が「安全保障は素人だが、これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」と発言していたことが分かり、自民党から3日、批判が相次いだ。同党は次期臨時国会などで野田佳彦首
相の任命責任を追及する考えだ。
 一川氏は2日午前、防衛相に正式に就任する前に、一部の記者の質問に答える形で文民統制に関して発言。その後、「素人というのは国民目線でやりたいという意味だ。国民目線で国民の皆さんが安心で
きるような安全保障政策が大事だと思っている」と釈明した。
 これに対し、自民党の石破茂政調会長は3日午前、読売テレビの番組で「(発言は)明らかに間違いだ。政治家が実力組織を統制するのがシビリアンコントロールだ」と指摘。さらに「安全保障環境が大
変なときに、間違えて言うような方を防衛相にするのは、自衛官の息子である野田さんらしくない」と述べた。
 同党の山本一太参院政審会長もTBSの番組で「一刻も早く辞めていただきたい。感情的に言うと最初から問責(決議案)を出したい。こんな気持ちの人に日本の防衛を任せられるのか、非常に不安だ」
と厳しく批判した。
posted by 三龍斎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

地震発生時、揺れる一秒でも、五秒でも前の警告に意味あり。

私の在所は内陸、海からは遥かに遠く津波は絶対にやってこない。
だから関心が無いって訳ではないが以前から津波警報の出し過ぎに、チョイ問題だなーと思っている。危険な津波ならそれから身を守る方法は、高い所に逃げるより方法がないからだ。漁船の持ち主は急いで港から出なければならぬからだ。何回も何回も警報に「スカ」を食らわされていたのでは、「狼少年」そのものである。

今日の昼頃のテレビで沖縄での話をしていた。
東日本大震災のとき沖縄にも津波警報が出たが、市民三万人中避難所に来たのはたった三名だったそうである。インタービューに答えた30才ぐらいの男性曰く、警報が出たので海岸へ見に行ったと ・・・ 一方、地震警報(緊急地震速報)は、事情が異なる。少々「スカ」を食らわされていいのである。一秒でも前に警報が出て【身構える】、【気構える】ことだけでも効果がある。

実際に大揺れとなったときの行動が異なり、被災の程度が大きく異なる。地震に限らず、交通事故でも火事でも ・・・ その他諸々、一瞬でも前に分かっているか否かに、大きな差がある。私は「某事件?」で実体験済みである。地震の【P波、S波】の速度の差を利用した緊急地震速報を考え出し実用化したご当人が申されていた。当たる確率が三割で悪口を言われても、兎に角「早く警告」し、警報が出た瞬間に「気構えて頂く」だけで目的達成だそうである。同感ナリ! 研究成果、システム構築の労を称えたい。
posted by 三龍斎 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

福島原発事故がINESで最悪のレベル7 ・・・ ですか!?

昨日、東電福島第一原発の事故が国際的な事故評価尺度(INES)で最悪の【レベル7=深刻な事故】だと政府が発表。レベルが”5”であろうと”7”であろうと、そんな数字は我々には関係ない。何が何でも、一秒一分一時間、一日も早く撒き散らし垂れ流している放射能を止め、事故原発を安心・安全な状態に戻して欲しい。(原発事故を収束して欲しい)
posted by 三龍斎 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

東京電力福島原発事故で、ガス会社への就職内定が取り消し?

単なる戯言で、何の意味もない話しと受け取り頂きたい。
顔見知りではないが、話題の取り上げかたから明らかに同じ地域に住んでいると思われる同年輩(少し若いかな?)の男性と、今回の東日本大震災について話をするチャンスがあった。話は多岐にわたったが ・・・

その男性の自宅近くに東京電力へ務めている人がいて、東京電力社員に見せ付けられる常日頃の裕福さと傲慢さに好感とは反対の感情を持っていたらしい。男性曰く、今回の東電福島第一原発事故はケシカラン。私の知り合いの息子がガス会社に就職が決まっていたのだが、東電事故の後で取り消しとなった。取り消しの理由が、【電気に対抗するガス(器具)販売促進のため採用を内定していたが、東電があのような状況になってその必要が無くなったので貴方は不要になった】 ・・・ と内定取り消しの理由を説明されたそうである。

酒席の戯言レベルの話、作り話と無視してくださって結構である。でも案外こんなところに【真の世の中の仕組み】が隠れているのかも?
※ご参考までに =司馬法=
軍事は農閑期に行なって人民が疫病に苦しんでいるときを避けます。これはわが国民を愛するからです。敵が喪に服していたり災害に苦しんでいるときを避けます。これは敵国民を愛するからです。冬や夏に挙兵しないのは双方の民を愛するからです。 ...
posted by 三龍斎 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

優等生 ジャスト・イン・タイムが 仇をなし (川柳 計画停電・終了)

本日(8日)、ようやく計画(輪番)停電を終了すると発表された。
計画停電の最初の頃は、たかが(?)原発一箇所がやられたからって、ナンデ? だった。計画停電実施の最後の頃になって、火力発電所が数箇所も罹災したためだと報じられた。ならば、それならそれと言っていただきたいものである。

電気が足りない、停電します! だけでは、お先真っ黒だった。原発事故収束の見込みはつかないが、火力発電所は修復に努めている。暫らく待って欲しいって報じられれば、対処の仕方もあろうってものであった。以下のことは、以前からテレビで解説する人がいたが、昨日まとめて解説していた。極端に不足したヨーグルト、納豆は製造過程で温度管理しなければならぬのだが、計画停電で工場を稼動できなかったそうである。

納豆はそればかりでなく不足した最大の原因は包装のフイルム製造工場が罹災したためだそうである。ガソリンスタンドも計画停電が大きく影響した。同じく生活を乱された卵不足は、輸入港が罹災した為、水不足は、ペットボトルの蓋を供給していた工場が罹災した為だそうである。経済効率を高める生産技術にジャスト・イン・タイムってのが考え出された。必要な物を必要な時に必要なだけ生産する → 工程間の仕掛在庫を最少に抑ええる → 在庫の余裕(無駄)をなくしてしまったので、今回の大災害のときに工程の一箇所でも罹災すれば製品が完成しなかったのだそうである。

優等生 ジャスト・イン・タイムが 仇を成し
ラベル:看板方式 在庫
posted by 三龍斎 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

郵便を 届けて笑顔 持ち帰り (川柳 被災地で配られる郵便は愛そのもの!)

被災地、それも避難住宅や避難所に行かず何とか自宅で過しておられる所には、ライフラインはおろか、支援・救援の手は中々届かぬ。しかしながら、情報番組「ミヤネ屋」が被災地での郵便局員の活躍ぶりを紹介していた。郵便局員は、手渡しが原則。顔を見る事で安否確認しているそうである。郵便物を受け取った被災者曰く、【請求書でも嬉しい】、ワカリマス!

郵便を 届けて笑顔 持ち帰り
posted by 三龍斎 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。