2011年05月29日

大臣が 10000000戸に 目を剥いた (川柳 菅首相のソーラ一千万戸設置発言)

海江田万里産業経済相はインタービューに、【聞いてない】って答えていましたが? 管内閣総理大臣が、東電福島第一原発事故が主題での【パリー・サミット】でぶち上げた一千万戸の屋根にソーラー・パネルを設置するって話にである。
大臣が 10000000戸に 目を剥いた
※※我がボロ住宅の屋根にも、ソーラ・パネルを乗っけてくれるのかな?
雨漏りを ソーラーパネルで 防ぐべし
※※【雨漏り】を政界の亀裂とか ・・・ 如何様にお読み下さるも読み手の勝手で御座います。
Jcast ニュース (2011/5/26 19:26)
菅直人首相が、「1000万戸の屋根に太陽光パネルを設置することを目指す」と国際舞台で表明した。現状は54万戸程度だ。「1000万戸」は実現可能な数字なのか、それとも「政治主導」で打ち出したパフォーマンスなのか。
菅首相は2011年5月26日(日本時間)、パリであった経済協力開発機構(OECD)設立50周年記念行事で講演した。原発事故を受けたエネルギー政策を語る中で、「設置可能な約1000万戸の家の屋根にすべて太陽光パネルを設置することを目指していく」と日本語で宣言した。
「難しい数字だが、やれないことはない」
菅首相は、太陽光を含む自然エネルギーの比率について、2020年代のできるだけ早い時期に20%を超えるよう取り組むとも話しており、太陽光パネルの話も同様の時間幅をイメージしているようだ。
一方、業界団体の太陽光発電協会の2020年段階の目標戸数は530万戸だ。菅首相が示した目標値は、この倍近い数字だ。
太陽光パネルを一般家庭で導入するには、平均で240万円程度かかる。行政の補助金制度もあり、経済産業省の補助金への申請件数は、2008年度には約2万1000件だったのが、10年度には約19万5000件に急増してはいる。とはいえ、「1000万戸」が大きな数字であることに変わりはない。
太陽光発電協会の岡林義一事務局長は、1000万戸という菅首相の目標設定について、「難しい数字だが、やれないことはない」との見方を示した。ただし、行政のバックアップが相当必要だという前提だ。
「1000万戸目標設定」は、官庁で積み上げた数字なのだろうか。はっきりしない部分もあるが、経済産業省や環境省の複数の部署にきいた範囲では、「われわれが報告を上げた数字ではない」という反応だった。


posted by 三龍斎 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

東電が、福島第一原発二号機、三号機のメルトダウンを認めました!

5月23日、午後11時12分、東京電力が福島第一原発の一号機(炉)に続き、二号機三号機のメルトダウンを認め、明日(5月24日)正式に発表すると、TBSテレビのニュース番組 【NEWS23 クロス】 で報じられました。床に入って就寝直前の情報、明日ゆっくり専門家とやらの解説を注視しょーと! 明日の朝刊の締め切りに間に合った情報、新聞記事も注視なり!
----------------------------------------------------------------------------
※追記(24日、午前8時45分)
アレッ! である。午前7時から1時間半ほどカシャカシャとテレビチャンネルを変えて、カシャカシャはないが、番組を渡り歩いたが、TBSテレビ以外で二号機、三号機のメルトダウンを放送しているところがメッカラヌ! 大変な問題だと思うのだが、私と世間の価値観にズレがあるのかな? TBSの誤報なのかな? 他局はTBSに抜かれたので、意図的に無視しているのかな?
念のため、ネット検索してみたが、超有名大手マスコミの【NHK、朝日・毎日・日経・産経系列、共同通信】発信の記事が無い。ウーン ???
(※お昼頃には各局、二号機三号機のメルトダウンの件を報じていました)
----------------------------------------------------------------------------
※TBSニュース 24日 17:23
 事故発生から2か月以上。東京電力がようやく認めました。福島第一原発の事故で、東京電力は2号機と3号機でも「メルトダウン」が起きていたとする報告書を公表したうえで、圧力容器が損傷し、一部の燃料が格納容器にまで溶け落ちる「メルトスルー」が起きた可能性についても認めました。
 「こういった解析を事故発災当時にできなかったのかという話がありますが、原子炉への注水を安定的に継続させることに集中していたということになります」(東京電力の会見)
 24日に公表された東京電力の報告書。それによりますと、2号機は3月14日の午後1時25分に冷却機能がすべて失われ、水位の低下が始まりました。このまま水が減り続け核燃料が露出したと仮定すると、6時間半後の午後8時頃には、燃料が溶け始めたといいます。また3号機では、3月13日の午前2時42分に冷却機能がすべて失われ、6時間あまりたった午前9時頃に燃料が溶け始めたとみられます。
 JNNの取材に対し、複数の政府関係者は1号機から3号機でメルトダウンが起きた可能性をすでに認めていました。これまで「データが得られていない」として評価を見送って来た東京電力。しかし、分析の結果得られたシナリオはそれだけではありませんでした。
 1号機から3号機。「メルトダウン(炉心溶融)」はそのすべてで起きていました。東京電力は分析の結果を、こうまとめています。
 「炉心は一部溶融したものの、圧力容器の損傷には至っていない。ただし、実際の水位がより低い状態を想定した場合には、圧力容器の損傷に至るとの解析結果となる」(報告書より)
 一読すると、さほど大きな事態に至っていないようにも見えます。しかし、カギとなる「水位」。現在、水位計は「水が燃料棒の半分まである」と表示されていますが、1号機同様故障し、ほとんど水が溜まっていない可能性が高いのです。東京電力も「水位が表示より低かった場合、燃料のほぼすべてが圧力容器の底に溶け落ちた可能性が高い」と分析しています。
 さらに・・・。
 「高温の溶融したペレットが触れることで、(圧力容器の底が)損傷受けている可能性はあると思っています。燃料そのものも一部は圧力容器から格納容器に移っている、落下していると」(東京電力の会見)
 燃料が溶け落ちる「メルトダウン」。さらに、溶けた燃料が圧力容器を壊し外側の格納容器にまで達する、いわゆる「メルトスルー」が起きた可能性についても認めたことになります。
 「継続的に炉心に注水することで、今後、大きな事象の進展はないと考えています」(東京電力の会見)
 「事態は悪化しない」。その言葉を信じることはできるのでしょうか。(24日17:23)
posted by 三龍斎 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

セシウムに 攻められ四つに 組めもせず (川柳 足柄山の金時の地にセシウム攻撃)

東電福島第一原発から300キロメートルも離れた神奈川県南足柄市で採取した茶葉から、基準を超える570ベクレルの放射性セシウムが検出されたそうである。5月11日の話。神奈川県は周辺の市町村を含む 【足柄茶】 の茶葉の回収、出荷の自粛を要請したとのこと。
神奈川県の足柄と言えば、熊と相撲の足柄山の金時さん、だよね!

セシウムに 攻められ四つに 組めもせず

お茶生産の当事者にとっては深刻な問題を茶化したようでもあり心苦しいが、放射能相手では如何ともし難い悔しさを表現した心算である。
posted by 三龍斎 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

福島第一原発1号炉の炉心溶融発表に続いて2、3号炉も???

5月16日 21:00 からの【たけしのTVタックル】を見て、ネット検索で次のような情報を得た。NCN 5月16日(月) 21時38分配信によると、東電の福島原発1号機のメルトダウン発表は「正しい」、2号炉、3号炉も同様の可能性があると斑目委員長が示唆したそうである。

エッ!エッ!エッ!本当?
内閣府原子力安全委員会の班目春樹委員長は2011年5月16日、定例会議後に行われた記者会見で、ニコニコ動画の質問に対し、「(福島第1原子力発電所の)1号炉については、少なくても東京電力が言っている"メルトダウンは起こっている"というのは正しい」と述べた。また、質疑のなかで、2号炉でメルトダウンが起きていたと述べ、3号炉のメルトダウンの可能性も示唆した。
 ニコニコ動画の記者(七尾功)が、「政府が未だに1号炉のメルトダウンを認めていない件」について質問。斑目委員長は政府の発言は聞いていないとしながらも、「1号炉については、少なくても東京電力が言っている"メルトダウンは起こっている"というのは正しい」と述べた。
 また、毎日新聞社の記者との質疑のなかで委員長は、
「3月下旬に2号炉のタービン建屋の地下で高濃度の汚染水が発見された時点で、我々は少なくとも2号炉は、はっきりいってメルトダウンしていたとの認識がある。燃料が溶けなければあのような高濃度の汚染水は発生しない。『溶融した燃料と接触した水の中に高濃度の放射性物質が溶け出したことは間違いない』という助言を(原子力安全・保安院に)した。その段階で、すでに今、東京電力が発表したような炉心のイメージを原子力安全委員会としては持っている。ちなみに2号炉でそうなので、1号炉、3号炉についても、事故の経緯をみると同じ様な事が起こっているだろうと言う事は想像していたところだ」
 と述べた。続けて、
「したがって原子力安全委員会としては常に原子力安全・保安院に対して、炉心がどうなっているかというイメージをもっと早く持ってきなさい、ということはずっと言い続けているがいまだ持ってきてくださっていない。今日あたり、東京電力の発表を受けて"保安院としてはこう考えです"というのが出されるのではないかと思っていたのだが、まだ出されていない状態は残念だと思っている」
 と、保安院に対して苦言を呈した。
※※※ 5月16日 23:50 追記 47NEWS→共同通信
福島第1原発2、3号機も炉心溶融か 原子炉注水6〜14時間途絶 
2、3号機も炉心溶融の可能性
 細野豪志首相補佐官は16日、福島第1原発について、燃料のメルトダウン(全炉心溶融)が判明した1号機だけでなく「2、3号機も最悪、炉心溶融していると見ていかないといけない」との見方を示した。
 3月11日の地震直後に原子炉圧力容器への冷却水の注入が途絶えた時間は、1号機で14時間9分、2号機で6時間29分、3号機で6時間43分だったと明らかにし、電源喪失などが原因となって長時間、燃料が冷やせなかったとの認識を示した。ただ圧力容器の温度から「冷却はできている」と述べた。
 東京電力は1号機では、地震から約5時間後に燃料の損傷が始まったとの暫定評価をまとめている。
 東電は、原子炉の状況や作業実績を考慮して事故収束に向けた工程表を見直し、17日に発表。1号機では、圧力容器の外側の格納容器に水を入れて燃料を圧力容器ごと冷やす「冠水」に代わる冷却法を盛り込む。4月に公表した現在の工程表では2、3号機も冠水の方針が盛り込まれていたが、相当程度炉心溶融している場合にも冷却できる方法になる見通し。
 原子力安全委員会の班目春樹(まだらめ・はるき)委員長も「冠水は変更になるのではないか」との見方を示した。
 細野氏は、専門家の指摘から、1号機で溶け落ちた燃料の一部が圧力容器から外側の格納容器に出た可能性があると指摘。ただ1号機も冷却が進んでいるとし、新たな工程表に対策の遅れは盛り込まれないという。
 東電は16日、福島第1原発に、放射性物質を含む水の除染設備の搬入を進めた。配管や電気関係の工事、試験運転を経て6月中にも稼働の予定。
 設備は、2号機屋外の立て坑から高濃度の汚染水を移送、貯蔵している集中廃棄物処理施設に設置。同施設には17日から3号機のタービン建屋の汚染水も移送する。3号機は5月上旬、圧力容器の温度が上昇したため注水量を増やしており、汚染水の増加が懸念されている。
posted by 三龍斎 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

騙されて 白装束も 貧者故 (川柳 騙して福島第一原発で働かせる?)

【白い色】と問われてのイメージは?
白幡を掲げる(降参)とかの悪いイメージも直ぐ思い浮ぶが、私は押しなべて良いイメージを持っていた。白馬、白い歯、白魚、白壁、白百合、白鷺、白糸、白髪、白寿、白樺、白衣 ・・・
でもここの所、福島第一原発事故で白い放射線防護服がやけに目立ち、折角の良いイメージがマイナスになってしまった。そんな防護服に関係するニュースを見つけた ・・・
騙されて 白装束も 貧者故
【47NEWS→2011/05/08 23:28 共同通信】
求人と違い「福島原発で作業」 大阪・西成の労働者
 日雇い労働者が多く集まる大阪市西成区のあいりん地区で、東日本大震災後、宮城県で運転手として働く条件の求人に応募した男性労働者から「福島第1原発で働かされた。話が違う」と財団法人「西成労働福祉センター」に相談が寄せられていたことが8日、関係者への取材で分かった。
 センターは求人を出した業者側の調査に乗り出し、大阪労働局も事実関係の確認を始めた。支援団体は「立場の弱い日雇い労働者をだまして危険な場所に送り込む行為で、許されない」と反発している。
 関係者によると、センターが3月17日ごろ、業者からの依頼をもとに「宮城県女川町、10トンダンプ運転手、日当1万2千円、30日間」との求人情報を掲示。応募して採用された男性は東北に向かった。
 ところが雇用期間中の3月25日ごろ、男性からセンターに「福島第1原発付近で、防護服を身に着けがれきの撤去作業をしている。求人は宮城だったのにどうなっているんだ」と電話があった。
 これを受け、センターが雇用終了後に男性や業者側に聞き取りをしたところ、男性が一定期間、防護服を着て同原発の敷地内での作業に従事していたことが判明した。
 東京電力によると、原発敷地内では同社の社員以外に協力会社の労働者ががれき撤去や電線敷設などの作業をするケースがあるというが、センターは「男性の詳細な作業内容はつかめておらず、さらに聞き取りを進める」としている。
 労働者らを支援するNPO法人釜ケ崎支援機構は「初めから原発と言ったら来ないので、うそをついて連れて行ったともとられかねない。満足な保障もない労働者を使い捨てるようなまねはしないでほしい」と話した。
 あいりん地区は日雇い労働者が仕事を求めて集まる「寄せ場」としては国内最大とされる。同センターは大阪府が官民一体で労働者の職業の確保などを行う団体。
posted by 三龍斎 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原発怖い 俄か学者が 乱立し

原発怖い 俄か学者が 乱立し


2011/05/08 23:28 【共同通信】
求人と違い「福島原発で作業」 大阪・西成の労働者


 「西成労働福祉センター」前でたたずむ日雇い労働者ら=6日午後、大阪市西成区

 日雇い労働者が多く集まる大阪市西成区のあいりん地区で、東日本大震災後、宮城県で運転手として働く条件の求人に応募した男性労働者から「福島第1原発で働かされた。話が違う」と財団法人「西成労働福祉センター」に相談が寄せられていたことが8日、関係者への取材で分かった。

 センターは求人を出した業者側の調査に乗り出し、大阪労働局も事実関係の確認を始めた。支援団体は「立場の弱い日雇い労働者をだまして危険な場所に送り込む行為で、許されない」と反発している。

 関係者によると、センターが3月17日ごろ、業者からの依頼をもとに「宮城県女川町、10トンダンプ運転手、日当1万2千円、30日間」との求人情報を掲示。応募して採用された男性は東北に向かった。

 ところが雇用期間中の3月25日ごろ、男性からセンターに「福島第1原発付近で、防護服を身に着けがれきの撤去作業をしている。求人は宮城だったのにどうなっているんだ」と電話があった。

 これを受け、センターが雇用終了後に男性や業者側に聞き取りをしたところ、男性が一定期間、防護服を着て同原発の敷地内での作業に従事していたことが判明した。

 東京電力によると、原発敷地内では同社の社員以外に協力会社の労働者ががれき撤去や電線敷設などの作業をするケースがあるというが、センターは「男性の詳細な作業内容はつかめておらず、さらに聞き取りを進める」としている。

 労働者らを支援するNPO法人釜ケ崎支援機構は「初めから原発と言ったら来ないので、うそをついて連れて行ったともとられかねない。満足な保障もない労働者を使い捨てるようなまねはしないでほしい」と話した。

 あいりん地区は日雇い労働者が仕事を求めて集まる「寄せ場」としては国内最大とされる。同センターは大阪府が官民一体で労働者の職業の確保などを行う団体。
2011/05/08 23:28 【共同通信】
posted by 三龍斎 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

間違いない 手こずってるよ レベル7 (川柳 原発事故の収束への進捗状況?)

東京電力福島第一原発事故の深刻度がチェルノブイリと同等の 【レベル7】 だと発表されたとき、テレビ各局は専門家と称する解説者を次から次へと出演させ、挙って【同じレベル7でも、チェルノブイリとは異なる】と、しつこく放送していたが ・・・ 本日何気にニュースを見ていたら、原発建屋内に入る為に空気清浄機を設置する準備がドウノコウノと? エッ! 未だそんな段階なんですか? ヤッパリ超深刻な状態なのだと再認識。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(川柳) 間違いない 手こずってるよ レベル7
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


280630-3s.jpg
posted by 三龍斎 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者でもいいやん! 被災者支援ボランティア!

朝日新聞5月2日朝刊に、東日本大震災被災者支援のありかたについて、なかなか良い投稿記事が載っていた。表題は「生きていくあなたへ」、「素人も活躍できる」である。
投稿者は、被災地NGO協働センター代表の村井さん。
・・・ 発生当初に 「ボランティアの素人は現地へ行かないほうがいい」 という空気があったことは残念ででなりません。どんどん行ったらいいやん。初心者でもいいやん。被災者の皆さんが十人十色であるように、ボランティアだって多種多様。彼らが型にはまらない多彩な活動をすることで、いろんな被災者に寄り添えるんです。
・・・ 阪神大震災がきっかけでした。あのときは138万人のボランティアが集まりましたが、7割が初心者。「混乱した」という人もいますが、みんな手探りで解決していったんです。
・・・ マニュアル通りに動くのではなく「何でもありや」の精神を貫ける型破りなボランティアほど一人一人を見守ることができる。
・・・ 大事なのは被災者の皆さんを「最後まで救う」使命を忘れないこと ・・・
私だってスットンデ行って瓦礫片付けをしたい。それぐらいなら出来る。被災者にとって大切なものを探して届けてあげたい。それぐらいなら出来る。阪神淡路大震災での経験もある。ボランティアの基本的な心得は知っているが、何しろ超高齢、芳しからざる体調、現地で倒れてはマズイ!
クヤシー!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(川柳) 人助け 資格や許可状 要りますか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


アタシャー、頭は悪いし勉強嫌い、学歴・資格にゃー縁遠し

280630-3s.jpg
posted by 三龍斎 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

産めぬ身を 救い至るや 娘の叫び (川柳 計画的避難区域の少女が東電に叫ぶ!)

東京電力の副社長が東電福島第一原発事故で計画的避難区域となった福島県飯舘村に説明会に訪れた時、高校一年生の少女が 【被爆して、将来子供が生まれなくなったら保障してくれるのか?】 と詰め寄ったそうである。 ・・・・・ フー
産めぬ身を 救い至るや 娘の叫び
(NEWS47→(2011年5月1日)福島民友ニュース)
東電に悲痛な叫び 計画的避難区域・飯舘の少女
 東京電力の鼓紀男副社長が30日、村内全域が計画的避難区域に指定された飯舘村と一部地域が指定を受けた川俣町で住民説明会を開き、住民に謝罪した。4月22日の指定以来、幹部が現地を訪れ、謝罪するのは初めて。これまでの避難と異なり、避難開始までの期間に住民がいかに生活基盤を確保するかが重要となる中、参加者からの質問は「いつ、どのように補償を開始するのか」といった補償問題に集中したが、東電側からの明確な答えはなく、避難開始への不安を残す結果となった。
 「私が将来結婚したとき、被ばくして子どもが産めなくなったら補償してくれるのですか」。人口約6100人全てが避難対象となる飯舘村で行われた説明会。原発事故から1カ月半が経過してようやく謝罪に訪れた東電側に対し、住民は怒りをぶつけ、将来の不安を悲痛な叫びとして訴えた。
 出席した村民約1300人が見守る中、同村飯樋の高校1年生渡辺奈央さん(15)は、将来の被ばくリスクについて質問した。鼓副社長は「とても重い質問。影響が出ないようにしたい」と答えると、「危ないからもっと早く避難すべきと言ってほしかった」と対応の遅さを指摘した。
posted by 三龍斎 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。