2012年02月29日

焼き物の 雛さま何処や 壺小屋(ここや)ねん (川柳 飯能ひな飾り展で詠めました)

埼玉県飯能市で行われている『飯能ひな飾り展』では、実に色々な雛人形が飾られている。現存する雛人形では最古と私が勝手に思っている享保雛から現在のものまで、専門の雛職人が誇りをかけて贅を尽くして製作したものから商店や農家の奥様方が趣味として製作された吊るし雛まで、材料も布・紙・木・ガラス・石・陶磁器、飾り方も商店のショーウインドーから住宅一軒全部を使っての展示まで、会場主の職業・趣味も様々である。昨日、『会場116 俳句工房 山雀亭(やまがらてい) ・・・】なる展示会場の存在に気付き、懸案の 『俳句に必要なのは季語とキレ、ではキレとは?』 との疑問を解決するため、師に教えを請うたその帰り、一昨年も昨年も都合が合わなくて訪れられなかった『会場113 喫茶・ギャラリー 壺小屋(ここや)』 を訪問しました。

「焼き物の 雛さま何処や 壺小屋(ここや)ねん」

※一応、壺小屋(ここや)と(此処や)を掛けた心算である。
(ねん)は畿内一地方の放言で、(此処ですよ)程の意味である。
上記で披露した句は俳句ではなく川柳の心算だが、此処やねんがキレになっていると自己満足ってことは、俳句にも川柳にもキレが有効である。有効らしいのような曖昧な表現をしないところがポイントらしい。アレッ!

240228-03 飯能市.jpg


posted by 三龍斎 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 飯能市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

負けました 恥をさらすと 髷を切り (東京マラソンで惨敗の川内選手、丸坊主に!)

マスコミが勝手に注目していただけである。東京マラソンで14位と惨敗した公務員ランナーの川内優輝選手、勤務時間帯はずれているが8時間のフルタイム勤務である。マラソンに専念している他の有名選手と比較すればよく頑張っていると思う。
反省は自分だけでいい。誰にたいしても謝罪する必要などないし、世間に恥じる必要もないのに、丸坊主になってカメラの前に立った。確かに、もっと条件の悪い無収入の藤原新選手は2位(日本人一位)、勝利への執念の違いを恥じたのかな?

「負けました 恥をさらすと 髷を切り」
14位に終わった川内、丸刈りで出勤「さらし者になった方がいい」
posted by 三龍斎 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(スポーツ・芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

雛飾り 又聞いている 客の世辞 (他人さまの秀作川柳です)

埼玉県飯能市の「飯能ひな飾り展」を巡っていて、面白い「川柳」の展示に出会った。「会場番号 107 ひらぬま家」で、である。著作権侵害かな? とも思うが、この際笑って堪えていただき、ご披露申し上げる。詠人は会場主の伯父(叔父?)さんだそうだ。

「雛飾り 又聞いている 客の世辞」

ワタシャー客、イヤー、マイッタマイッタ! 不特定多数の客を迎える会場に、客のベンチャラを皮肉る川柳が掲げられているとは、何とまー、キツイコトデオマス。遊び心満点、川柳の真髄、ここに見たりの感あり。因みに、昨日から飯能大通り商店街で約80個の「川柳雛行燈」が設置されているとのこと。

240226-173 会場107.jpg

★添えた写真は、2月26日、「飯能ひな飾り展」 で撮影。
posted by 三龍斎 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 飯能市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

三寒四温 よくぞ申した 昨日今日 (川柳 お寒うございます)

中国北東部や朝鮮半島における俚諺(りげん)だそうである。三寒四温のことだ。川端康成が「舞姫」で、『三寒四温の温に向いたか、近ごろになく、小春日和になりそうな、朝でもあった。』って書いている。この熟語、日本では誰が最初に使ったのかなー チョイ興味あり。全く、昨日はあれほど暖かかったのに、今日はウスラサムイ雨。老体には堪えまする。

「三寒四温 よくぞ申した 昨日今日」
水前寺清子の歌をパクッテ ・・・
「暖ったか神様 三歩進んで 二歩さがり」

240222-54 飯能市.jpg

★添えた写真は、2月22日、埼玉県飯能市で行われている飯能ひな飾り展で撮影。
posted by 三龍斎 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

おとこ雛 小賢し女雛を 受け流し (川柳 電車の中での子供風景を詠みました)

それなりの訳ありで移動は自家用車にしている。本日は別のそれなりの訳ありで電車で移動。終点まで居眠りしようかと ・・・ 暫くすると、遠距離通学と思しき小学生の三人組が目の前に。おそらく、小学校5年生か6年生だろう。女児2人と男児一人。
女児の一人が男児を相手にして、小賢しく、スピッツが如く五月蠅く無意味なお喋りの連射砲、近くの老人たちは皆ニタニタ、私もニタニタ組、こんな女児を女房にしたら大変だろうなー
それにしても、男児、泰然とした対応、女児の理不尽な絡みにも反発せず軽く受け流しおる。コヤツ大物になりそうだ! 凡庸に見えて、大人(たいじん)の風格と評すべきや!
「おとこ雛 小賢し女雛を 受け流し」

240222-79 飯能市.jpg
★添えた写真は、2月22日、埼玉県飯能市で行われている飯能ひな飾り展で撮影。
★横480ピクセルにサムネイルされた写真をクリック下されば、
横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、それを更にクリック下されば、
横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。
★ここの一枚の写真の著作権は放棄せず、ご利用をフリーにさせて頂きます。
posted by 三龍斎 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

男雛 草色男子の はしりかも (川柳 飯能市で大々的に雛飾り展が行われています。) 

鎌倉や 御仏なれど 釈迦牟尼は 美男におわす 夏木立かな (与謝野晶子) なんちゃって和歌がございます。添えた写真の「男雛の面々」、埼玉県飯能市の「郷土館」に収蔵されていて今開催中の「飯能ひな飾り展」で見せていただける雛様です。美男は美男ですが、今流行の 「草食男子」 って感じですねー 江戸時代、明治時代の物 ・・・ の筈です。

「男雛 草食男子の はしりかも」

240222-10 郷土館.jpg 240222-21 郷土館.jpg 240222-22 郷土館.jpg
★横235ピクセルにサムネイルされた写真をクリック下されば、
横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、
それを更にクリック下されば、
横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。
posted by 三龍斎 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 飯能市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

埼玉県越生町の「黒山三滝」が有名になった謎が解けました。

一つ謎が解けた。まずは、添えた写真 「埼玉県越生町の黒山三滝」 の埼玉県の案内板をご覧いただきたい。
『江戸市民が多数訪れており、江戸吉原講中の道しるべが残されている』
との一文は、吉原の花魁が大勢「黒山三滝」へ押し寄せたって意味も含んでいるのである。数年前、この案内板を読んだ時は、只の「フーン」だったが、山伏関連で見つけたサイトの「プチたび」の記述で、江戸庶民特に当時江戸庶民の憧れの的だった花魁がこんな遠くへ遊びに来たと「数年前現地で囁かれ”ヘー”だった謎」が解けたのである。

尾張屋三平こと現・越生町出身の新井宗秀は、旅行会社兼広告会社、言葉を変えれば、郷土愛に満ちた仕掛け人だったのである。庶民はともかく「花魁」となると疑問も残るが、この際は昔聞いた囁きを信じても別段何の不都合もない。小さな驚きである。
【プチたびMEMO/黒山三滝と尾張屋三平】
 短い文章で分りやすく正確、単純明快な記述、是非ともご参照あれ。
240222-76 三滝.jpg
posted by 三龍斎 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 越生町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

餓死家族 救いもせずに OOOOO (川柳も読めませぬ)

昨日から、60才台の夫婦と30才台の男性一家のミイラ化した餓死死体が発見され、テレビ各局のニュース及び情報番組で騒いでいる。チョイ調べてみたら、飽食の国我が日本では年間100人もの人が餓死しているという。何とも言いようがない。下手な川柳も詠めぬ。

「餓死家族 救えもせずに OOOOO」

240217-12 毛呂山.jpg

※2月17日、埼玉県毛呂山町で撮影。
※写真と雑文や川柳とは関係ありません。
ラベル:餓死
posted by 三龍斎 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

江戸時代、山伏が修行(滝行)していた埼玉県越生町黒山の滝に行ってきました。

ごく最近まで知らなかった。
埼玉県鳩山町にある国指定・登録有形文化財の 日野家住宅長屋門 が建てられた江戸時代の住人(現・日野家の先祖)は山伏(里修験)だったそうである。長屋門は身分の高い武士や大庄屋の門ではなく、修験道の宗教施設(山門)だったのである。私が奥武蔵に移り住んだのは数十年前だが、永い歴史からみれば私は新参者である。だが、里修験の存在を念頭に置くと、新参者には謎だったこの地域(秩父連山の東・山麓=県立黒山自然公園付近)の風俗・習慣・古い建造物・遺跡の数々の謎が解ける。早速、江戸時代に山伏が滝行をしていたと記録されている越生町の 黒山三滝 に行ってきた。三滝とは、天狗滝、女滝、男滝の総称である。
新たに貴重な情報を得た。7月の第一日曜日に滝開きが行われる。見ものらしい。

※写真左下は天狗滝             ※写真右下が女滝
240220-24 天狗滝.jpg 240220-38 女滝.jpg

※写真左下が男滝            ※写真右下が男滝の崖の氷柱
240220-55 男滝.jpg 240220-42 男滝の氷柱.jpg
★横235ピクセルにサムネイルされた写真をクリック下されば、
横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、
それを更にクリック下されば、
横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。
posted by 三龍斎 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 越生町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

老眼も 神様からの 贈り物 (川柳 老いとは嘆くものに非ず)

村井国夫の奥様でもある俳優の 「音無美紀子」、最近TVでは余りお目にかからぬが、TVで語るのを偶々見た家族が教えてくれた。
音無美紀子曰く、・・・
高齢になると肌が衰え皺も目立つようになるが、同時に老眼が進む。だから老醜が目立たない。自分がそれなりに美しく見える。老眼を嘆くな。老いていく人間に神様が下さる贈り物である ・・・と。あるがままを、あるがままに受け止める。これを 「悟り」 と言うのだろうか? 

「老眼も 神様からの 贈り物」

240217-17 ゆずの里.jpg

※埼玉県毛呂山町で撮影した柚子の模様の橋の欄干。毛呂山町は柚子生産が盛ん。※川柳や雑文と写真とは関係ありません。
posted by 三龍斎 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(倫理・道徳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

明治維新の神仏分離政策を乗り越えた(?)小さな神仏習合の宗教施設を見つけました。

今や維新々々と流行り言葉だが、本物の明治維新の大改革の一つに神仏分離政策がある。大騒ぎだったらしい。右往左往して過剰反応し廃仏毀釈運動に発展し、方々に奇妙な習慣(習わし)や宗教施設形態を残した。
・・・ と思っていたが、・・・ 
秩父山中には明治維新前の神仏習合の形がそのまま残されているものがあって結構面白い。私と同じように面白がったのかどうかは分らぬが、わざわざ石碑の文字を朱色で強調している 神社&仏 を見つけ撮影してきた。
添えた右下の写真は、埼玉県毛呂山町阿諏訪の秩父山中の、獅子ヶ滝(∴マークで地図に示されている)の手前にある「八坂神社」である。同じく、左下の写真は、神社の鳥居の左側に写っている”卍”マーク付きの仏様である。暖かくなり山道が安全になれば、神仏習合の形がそのまま残されている寺として有名な飯能市の”竹寺”を是非にも再訪せねばなるまい。

240217-02 八坂神社.jpg 240217-03 八坂神社.jpg
★横235ピクセルにサムネイルされた写真をクリック下されば、
横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、
それを更にクリック下されば、
横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。
posted by 三龍斎 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

天皇陛下のご快癒を心より祈念いたします。

天皇陛下が入院され手術を受けられるとのこと。
陛下の一日も早いご快癒を
     心より祈念いたします。
posted by 三龍斎 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラ川が 遠くなりけり 老いの日々 (川柳 昨日サラリーマン川柳の入選作が発表)

昨日、例の「サラリーマン川柳」入選作が発表されましたよね。私こと、ヘタッピーと自覚しながら性懲りもなく「川柳」、否、5−7−5の文字列を披露し続けています。だもんで、重大な関心をもって入選作を味わねばならぬのですが ・・・

「詠めそうで 詠めないサラ川 遠き道」
※入選作は真に解りやすい。簡単に詠めそうなのだが ・・・
「サラ川が 遠くなりけり 老いの日々」
※サラリーマン生活から時間が経ち過ぎました。

240217-10 毛呂山.jpg

※埼玉県毛呂山町で、2012/2/17 撮影しました。
※写真と、川柳、雑文とは関係ありません。
posted by 三龍斎 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

老い木とて 惜しまず咲けよ 君は華 (川柳 寒いっす。観梅には三週間遅れですね)

埼玉県さいたま市の大宮第二公園で 「梅まつり」 をやっているとの情報をゲット。寒いっすね。予想通り、観梅の準備は出来ていましたが、花の方はさっぱりでチラホラ。明らかに、例年よりも三週間は遅れているのではないかと ・・・

「老い木とて 惜しまず咲けよ 君は華」
「老い木を高齢」と人間に置き換えて頂ければ、それなりに含蓄あり、と自画自賛。

240216-17 大宮第二.jpg 240216-24 大宮第二.jpg

240216-20.jpg
★横235ピクセル及び横480ピクセルにサムネイルされた写真をクリック下されば、
横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、
それを更にクリック下されば、
横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。
posted by 三龍斎 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国さいたま市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

子供にね ビデオカメラを プレゼント (川柳 老人ホームの暴行現場をビデオ撮影)

事実なら怖い話である。俄かには信じ難い話である。
三人の介護士らが、73才の女性入居者に暴行を加えていた疑いで逮捕されたという。神戸市の老人ホームでの話し。女性は昨年夏ごろから「暴行を受けている、助けて」と家族に訴えていた。家族は疑問に思いながらも今年になって隠しカメラを設置し暴行を確認、退所させ検査の結果、鎖骨とあばら骨が折れていたらしい。

学校での苛めも老人ホームでも同じことだが、被害者は訴えることで尚一層の攻撃を受けるのを恐れて堪えるものだ。訴えから半年もたっていたが、よくぞホーム側関係者に見つからないように隠しカメラを設置できたものだと感心している。

「子供にね ビデオカメラを プレゼント」

※訴えても、思い過ごしだろうとか有り得ないと取合ってもらいないのが常ですよね。※労働厚生省の統計だとの新聞記事によると、65才以上の方が2010年度に職員から暴行を受けたとの相談件数は506件、この数字、勿論氷山の一角と思われる。
2012/2/15 13:20 追記: 
最近話題になったが、遠隔操作出来るソフトをインストールしたスマートフォン等は、病人やホーム入居老人、苛めを受けているかもと疑われる子供達に意識させずに、家族などが悪質な輩を監視できる。何気なくベッドの側に置いておくだけでいい。持たせるだけでいい。不自然さがない。これまでは遠隔操作で盗写、盗聴、ストーカーが出来る機能を毛嫌いしていたが、使い方次第で弱者保護の有効な武器だ。購入に気持ちが大きく傾いた。
プレゼントするなら、ビデオカメラでなく、スマートフォンだよね!
240213-35 早咲き梅.jpg

2012/2/13 埼玉県鳩山町で撮影。川柳・雑文と写真とは関係ありません。
posted by 三龍斎 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日から埼玉県飯能市の125もの会場で 「雛飾り展」 が開かれます。

ひとっ走りして、埼玉県飯能市で行われる 「雛飾り展」 のパンフレットを貰って来ました。例年通り、飯能市全域の 「125」 もの会場で開催されます。数の多い商店街の会場はそれなりに、繁華街から離れた会場もそれなりに見ごたえあり。是非ともご覧あれ! 初めての方へのご忠告は、最初にどの会場にでも備えられている「案内図」をゲットされること。
そして、月曜日閉館の会場が多いので避けられること・・・かな?

飯能ひな飾り展.jpg
※写真は、頂いたパンフレットの一部をコピーしたものです。
posted by 三龍斎 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 飯能市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

箱入り息子 生まれて死ぬまで 塾頼り (川柳 学校じゃ頼りにならぬと塾流行り)

ご維新には、塾の卒業証書が必要なのでしょうか? 明治維新の松下村塾や適塾に習っておられるのでしょうか? 混迷の政界入りには有名な松下政経塾や小沢一郎政治塾 ・・・ 橋下平成塾(大阪維新の会)には3326人もの応募があったそうな。

「箱入り息子 生まれて死ぬまで 塾頼り」
※入塾の為の塾もあるのでしょ!
「政治塾の ランク・サイトで 一稼ぎ」
※何でもかんでもランク付けの時代、その内、密かにオープンされるよね!
『読売新聞 2月12日(日)20時21分配信』
橋下氏政治塾に3千人超…知事「熱い人が多い」
『早川忠孝ブログ 最終更新:2月13日(月)』
政治家養成塾は、もういらない
240213-32 ときがわ町.jpg 240213-38 嵐山.jpg
※奥武蔵の地域独特の歴史を年頭に於いて、秩父連山東の麓を一時間足らずドライブ。 一昨日話題に取り上げた 長屋門 を構える民家を、主要な道路を走るだけで、5軒見つけました。序に、道端の紅梅と蝋梅を撮影。
★川柳・雑文と写真とは関係ありません。
★横235ピクセルにサムネイルされた写真をクリック下されば、
横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、
それを更にクリック下されば、
横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。
posted by 三龍斎 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

埼玉県鳩山町の、国指定・登録有形文化財、日野岡家長屋門を写真撮影してきました。

昨日(平成24年2月10日)、埼玉県鳩山町の、国指定・登録有形文化財・日野岡家住宅長屋門を同家ご当主のお許しを得て撮影してきた。
合わせて、同家の歴史や長屋門の由来が推測できる同家の墓地にもご案内いただいた。同家がある埼玉県鳩山町町内及びその周辺には結構な数の長屋門が現存する。鳩山町だけでも、10戸は下らないだろう。常々その多さを不思議に思っていた。だが、何れも個人住宅の付属建造物。取り上げるのは控えていた。偶々、国指定の文化財ってことを知ったので ・・・
同長屋門そのものに関しては、他のサイトで詳しく説明されているのでそちらに譲る。特徴的なのは、日野岡家が江戸時代には瑠璃光院(光雲寺宮本坊)と称する里修験(山伏)だったことで、同家の古い墓石には”日野岡家”と刻まれている物が数個あった。一般の庶民が名字の使用を許されたのが明治になってからなのにである。
墓石の数から推測するに、江戸時代になって地域で宗教活動に活躍する里修験(山伏)として、その存在を認められ、活発に活動し、名字の名乗り(帯刀?)も許されて、豊かな経済力も合わさって長屋門が建てられたのだろう。(近年になってから墓地が整備されているので墓石の並べ方からの推測は出来ぬが・・・)
整備された新しい墓地には「丸に立ち葵」の家紋が刻印されていた。明治政府の神仏分離政策で里修験としての役割は終えたが、昭和憲法で信仰の自由が謳われ、里修験(山伏)の歴史的見直しが行われた。同家では江戸時代の(徳川幕府)の扱いに感謝し、近年になって墓地を整備された際、江戸時代には恐れ多くて仕えなかった徳川家を想起させる「葵」を、形こそ違え家紋に取り入れられたのではなかろうかと推測している。ピント外れかな?
このような推論を展開するのも、畿内にある我が家の墓地に残る江戸時代と、明治維新の痕跡、並びに、故郷集落の奇妙な習わしの謎を少しは知っているからである。

240210-09 長屋門.jpg 240210-11 長屋門.jpg

240210-15 長屋門.jpg 240210-25 長屋門.jpg

写真上段の二枚に写っている赤い帽子の御仁が日野岡家当代ご当主。
posted by 三龍斎 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 鳩山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国会に ロザン宇治原 招聘し (川柳 議事堂は格闘技会場ではなくクイズ会場です)

国会、議事堂って何のためにあるのだろう? その昔、千葉県選出の「ヤクザが議員なった」と自称(自画自賛?)なさる御仁がご活躍なさっていたころは、議事堂は格闘技会場だった。時が過ぎて ・・・ 今や、議事堂はテレビのバラエティ、クイズ番組会場化しているのではないでしょうか? クイズ番組を連発されていた野党の中にも、流石に度が過ぎていると気が付かれたらしく、「クイズやるな」との野次も飛ぶようになったとか? 嫌味も程々にってことかな? 2月11日、朝日新聞朝刊の隅っこにあった小さな記事のご紹介でした。

「国会に ロザン宇治原 招聘し」
※島田伸介や麻木久仁子にもご登場願えば如何かな?
posted by 三龍斎 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

梅の里、埼玉県越生町で「梅の開花」を確認しました。

寒いけれども、三日ほど続くいいお天気だった。絶対、どこかで「梅」が咲いている筈だと、「梅の里」埼玉県越生町をウロウロ。たった一本だけだが、ようやく見つけ、ご披露に及んだ次第。但し、有名な「観光梅林」ではなく、観光梅林から少し離れた農家の畑の端にあったものである。

240210-28 越生.jpg 240210-31 越生.jpg

※追記:午後6時30分ごろのNHKニュースで、東京でも二週間遅れで「梅の開花」が認められたと報じていました。
ラベル:梅の開花 梅の里
posted by 三龍斎 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 越生町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。