2012年04月30日

新緑の 川越大師喜多院(天台宗星野山無量寿寺喜多院)を撮影してきました。

小江戸川越(埼玉県川越市)の川越大師喜多院(天台宗星野山無量寿寺喜多院)の新緑を撮影してきました。喜多院の桜や紅葉の模様は度々紹介していますが、『新緑』 も捨てがたい趣きありです。

240430-69 喜多院.jpg 240430-71 喜多院.jpg

240430-75 喜多院.jpg 240430-78 喜多院.jpg

240430-85 喜多院.jpg 240430-86 喜多院.jpg


ラベル:天台宗 新緑
posted by 三龍斎 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

自生する筈が無い山道に 著莪(シャガ) が咲いていました。

野山を何気に歩いているだけで、結構ブログ・ネタが転がっている。
埼玉県東松山市の『市民の森』や、そこと隣接している鳩山町の『石坂の森』も同様だ。瓦斯とか電気炊飯器が出現するまでは、薪の供給地、効き目の強い肥料が出現するまでは、堆肥の素としての落ち葉の供給地だった里山が、何時の間にか人の手が入らぬ本物の雑木林になっていた。ウン十年の時が過ぎ、現在はそんな雑木林に下刈りや間伐など人が手を加え『里山化』する事業が進んでいる。
3月27日に 『造成地の道路際に「黄水仙」と思しき花がさいていました。』って表題で、自生する筈のない 黄水仙 の事を述べたが、又、そんなものを見つけた。”里山化”進行中の 『石坂の森』 に自生する筈のない 著莪(シャガ) が咲いていた。掲載した写真の上段である。著莪は移植するか根分けしない限り離れた所には生えない。散歩用に整備された森の歩道の脇に、如何にも自生の如く、移植(根分け)されて咲いていた。
掲載写真の下二枚は役所が掲示している石坂の森の利用注意書きだ。入ってはいけない場所や、動植物の採取を禁じる内容だ。移植(根分け)・接ぎ木や草花の種を蒔くことを禁じてはいないが ・・・ 加えて、役所は、写真右下で分る通り自然観察の森と位置付けてもいるのだが ・・・
因みに、私は全く人の手が入らぬ自然林が好みである。自然を装っていると分ると鼻白む。毒蛇や蜂に襲撃されぬ様装備を整えて、チョッピリ怯えながら、けもの道を歩くのが好みである。念のため申し添えると、人が手を加えているのに自生、自然だと偽装工作しているのが嫌いなだけで、人が植栽・養生など管理していると分るものはそれなりに好みである。

240428-30 著莪.jpg

240428-31 石坂の森.jpg 240428-34 石坂の森.jpg
posted by 三龍斎 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 鳩山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

桜って『バラ科』なんだって! 川越水上公園の普賢象桜をご紹介。

普賢菩薩から命名されたと直ぐ分った。本日午前に撮影して来た埼玉県川越市の水上公園に列植されている桜の名前のことである。プレートが木にぶら下げてあった。『バラ科 普賢象』桜だそうである。勿論、こんな名前だってことは初めて知った。桜の種類は200もあるそうだから知らなくても恥でもなんでもない。

240428-08 普賢像桜.jpg

240428-10 普賢像桜.jpg 240428-13 普賢像桜.jpg
posted by 三龍斎 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

勲章を 授けたいよな 悪さかな (川柳 どうせ脱税するなら136億円?)

今の所の報道では逮捕されたとの段階である。
我々が軽々に悪者扱いしてはならないが、事実とすればビックリ仰天ものだ。二人の食肉輸入業者が「差額関税制度」を悪用、豚肉6500トンを輸入する際価格を誤魔化すこと2010年一年だけで2700回、関税136億円を逃れたってお話。

240608-231g.jpg
posted by 三龍斎 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

小沢一郎元民主党代表に無罪判決

本日午前10時すぎ、小沢一郎元民主党代表の無罪判決が報道された。
今までなぜ多くの国民、評論家、検察、政治家、報道関係者が小沢一郎元民主党代表を、グレー扱いして潰そうとしたか? その謎の一つがリンクしたネット記事にヒントが有ると私は思っているが・・・

240408-37 滑川千躰地蔵.jpg
★4月8日、埼玉県滑川町の千躰地蔵で撮影。 ★記事とは関係ありません。
posted by 三龍斎 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ視聴談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県立こども動物自然公園のレッサーパンダの今は?

吾輩はレッサーパンダである。名前はある。『タク』と言う。東松山市にある埼玉県立こども動物自然公園でミンミン(父)とナツ(母)から生まれた。物怖じしない性格で、そこいらを走り回っている。木登りも得意である。

240425-76 こども動物自然公園.jpg 240425-77 こども動物自然公園.jpg

240425-78 こども動物自然公園.jpg 240425-79 こども動物自然公園.jpg
posted by 三龍斎 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

埼玉県立こども動物自然公園の 【コアラ】 を撮影してきました。

埼玉県東松山市にある 埼玉県立こども動物自然公園の目玉 【コアラ】 のいい写真はなかなか撮れない。コアラが光りに敏感な動物だからってことで、撮影時のフラッシュ禁止・・・だからではない。ほとんど静止しているから撮影しやすい筈だが、ガラス越しの我々カメラマンの方に顔を向けてくれないからである。珍しく何とか披露できるものが撮影できたのでご披露である。

240425-54 こども動物.jpg 240425-55 こども動物.jpg
ラベル:希少動物 コアラ

埼玉県毛呂山町の 『桂木観音』 の桜風景のご紹介。

東北では今や真っ盛りなのだろうが、『桜』は終わって、今は『つつじ』 ・・・ になった。埼玉県毛呂山町の 【桂木観音】 で結構いい桜風景を撮影していた。4月16日のことだ。いくらいい風景でも時期を逸しては値打ち半減。だが、このまま蔵入りでは折角のガソリン代が無駄になり、ブロガーの面子に関わる ・・・ ってんで、遅まきの掲載である。

240416-10 桂木観音.jpg 240416-16 桂木観音.jpg 240416-18 桂木観音.jpg

240416-21 桂木観音.jpg 240416-22 桂木観音.jpg 240416-24 桂木観音.jpg

240416-26 桂木観音.jpg 240416-28 桂木観音.jpg 240416-31 桂木観音.jpg

240416-34 桂木観音.jpg 240416-35 桂木観音.jpg 240416-38 桂木観音.jpg

240416-39 桂木観音.jpg 240416-44 桂木観音.jpg 240416-46 桂木観音.jpg

240416-54 桂木観音.jpg 240416-58 桂木観音.jpg 240416-59 桂木観音.jpg
ラベル:桜風景 蔵入り
posted by 三龍斎 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

埼玉県小鹿野町の春まつり、『屋台の引き回し』 の様子をご紹介します。

去る4月20日〜21日、埼玉県小鹿野(おがの)町で、同町の小鹿(おしか)神社の例大祭に合わせて、小鹿野パンフ.jpg『小鹿野春まつり』 が行われました。
その20日の様子を撮影してきました。
20日の午後5時30分からは、同町の売り物である 【小鹿野歌舞伎】 が披露されましたが、当方の都合、体力・気力に難ありで、残念ながら今回、歌舞伎の模様は紹介できません。
・・・・ ってことで、六台の屋台の内の二台が引き回されたのでその模様をご紹介いたします。
天候も残念ながら小雨模様、
屋台はシートで覆われています。
★左の画像は、雨が降っていなければ繰り出される予定だった 『笠鉾』 です。 パンフレットのコピーでしか紹介できないのが残念!

240420-17 小鹿野.jpg 240420-19 小鹿野.jpg

240420-29 小鹿野.jpg 240420-41 小鹿野.jpg

240420-44 小鹿野.jpg 240420-46 小鹿野.jpg
posted by 三龍斎 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小鹿野町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

東日本大震災(津波)で流されたサッカーボールがアメリカで発見

東日本大震災(津波)で流されたサッカーボールがアメリカ(アラスカ)で見つかったという。間違いなく、日本の東隣はアメリカなんだよねー 詳しい内容は、添付記事をご覧頂こう。

『お隣へ いつの間にやら おじゃま虫』
★馬鹿馬鹿しい想像(妄想)だと自認、精神科医には被害妄想と言われかねませんが、
まさか、友好関係を演出するための 『作り事・作り話し』 ジャーないでしょうなー 何しろ、今やサクラの季節でござりまする。マスコミに迎合、便乗を身上とする我がブログで、そのマスコミが美談と扱っているものを、疑うがごときコメントを付けた川柳(モドキ)を詠み、投稿するなど、万死に値しますかな? ★私の拙い知識では、日本列島太平洋側からの漂流物は、太平洋ゴミベルトって所に集まりアメリカ大陸には行かない筈だったが、そうでもないらしい。
AFP BBNews(2012年04月06日 12:38)によると、
『・・・東北地方太平洋沖地震による大津波で流され、現在米アラスカ沖を漂流中の日本のトロール漁船について米沿岸警備隊は5日、付近を航行する船舶に危険を及ぼす恐れがあるとして撃沈することを決定し、この漁船への砲撃を開始した。』
・・・ とも、報道している。ウーン!?
posted by 三龍斎 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

埼玉県小鹿野(おがの)町での『春まつり』の模様(手古舞衆)を紹介。

埼玉県小鹿野町で行われた(小鹿=おしか神社例大祭)小鹿野春まつりの模様を紹介します。写真撮影は、小雨降る昨日、4月20日です。大々的に祭り一色になるのは、本日21日です。自動車運転・山道往復110キロメートルの連日の撮影行脚は、体力的に限界を超えており、ガソリン代もタマランので、不満足な写真しか撮影できず、不承不承(?)の掲載です。小鹿野春まつり・山車行事の手古舞衆は全員「女子中学生」です。華やかです。祭りの雰囲気をお伝えするのには不可欠の存在ですが、特殊な一部の方々の淫らな興味の対象にされたのでは投稿者(私)の意図が捻じ曲り、不本意です。そこで、解決策の一つとして、手古舞衆の顔が鮮明に映っている写真は小さく投稿しました。

240420-06 小鹿野手古舞衆.jpg

240420-08 小鹿野手古舞衆.jpg 240420-23 小鹿野手古舞衆.jpg

240420-33 小鹿野手古舞衆.jpg 240420-61 小鹿野手古舞衆.jpg

240420-79 小鹿野手古舞衆.jpg 240420-97 小鹿野手古舞衆.jpg
★6枚の手古舞衆の顔が映っている写真のダウンロードやご利用は硬くお断りいたします。
posted by 三龍斎 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小鹿野町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

埼玉県小鹿野町で、春まつりが行われています。歌舞伎も上演されます。

ウン十万円もするカメラを二台ぶら下げて、埼玉県小鹿野町の 歌舞伎 を撮影するため、はるばる神戸から14時間かけて 小鹿野春まつり にやってきたと言う高齢の女性に出会った。車の運転はアッシー君だから苦労なしとのことだが、女性素人カメラマンもここまで ・・・ 明日が「春まつり」の本番である。小雨の中の今日の写真は不満足だが、先ずは、初めて訪れた小鹿野(おがの)商店街の風景をご披露である。
※プチ情報:小鹿野町は『おがの』と読み、小鹿神社は『おしか』と読むそうである。

240420-99.jpg

240420-01 小鹿野.jpg 240420-02 小鹿野.jpg

240420-05 小鹿野.jpg 240420-100 小鹿野.jpg
posted by 三龍斎 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小鹿野町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

埼玉県飯能市の国道299号線沿いに帝王切開術発祥の記念碑があります。

添えた写真の上段右側の写真を大きく映出してお読み頂きたい。日本医史学会、日本産科婦人科学会、埼玉県医師会が、嘉永5年(1852年)6月12日、難産に苦しむ『本橋みと』に我が国最初の帝王切開術を、伊古田純道・岡部均平両医師が行い成功(産婦生存・胎児は死亡)したことを記念して、ここ本橋家の敷地に、昭和62年(1987年)6月12日、建立したものである。
顕彰碑には驚くべき内容が記述されている。
先ず第一に、帝王切開が麻酔なしに行われたこと。(勿論、産婦の親族等への説明と承諾の上)次に、産婦”本橋みと”は見事に耐え抜き、その後88才の天寿を全うしたこと。因みに、ネットで調べたら、華岡青洲が全身麻酔を成功させたのが1804年である。1852年 - 1804年 = 48年間 経っても最新技術(全身麻酔)は門外不出が守られていたのだねー 特許権を認めて 公開 する制度が如何に人類に役立つか分るって事!
下段の二枚は、本橋家の敷地に咲いていた桜花である。

240419-73 帝王切開.jpg 240419-74 帝王切開.jpg

240419-79 帝王切開.jpg 240419-80 帝王切開.jpg
posted by 三龍斎 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 飯能市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

惜しげなく 散るからこその さくら華 (川柳 華の披露は数日、儚いねー)

桜の開花、満開の日数の短いこと、改めて驚きである。
パッと咲いて、パッと散る。だからこその桜なのかな?
本日、桜花を求めてウロウロ、里ではもう無理、あとは山の上が頼りだ。、
『惜しげなく 散るからこその さくら華』

240402-67 慈光寺.jpg
★4月2日、埼玉県ときがわ町の天台宗別格本山都幾山慈光寺で撮影。
★写真と雑文・川柳とは関係ありません。
ラベル:桜花 開花 全開
posted by 三龍斎 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県東松山市の 物見山公園の展望台 が撤去されていました。

埼玉県東松山市の物見山公園の近くには、県立こども自然動物公園、大東文化大学、県立平和資料館、坂東十番札所正法寺などがある中々の観光スポットである。4月13日、久しぶりに頂上に登ったら、展望台が消えていた。そう言えば、数ヶ月前の展望台の階段には 「危険・立ち入り禁止」 と表示されていた。修理を諦めて撤去してしまったんだね。残念は残念だが、桜やつつじの美しさに変わりなしである。

1-240413-64 物見山公園.jpg

240413-49 物見山公園.jpg 240413-57 物見山公園.jpg

240413-60 物見山公園.jpg 240413-62 物見山公園.jpg

240413-66 物見山公園.jpg 240413-71 物見山公園.jpg

240413-75 物見山公園.jpg 240413-80 物見山公園.jpg
posted by 三龍斎 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

『ささら獅子』で有名な埼玉県鶴ヶ島市、高倉日枝神社の桜をご紹介。

わー すっげー だった。
4月12日、「桜満開」の埼玉県鶴ヶ島市高倉にある 日枝神社 の側を通った時の悲鳴(?)だ。神社の近くにある「JA鶴ヶ島」には植木や草花を購入するため度々訪れる。普段はチラッと横目で通り過ぎるが、これ程の桜を見せつけられれば、ご紹介の為の撮影を挙行せずばなるまい。

当の神社は、江戸時代から続く「獅子舞」で有名。案内によれば、万灯、天狗、花笠、はいおい(軍配を持って獅子を先導)、前獅子(男)、中獅子(女)、後獅子(男)などで構成され、ほら貝を合図に数人の笛吹きと歌うたいに合わせて登場する。花笠は、女装した 「ささらっこ」 と呼ばれる童子四人が花笠をかぶり 「ささら」 という楽器を奏でながら舞に参加するので 【ささら獅子】 ともよばれているそうである。

1-240412-17 高倉日枝神社.jpg

240412-02 高倉日枝神社.jpg 240412-06 高倉日枝神社.jpg

240412-15 高倉日枝神社.jpg 240412-24 高倉日枝神社.jpg
posted by 三龍斎 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 鶴ヶ島市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県毛呂山町、鎌北湖の桜を二日掛りで撮影してきました。

4月15日、日曜日、桜まつりが行われているのを知らずに、訪れてしまった。埼玉県毛呂山町の、桜と紅葉と魚釣り場でチョイ知られた鎌北湖へ、である。混雑など動揺するほどの事でもないのだが、カメラの操作を間違えていたらしく、数枚を除いて使い物にならぬ写真を撮っていた。
やむを得ぬ。昨日(16日)再訪、春の鎌北湖のご紹介である。

240415-75 鎌北湖.jpg 240415-80 鎌北湖.jpg

240416-68 鎌北湖.jpg 240416-78 鎌北湖.jpg

240416-83 鎌北湖.jpg 240416-87 鎌北湖.jpg

240416-91 鎌北湖.jpg 240416-104 鎌北湖.jpg
posted by 三龍斎 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 毛呂山町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

埼玉県深谷市、深谷城址の 桜 をご堪能ください。

埼玉県深谷市の 深谷城址の桜 を撮影して来たのでご披露致します。4月11日の撮影です。小雨降る中での撮影ですので鮮明度に欠けています。
★横235ピクセルにサムネイルされた写真をクリックして下されば、
 横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、
   それを更にクリックして下されば、
 横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。

240411-101 深谷城址.jpg 240411-103 深谷城址.jpg

240411-106 深谷城址.jpg 240411-109 深谷城址.jpg

240411-120 深谷城址.jpg 240411-121 深谷城址.jpg

240411-122 深谷城址.jpg 240411-124 深谷城址.jpg
ラベル: 深谷城址
posted by 三龍斎 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 深谷市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛でたくも 三日見ぬまの 桜かな (桜は撮影の頃合いを図るのに結構苦労します)

今年の 「梅」も「桜」も開花が遅れて随分イライラさせられた。
偶々だが深谷市の桜が撮影出来て、今年は何だか随分充実した気分である。これは単なる偶然、桜は咲いても散るのが早いから、あちらこちらを狙っていると、結構そのタイミングを測るのに苦労する。

『愛でたくも(目出度くも) 三日見ぬまの 桜かな』

「目出度くも」と「愛でたくも」を掛けましたが大した意味はありません。
posted by 三龍斎 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理屈抜き、兎に角、埼玉県深谷市、唐沢堤の桜風景をご覧ください。

公開してしまうのが真に惜しい。自分だけの宝物にして眺めていたい。そんな気持ちになりそうな綺麗な写真が撮れた。4月11日、埼玉県深谷市に所要あり。空いた時間に「桜風景」を探していたが、偶々見つけた景色である。クドクド説明する必要はあるまい。JR深谷駅近くの 『唐沢堤の桜』 をご堪能下さい。

1240411-140 深谷市唐沢堤.jpg 1240411-149 深谷市唐沢堤.jpg

2240411-0143 深谷市唐沢堤.jpg 2240411-151 深谷市唐沢堤.jpg

2240411-152 深谷市唐沢堤.jpg 2240411-154 深谷市唐沢堤.jpg
★横235ピクセルにサムネイルされた写真をクリックして下されば、
 横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、
 それを更にクリックして下されば、
 横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。
ラベル:唐沢堤
posted by 三龍斎 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 深谷市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。