2013年05月04日

絶滅危惧II類(VU)に指定(1997年)の金蘭(キンラン)を10本程見つけました。

掲載の「金蘭=キンラン」の写真は、奥武蔵の某所で撮影したものである。
ブログ・ネタを求めて森を散策中、昆虫採集に訪れた方に珍しい「金蘭」を見つけたと教えられ撮影したものだ。教えられた場所以外にも二ヶ所、本数にして合計10本ほどを見つけた。
帰宅後、早速投稿すべしとネットで調べたところ、絶滅危惧II類(VU)に指定(1997年)されている。この種の物は珍しいと持ち帰る人がいる。結果、場所を記述出来なくなった。残念である。
念の為に申し述べておきたいが、種子が風に乗り散布されて自然に咲いたのか、誰かが自然を装い人為的に種子を蒔いておいて咲かせたのかの判断は私には出来ない。無理である。
ただ、本心を言えば、某所に「金蘭」が咲いている事を不自然と感じているが、何故不自然かを上手に論述出来ないし、する気もないし、学者や調査員ではないのでその必要もない。
奥武蔵に珍しくて可愛い野草が咲いていたとご報告することで、当該ブログ開設の目的の一つである「奥武蔵の紹介」がほんの少しだけでも出来たことで満足である ・・・ かな?

250504-60 金蘭.jpg 250506-42d 金蘭.jpg
齊藤正巳氏のブログ → 草花と自然Blog

280613-5-2 トップページ.jpg


posted by 三龍斎 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季折々の草木=2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山に ロープウェイの 建設案 (川柳 憲法記念日の改憲論議にもの申します)

憲法の日に合わせて、改憲派、護憲派の論戦活発。焦点は96条に移った模様。改憲するなら、憲法のそもそもの性格から、報道・表明されたものの中で老生が現時点で賛成する意見は、
『改憲は、国民投票での有効投票の過半数ではなく 有権者の過半数 の賛成で成立』とすべき案なり。(5/6 21:30追記 現憲法がそうなっていると解説する人あり。未確認)
改憲発議を国会議員の 2/3から1/2 にするのはいいが、民主主義国家としてより国民主権を強くすべきであり、その時々の権力者に 打ち出の小槌 を与えるべきでないとの意見に(現時点では)賛成します。
TVでこのような意見を述べられた学者はいたが、政治家では皆無。時の政府や国会議員の権力を結果的に弱める案に賛成する馬鹿な権力者はいないって事。当たり前だが残念なり。

『富士山に ロープウェイの 建設案』
・安倍総理が提唱されているのはこういう事でしょう?

250503-01 自宅庭.jpg
※写真と雑文・川柳とは関係ありません。
※掲載の写真は、自宅庭で撮影しました。
posted by 三龍斎 at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。