2013年07月31日

目をつぶり 耳を覆って 種子島 (川柳 耳を覆いながら種子島の演武を見学する?)

真に申し訳ありません。私のブログでの祭りの写真は、ブログの目的に従って可能な限り一般客(観光客)を出さないことにしていますが、今回できた川柳はその観光客を皮肉ったものですので、観光客が耳を覆いながらも 「爆音」 を発する種子島鉄砲隊の演武を見学する姿が写っているものにしました。7月28日に行われた川越百万灯夏まつりでの、川越藩火縄銃鉄砲隊の演武ですが、掲載写真の中だけで5人が耳を覆っています。確かに凄い音で、5〜6メートルの距離でも発射直後耳が チーン と鳴って一瞬聞こえなくなります。

『目をつぶり 耳を覆って 種子島』

250728-462b 鉄砲隊演武.jpg


posted by 三龍斎 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

蔵の街 鳥追笠が 華と舞い (川柳 川越百万灯夏祭りでは盛り沢山のイベントが)

平成25年7月28日に埼玉県川越市で行われた 川越百万灯夏まつり では、市内の方々で色々なイベントが行われました。
「小江戸宵の舞」 もその一つ、笠で顔が見えないのが残念でしたが ・・・

『蔵の街 鳥追笠に 魅せられて』

『蔵の街 鳥追笠が 華と舞い』

250728-800a 宵の舞.jpg
posted by 三龍斎 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

川越百万灯夏祭りで、火縄銃発射(爆燃時)の火花を初めて撮影出来ました。

埼玉県川越市の 川越百万灯夏祭り で行われる 川越藩火縄銃鉄砲隊演武 を撮ったのは3回目かな? 高性能カメラを使ったお蔭で初めて点火(爆燃)時の火花が撮影出来ましたのでご披露します。昨日(平成25年7月28日)の川越蔵造り一番街での演武で、です。
大勢のカメラマンがこの一瞬を狙ってシャッターを切っているようです。今年、私が川越藩火縄銃鉄砲隊の演舞を撮影した枚数は775枚、2〜3枚に火花が写っていました。その内の一枚、記念すべき一枚です。
決して腕がいいからなどとは申しません。カメラの性能と 運 です。
「下手な鉄砲も数撃っちゃー当たる」 の類です。
なかなか気に入った写真が撮れません。因みに、お祭りなどの行事の写真で使えない即ち撮影失敗原因の第一は、「演舞・演武など出演者」以外の観光客・出演者の身内・警備担当者・他のカメラマンがカメラの前方に入り込むことです。なので、良い写真が撮りたければ場所取りと脚立の準備が絶対条件なのは重々承知していますが、なにせ ・・・
混雑の中で脚立を持ち運ぶのは他の観光客の通行の邪魔になりますし、空いている時間帯に脚立を運び場所取りをしようとすると本番までには数時間も待たねばなりません。
猛暑の中での体力勝負、熱中症との戦い、諦めるより外なしです。

250728-612a 川越百万灯夏まつり.jpg
posted by 三龍斎 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 川越市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

雨や風 七夕飾りに 気がもめて (川柳 小川七夕まつりの一日目の夜に大雨)

本日、7月27日、埼玉県小川町で七夕まつりが行われましたが、夜になって豪雨。渾身の七夕飾りが無駄になるのではないかと ・・・ 明日、28日が本番です。

『雨や風 七夕飾りに 気がもめて』

250727-32a 小川七夕まつり.jpg

※掲載の写真は、2013/7/27 埼玉県小川町の 小川七夕まつり で撮影しました。

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

名を残し 逸話も残して ご満足 (川柳 ニュートンのリンゴの木を見つけました)

ニュートンと言えば、万有引力の法則を発見したことで小学生でも知っている。
ウイキペディアには、『Isaac Newton. イングランドの自然哲学者(物理学者・数学者・天文学者)。本人は自然哲学を自称したが、後代、近代科学最大の科学者の一人とされる。万有引力の法則を発見したことで知られる』と記述されている。
又、ニュートンはリンゴが木から落ちるのを見て万有引力の法則に気付いたとの逸話も我々は知っている。そのリンゴの木の孫にあたるものが、埼玉県深谷市の 埼玉県農林公園 に在るのを、たまたま立ち寄って知った。未だ葉っぱと同じ色だが5〜6個、実をつけていた。
そう言えば、ニュートンのリンゴの木の話しが、昔々、新聞記事になった微かな記憶ありである。

『名を残し 逸話も残して ご満足』

250726-29a リンゴの木.jpg
posted by 三龍斎 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 深谷市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

引越しで 景気いいです 永田町 (川柳 参議院議員選挙、与党(自民・公明)圧勝

各政党関係者は予想外だったのでしょうか? 想定内だったのでしょうか?
マスメディアは、予測とおりと言いたげです。参院選、民主党大敗、自民党圧勝のことです。

『マスコミは 予想通りと 得意顔』

『引越しで 景気いいです 永田町』

250721-402b うちわ祭.jpg
※写真と川柳・雑文とは関係ありません。
※掲載の写真は、2013/7/21 埼玉県熊谷市の熊谷うちわ祭(祇園祭)で撮影しました。
posted by 三龍斎 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

ひぐらしの 騒ぐ小路に 山の百合 (川柳 ヒグラシのうるさい時期になりました)

東松山市の 市民の森 が下刈りされて、大きなヤマユリが10本ほど咲いていました。帰宅してネットでヤマユリの花言葉を調べてみたら、「荘厳、威厳、人生の楽しみ、純潔、飾らない愛」 ・・・ ウーン、荘厳ねー!? 騒がしいヒグラシと百合では、マッチしませんねー

『ひぐらしの 騒ぐ小路に 山の百合』

250720-30a 市民の森.jpg

※掲載の写真は、埼玉県東松山市の市民の森で撮影しました。

280613-5-2 トップページ.jpg
ラベル:花言葉 ヤマユリ
posted by 三龍斎 at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

真夏日に 化粧崩しの 神輿かな (川柳 丁寧なお化粧も神輿担ぎで台無し?)

7月13日と14日、埼玉県寄居町では、八坂神社例大祭=寄居夏祭りが行われました。
ここの御神輿、3台も 女神輿 が出ることで有名だそうです。男神輿は6台です。

『真夏日に 化粧崩しの 神輿かな』

250714-196a 寄居夏祭り.jpg
※掲載の写真は、埼玉県寄居町の 八坂神社例大祭=寄居夏祭り で撮影しました。
posted by 三龍斎 at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 寄居町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

パパとなら オママゴトより 投票ね (川柳 参議院議員選挙中)

全く恐れ入ったる話である。8才の女児が参議院銀選挙の期日前投票で父親に代わり投票したそうである。オミャー、選挙をナメンナヨ!

『パパとなら オママゴトより 投票ね』

8歳児が期日前投票用紙に記入、判別不能で“投票は有効” 参院選
兵庫県加西市選挙管理委員会は10日、参院選の期日前投票で、同市内の会社員の男性(36)が長女(8)に投票用紙に候補者名を記入させ、投票していたと発表した。公職選挙法は投票用紙には選挙人本人が記入すると定めているが、長女が記入した用紙は判別できないため投票自体は有効という。
市役所の期日前投票所で9日夕、男性と一緒に来た長女が参院選兵庫選挙区の記載台で自分が書きたい」と言って記入。投票箱に入れようとしたため、投票管理者が止めようとしたが間に合わなかった。市選管は再発防止のため、11日から期日前投票所の担当者を1人増やすとしている。
posted by 三龍斎 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

埼玉県東松山市の 神戸(ごうど)神社 の由緒書を見つけました。

埼玉県東松山市の郊外を何気に走っていたら、随分と立派な しめ縄 で飾られた小さな神社を発見。否、神社の存在は知っていたが、写真にならないので今までは見過ごしていた。
ここ神戸神社で、今月の24日、25日に獅子舞が奉納されるそうである。
神戸は、「こうべ」でなく、「ゴウド」。
神戸の獅子舞
神戸の獅子舞は七月二十四日、二十五日の夏祭に、神戸神社で奉納される。獅子舞の由来はつまびらかではないが、獅子の太鼓に 寛政三年(1791)六月吉日、太鼓屋三左衛門 と墨書されている。
この獅子は、昔は善能寺から出たものだが、寺が焼けてからは総代の家から、やがて社務所から出るようになった。旱魃の年には鞍掛淵の河原で雨乞獅子を舞い、又伝染病の流行した年には悪魔祓いに獅子が村中を廻ったという。
獅子は「メジシ」、「ナカジシ」、「ホーガン」と呼ぶ一人立ちの三匹獅子舞で、昇殿カグラ、ドジョウネコ、中のカグラ、メジシカクシ、トンビカエシ等を舞う。その特色は「村まわり」をし、「土俵」の中で舞うことである。

250709-02 神戸神社.jpg
ラベル:獅子舞
posted by 三龍斎 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

猛暑とな 木陰でアイス 極楽さ (川柳 熱中症対策万全、ドントコイ)

猛暑ですと! いいんじゃないですか。何も恐れることございません。

220602-80c 椿山荘.jpg
※川柳の背景に使った写真は、東京・椿山荘の滝です(裏から撮影)
ラベル:猛暑 熱中症
posted by 三龍斎 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢の中 詠んで忘れた 句は佳作 (川柳 逃がした魚はデカかった、事実です?)

幼いころ溜め池で鮒を釣った記憶があるだけです。魚釣りの事です。
ですから、釣り人の心境など詠めませんが、釣りそこなった魚はデカかったって慣用句のとおり、ウトウトしていた時、こりゃ傑作だと自分を褒めたい川柳が詠めましたが ・・・

260623-67a 一番街.jpg
ラベル:魚釣り
posted by 三龍斎 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

天気予報 当たって迷惑 この暑さ (川柳 梅雨明け、猛暑、イザ暑さとの戦い!)

お暑うございます。早々と猛暑。
この暑さに追いていけぬ老人は、早くくたばれって事でしょうか?

220602-18a 椿山荘.jpg
※川柳の背景に使った写真は、東京・椿山荘の庭です。
posted by 三龍斎 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

参院選 経済効果を 計測中 (川柳 参議院議員選挙が始まりました)

本日の朝日川柳に秀作が載っていました。「あらかたは 算盤だけで 決める国」です。発想をチョイ拝借して ・・・ 最近の情報番組では、何かというと 「OOO の経済効果は ・・・」って話になります。お金は大切ですが、それ以前にもっと大切にしなければならぬことが ・・・

『参院選 経済効果を 計測中』

280613-5-2 トップページ.jpg

posted by 三龍斎 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞姫の 見せぬ姿に なを焦がれ (川柳 今年も国蝶オオムラサキを撮影できず)

この何年かの間に何回か埼玉県嵐山(らんざん)町の蝶の里を訪れ、国蝶 オオムラサキ の撮影を狙ってきたが、残念ながら今年もだめだった。

250703-07 嵐山.jpg
posted by 三龍斎 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

10円で 大人を気取る 愚かしさ (川柳 貴方は10円の問題で意地を通します?)

全くつまらない話しです。詠んだ状況などを付けなければ何の事だが分りませんが、馬鹿馬鹿しいので筆を折りました。十円を笑うものは十円で泣く ・・・ でしょうが。
決して十円をおろそかに扱うつもりなどありませんし、十円で泣きたくもありません。念のため。
折角詠みましたので川柳だけを披露致します。
文字列を額面通りお読み下さっても、深読みくださってもよろしいかと ・・・

250702-04a 巌殿観音.jpg
ラベル:意地 愚かしい
posted by 三龍斎 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご詠歌が 響きて爽やか 岩仏 (川柳 白装束で巡礼、蒸し暑いこの頃でも爽やかです)

東松山市の板東十番観音霊場巌殿山正法寺(巌殿観音)で休息していました。
ふと、本殿に目をやると、白装束に身を包んだ九州・佐賀県からの巡礼集団がご詠歌を捧げお祈りされていました。爽やかな風が通り過ぎました。

250702-09 正法寺.jpg
posted by 三龍斎 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい餌を アリガトさんと 親鴉 (川柳 ゴミ収集日、カラスのボーナス支給日?)

こんなことは珍しい。朝からカラスがカーカー、ギャーギャー騒いでいる。
道路に出てみた。お隣の家の屋根の上で一羽の親鴉が子鴉に餌を与えている。もう一羽の親鴉が人間で言えばだみ声のような鳴き声であたりを見回しながら何かを威嚇している風。
そうだ。今日は生ごみの収集日だ。でも、こんなにカラスが喚くのも珍しい。

『いい餌を アリガトさんと 親鴉』
posted by 三龍斎 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。