2014年05月31日

今度こそ 今度こそはの 甘さかな (川柳 拉致被害者の一日も早い帰国を祈っています)

アメリカに相手にされず、頼りにしてきた中国に冷たくされ、不倶戴天の韓国と中国が仲良くなって、経済も悪化の一途で、国際社会の批判も徐々に強まって ・・・ ナンダカンダで日本に活路を求めてきたってテレビ情報番組の解説を妙に納得しています。

北朝鮮が、拉致被害者の全面調査を約束したとの報道に対するコメンテーターの反応にです。本日の新聞報道によれば、実力者2代目ミスターXなる裏の人物が仕切っているとか ・・・ 被害者家族の心境を推し量れば、拉致被害者自身の苦労を推し量れば ・・・ 私如き凡人に推し量れるわけありません。ただひたすらに、拉致被害者の一日も早い帰国を祈るのみです。

260531-1.jpg


posted by 三龍斎 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

パンドンを 二つに割れば 燃えるごみ (川柳 日本維新の会の橋下・石原代表が袂を分かつ)

石原慎太郎・橋下徹、発信力抜群の御大二人の政党、日本維新の会が袂を分かつそうですね。お二人りとも主義主張がハッキリしたお方、(マスコミを通じてだけれど)分りやすいのは良いけれど、ご本人たちの妥協や歩よりは難しいのでしょうねー

260530-4.jpg

◎「其の筋を 語る口なし 耳もなし」 だった筈ですが、つい ・・・ いい子は政治に関わってはいけません。怪我の基ですよ! 因みに、パンドンとは円谷プロのウルトラシリーズに出てくる架空の怪獣です。
posted by 三龍斎 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

其の筋を 語る口なし 耳もなし (川柳 現実の社会で政治談議、宗教談義は煩わしい)

某会館の喫煙所とでも言えばいいかな? 休憩所とでも言えばいいかな? テーブルと椅子、加えて、灰皿が備えられた野外のスペースです。時間待ちのため新聞を読んでいました。名前は知りませんが顔見知りが寄ってきて、頻りに安倍首相がどうとかこうとか、 ・・・ 公共の場所で新聞を広げていたので余程政治好きと思われたのでしょうか? ねー 私がブログを開設していて、政治ネタを投稿していることをご存じなのでしょうか? ねー

迷惑ですよねー 煩わしいですよねー 勝手に他人の政治や宗教への関心度、趣味嗜好を決めつけないで下さい! 折角にもブログでは三龍斎などと格好つけ匿名にして二重人格を演じている(言いすぎました!!)のですからホットイテー、でーす。

260504-850a.jpg
※川柳背景の写真は、埼玉県川越市の伊佐沼公園で撮影しました。
posted by 三龍斎 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

名札さげ 何処へ歩むや 老紳士 (川柳 自分が認知症? 想像するだに怖いです)

格幅良し、人品賎しからず。上場の大会社・本社の部長を務めていたと紹介されて疑いを抱かぬ風格をお持ちでした。年齢は70歳ぐらいでしょうか? でも、覇気がありません。そんな高齢の男性が名札を首に下げ我が家の側をトボトボ歩まれる光景に出会いました。

名札の意味をすぐ理解しました。今現在が想像する状況でないことは確かですが、家族が念のための対策を施されたのでしょう。現在は性能のいいナビがあるので、ご家族がそれほど心配することは無いでしょうが、それとて万全とは申せません。何年か後の、否、明日からまもしれぬ自分の姿を想像すると、辛いですねー いたたまれず急いで家に引っ込みました。

『名札下げ 何処へ歩むや 老紳士』
posted by 三龍斎 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙に 意固地なわけは ドーパミン (川柳 喫煙を続ける理由を簡単に説明できます)

タバコひと箱分でドーパミンが出る回数はなんと200回だそうです。
本日朝日新聞朝刊の「幻冬舎」の新聞広告ですが、東京大学大学院卒業医学博士・脳科学者・中野信子著 「脳内麻薬」 って本の紹介に目が止まりました。要するに、ナンダカンダ言われながらも喫煙を続ける訳はドーパミンの所為で 「気持ちよさ」 を求め続けているってことかな?

気持ちよさを求めて何が悪いと居直りできそうですね。私が喫煙を続けている理由はチョイ異なります。それを自分自身にも家族にも説明してきました。ですが、これで言い訳や説明が楽になりました。メデタシ・目出度し。

『喫煙の 気持ちいいわけ 知るや君』

『喫煙に 意固地なわけは ドーパミン』
posted by 三龍斎 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

お粗末を 絵に描きました リモコン禍 (川柳 テレビ放送が録画できない、スワッ! 故障?)

情けない話です。デジタルテレビ放送をもう何年も録画して楽しんできたのに、「電波が入りません」てなコメントについ騙され、ここ数週間デッキの故障と思い込んで、「相棒」もブログネタ元の「日曜日の情報番組」も録画せずシュンタローでした。

パソコンの故障で四苦八苦した所為で直ぐ「故障」に結びついてしまったようです。BS・CS契約をしていないのに、「CS」釦を何かの拍子で押していたのでしょう。地上デジタルボタンの押し忘れでした。でも、こんな事何度も経験ありなので、確か2〜3日前に地上デジタルボタンを押して調べたつもりだったのですが ・・・

まさか、パソコンのように外部、例えばケーブルテレビ局から悪戯が出来るとは思いません。私が知らないだけで、悪戯が可能だとしても、それをするとも思えません。中古品を買うしかないと、二度も三度も手ごろな値段の中古品を捜しに行きました。恥ずかしー 爺もとうとうボケたかと思われては癪の種です。孫には絶対内緒です。

『お粗末を 絵に描きました リモコン禍』
ラベル:故障 電化製品
posted by 三龍斎 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弔意の礼 託す友あり お蔭にて (川柳 カトリック信者の友人との別れに)

友人が帰天しました。彼がキリスト教徒(カトリック信者)とは知らなかったので友人面も噴飯ものですが、同窓会で会って差し障りない話をするだけではなく、二人だけで数時間落ち着いて話をした機会もありました。
同期生の中では実家が一番近かったので故郷の話や、禁煙の苦労話や親の葬儀・墓の建立の経費など私的で込み入った会話も出来た仲でした。

別れの式に参加できませんでしたので、共通の友人の手を煩わせてお花料を届け、告別式の時刻に一人静かに合掌しました。豪胆な人物でした。「ズボラ者!」と言いながら、許してくれたのではないかと ・・・

240528-28a.jpg
※川柳背景に写真は、埼玉県嵐山(らんざん)町で工場外壁の一部を撮影しました。
posted by 三龍斎 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

同窓会 出世頭に 酌をさせ (川柳 同窓会では世間とは異なるルールがあります)

前回の投稿で同窓会の席上で即興的に詠んだ川柳を披露しました。連動して一句詠めました。世の中と同窓会では序列が違います。大会社の社長であれ大臣であれ、万年平社員で定年を迎えた者であれ、幼友達なら鼻たれ小僧どうし、悪ガキ仲間、ガキ大将と弱虫に変わりありません。

『同窓会 出世頭に 酌をさせ』

260323-167a 入西.jpg

※掲載の写真は、埼玉県坂戸市の入西(にっさい)ニューシティの公園で撮影しました。※写真と川柳とは関係ありません。
posted by 三龍斎 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 坂戸市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また会おう 手形振り撒く 同窓会 (川柳 久しぶりです。同窓会に参加しました)

ゴミ屋敷ならぬゴミ山積みの机から、久しぶりに参加した同窓会の席で詠み披露した川柳のメモを見つけました。投稿の気は無かったのですが、それなりの訳あって行事などの写真撮影にあまり行っていない現在貴重な投稿ネタと思い直しました。私のブログ開設の本来の目的である『住い近辺を写真で紹介』って方針からまたまた離れてしまいますが、それはそれこれはこれですよね。

川柳は数多く投稿させて頂いていますが、詠めるのは大概 臨場 状態の時です。私には基礎的な文学的知識などなく川柳の仲間や師匠がいて切磋琢磨しているわけではないので、その場に行って何かを感じないとなかなか詠めません。無学の悲しさってことです。

川柳をメモったのは、他の方が近況報告されている間です。メモにはもう一句有りましたが、「同窓会」 って文言が入っていなかったのとレイアウトの都合で割愛、又、メモっていなかったのが一句有りましたが忘れてしまいました。私より相当お歳を召した大先輩も参加されていました。それらの方々には失礼な川柳ですが、出来の悪い後輩を持ったのが因果と、笑ってお許しください。

260323-161 入西.jpg
※川柳背景の写真は、埼玉県坂戸市の入西(にっさい)ニューシティの公園で撮影しました。
posted by 三龍斎 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

万緑の それもまた良し 里の寺 (川柳 緑一色、この魅力ワカルカナー!?)

我が家から、少し遠めのスーパーマーケットなどへ出かけると、その途中の景色は緑一色です。写真撮影に神社仏閣などを訪ねても境内はやはり緑一色です。私たちには見慣れた風景ですが、繁華街や住宅密集地にお住まいの方々にとっては、この緑が堪らぬ魅力だろうなーと、いつもヨメと話し合っています。

260426-541d 中院.jpg

※川柳背景の写真は、埼玉県川越市の天台宗別格本山・星野山無量寿寺中院で撮影しました。
ラベル:緑一色 初夏
posted by 三龍斎 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

その年じゃ 接骨院の 常連さん (川柳 年相応のスポーツがよろしいかと!?)

時々訪れる公園の野球場で、私とそれほど歳の差が無いとお見受けする高齢の方々のソフトボール試合を見て、止せば良いのに、若者に負けるものかとの気概のほどは分らなくもありませんが、気は若くても 「年寄りの冷や水ですよ」 と言いたくなるのを我慢しています。
・・・ 余計なお世話と言われかねません。ですから、黙って見ています。

『その年じゃ 接骨院の 常連さん』
posted by 三龍斎 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

献立は チラシ次第の 夕餉かな (川柳 奥様方が考える毎日の献立に敬服!)

ヨメから度々 「何が食べたい?」 と尋問されます。毎日毎食の献立に頭が痛いのは分りますが、さりとて何が食べたいと問われても困ります。「オレ食べる人」と躱すのが通例です。ビフテキ! スキヤキなどと呟いてもお取り上げ下さる訳がありません。そんな時、強ーい味方は新聞のチラシ。スーパーマーケットの大売出しに釣られてのアッシー君なら喜んで務めます。

『献立は チラシ次第の 夕餉かな』

※今回も、いい川柳が詠めたと悦に入っています。自画自賛でーす。
posted by 三龍斎 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

コピペこそ パソコン利用の 醍醐味さ (川柳 コピペ出来なきゃーパソコンでない)

理化学研究所ユニット・リーダー小保方晴子氏のSTAP細胞論文でコピペが話題になりましたよね。今度は参議院本会議に提出された医療・介護推進法案の配布資料のコピペのヘマがテレビ・ネタになっています。私など年がら年中報道記事のコピペです。コピペを悪者扱いは困ります。でもねー 研究論文や法案では影響が大きすぎます。下手なコピペは考えものです。

260311-77a 安楽寺.jpg

※川柳背景の写真は、埼玉県吉見町の安楽寺(坂東十一番札所・吉見観音)で撮影しました。
posted by 三龍斎 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

咬み犬を 追い払わずに ニャンとする (ダジャレ川柳 鼠が猫を咬むなら、猫は犬を追い払います)

外国のお話し。飼い主の子供が犬にかまれたのを目撃した猫、猛烈な勢いで犬を追い払う防犯カメラの映像がネットに投稿されて評判を呼んでいます。
頼もしい猫ですねー ユーチューブでご覧あれ。

260311-87b.jpg
posted by 三龍斎 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打ち水も 涼しげなりや 一之宮 (川柳 神社だって暑い、埃っぽい日は水を撒きます)

官幣大社、武蔵一之宮 大宮氷川神社 へは度々参詣します。時間待ち或いは写真撮影にです。この神社で、このような風景に出合ったのは初めてです。4月末、午後3時ごろの撮影。

260426-557c 大宮氷川神社.jpg

※掲載の写真は、埼玉県さいたま市の官幣大社・武蔵一之宮・大宮氷川神社で撮影しました。
ラベル:おもてなし 散水
posted by 三龍斎 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国さいたま市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

どぶ川に メタボ候補の 鯉二匹 (川柳 浄化効果を狙って鯉を放流しても・・・)

通院の途中突如体調悪化、やむを得ず車を止めて暫し休息。
周りは、田植え準備中の稲田のみ。コンクリートで固められた用水路を何気に眺めていたら、鯉が二匹じゃれついているではないか!
綺麗な湧水の生活用水路などでは汚さぬよう鯉を飼っている場合があるのは知っているが、どぶ川としか言いようのない(元)小川で鯉を飼っても効果ないと思いますが、ねー

230505-108a 習志野.jpg
ラベル:用水路 どぶ川
posted by 三龍斎 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

物知りに 問う手間省く 知恵袋 (川柳 インターネットは物知りですよね!)

高校の同級生が帰天、葬儀はカトリック教会で行われるとの連絡を受けた。
私は仏教の作法に従う一般的(?)日本人だけど、生前の温かい交流の故を以て、是非とも「葬儀のミサ」に参加したい。運悪く通院予約日。教会に確かめたら「通夜のいのり」は行われないとのこと。困った挙句、カトリックとは別の流派だが私よりも「弔意を表す」作法に詳しいだろうと、ご近所の某氏に教えを請い、且つ、インターネットで調べてみた。

キリスト教系の葬儀は「死を悼み弔意を表す場」ではなく、「復活を祈る場」なのだから、遺族に対しても「ご愁傷さま」でなく、「復活の祈りに参加させて頂いてありがとうございます」らしい。弔電にするとすれば自分の言葉で出したい。カトリックの基本的な考えを理解していないのでネットに例文が載っていても無理だ。「お花料」を受け取られる場合もあるそうだ。受け取られた場合それを何処かへ寄付されるとか、何かの足しに使われるとかなど、扱いはご遺族のご意思にお任せすればいいそうだ。葬儀のミサに参加する(ミサに与かる)友人に、ご遺族へお花料を渡してほしいと頼んだが、これでいいのかな?

260518-1.jpg

※川柳背景写真の花の名前は「シオン」です。花言葉は、「遠方にある人を思う」「思い出」「君を忘れない」「追憶」です。
posted by 三龍斎 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

パソコンは 厄介者にて ござそうろう (川柳 馬鹿と鋏は使いようとか申します)

コンピューターってのは、マッコト厄介な代物ですよね。今日も今日とて、当該ブログの本体がトラブルで6〜7時間アクセス出来ませんでした。私に至っては、つい先日まで6ヶ月間もパソコン障害に悩まされていました。

260517-1 大判焼き.jpg

※川柳の表面上の意味は、「馬鹿と鋏は使いようと申しますがPCもマッコト扱い辛いもの」ほどの意味ですが、実は、「ござそうろう」に別の意味を込めました。埼玉県川越市にある丸広百貨店の地下食品フロアーで売っている「ござそうろう」って大判焼きがこれまた安くて美味でして、それでもって、パソコンは結構良い代物だと裏では言っておるので御座候!
posted by 三龍斎 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

流行りかい 売り場でウロウロ 野球帽 (川柳 野球帽も被る場所と人次第ですね)

度々買い物に来るスーパーマーケットでの出来事です。レジの側に行くと何か異様な感じがしました。違和感とでも言うのでしょうか? 店内を見渡して直ぐ違和感の正体に気付きました。

私とさほど年齢差が無さそうな爺がやたら多く居て、彼らの殆どが野球帽を被っているのです。私は男のお洒落なんてのは女々しい(失礼、差別用語でした)と思っているシーラカンス族です。毎朝の整髪が面倒で外出時は大抵お洒落度外視の野球帽か麦わら帽子姿です。今朝スーパーマーケットで見かけた大勢の高齢者もシーラカンスを自認なさっているのでしょうか?
まー、他人様が野球帽を被ろうが山高帽を被ろうがどうでもいい事でした。

『流行りかい 売り場でウロウロ 野球帽』

『野球帽 数えてみたら 十三人』

260507-836a 伊佐沼.jpg 
※掲載の写真は、埼玉県川越市の伊佐沼公園で撮影しました。※川柳・雑文とは関係ありません。
ラベル:野球帽 お洒落
posted by 三龍斎 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒りチョイ 喜びほどほど 無事が良し (川柳 足るを知るって心境になると、もう終末?)

昨日放送された さんまの「ホンマでっか!?TV」 を先ほどビデオ視聴しました。結構面白かったですよ。マッコト、ホンマでっかって内容でした。天下泰平です。はらわたが煮えくり返る程の事もなく、歓喜と言うほどの喜びもなく、そこそこ面白いテレビを見て一日を過ごす。毎日がこれでは一段とボケが進みますが、波乱万丈の毎日よりも余程いいですよね!

260503-814b 竹灯.jpg

※川柳背景の写真は、埼玉県坂戸市の「竹灯の夕べ」で撮影しました。
posted by 三龍斎 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。