2009年02月06日

鬼鎭(きじん)神社が埼玉県嵐山(らんざん)町にあるって事を知らなかった!

節分の豆まき行事で、普通は「福は内、鬼は外」と叫びながら鬼払いを行うが、鬼鎭(きじん)神社では「福は内、鬼は内」と叫びながら災難よけを願う ・・・ 珍しい神社があるって話は知っていた。

一方、群馬県に鬼石(おにし)町があって、大昔だが子供たちと神流川へ川遊びに行ったことがある。情けない話だが、"鬼"並びで、鬼鎭神社は群馬県の鬼石町にあると勝手に思っていた。確かめた事がなかった。確かめる必要も無かったからだ。

過日、節分が近付いた時、それまで「豆まき」行事は写真撮影しなかったがブログ投稿のネタも切れたことだし、今年はどこかに行ってみよう ・・・ さて、何処にするか? となった時、川越の喜多院や成田山別院、東松山市の箭弓稲荷神社、そして、新聞で坂戸市の大宮住吉神社の事を知って候補に上げたが、鬼鎭神社は埼玉県外なので候補にしなかった。

悲しいねー 長い間、埼玉都民だった所為だろうーね! 鬼鎭神社が 埼玉県嵐山(らんざん)町にあることを知らなかった。昨日面白半分にインターネット検索をしていて、鬼鎭神社が嵐山町にある事を知り、アチャー である。体力があれば、体調が崩れなければではあるが、時間的に午後1時ごろは川越、午後3時ごろは嵐山、午後5時ごろは坂戸と、渡り取材が可能だった。来年でないと、珍しい嵐山町の鬼鎭神社の豆まき行事を取材できぬ。クヤシーである。

仕方がないから、本日(2009/2/6)、退屈紛れに鬼鎭神社を訪れてみた。
掲載の写真がそれである。由緒書もメモってきたが、多くの記事がインターネットに投稿されているのでそちらに譲ろう。

◎ 次の小さなサムネイル写真をクリックし、大きく映してご覧下さい。
210206-06 嵐山鬼鎭神社.jpg  210206-11 嵐山鬼鎭神社.jpg  210206-12 嵐山鬼鎭神社.jpg


posted by 三龍斎 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 嵐山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。