2009年05月29日

国蝶 オオムラサキの里(嵐山町)に行って来ました。

彩の国(埼玉県)嵐山(らんざん)では、国蝶オオムラサキを保護している。もう、そろそろ、そこいらを舞っているかな? と期待して、蝶の里(蝶の公園)に行ってみた。一昨日のことである。話好きな管理のおじさんの話では羽化するのは6月下旬だそうである。私が素人カメラマンと知ったおじさんは、オオムラサキを綺麗に撮影できる 秘策 を伝授してくれた。それは ・・・
オット ドッコイ! 投稿してしまえば、秘策でなくなってしまう。お許し願おう。
掲載の写真は、オオムラサキがその樹液を吸って生きるエノキ(榎)の大木である。白い袋で、卵が産み付けられている所(葉っぱ)を覆い天敵から保護しているのだ。

210527-165 エノキ・オオムラサキ.jpg


posted by 三龍斎 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 嵐山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。