2010年06月09日

小花つけ 実のなる日を待つ 土手の柿 (俳句 自然保護区)

久しぶりである。国蝶オオムラサキを撮影しようと埼玉県嵐山(らんざん)町の「蝶の里」を訪ねた。ほんの少し早すぎてその姿は撮影できなかったが、同所ではもう直ぐ「ホタル」も見ることが出来る。考えてみれば大変なことだ。大都市東京中心部の職場に通勤可能な場所で日本の原風景が見られるのである。愉快かなである。

小花つけ 実る日を待つ 土手の柿

220609-70 柿の花.jpg
☆平成22年6月9日 埼玉県嵐山町の「蝶の里」側を流れる都幾川の土手で撮影


posted by 三龍斎 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 嵐山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。