2011年02月03日

盗む人 盗まれる人に 福授け (川柳 【鬼は内】と豆をまく埼玉県の鬼鎭神社)

節分の豆まきで 【鬼は内】 と鬼を福の神として崇めることで有名な、埼玉県嵐山(らんざん)町の節分会を写真撮影してきた。神社の名前は、【鬼鎭(きじん)神社】である。
神社関係者、警察が何度も何度もしつこく警告していたのが、福を頂こうと夢中になる男性のズボンのポケットから財布を掏り取る人の存在。願わくば、盗むひとにも、盗まれる人にも隔てなく福が授かりますよう。
盗む人 盗まれる人に 福授け

230203-55 鬼鎭神社.jpg
写真は、平成23年2月3日、埼玉県嵐山町の鬼鎭神社の節分会風景。
【福は内、鬼は内】と鬼を神として崇めていることで有名。


posted by 三龍斎 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 嵐山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。