2006年12月15日

華やかな紅葉は終わりました! 12月15日の鎌北湖

京都では美人の事を はんなり と言う ・・・ らしい。”はんなり”とは、京都独自の言葉で、華やかで上品な女性を賛美して呼ぶ言葉である。陰気な方や毒々しい方々を京都では決して美人とは言わない ・・・ らしい。


ホンマニ ハンナリサンヤナー ! と言う風に使うのではないかと想像している。どんなに美しい女性も年を取る。年を取るに応じて人間的な磨きを掛けて下されば益々魅力的になるものだが ・・・


桜やモミジは華やかな瞬間を見せてくれるが、数日間あるいは数週間で華やかな美しさを失ってしまう。でも、人間とは異なる。次の年に再び同じ華やかさを見せてくれる。


掲載の写真は、12月15日の鎌北湖の紅葉の模様である。これらの風景を美しいとご覧になるか否かは、ご訪問者の ・・・・・・・・
少なくとも、この時期に素人カメラマンは見かけない。物好きは私だけのようだ!


181215171 鎌北湖.jpg      181215159 鎌北湖.jpg


181215160 鎌北湖.jpg      181215163 鎌北湖.jpg


181215164 鎌北湖.jpg      181215165 鎌北湖.jpg


181215166 鎌北湖.jpg      181215167 鎌北湖.jpg


181215168 鎌北湖.jpg      181215170 鎌北湖.jpg


181215154 鎌北湖.jpg      181215172 鎌北湖.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。