2014年11月09日

見聞録: 埼玉県嵐山(らんざん)町で行われた古式火縄銃実演を撮影してきました。

平成26年11月3日、埼玉県嵐山(らんざん)町の菅谷館跡で行われた 嵐山時代まつりの古式火縄銃実演(川越市の「獅子の会」が主導)を撮影してきましたのでご披露します。
嵐山町は 木曽義仲や畠山重忠 といった武将や城跡などが近隣ではチョイ有名です。
日本で最初の林学博士である本多静六博士が昭和の初期にこの地を訪れた際、京都の嵐山(あらしやま)の景色に似ていることから、その絶景に思わず感銘し、“武蔵国の嵐山(むさしのくにのあらしやま)”と命名され、現在の町名・嵐山(らんざん)の由来ともなっています ・・・ と町のHPに載っています。

261103-46b 嵐山時代まつり.jpg 261103-98b 嵐山時代まつり.jpg

261103-203b 嵐山時代まつり.jpg 261103-232b 嵐山時代まつり.jpg


posted by 三龍斎 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 嵐山町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。