2017年03月03日

『川柳: 旅嫌い 思い込ませて 行かぬ旅』 旅に行かなければ掛け捨ての恥をかかずに済みます。

三度三度の献立を考え調理し後方付けをする事から解放されるのなら受け入れてもいいと思うそうである。でも、やはり駄目だそうだ。旅が終われば以前とおなじになるからだそである。何のこと? 女房殿の旅行嫌いの事だ。酷いものである。ウン十年の務めが終わり記念にと日本列島近海のクルーズ船を無料で行けるようになったのに一発で断られてしまった。

280219-345e.jpg

280630-3s.jpg


ラベル:旅の恥
posted by 三龍斎 at 01:27| Comment(0) | 習作川柳(倫理・道徳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。