2016年04月26日

川柳: 市松模様 一番いいと 思ってた (2020年東京オリンピック・エンブレムが組市松紋に決まりました)

昨日、2020年東京オリンピックのエンブレムが決まったと報道されました。野老朝雄(ところあさお)氏、組市松模様(紋)の作品だそうです。早速テレビ報道番組出演者の何人かが「候補作品の中で一番いいと思っていた」と申されていました。ソレデヨカヨカ! これからドンドンそのように発言なさる方が現れるでしょう。それでいいのです。それが日本です。そこで一句。

『川柳: 市松模様 一番いいと 思ってた』

Q.不満なようですね。では、「三龍斎」はどれが一番いいと
  思っていたのですか?
A.本心を言っていいですか? ならば言いましょう。
  おいらは所詮「田舎っぺ」ですから、デザインの良し悪しなどさっぱり
  わかりません。ですが、最初騒がれたころにネットで公開された五色を
  使った富士・桜・扇子などの図柄の方がよっぽど良いと思っています。
  市松模様では陰気です。

280426-1e freestock.jpg

(川柳背景のイラストは、制作者freestock氏です)

280613-5-2 トップページ.jpg


posted by 三龍斎 at 03:29| Comment(0) | 習作川柳(オリンピック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。