2016年04月27日

川柳: 近道と 選んだ路地が 行き止まり (三菱自動車が25年も前から燃費試験データの不正操作)

一体何を、誰を信じればいいのでしょうか?
三菱自動車が以前リコール隠しをしてスキャンダルになったのは承知していましたが、今日の朝日新聞朝刊によると三菱自動車は25年も前から燃費試験データの不正操作を行っていたそうです。経営陣が立てた燃費目標値が仇となったらしいです。協業相手の日産自動車が 届け出と実際の値の違い に気付いたとか、・・・
平成28年4月27日 東洋経済オンライン
三菱自動車は25年も不正試験を継続していた 「燃費目標引き上げ」も圧力に
『川柳: 近道と 選んだ路地が 行き止まり』

280427-1e.jpg
(掲載の路地の写真は、freebies-ad.com から借用しました)

追記: ここの記事を投稿して、一時間ほど経過して、ふと、あることに気付きました。
車の燃費競争で後れを取っていた三菱自動車は、経営陣が実力以上に目標を高く掲げて現場にハッパを掛けたために担当部門が取りあえずデーターを誤魔化すとの対応をしたと思われます。別の道として、他社に産業スパイを潜らせるとか競争会社の社員に裏切らせ設計図を盗用するなどの手段を取らなかったのが唯一の救いとも言えます。スパイを大勢養成している国ならはぐれ者が産業スパイを働く可能性が高いですから、・・・

280613-5-2 トップページ.jpg


posted by 三龍斎 at 17:55| Comment(0) | 習作川柳(倫理・道徳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。