2016年04月27日

『川柳』 病人の 姿見えぬは 論俟たず (健康診断を受けるのは健康な人? 当然です。病気を見つける為ですから)

町が主催して実施している老人対象の健康診断に行ってきました。検診の種類は、基本的な心電図、尿検査、血液検査でした。現在三人の医師のお世話になっていますが、偶々内科医ではないので必要な検診です。今、私が恐れているのは糖尿病と認知症です。何れも食事などには女房殿が頑張ってくれていますが、疑わしい自覚症状が時々現れます。糖尿病と判断されたら一生もので苦しい食生活が待っているかと思うと憂鬱です。

『川柳: 病人の 姿見えぬは 論俟たず』

280427-2e ポケットの中のアルバム.jpg

(掲載のイラストは、”ポケットの中のアルバム”から借用しました)

280613-5-2 トップページ.jpg


posted by 三龍斎 at 18:46| Comment(0) | 習作川柳(病気・健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。