2016年05月04日

『川柳』 連れもって 約束通り お披露目し (金襴に続いて銀蘭を撮影してきました)

絶滅危惧種の貴重な草花『銀蘭(ギンラン)』は、金襴(キンラン)が咲いている側に凡そ一週間遅れで咲きます。金襴を撮影したのは4月30日です。その2〜3日前には咲いていた筈です。5月2日に銀蘭が連れもって咲いているのではないかと見当を付け、埼玉県鳩山町の某所を訪れてみました。目立ちませんが期待通り咲いていました。曇りで午後5時頃の撮影でしたので鮮明な写真ではありませんでした。
そこで、5月4日、再び訪れました。小さな花で目立ちませんが、昨夜の雨と太陽の恵みで清楚な姿を見せてくれました。

280504-359e.jpg

280613-5-2 トップページ.jpg


posted by 三龍斎 at 13:07| Comment(0) | 習作川柳(四季折々・春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。