2016年06月27日

鬱陶しい季節です。当たり前です。梅雨ですから。

毎年のことです。間違いなく鬱陶しい梅雨の訪れです。いいのです。梅雨が来て過ぎ去らなければ夏が来ませんし、夏が来なければ爽やかな秋も訪れません。だから鬱陶しくても梅雨の訪れを歓迎しましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(川柳) 鬱陶しい 気にすりゃ尚更 鬱陶しい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

川柳背景の写真、珍しいと思います。残念ですが花の名前を知りません。名前など知らなくていいのです。野山が緑で覆われ花が咲き乱れ小鳥が我が世の季節と飛び交えば、それでいいのです。

280618-420t.jpg

280630-3s.jpg


ラベル:鬱陶しい 梅雨
posted by 三龍斎 at 16:12| Comment(0) | 習作川柳(四季折々・夏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。