2016年07月11日

参議院選で「支持政党なし」って政党が60万票も獲得したそうです???

ここの所、舛添氏の不祥事に続いて東京都知事選立候補者の動向に興味津々で参議院選など眼中にありませんでした。申し訳ありません。投票は済ませましたのでお許しください。そんな状況でしたので、今日はひねもすテレビに噛り付いて参議院選結果分析を拝聴いたしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(川柳) 支持政党 なしとはつれない 60万
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


面白いと申せばよろしいのでしょうか?
今回の参議院選の実際の選挙で東京選挙区と比例区に 『支持政党なし』 って名称の正式の政党が複数の候補者を立て比例区で60万票も獲得したとか! 議会制や政党や政治屋に不満があって投票しなかったり、投票用紙に意見を書いても表面には現れません。間違いでなく、冗談でなく、バーチャルの世界の話ではありません。議会制民主主義をインターネット直接民主主義に変えるプロセスに挑戦しているのだそうです。恐れ入りました。

280711-1s.jpg
支持政党なし、60万票獲得のポスター戦略 佐野代表「次回も挑戦

 今回、「支持政党なし」は、東京選挙区の4人など選挙区に計8人、比例区に2人を擁立し、初の議席獲得を目指してきました。東京選挙区では、候補者名がなく「支持政党なし」と書かれたポスターが横一列に並んだ光景に、思わず足を止めたり、写真を撮る人も出ていました。

 ネット上では、党名の紛らわしさを指摘する声がある一方、「出口調査に現れにくいから、開票してみないとわかない」という分析も。筑波大学助教の落合陽一さんは自身のツイッターで「議会制民主主義をインターネット直接民主主義に変えるってプロセスに挑戦してる」と指摘しました。


posted by 三龍斎 at 17:52| Comment(0) | 習作川柳(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。