2008年06月09日

終身刑創設に、賛成ですか? 反対ですか?

たまたま、終身刑の是非論が紙上討論されていた。
その中で、作家であり元刑務官だと言う坂本敏夫氏が終身刑反対を述べられていたが、その文中に次のような一節があった。
二度三度読み返した ・・・
想像や他人の文献からではなく、長い実務から導き出されたものだ。
心を打つ、値打ちある一節である。説得力がある。

希望の存在は人を前向きにするし、立ち直るきっかけにもなる。

終身刑ができると、受刑者は何を支えに生きていくのだろう。

・・・・・


罪を犯して罰を受ける身でなく、普通の人間が普通の生活をする上であっても、
希望の無い日々の何と空虚なことよ!

20060715 自宅.jpg


ラベル:終身刑 紙上討論
posted by 三龍斎 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 暇老人の縁側談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。