2012年04月23日

埼玉県小鹿野町の春まつり、『屋台の引き回し』 の様子をご紹介します。

去る4月20日〜21日、埼玉県小鹿野(おがの)町で、同町の小鹿(おしか)神社の例大祭に合わせて、小鹿野パンフ.jpg『小鹿野春まつり』 が行われました。
その20日の様子を撮影してきました。
20日の午後5時30分からは、同町の売り物である 【小鹿野歌舞伎】 が披露されましたが、当方の都合、体力・気力に難ありで、残念ながら今回、歌舞伎の模様は紹介できません。
・・・・ ってことで、六台の屋台の内の二台が引き回されたのでその模様をご紹介いたします。
天候も残念ながら小雨模様、
屋台はシートで覆われています。
★左の画像は、雨が降っていなければ繰り出される予定だった 『笠鉾』 です。 パンフレットのコピーでしか紹介できないのが残念!

240420-17 小鹿野.jpg 240420-19 小鹿野.jpg

240420-29 小鹿野.jpg 240420-41 小鹿野.jpg

240420-44 小鹿野.jpg 240420-46 小鹿野.jpg


posted by 三龍斎 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小鹿野町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

埼玉県小鹿野(おがの)町での『春まつり』の模様(手古舞衆)を紹介。

埼玉県小鹿野町で行われた(小鹿=おしか神社例大祭)小鹿野春まつりの模様を紹介します。写真撮影は、小雨降る昨日、4月20日です。大々的に祭り一色になるのは、本日21日です。自動車運転・山道往復110キロメートルの連日の撮影行脚は、体力的に限界を超えており、ガソリン代もタマランので、不満足な写真しか撮影できず、不承不承(?)の掲載です。小鹿野春まつり・山車行事の手古舞衆は全員「女子中学生」です。華やかです。祭りの雰囲気をお伝えするのには不可欠の存在ですが、特殊な一部の方々の淫らな興味の対象にされたのでは投稿者(私)の意図が捻じ曲り、不本意です。そこで、解決策の一つとして、手古舞衆の顔が鮮明に映っている写真は小さく投稿しました。

240420-06 小鹿野手古舞衆.jpg

240420-08 小鹿野手古舞衆.jpg 240420-23 小鹿野手古舞衆.jpg

240420-33 小鹿野手古舞衆.jpg 240420-61 小鹿野手古舞衆.jpg

240420-79 小鹿野手古舞衆.jpg 240420-97 小鹿野手古舞衆.jpg
★6枚の手古舞衆の顔が映っている写真のダウンロードやご利用は硬くお断りいたします。
posted by 三龍斎 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小鹿野町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

埼玉県小鹿野町で、春まつりが行われています。歌舞伎も上演されます。

ウン十万円もするカメラを二台ぶら下げて、埼玉県小鹿野町の 歌舞伎 を撮影するため、はるばる神戸から14時間かけて 小鹿野春まつり にやってきたと言う高齢の女性に出会った。車の運転はアッシー君だから苦労なしとのことだが、女性素人カメラマンもここまで ・・・ 明日が「春まつり」の本番である。小雨の中の今日の写真は不満足だが、先ずは、初めて訪れた小鹿野(おがの)商店街の風景をご披露である。
※プチ情報:小鹿野町は『おがの』と読み、小鹿神社は『おしか』と読むそうである。

240420-99.jpg

240420-01 小鹿野.jpg 240420-02 小鹿野.jpg

240420-05 小鹿野.jpg 240420-100 小鹿野.jpg
posted by 三龍斎 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小鹿野町見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。