2016年05月08日

『川柳』 老夫婦 揃いの柄で 正法寺 (願い事があっても無くても新緑のお寺参り、気持ち良いですよ)

去る5月5日、こどもの日、ふと思い立って、埼玉県立こども動物自然公園で写真撮影しようかなと思い出かけましたが混雑していたので坂東十番札所岩殿観音へ足を運びました。いいお天気でした。30分程の休息の間に5組ものご夫婦そろってのお参りに出会いました。珍しいことです。ペアールックの老夫婦を見かけました。珍しいことです。

280505-373e.jpg

(川柳背景の写真は坂東十番札所岩殿観音(岩殿山正法寺)、手前の大きく映っている建物は仁王門、左に小さく映っているのが釣鐘堂)

280613-5-2 トップページ.jpg


posted by 三龍斎 at 15:06| Comment(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

『川柳』 囀りも 厳かなりや 正法寺 (坂東十番札所岩殿山正法寺・岩殿観音に立ち寄りました)

埼玉県立こども動物自然公園の側を通りました。今日は5月5日、『こどもの日』、入園料が無料です。今日に限りませんが休日は子供サービスデーです。公園の周りは車、車、・・・ 早々に立ち去り坂東十番札所、岩殿観音(いわどのかんのん)正法寺(しょうほうじ)を訪れました。

280505-380e.jpg

280613-5-2 トップページ.jpg


posted by 三龍斎 at 13:25| Comment(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

『川柳』 桜散り ツツジの頃の 心地よさ (東松山市・物見山のツツジが綺麗に咲いていました)

埼玉県東松山市岩殿の 物見山公園 の側を車で通りました。住まい近辺の桜は未だ咲かぬものもありますが、今や真っ盛りで見ごろです。でも、散ってしまったものもあり、散った桜の代りに早くも物見山公園の大きな株の ツツジ 一株が華麗に咲いていました。物見山公園は小さな山になっていて全山を覆うツツジで有名です。

270416-61e.jpg

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 22:05| Comment(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

『見聞録』 埼玉県東松山市・武州米山薬師(常安寺)の河津さくらが咲き始めました。

近くに所要あり。フト、早崎の桜が咲き始めているのではないかと埼玉県東松山市の常安寺(武州米山薬師)を訪れました。ドンピシャ! こんなにも寒いのに、駐車場の 河津さくら が咲き始めていました。

280226-442 常安寺.jpg

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 11:30| Comment(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

川柳: 山寺や 昼寝で憩う 果報者 (札所の有名寺院ですが、ノンビリ昼寝が出来る時もあります)

一昨日の事です。梅雨だと言うのにいいお天気で爽やかで、マッコト散歩日和でした。そこで、散歩を埼玉県東松山市の坂東十番札所巌殿山正法寺(岩殿観音)まで頑張りました。体調不良は如何にもし難くクッタクタ、コンクリートで作られたベンチ・モドキでお昼寝と相成りました。ほんの暫くいい気分でしたが、携帯が鳴り女房殿から用事が有るから帰宅せよとのご命令、アチャー

270613-68s 正法寺.jpg
ラベル:岩殿観音
posted by 三龍斎 at 21:44| Comment(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

川柳: 山門が 隔てる浮世に 情けあり (この世には愛も憎しみも怒りもあります。魑魅魍魎の住み処でもあります)

川柳背景の写真は、埼玉県東松山市の常安寺(武州米山薬師)の土壁の飾り窓です。常安寺へは度々訪れ写真を撮らせて頂いていますが山門の一部の土壁の飾り窓からの風景を撮影するのは初めてです。

270523-13s 常安寺.jpg
posted by 三龍斎 at 13:54| Comment(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

川柳: 草花も 寄らば大樹で 生き残り (草花も寄生(?)が楽でいいのかな?)

そういう環境にあればですが、私たち凡人は”寄らば大樹”と決め込めば真に具合がいいですよね。掲載の写真は、桜の古大木の割れ目に生えていた”シャガ(?)”です。多分誰かが面白半分に移植したのだと思いますが、元気に生き抜いていました。比企の里の古刹での光景です。

261007-154b 寄生.jpg
posted by 三龍斎 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

川柳: 仁王さま 横から見ても 頼もしげ (坂東十番札所・岩殿観音の仁王像の撮影写真が気に入っています)

掲載の写真を何度も何度も、良い写真が撮れたなー、と、じーと眺めています。埼玉県東松山市の巌殿山正法寺、坂東十番札所・巌殿観音の山門の仁王像です。この仁王像、以前にも紹介していますが写真から受ける感じが全く異なります。柿が良く取れたと先日 ”撮影した写真にも我が心の有り様が写ります” と川柳を合わせて投稿していますが、今回も気に入った写真が撮れて悦に入っています。今回は、女房殿に勧められて気分よく散歩に出かけたとの背景があります。三流のアマチュア・カメラマンであることは十分承知しています。自己満足でいいのです。

261007-156s 正法寺.png
posted by 三龍斎 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川柳: その日には 黄金一色 正法寺 (東松山市の巌殿観音を訪れました)

久しぶりに立ち寄りました。
埼玉県東松山市の坂東十番札所 巌殿観音(正法寺) にです。川柳背景の写真の右側は銀杏の大木です。来たる日には境内を黄色一色に染めます。

261007-151a 正法寺.jpg
posted by 三龍斎 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

巡礼を 真っ黄々で お出迎え (川柳 岩殿観音の大銀杏が見ごろです)

巌殿観音の大銀杏はかなり有名です。掲載の写真は、11月25日に撮影しました。わざわざ、埼玉県東松山市の 坂東十番観音霊場 巌殿観音(正法寺)の大銀杏 だけを見学に東京からもお越しになります。ここ一週間が見ごろと思います。

『巡礼を 真っ黄黄で お出迎え』

251125-129a 岩殿観音.jpg
※掲載の写真は、埼玉県東松山市の正法寺(巌殿観音)で11月25日撮影しました。
ラベル:大銀杏
posted by 三龍斎 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

埼玉県東松山市の 神戸(ごうど)神社 の由緒書を見つけました。

埼玉県東松山市の郊外を何気に走っていたら、随分と立派な しめ縄 で飾られた小さな神社を発見。否、神社の存在は知っていたが、写真にならないので今までは見過ごしていた。
ここ神戸神社で、今月の24日、25日に獅子舞が奉納されるそうである。
神戸は、「こうべ」でなく、「ゴウド」。
神戸の獅子舞
神戸の獅子舞は七月二十四日、二十五日の夏祭に、神戸神社で奉納される。獅子舞の由来はつまびらかではないが、獅子の太鼓に 寛政三年(1791)六月吉日、太鼓屋三左衛門 と墨書されている。
この獅子は、昔は善能寺から出たものだが、寺が焼けてからは総代の家から、やがて社務所から出るようになった。旱魃の年には鞍掛淵の河原で雨乞獅子を舞い、又伝染病の流行した年には悪魔祓いに獅子が村中を廻ったという。
獅子は「メジシ」、「ナカジシ」、「ホーガン」と呼ぶ一人立ちの三匹獅子舞で、昇殿カグラ、ドジョウネコ、中のカグラ、メジシカクシ、トンビカエシ等を舞う。その特色は「村まわり」をし、「土俵」の中で舞うことである。

250709-02 神戸神社.jpg
ラベル:獅子舞
posted by 三龍斎 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

埼玉県東松山市で、「第一回物見山つつじ祭り」が行われました。

去る、平成25年4月27日、埼玉県東松山市の物見山で、『第一回 物見山つつじ祭り』 が行われました。チンドン屋や和太鼓の演奏と共に高坂地域で伝えられてきた 「麦打ち唄」 が披露され、華を添えました。
案内ビラを頂いて来たのでその内容を紹介します。
= 麦打ち唄 =
岩殿山で鳴く鳥は  声もよし音もよし岩のひびきで
坂東十番岩殿山は  つつじにわらびにきのこがり
おおたけ山の黒雲は  あの雲がかかれば雨か嵐か
お前とならばどこまでも  九十九谷の中までも
麦打つ音のさやけさに  空も晴れ日も照る歌がながれて
『解説』
以前農家では、大麦かりそして麦の穂落としが終わると収穫した麦を庭先に広げ乾燥させます。十分に乾くと今度は、麦の先に付いている針のようなノゲを取り去る作業をこの くるり棒 で行います。この仕事は真夏の炎天下に行われるため重労働でしたので、この苦労を和らげるため歌われたのがこの「麦打ち唄」です。
一説によると、今から四百年の昔、武田の落ち武者が甲斐の国から旧亀井村に持ってきたものと伝えられています。

250427-101a 麦打ち唄.jpg
posted by 三龍斎 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

明日、土曜日、埼玉県東松山市で「物見山つつじ祭り」が行われます。

埼玉県東松山市の物見山で、明日(2013/4/27)「第一回物見山つつじ祭り」が行われます。
ポスターが貼ってありました。その内容をご紹介します。
交通:東武東上線高坂駅西口 鳩山ニュータウン行きバス 大東文化大学前下車5分
   物見山駐車場100台 無料!
※※ アトラクション ※※
●11:00〜
 「番匠一座」夢ちんどん
●12:00〜
 麦打ち唄保存会による民俗芸能
●13:00〜
 高坂太鼓の演奏
●岩殿地区スタンプラリー開催
 (集めた方には粗品進呈)
※※ 出店 ※※
●東松山市商工会高坂支部による飲食物の販売
●地元農産物等の販売
●まっくん・あゆみん キャラクター・グッズ等販売
主催:高坂地区ハートピアまちつくり連絡会
問い合わせ先:高坂市民活動センター 0493-34-3730

250426-108c 物見山.jpg
※写真と雑文・川柳とは関係ありません。本日(4月26日)朝、撮影しました。
posted by 三龍斎 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

あの悍ましい 赤紙 を、ご覧になったことがありますか?

偶然である。あの悍ましい 先の大戦の赤紙(臨時召集令状) の本物が、埼玉県平和資料館に、展示されているのを知った。資料館のホームページに写真が掲載されていたが、横240ピクセル、縦150ピクセルと小さい。
出来ることなら大きく紹介したい。資料館のものを写真撮影させて頂ければと、足を運んだ。予想通り、館内撮影禁止。数年前も撮影禁止だった。もしかして変わっているかもと期待したが ・・・
★上段左の写真は、
 明らかに戦争世代と思しき老夫婦が駐車場から資料館に向かわれる途中である。人物を撮影することは可能な限り避けているが、この情景は例外。偶然撮影できたのだが、三流素人カメラマンとしては 秀作 と悦にいっております。

240508-02 平和資料館.jpg 240508-04 平和資料館.jpg

240508-05 平和資料館.jpg 240508-07 平和資料館.jpg
★上段左の写真を大きく映して、カミサンに感想を求めた。カミサン曰く。この情景は、昨日の夫婦喧嘩について語り合っており、旦那が 「ゴメンナ」 と謝罪、カミサンが 「ヤッパリ アンタガ ワルイノヨ!」 と云っているとしか見えないそうだ。事実誤認だ! 控訴だ! 高裁で逆転だ!
★追記 2012/6/11 赤紙の画像をネット検索してみたら、バッチシ掲載されていました。
posted by 三龍斎 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県東松山市の常安寺の、シャガ(著莪)と鬼瓦を撮影してきました。

新緑の寺院風景を求めて、埼玉県東松山市の 常安寺(天台宗医王山常安寺=武州米山薬師)を訪れた。度々訪れているお寺だが意外な収穫があった。シャガ(著莪)が咲いていたこと、珍しい鬼瓦を見つけたことである。
掲載写真二段目左は「山門」の屋根の、右は「本堂」の屋根の物である。鬼の形でないこれらも 「鬼瓦」 って言うのかな?

240508-16 常安寺.jpg 240508-27 常安寺.jpg

240508-22 常安寺.jpg 240508-25 常安寺.jpg
ラベル:鬼瓦 シャガ 著莪
posted by 三龍斎 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

埼玉県立こども動物自然公園のレッサーパンダの今は?

吾輩はレッサーパンダである。名前はある。『タク』と言う。東松山市にある埼玉県立こども動物自然公園でミンミン(父)とナツ(母)から生まれた。物怖じしない性格で、そこいらを走り回っている。木登りも得意である。

240425-76 こども動物自然公園.jpg 240425-77 こども動物自然公園.jpg

240425-78 こども動物自然公園.jpg 240425-79 こども動物自然公園.jpg
posted by 三龍斎 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

埼玉県東松山市の 物見山公園の展望台 が撤去されていました。

埼玉県東松山市の物見山公園の近くには、県立こども自然動物公園、大東文化大学、県立平和資料館、坂東十番札所正法寺などがある中々の観光スポットである。4月13日、久しぶりに頂上に登ったら、展望台が消えていた。そう言えば、数ヶ月前の展望台の階段には 「危険・立ち入り禁止」 と表示されていた。修理を諦めて撤去してしまったんだね。残念は残念だが、桜やつつじの美しさに変わりなしである。

1-240413-64 物見山公園.jpg

240413-49 物見山公園.jpg 240413-57 物見山公園.jpg

240413-60 物見山公園.jpg 240413-62 物見山公園.jpg

240413-66 物見山公園.jpg 240413-71 物見山公園.jpg

240413-75 物見山公園.jpg 240413-80 物見山公園.jpg
posted by 三龍斎 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

埼玉県東松山市、常安寺(武州米山薬師)の桜を撮影してきました。

日本は桜の国である。その時期が来れば、日本中のあらゆるところで華麗な姿を披露してくれる。私たちは、シーツを敷いて宴会が出来るところを桜の名所と呼んでいるが、宴会をするには憚れる神社仏閣の隠れた桜の名所は多い。埼玉県東松山市の 天台宗常安寺(武州米山薬師) もその一つだろう。特に、お寺に断わって写真撮影させてもらったわけではないが、撮影・公開に、お寺のお叱りは無いと思う。

240410-37 常安寺.jpg 240410-38 常安寺.jpg

240410-41 常安寺.jpg 240410-42 常安寺.jpg

240410-44 常安寺.jpg 240410-47 常安寺.jpg
★横235ピクセルにサムネイルされた写真をクリックして下されば、
 横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、
それを更にクリックして下されば、
 横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。
posted by 三龍斎 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

埼玉県東松山市の カタクリ自生・群生地 へ行ってきました。

今年の天候異変は色々と問題だ。寒さが続きすぎて私のブログネタ取材日程 ・・・ と言うほどのものでもないが、カタクリが咲く時期だということを忘念していた。撮影時期には遅すぎたが、とにかく東松山市の カタクリ自生・群生地 へ行ってきた。

240410-01 カタクリ.jpg 240410-05 カタクリ.jpg
★横235ピクセルにサムネイルされた
 写真をクリックして下されば、
 横500ピクセルにサムネイルされた写真が映り、
 それを更にクリックして下されば、
 横1024ピクセルの大画面の写真をご覧いただけます。
posted by 三龍斎 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東松山市見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。