2014年06月13日

紙すきを 伝えて誉の 遺産入り (川柳 埼玉県小川町・秩父村の細川紙がユネスコ無形文化遺産候補に、決定は11月)

鬱陶しい梅雨の憂さ晴らしと、埼玉県小川町の”埼玉伝統工芸会館の物産館”を訪れました。
国の重要無形文化財に指定されている紙漉技術(かみすきぎじゅつ)である「細川紙(ほそかわし)」の展示場が4月から物産館から本館に移されていました。この細川紙、3月4日に開催された国の文化審議会の審議に基づき、石州半紙(せきしゅうばんし)(島根県)及び本美濃紙(ほんみのし)(岐阜県)と併せ、3件を一括した「和紙:日本の手漉和紙技術(てすきわしぎじゅつ)」としてユネスコ無形文化遺産の提案候補とされることが決定したそうです。最終決定は、平成26年11月頃の見込みだそうです。

260613-2b.jpg
※雑文の大半は、埼玉県のHP、県政ニュースのコピペです。


posted by 三龍斎 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

花和楽で 百ほど数えし 星の数 (川柳 またまた、埼玉県小川町の花和楽の湯へ)

ありがたい事です。もう十回目にもなるでしょか?
埼玉県小川町の日帰り温泉 花和楽の湯(かわらくのゆ) で無料入浴券(年賀はがき末尾番号14)を使わせて頂きました。昨夜の事です。満天の星空って訳にはいきませんが、野天風呂から星空を眺めるってのは、マッコトいい気分です。極楽極楽!

260308-2b.jpg
2013/3/6 埼玉県 県政ニュース ↓
国の重要無形文化財に指定されている紙漉技術(かみすきぎじゅつ)である「細川紙(ほそかわし)」(埼玉県小川町・東秩父村)が、3月4日に開催された国の文化審議会の審議に基づき、石州半紙(せきしゅうばんし)(島根県)及び本美濃紙(ほんみのし)(岐阜県)と併せ、3件を一括した「和紙:日本の手漉和紙技術(てすきわしぎじゅつ)」としてユネスコ無形文化遺産の提案候補とされることが決定しました。
posted by 三龍斎 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

花和楽で 眺めつ浸る 残り雪 (川柳 埼玉県小川町の”花和楽の湯”を無料で!)

一回 1,350円もする日帰り温泉を、1月中旬から5〜6回も楽しませてもらったかなー 和紙の里、埼玉県小川町の日帰り温泉 ”花和楽の湯(かわらくのゆ)” が、末尾番号が14とかの年賀状を持参すれば入浴無料ってサービスを行っています。3月末日までです。幸いにも、末尾”2014”が一枚、末尾”14”が三枚もあったものですから ・・・

温泉に入った時は、間違いなく心身の苦痛が緩和されます。ありがたいことです。今日も今日とて、今回の大雪で本日までの四日間雪かきに追われた疲れを癒してきました。

『花和楽で 眺めつ浸る 残り雪』

『湯煙りに 雪洞かすむ 小川の湯』

260218-3 花和楽の湯.jpg
2013/3/6 埼玉県 県政ニュース ↓
国の重要無形文化財に指定されている紙漉技術(かみすきぎじゅつ)である「細川紙(ほそかわし)」(小川町・東秩父村)が、3月4日に開催された国の文化審議会の審議に基づき、石州半紙(せきしゅうばんし)(島根県)及び本美濃紙(ほんみのし)(岐阜県)と併せ、3件を一括した「和紙:日本の手漉和紙技術(てすきわしぎじゅつ)」としてユネスコ無形文化遺産の提案候補とされることが決定しました。
posted by 三龍斎 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

雨や風 七夕飾りに 気がもめて (川柳 小川七夕まつりの一日目の夜に大雨)

本日、7月27日、埼玉県小川町で七夕まつりが行われましたが、夜になって豪雨。渾身の七夕飾りが無駄になるのではないかと ・・・ 明日、28日が本番です。

『雨や風 七夕飾りに 気がもめて』

250727-32a 小川七夕まつり.jpg

※掲載の写真は、2013/7/27 埼玉県小川町の 小川七夕まつり で撮影しました。

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

カタクリが 咲いた帰れと 老父言い (川柳 老いると何かにつけて帰省せよと・・)

埼玉県小川町の 「カタクリ群生地」 に、アマチュア・カメラマンが群れていました。カタクリが、今や盛りと優美な姿を披露しています。気品があって、華やかで ・・・ 京都風に表現すれば「はんなり」でしょうか?

『カタクリが 咲いた帰れと 老父言い』

250326-136 小川カタクリ.jpg
※写真は埼玉県小川町の カタクリ群生地 で撮影しました。
posted by 三龍斎 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

和紙の里、埼玉県小川町の「七夕まつり」の模様を写真撮影してきました!

平成22年7月24日〜25日、”和紙の里”埼玉県小川町で「小川七夕まつり」が華々しく行われました。七夕まつりと称していますが、七夕飾りばかりでなく、音楽隊・よさこい・七夕踊り・神輿・山車曳き回し etc、数々の行事が行われ町を上げてのお祭りでした。猛暑の折、全部に付き合うのは老人の健康管理上無理って言うもの ・・・ ダヨナ!

以下の写真しか紹介できなかったのが残念といえば残念。
偶然だが、幼子が可愛く映った写真があった。久々の秀作。これならば無断撮影でプライバシー云々と言われないだろうし、写真の展覧会に出品しても三等賞ぐらいは頂戴できそうだ!

220724-39 七夕まつり小川町.jpg

220724-03 七夕まつり.jpg 220724-08 七夕まつり.jpg 220724-13 七夕まつり.jpg

220724-15 七夕まつり.jpg 220724-19 七夕まつり.jpg 220724-21 七夕まつり.jpg

220724-24 七夕まつり.jpg 220724-33 七夕まつり.jpg 220724-35 七夕まつり.jpg

220724-32 七夕まつり.jpg 220724-43 七夕まつり.jpg 220724-47 七夕まつり.jpg
☆昨日(7月24日 土曜日)のご訪問者数=260人、ページビュー数=1139回
posted by 三龍斎 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

埼玉県小川町の カタクリ自生地 で、明日、甘酒が振舞われます!

目的もなく目的地も無いままにただ漫然とドライブしていて、ふと、埼玉県小川町のカタクリ自生地の事を思い出し、散策を兼ねて撮影してきた。観光客用に公開されている 自生地 では、明日(土曜日)観光客に振舞う甘酒の準備が行われていましたよ! お楽しみ倍増、是非ご訪問アレ!

220326-52 小川町カタクリ.jpg
☆平成22年3月26日、埼玉県小川町の群生地近くで撮影したカタクリ
ラベル:カタクリ
posted by 三龍斎 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

武田信玄の異母弟 武田信実 一族の菩提寺が埼玉県小川町にありました!

特に目的地があったわけではない。あえて言えば、ブログ投稿ネタを求めて小川町、寄居町方面をドライブしていて、国道254号線小川バイパスで 武田信玄 云々の看板が目に留まり、立ち寄って見た。平成22年1月20日のことである。お寺の由緒書を掲載したので是非ご覧頂きたい。
武蔵之国はイメージ通り、武士の縁につながる遺跡等々が多い。

220120-80 輪禅寺.jpg

220120-74 輪禅寺.jpg 220120-75 輪善寺.jpg 220120-76 輪禅寺.jpg

220120-79 輪禅寺.jpg 220120-84 輪禅寺.jpg 220120-87 輪禅寺.jpg
posted by 三龍斎 at 13:22| Comment(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ふるさと創生事業で出来た小川町の ローラーすべり台の写真を撮ってきました。

ふるさと創生事業って名付けられて、日本全国津々浦々(市町村)に一億円が配られたが、その後どうなったか? けっこうワイドショーのネタにされていたが、ドッコイ、埼玉県小川町では今も尚人気のある施設が運用されている。その名は、仙元山見晴らしの丘公園の ローラーすべり台 である。本日、暖かし、風無し、芳しからざる体調を無理してブログ投稿ネタのための写真を撮ってきました。
写真手前に映っている緑色のワッカが滑り台(のガードでこの中を滑る)、左側に映っている建物が展望台、山裾の街が小川町、山が外秩父(秩父連山)である。

220119-18 ローラーすべり台.jpg
平成22年1月19日 14:52 撮影
昨日(1月18日)のご訪問者数:275人、ページビュー数:491回
posted by 三龍斎 at 20:19| Comment(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

カタクリの群生を、彩の国(埼玉県)小川町で撮影してきました。

何故か根強い人気の カタクリ を、彩の国(埼玉県)小川町の群生地に訪ね、可憐な姿を撮影してきました。昨日のことです。東松山市のカタクリ群生地を訪ね、その足で小川町の方へも行って撮影してきました。常々、バカチョン・カメラ(?)と自嘲気味に言ってはいますが、けっしてケッシテ、フラッシュの効く距離を除けば大変な性能のカメラで、チッチャーイ野草をも結構立派に、綺麗に撮れました。

場所は、小川町伝統工芸館の近く、駐車場は伝統工芸館(無料)がありそこから左程遠くありません。群生地は3ヶ所あるそうですが、西光寺境内(?)においでならそこにも駐車場(有料)があります。私が撮影してきたのは、西光寺境内のカタクリです。  平成21年3月31日 午後0時30ごろの撮影

210331-40 小川町カタクリ.jpg  210331-46 カタクリ小川町.jpg  210331-49 カタクリ小川町.jpg
ラベル:カタクリ群生
posted by 三龍斎 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

雨のち晴れ! 小川町仙元山見晴らしの丘公園で写真撮影決行!

昨日(1月6日)は土砂降り、本日は雪になるとの予報だったが見事外れて快晴、予ねての懸案だった秩父市 金昌寺 のお地蔵さんを撮影しようと秩父の山越えを試みた。

19010715 仙元山見晴らしの丘.jpg何時もの道順でときがわ町から白石峠、そして、定峰峠に向かおうとし50メートルほど走ってカーブを曲がった途端、走行車線に車!! ドッキリもいいところ!! 全くスピードを出していなかったので気軽にブレーキを踏むも ・・・ スルスル ・・・ 道路凍結でスリップである。
前面の走行車線の車はスリップ事故車だったのだ!!
よくよく見れば私の進行方向はズズーと凍結している。昨日の雨が乾かずに凍結したのだ。ヤバイ! スグサマ引返しを決意、タオルをタイヤ下に敷いて脱出を試みれど10メートルほどの緩やかな登り坂のバックが出来ない!
そこへ、おもむろにスタッドレスタイヤを装着した年のころなら30〜40才の男性が現れ、タイヤ下のタオルの敷き方を伝授され ・・・ 無事脱出!
走行車線の事故車にはまもなくJAFが現れて救出。
こんな話しをクドクドしても仕方あるまい。実は、タオルの敷き方を伝授してくれた恩人の名前を聞くのを忘れたのである。誠に申し訳ない仕儀だ。
本日(1月7日)正午頃ごろ、秩父の林道”奈田良線(白石峠→定峰峠)”で凍結道路からの脱出に困っていた白い乗用車の老人を助けてくださった方、当該ブログをご覧下さったら是非にもコメント下さる様お願い申し上げる。
さて、これから掲載写真の説明だ。
かろうじて凍結道路から脱出、秩父市の金昌寺は諦め、小川町の仙元山見晴らしの丘公園に向かった。昨日と異なって風はきつかったが晴天だ。ソコソコの写真をお見せすることが出来る。

記事冒頭の写真、及び、次の二枚は、公園内風景である。さすが日曜だけあってハイカーが大勢押しかけてきた。ハイキングコースとしても中々のものらしい。

19010732 仙元山見晴らしの丘.jpg      19010733 仙元山見晴らしの丘.jpg

次の写真四枚は、展望台からの小川町と周辺の秩父山である。
19010725 仙元山見晴らしの丘.jpg      19010723 仙元山見晴らしの丘.jpg

19010722 仙元山見晴らしの丘.jpg      19010716 仙元山見晴らしの丘.jpg
posted by 三龍斎 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

雨の日の(小川町)仙元山見晴らしの丘公園

雨である。暇である。憂鬱である。解決策はドライブしかない。
目的なくドライブすることに山の神はいい顔を見せない。ダカラと言って、家の中でウジウジしていたのでは余計憂鬱である。勇気百倍、決断のときだ!? 意を決してガソリンを撒き散らしてきた。
以前から、彩の国小川町に 見晴らしの丘公園 なるものがある事は知っていた。新聞報道で ふるさと創生事業でローラーすべり台が造られた 事も知っていた。それらが今日まで結びつかなかった。そこが、ウオーキングやドライブ、写真撮影にピッタンコだと知らなかっただけである。
何処へ行ってもブログ用写真撮影は望めないので、こんな時こそと思い車を走らせて見た。
オッ ! イイジャン である。仙元山の麓に駐車させてもらって山登り気分も良し、公園までドライブしてローラーすべり台を楽しむも良し、そこから山を歩くも良し
・・・・ 晴天の日に再訪したい。

19010602 見晴らしの丘公園.jpg      19010607 見晴らしの丘公園.jpg

19010604 見晴らしの丘公園.jpg      19010608 見晴らしの丘公園.jpg
掲載の写真は、1月6日午後1時ごろの撮影である。雨天でなければ素晴らしい写真が撮れると胸ワクである。
左上の写真は展望台とあずまやである。写真を注意深くご覧頂きたい。こんな雨の日にも公園の整備作業が行われているのである。自然に人間の手が入ったら ・・・ 教訓めいた話しは止めておこう。
右上の写真は観光休憩所の内部、左下の写真は外から見た観光休憩所、右下の写真は観光案内所の内部からガラス越しに写した雑木林だが微かに遠方の山が写っている。
posted by 三龍斎 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

★ビデオで紹介 小川七夕まつりのハイライト 屋台の引き回しだ!!!

240207 15:30 ビデオ削除済み 非公開に
7月30日(日)七夕まつり (彩の国)小川町が誇る豪華絢爛・有形民俗文化財である屋台2台をビデオでご紹介する。七夕まつりのハイライトだ!! 最初のビデオの屋台は引き回わされなかったが、2画面以降のビデオは引き回しが行われた錦町の屋台である。





続きに紹介ビデオがあります。ご覧頂ける場合は、ここをクリックして下さい。
posted by 三龍斎 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★ビデオで紹介 よさこい踊りが小川町七夕祭りを席巻した!!

240207 15:30 ビデオ削除済み 非公開に
7月30日(日)、第58回 和紙の里 (埼玉県)小川町七夕まつりでのイベントの一つ、
小川七夕よさこい踊り をビデオでご紹介する。20組以上も出演(出場?)されたであろうか? アップロードの1ファイル5MBまでの制限をクリアした8組をご紹介する。





続きに紹介ビデオがあります。ご覧頂ける場合は、ここをクリックして下さい。
posted by 三龍斎 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★ビデオで紹介 小川町七夕まつり "屋台"演芸

240207 15:25 ビデオは削除済み 非公開に

7月30日(日)、第58回 和紙の里 (埼玉県)小川町七夕まつりでのイベントの一つ、
屋台演芸 をビデオでご紹介する。ピエロは屋台前での演技だ。漫才と曲芸と歌謡ショウは言葉通り屋台での演技である。漫才もあったが、録画しなかった。勿論、アップロードの1ファイル5MBまでの制限があるので、ホンノさわりである。







続きに紹介ビデオがあります。ご覧頂ける場合は、ここをクリックして下さい。
posted by 三龍斎 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ビデオで紹介 小川七夕おどり

7月30日(日)、第58回 和紙の里 (埼玉県)小川町七夕まつりでのイベントの一つ、
★240207 15:21 ビデオ削除済み 非公開

小川七夕おどり をビデオでご紹介する。


それにしても踊り手の人数にビックリだ。小川は市ではない。町である。
他にも行事が目白押しなのだ。よくもマー これだけのお母様方がお集まりになったものだ ・・・ 町、観光協会、町民のこの祭りに懸ける意気込みが伝わってくる。





続きに紹介ビデオがあります。ご覧頂ける場合は、ここをクリックして下さい。
posted by 三龍斎 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛り沢山です! 奥武蔵 和紙の小川町の七夕祭り

私は、お迎えが来たとき、お若いのに、残念な事 ・・・ 等と家族がお悔やみを受ける程の歳でもない。さりとて、大往生とまでは言われない、そこそこの高齢者だ。江戸時代なら、ご隠居と呼ばれている。18073024-小川七夕まつり.jpgそんなにも長い間生きて来て、在所の氏子としてのお祭りを除けば、外国は言うに及ばず超有名な京都の祇園祭りや時代祭り、大阪の天神祭り、関東に移り住んで、川越祭り、秩父の夜祭、エトセトラ・エトセトラ ・・・・・
要するに観光客として祭りを楽しんだ事が無い。でも、お祭りは大好きである。ワクワクする。
では、何故?? 
家族にねだられなかった所為も有るが、永年心の余裕が無かったからと、今、分析した。だったら、今は余裕が有るの? と問われても困る。訳ありで、今は自分自身の強い意志で忙しくしているので、頼まれ事など真っ平である。暇つぶしに流行のボランティア組織に身を委ねる気持ちなど塵ほども無い。
ビデオ・ブログの投稿に時間を割こうと思い立ってもネタが問題である。ネタ探しで一週間の内に、東松山、鳩山、そして、昨日の小川七夕祭りと、此処の所レンチャンとなった。
会所で、”第58回小川町七夕まつりイベントご案内” なるものを入手した。流石である。和紙の町として観光に力を入れているだけに、大変な行事の数だ。スキャナー画像のイベント案内をプリント願って、来年は是非ともご自身で足を運ばれたい。
お祭り区域に到着したのが、7月30日(日曜日)午後3時前だったので、多くのイベントを見落とした。鬼に笑っていただこう! 来年の今頃元気でいたら、ブログ投稿を続けていたら、子供みこし競演、埼玉県警察音楽隊による交通安全パレード、比企広域消防音楽隊オープニングパレード、昔懐かしいチンドンヤ大会、花火大会も録画して、小川町にお出でになれない方々に是非お見せしたいものだ。
”七夕さん 家族の願いは 叶えてね”
自画自賛評: ・・・願いを としないで ・・・願いは としたところナンザ、一味効いてるね!
”七夕さん 願い多くて 遺憾です”
・・・・・ 小川町長に成り代り、心よりお詫び申し上げます。
posted by 三龍斎 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 小川町 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。