2014年09月27日

川柳: 少子化に 関わりなしと 意気軒高 (生まれて初めて自然界の「野猿」を見かけました。外秩父でのことです)

掲載した「野猿」の写真は、埼玉県秩父連山(黒山自然公園)の林道・奈田良線(ときがわ町の白石峠から東秩父村の定峰峠に至る)の途中で、9月26日、偶然出会い撮影しました。この近辺は、写真撮影や山歩きに何度も訪れた場所で堂平山の東京天文台がありますし、在所から秩父盆地への近道として何度も利用しています。
秩父連山はそれ程高くはありませんが面積は広大です。でも未だかって、熊、猪、鹿、猿、狐、狸、鼬など日本中のいたる所にいる動物に出会ったことがありません。(十年ほど前に鼬=イタチと思しきものを、中腹の人家に近い場所で一度だけ見かけたことがあります)
それは、食物連鎖の関係だと思っています。広大な秩父連山の殆どに杉や檜が植林され、雑木林の木の実が少なく虫や小動物に乏しく中程度の大きさの動物の餌が無いからです。まれに、猪がモグラを取るため土を掘った跡らしきものを見かける程度です。
ですので、奈田良林道で二頭ずつの野猿が二か所にもいて、茂みから他の野猿の鳴き声が聞こえたのには驚きでした。当たり前のことかもしれませんが、動物園の猿も自然界の野猿も姿・動作は同じですね! チッチャナ・チッチャナ出会いと発見と驚きです。
大勢の登山客がこの地を訪れますし、関東平野と秩父盆地を繋ぐ生活道路でもあります。願わくば、野猿の餌になるようなゴミを放置したり、面白半分の給餌をなさらぬよう ・・・

260926-122t 奈田良線.jpg

追記:この記事を投稿してからネットを調べてみました。秩父盆地の人里近いところ(荒川べり)で野猿を見つけたとのインターネット記事を見つけました。更に、秩父盆地の一角、長瀞には宝登山小動物公園があるとの記事もありました。私が写真撮影した野猿がいたのは標高800m〜900メートルの林道・奈田良線です。標高差もあり距離も相当離れています(車で30〜40分)。ですが、何れも連山の一角です。


posted by 三龍斎 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東秩父村見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

彩の国(埼玉県)東秩父村では ”桃” が満開です!

暖かくなってこのごろ奥武蔵をドライブしていると、やたら”コデマリ”の白い花、収穫後に芽を出した黄色い”菜の花”が目に付く。それに、”桃の花”だ。彩の国(埼玉県)東秩父村は観光用の畑は言うに及ばず、そこもここも”ピンク一色”である。掲載の写真は、そんな山里の道端に咲く”花桃”を3月23日撮影したものである。

220323-35 桃・東秩父村.jpg
☆平成22年3月23日 埼玉県東秩父村で撮影
☆昨日(3月24日)のご訪問者数=206人、ページビュー数=412回
☆午前2時〜午前7時30分 Seesaa社 メンテナンス
posted by 三龍斎 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東秩父村見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

昔懐かしい 茅葺(藁葺)の民家

20年、否、もう30年前にもなるだろうか? 掲載の写真のような民家は方々に残っていたが、現在は殆どお目にかかれない。写真の民家は、埼玉県東秩父村の伝統工芸館の敷地内に展示されているものである。私の実家も、このような民家だったが数十年前に建て替えてしまった。夏の涼しさが印象に残っている。

210331-89 東秩父村伝統工芸館.jpg
掲載の写真は、平成21年3月31日 午後2時ごろ 撮影
posted by 三龍斎 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東秩父村見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彩の国(埼玉県)東秩父村の 伝統工芸館裏山に展示されている彫刻群

彩の国(埼玉県)東松山市の高坂駅前通り、滑川町の国立武蔵丘陵森林公園への道すがら、鶴ヶ島市の支庁前など彫刻群が展示されている場所はそこここにあるが、本日は 東秩父村 の伝統工芸館の裏山に展示されている彫刻群をご紹介したい。展示場所が小高い所なので意識して見に行かなければならぬのが、チョイ難点だ。無料駐車場完備、入場料などはなし。
平成21年3月31日 午後1時50分ごろの撮影

210331-72 東秩父.jpg  210331-73 東秩父.jpg  210331-78 東秩父.jpg

210331-82 東秩父.jpg  210331-86 東秩父.jpg  210331-87 東秩父.jpg
posted by 三龍斎 at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東秩父村見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

奥武蔵の里には、「花桃」 も咲き乱れています!

「カタクリ」 を撮影する為に彩の国(埼玉県)小川町の伝統工芸館近くのカタクリ群生地に向かおうとしていた時、老婦人ペアーが 「テレビで桃の花が綺麗に咲いているところを映していたけど道をご存知ありません?」 と問うてきた。「桃なら、そこらじゅうに咲いていますよ」 が私の近くに居たハイカーの答えだったが、カタクリの撮影が終わって暫らくしてからそのことを思い出し、時間の余裕もあるし行ってみるか、で、「比企地域観光ガイドマップ」 を頼りに勇躍 「東秩父村」に向かったのでありました。

結果的には、東秩父村に限らず途中の道々の側で 花桃 が咲き誇っているので、それを撮影、お目を汚すこととなりました。掲載の写真は、平成21年3月31日 午後1時50分ごろ、彩の国(埼玉県)東秩父村の 「和紙の里 伝統工芸館」 の裏山で撮影。
210331-80 東秩父・桃.jpg
posted by 三龍斎 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東秩父村見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。