2014年02月02日

鷹匠と べに花館で 晴れ姿 (川柳 桶川市のべに花ふるさと館で放鷹術披露)

2月2日、埼玉県桶川市の べに花ふるさと館 で、日本ファルコナーズクラブ(NFC)の放鷹術が披露されました。古流いいですねー 磨き抜かれた伝統、いいですねー

260202-46b べに花館.jpg


ラベル:鷹匠 放鷹 鷹狩り
posted by 三龍斎 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 桶川市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

NHK”天璋院篤姫"にからむ皇女和宮が下向途中宿泊された桶川宿には、当時の旅籠が残されていて、泊まれます。!

埼玉県桶川市に、NHK大河ドラマ 天璋院篤姫(宮アあおい) に昨夜(20/8/17)から絡んできた皇女和宮が中仙道を下向されたとき宿泊された(?)桶川宿時代の姿を今に残す旅籠が、現在も ビジネスホテル(旅館) として営業中である。そこの玄関近くに掲げられていた案内板の内容をご紹介しよう。
桶川宿には、大名や公家などの宿泊施設である本陣、脇本陣のほかに、中山道を往来する一般庶民の宿である 旅籠 が数多くあった。その数は、江戸時代末期の天保年間(1840年ころ)には、三十六軒を数えたと言う。

この武村旅館は、宿場町当時の旅籠の姿を今にとどめる貴重な建物である。

皇女和宮が中山道を下向した文久元年(1861)には、ここで紙屋半次郎が旅籠を営んでいた。当時の間取りは現在もほぼ引き継がれている。
180925-21 桶川旅籠.jpg

篤姫 vs 和姫
-----------------------------------------------------------------------------------------------
「お願い」:私のブログには、特定できる個人や建物などが写っている写真が有ります。
肖像権・私生活権保護、犯罪防止の観点から、掲載写真をご覧になって不適切と思われたり、
不快に感じられましたら 「コメント欄」 にその旨お申し出下さる様お願い申し上げます。
写真を削除するなり、ブログを閉鎖するなり、即、対処いたします。
posted by 三龍斎 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 桶川市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

皇女和宮が御降嫁された時、中仙道桶川宿で掲げられた"お達し”

NHK大河ドラマ 「天璋院篤姫(宮アあおい)」 の話が進んで、多分今夜(2008/8/17)だと思うが、公武合体の犠牲となり、第十四代将軍・徳川家茂に御降嫁された「皇女和宮」は中山道桶川の宿をお通りになった。桶川宿では、大変だー 大変ダー とばかり、写真のようなお触れを出して無事の御通過に対処した ・・・ らしい。勿論、現在風に書き換えられたものだと思うが ・・・ 何処で撮影したかな?ー 多分桶川市の観光案内所だったと思う。

18070772 宮様通行.jpg
posted by 三龍斎 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 桶川市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

写真とビデオで紹介 べに花のふるさと 桶川市の文化遺産

彩の国(埼玉県)桶川市の文化遺産の一端を写真とビデオでご紹介する。
桶川市はその昔 べに花 の生産・集荷拠点だった事や、
小説化・映画化された皇女和宮の(東下り)でも有名である。
何はともあれ、JR桶川駅から5分ぐらいの中仙道沿いに設置されている観光案内所は我々観光客にとって便利この上なしだ。職員の応対振りも、桶川を知って欲しいとの強い想いが伝わってくる満面の笑顔で、暖かで親切との評判通りだ。事前に立ち寄った市役所の職員の方々も全く同様であった。
だから ・・・ と云う訳ではないが、チョイト宣伝させてもらう。
11月3日には、皇女和宮の行列の為、夫々の役どころに扮する希望者を募集していた。
なを、10月7日には、日本一の力石の 稲荷神社境内で秋季例大祭が行われる。

18092520 武村旅館 桶川市.jpg    18092506 島村家住宅土蔵 桶川市.jpg

18092512 阿形・吽形像 桶川浄念寺.jpg    18092513 吽形像 浄念寺.jpg

上段左の写真は、「武村旅館」である。驚いたことに、ほぼ江戸末期の宿場町当時の旅籠の形で、現在も”ビジネス旅館”として営業されている事である。
上段右の写真は、「島村家住宅土蔵」である。ご当主のご自慢は、写真の右側に映っている巨大な銀木犀で、樹齢170年を誇り今や盛りと強い香りを放っていた。
下段の写真二枚は、武村旅館・島村家住宅土蔵の近くで見かけた浄念寺の 阿形(あぎょう)像、吽形(うんぎょう)像である。
次のビデオ画像は”べに花ふるさと館”と称する桶川市の観光拠点。べに花全盛期時代の建物の古い材木を使って再現されたとのことである。
posted by 三龍斎 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 桶川市 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。