2016年09月28日

東京都庁に関東軍が健在だそうです! 関東軍を例に説明されて分かる人は相当な歴史通か年齢です。私は分かる歳です。

本日から東京都議会が始まりました。真に不謹慎乍ら、東京都政論議が面白いですねー 今、小池都知事の所信表明演説を聞いています。東京大改革だそうです。しっかり見届けます。後藤新平の名前が出ました。大風呂敷のイメージではなくビジョンに満ちた滅私都知事のイメージで語られています。そんの時代に比べて東京都庁は肥満児になってしまったそうです。大改革の勝負は情報公開。同意です。それにしても、小池都知事カタカナ語がお好きなようですが程々に願います。

211212-058.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(川柳) 西新宿に 関東軍が 満ち溢れ
(川柳) 金持ち都庁 メタボ肥満児 飼い殺し
(川柳) 情報公開 民が主人の 民主主義
(川柳) 小池都知事 エゲツナイ事 柔らかく
(川柳) カタカナ語 出る度ネットの 世話になり
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


280630-3s.jpg


posted by 三龍斎 at 12:55| Comment(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

『川柳』 騒がしい だから新宿 池袋 (芳しからざる体調、騒がしいのが神経に堪えます)

本日、東京新宿区に在る大病院へ行ってきました。
バス、東武東上線、JRを乗り継いでです。前回同じコースを通った時は駅のBGMを始めとして自然音を用いるなど静かな繁華街に多少の驚きを覚えましたが、今回は、ずーと以前からの騒がしい大都会になっていました。
睡眠不調で体調最悪、騒がしいのが堪えました。
どちらが好みかお尋ねですか? 私にそれを言わせるのですか?

220224-285e.jpg

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 18:56| Comment(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

『川柳: 東京だって 桜が咲きます 梅も咲く』 (病院の誰にも注目されない空き地の隅っこに梅が咲いていました)

現在の東京は、一部重要施設(皇居や恩賜公園、神社仏閣、公園など)を除けばコンクリートとアスファルトで出来た監獄ってイメージですよね。チョット大袈裟過ぎました。お許しください。でも、あちこちに空き地があって所有者が分からないような梅の木や桜の木が植わっていて小鳥が飛び交っているって説明されてもにわかには信じがたいと思います。
ところがドッコイ、本日の通院先の(東京)の病院には広い空き地があって、誰でも近寄ることが出来て写真も撮れる梅が優雅な花を付けていました。これっていいですよねー

280222-384e 東京.jpg

280613-5-2 トップページ.jpg
ラベル:片隅 梅開花
posted by 三龍斎 at 17:19| Comment(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

川柳: 港区に 逝く筈なしと 喫煙魔 (喫煙魔は日本には住めなくなりそうです)

東京都港区では、人類の敵”喫煙魔”を徹底的に駆除なさるそうです。
私有地でも”禁煙魔”がお通りなさる所は灰皿などの撤去を求め、しっぽを振らぬ輩は喫煙魔と同罪と見做し駆除なさるそうです。クワバラ・クワバラ
NHK NEWS WEB 7月1日 12時04分 ↓
商店前などの屋外喫煙所規制する条例施行

260627-69a.jpg
※東京港区に行くはずがないと言っていますが、ちょいと我がブログを調べたら、坂戸よさこいなどで華麗な舞を毎年披露下さる ”銀輪舞隊”は港区のチームだし、浜離宮恩賜庭園、東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)も港区でした。コマッタシー
posted by 三龍斎 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

スーパーが 空いてていいわと 老婦人 (川柳 雨の日が続き鬱陶しいですね)

涼しいから未だ救われますが、毎年間違いなく訪れる梅雨って本当に鬱陶しい限りです。徒歩だったり、自転車やオートバイを生活の足にされている方々には難儀な季節ですよね。

今日も今日とて、ヨメに付き合ってスーパー店内をぶらついていたら、それなりに上品なご婦人が 「雨の日は空いてて助かるわ」 とスーパー店長が聞いたら眉をひそめるような独り言(?)を呟いていました。見ているだけの私は、ある程混んでいても活気がある方が好みです。

220602-19b 椿山荘.jpg
※川柳背景写真は、あの有名な 椿山荘 の庭の一角です。
ラベル:椿山荘 梅雨
posted by 三龍斎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

ドーランで 隠してました あばた面 (井の頭恩賜公園でかいぼりが行われました)

意識して写真撮影に訪れたことがあります。その東京都民の屈指の憩いの公園(三鷹市・武蔵野市の)井の頭恩賜公園で”かいぼり”行われたそうです。かいぼりを端的に言えば池のメンテナンス。池の水を抜いて不要な物を取り除いたり、濾水有無の点検などを行うことです。
出るはデルワ、自転車が250台、スクーター、買い物カート、ラジカセ…… 憎っくき外来魚がウジャウジャだったそうです。マナーの悪さで名を成した某外国を笑えません。
朝日新聞デジタル 2014年1月31日13時51分
井の頭公園よみがえれ 水抜き、現れた外来魚・自転車…

221201-152a 井之頭公園.jpg
posted by 三龍斎 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

池上本門寺で、戦国武将、豪傑 「加藤清正」 の名を見つけました。

戦国武将「加藤清正」は、豊臣家に最後まで忠節を尽くした律儀な豪傑と伝えられている。私は彼が好きである。その清正の名前を、日蓮宗大本山・池上本門寺で見かけた。清正は本門寺に祖師堂を寄進していて、「此経難持坂」はその時の物らしい。インターネットで此経難持坂の写真掲載状況を見てみたら、坂を見上げたものは多いが、坂の上からの写真が少ない ・・・ で、ご紹介と相成った次第。右下の写真がそれである。

240725-07g 此経難持坂.jpg

250725-08 此経難持坂.jpg 240725-11a 此経難持坂.jpg
posted by 三龍斎 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金網の 中で鎮座の 守り神 (川柳 東京都大田区の 池上本門寺 を訪ねました)

観光客、ブロガーとしては至極残念である。全てのお寺の話しではないが、多くのお寺の仁王様が金網やガラスで囲われている。
仁王様は本来仏法の守り神の筈、強い恐ろしい神様の筈、それが金網やガラスで守られているのを見ると、何だか弱弱しく寂しい思いがする。勿論、古から千社札を張ったり紙つぶてを投げ付ける信者の存在が、最近は、ペンキを塗ったり刃物で傷つける不埒な輩から守らねばならぬ神聖なものだから、お寺の対策を非難するつもりなど更々ないが ・・・
掲載の写真は、東京都大田区にある日蓮聖人入滅の霊場、日蓮宗大本山、長栄山大国院本門寺(通称、池上本門寺)の 仁王様 である。

240725-19f 本門寺.JPG

240725-21 本門寺.jpg 240725-22 本門寺.jpg
posted by 三龍斎 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

東京・池上本門寺参道でオモロイ看板をミッケ!

JR山手線五反田駅から東急池上線に乗り換え、日蓮上人入寂の地、日蓮宗大本山池上本門寺を訪ねる途中の参道(商店街)で、掲載写真の寿司屋さんの看板をミッケ! いいですねー オモシロイですねー こういうの好きですねー 猛暑が吹っ飛ぶ思いでした。

240725-001 本門寺参道.JPG
※追記(7月27日 02:00):ネット・サーフィンしていて偶然、この 「お寿司屋さんの看板」 を面白がって投稿されているサイトを見つけました。私のような俗物ではなく、僧侶です。
恐れ多くて(?)リンクは遠慮しましたが、ブログ名は、「女性僧侶の癒しカフェ」です。
posted by 三龍斎 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

東京都青梅市の”御岳渓谷”の紅葉を撮影してきました。

もう少し早く気が付けば良かったのかもしれぬ。
自宅から気軽に撮影に行ける範囲内の今年の紅葉は全滅と思っていた。色付きが悪いならそれなりの紹介もできるだろうと思い直し、吉見観音、能仁寺に続いて ”東京都青梅市の御岳渓谷” の紅葉ぶりを撮影してきたので紹介させていただく。もう少し早く訪れれば、多少なりともいい色が撮影できたかも ・・・ と思うと多少悔いが残る。

231129-60 御岳渓谷.jpg 231129-67 御岳渓谷.jpg 231129-72 御岳渓谷.jpg★添えた写真は、11月29日、東京都青梅市の御岳渓谷で撮影しました。
posted by 三龍斎 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

念願だった東京青梅市の【秋の御岳渓谷】を撮影してきました!

頭が押さえつけられるように重い、フワーとする、首から肩に掛けてダル強痛い、気持ちが悪い、目がショボショボ、確実に認知機能が退化、etc.etc ・・・ そんな、体調が思わしくない事を理由に書斎でゴロリ・ゴロリでは、間違いなく次の診察で【うつ】ですね、精神内科を紹介するから行きなさいと言われる。ヤダ! 体調が悪くても自家用車なら、写真撮影ぐらいならと、頑張って方々の【紅葉】写真の撮影行脚である。本日は、念願だった東京都青梅市の 【秋の御岳渓谷】 を撮影してきた。早速、ブログタイトルの背景写真に使用、その他140枚ぐらいシャッターを切ったので追々紹介したいと思っている。何枚使えるかは疑問だが ・・・

221123-77 御岳渓谷.jpg
☆掲載の写真は、平成22年11月23日、東京都青梅市の【御岳峡谷】で撮影
☆昨日(11月22日 月曜日)のご訪問者数=367人、ページビュー数=1589回
ラベル:紅葉 渓谷美
posted by 三龍斎 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

多摩川上流の「御岳渓谷」ってどんな所? 写真でお答えしましょう!

東京都の奥多摩湖へは何度か訪れた。青梅市の多摩川沿いは殆ど通過だった。多摩川の渓谷が絶景の場所であることも知っていたが、紹介したい「有名な場所」のポイントを知らなかった。去る6月11日、多摩川の上流、JR青梅線御嶽駅から沢井駅の間の御岳渓谷を凡そ2時間掛け写真撮影してきたので紹介したい。
既に、6月11日=川釣り風景、6月12日=橋、カヌー・ボート遊び風景、6月14日=大鷲 合計11景(11枚)を紹介しているのでそちらもご覧頂きたい。

220611-56 御岳渓谷多摩川.jpg

以下はサムネイルしています。写真をクリックし大きく映してご覧下さい。
220611-12 御岳渓谷.jpg 220611-23 御岳渓谷.jpg 220611-27 御岳渓谷.jpg

220611-31 御岳渓谷.jpg 220611-32 御岳渓谷.jpg 220611-40 御岳渓谷.jpg

220611-47 御岳渓谷.jpg 220611-52 御岳渓谷.jpg 220611-58 御岳渓谷.jpg
posted by 三龍斎 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大鷲の 餌に困らぬ 御岳峡 (川柳 御岳峡谷の鷲)

天下を睥睨するかの様に悠々と御岳渓谷の上空を旋回・滑空する「大鷲」を見かけた。去る6月11日の午後、東京都青梅市の「御岳渓谷(多摩川)」を散策中にである。人間社会の色々な ・・・ 余計な記述は控えよう。適当にご想像くだされ!

大鷲の 餌に困らぬ 御岳峡

220611-20 大鷲・御岳渓谷.jpg
☆平成22年6月11日撮影 青梅市御岳渓谷(沢井の少し上流)上空で旋回する大鷲
昨日(6月13日 日曜日)のご訪問者数=357人、ページビュー数=2219回
一昨日(6月12日 土曜日)のご訪問者数=254人、ページビュー数=671回
posted by 三龍斎 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

カヌーやボートでの川下りの模様を紹介します(写真 御岳渓谷)

昨日、東京都青梅市の多摩川の上流 「御岳渓谷」 を訪ね、橋の風景を紹介した。多摩川は水量も豊かで「カヌー」や「ボート」遊びのメッカでもあるらしい。その川遊び(川下り)の模様を紹介する。

220611-16 カヌー御岳渓谷.jpg

以下はサムネイルしています。写真をクリックし大きく映してご覧下さい。
220611-19 川下り.jpg 220611-34 川下り.jpg 220611-36 川下り.jpg
posted by 三龍斎 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真 青梅市の多摩川の上流にある「御岳渓谷」を訪れ「橋」を撮影してきました!

東京都の奥、青梅市多摩川の上流「御岳渓谷」を訪れた。昨日のことだ。
風景写真撮影には、そこそこのお天気、何枚か気に入った写真が撮れたので、先ずは、「橋」の風景から紹介したい。尚、JR青梅線「御嶽駅」付近から、同じく、「沢井」駅付近の多摩川を御岳渓谷と称している。

220611-41 橋・御岳渓谷.jpg

以下はサムネイルしています。写真をクリックし大きく映してご覧下さい。
220611-37 橋・御岳渓谷.jpg 220611-42 橋・御岳渓谷.jpg

220611-45 橋・御岳渓谷.jpg 220611-49 橋・御岳渓谷.jpg
昨日(6月11日 金曜日)のご訪問者数=252人、ページビュー数=661回
posted by 三龍斎 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

東京都文京区の椿山荘の「庭園の香vを写真で紹介します!

一昨日は「滝」を、昨日は「赤い橋」を紹介した。東京都文京区にある「椿山荘」の話だ。
6月2日、椿山荘へは初めての訪問である。庭の撮影の許しを得て約100枚ほど写真撮影したが、本日は、「滝・橋」以外の写真を紹介したい。現在は「緑」が濃くなってしまっているが一ヶ月も早ければ若緑と濃緑のコラボが素晴らしかっただろうと容易に想像できる。秋には再度訪れて紅葉を撮影したいものだ。因みに、「写真撮影のルール」、「禁煙」さえ守れば幾らでも撮影させてもらえる。駐車は有料だが、入園料・入館料は無しである。
☆庭園内での禁煙表示は見かけなかったが、そこはそれ、禁煙先進国の欧米人や若い女性たちの姿を見かければ、喫煙を控えるのは阿吽の呼吸ちゅーものである。

220602-64 文京区椿山荘.jpg

☆以下はサムネイルしています。写真をクリックし大きく映してご覧下さい。
220602-14 椿山荘.jpg 220602-17 椿山荘.jpg 220602-23 椿山荘.jpg

220602-27 椿山荘.jpg 220602-31 椿山荘.jpg 220602-32 椿山荘.jpg

220602-33 椿山荘.jpg 220602-35 椿山荘.jpg 220602-37 椿山荘.jpg

220602-42 椿山荘.jpg 220602-44 椿山荘.jpg 220602-45 椿山荘.jpg

220602-46 椿山荘.jpg 220602-49 椿山荘.jpg 220602-50 椿山荘.jpg

220602-53 椿山荘.jpg 220602-56 椿山荘.jpg 220602-58 椿山荘.jpg

220602-59 椿山荘.jpg 220602-63 椿山荘.jpg 220602-66 椿山荘.jpg

220602-73 椿山荘.jpg 220602-83 椿山荘.jpg 220602-85 椿山荘.jpg
posted by 三龍斎 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

東京都文京区の「椿山荘」の庭園にある「赤い橋」を紹介!

庭が綺麗だとの話に乗って、東京都文京区の 椿山荘 を訪れ、100枚ほど写真を撮らせていただいた。一昨日のことである。色々と見所はあるが、昨日「滝」を紹介したので今日は「橋」を紹介したい。

220602-21 椿山荘・橋.jpg

☆以下はサムネイルしていますので、写真をクリックし大きく映してご覧下さい。
220602-19 椿山荘・橋.jpg 220602-24 椿山荘・橋.jpg 220602-25 椿山荘・橋.jpg
posted by 三龍斎 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

東京文京区の”椿山荘”の庭の滝を撮影してきました!

都内に所用あり。余った時間を利用して、過日、息子の一人から”椿山荘の庭が中々いいよ”と写真撮影を薦められていたのを思い出し、JR目白駅から都バスを利用し文京区にある同庭園を訪ねた。都内に民間でこれだけの「庭」は凄いねー 広い庭の中に、ホテル&レストラン&料亭 etc 結婚式にも遭遇、神社、五重塔、石仏、滝、池、水車、ホタルの生息地 ・・・ 語りきれぬ。とりあえず、本日は庭園内の「滝」をご紹介したい。
☆以下の写真は平成22年6月2日撮影 東京都文京区の「椿山荘の滝」

220602-79 椿山荘.jpg
☆上の写真は、滝の裏側から撮影。
☆以下はサムネイルしていますので、写真をクリックし、大きく映してご覧下さい。
220602-65 椿山荘.jpg 220602-69 椿山荘.jpg 220602-70 椿山荘.jpg

220602-75 椿山荘.jpg 220602-76 椿山荘.jpg 220602-77 椿山荘.jpg
一昨日(6月1日 火曜日)のご訪問者数=205人、ページビュー数=651回
昨日(6月2日 水曜日)のご訪問者数=164人、ページビュー数=474回
posted by 三龍斎 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

奥多摩でカッコイイ「つり橋」を見つけました!

「ちい散歩」で奥多摩の紅葉を紹介していた。青梅市の御岳峡谷である。
今年は終わっているとのことだったが、来年こそ写真撮影しようと、駐車場の有無等々の現場視察(?)である。ホンノチョット足を伸ばした所で、掲載写真の「つり橋」をミッケである。奥多摩大橋という。秩父市で見つけたのも「つり橋」、最近の流行らしい。従来の橋に比べて、真にカッコイイ。通行量と建設・維持費のコストパホーマンス云々、美しいのだ。この際無粋な話はヨソーゼ! 平成21年12月8日のことである。

211208-203 奥多摩大橋.jpg
※12月16日 追記:
松本清張の大ファンである。私のことだ。書籍はとも角TV化されたものを見逃すわけにいかない。清張翁生誕100年ってことで、TV局が松本清張原作の TVドラマ を次々と再放送している。本日はTBSで 13:55 〜 15:50 「塗られた本 夜の銀座に燃え上がる女2人の情念」 である。その中で、上記掲載写真の「奥多摩大橋」が登場した。
結構「絵」になるよねー ウンウン 中々いいセンスしてるよ! この場所を選んだのは、監督かな? 脚本家かな? プロデューサーかな ?
posted by 三龍斎 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

五百曼荼羅が撮影したくて、東京目黒区の目黒不動尊に行ってきました。

徳川幕府三代将軍"家光"の鷹狩りに因み江戸幕府の手厚い保護を受けてきた東京目黒区の通称"目黒不動尊" =天台宗泰叡山瀧泉寺=を参拝してきた。予め地図でJR五反田駅からが一番便利だと調べ済みだ。オッ! 皇后陛下の実家が在った所ジャン! で五反田の印象は真にいい。他に五反田駅近辺にノッピキならぬ用があった訳ではないのにわざわざJR山手線を使い五反田駅まで行き、そこから東急バスまで使って参拝してきたのには、それなりの理由がある。

過日、何の番組かは忘れたが、目黒不動尊(寺の堂内)にある"五百曼荼羅"がTVで紹介されたので、ヒョットしたら曼荼羅群像を写真撮影させてもらえるのではないかと、淡い希望を抱いたからである。密かに訪れるチャンス(?)を狙っていたのだ。五百曼荼羅に拘るのは、彩の国(埼玉県)"小江戸川越喜多院の五百曼荼羅"と"寄居町少林寺の五百曼荼羅"を別URLだが紹介させてもらっているから、その延長線なのだ。

残念ながら、堂内入り口にビデオ・写真撮影禁止と明示されていた。やはり素人の一個人じゃー駄目なんだ! TV番組のは特別なんだ! で、スンナリ諦めたのである。何れの神社仏閣も、屋内安置の(信仰対象の)仏像などは素人に撮影を許していない。マー シャーナイカ!
★(2012/1/21) 追記:平成24年(2012年)1月21日に、撮影した他の写真を掲載しました。

2009/2/17 12:04 撮影 目黒不動尊 山門
210217-14 目黒不動尊.jpg
posted by 三龍斎 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵国 東京都 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。