2017年03月12日

『川柳: 悼む人の ありし我にも 311』 東日本大震災・福島第一原発事故から6年。

多くを語る必要などない。6年前に大地震が発生し大津波を引き寄せ、原因に人災を含む深刻な放射能事故が発生した。合唱。

『川柳: 悼む人の ありし我にも 311』
   ・・・ 大惨事から後一年で 七年 ですか ・・・
『川柳: 冥王が 何故拒むのか 住民票』
   ・・・ 赤い紐などはどす黒く腐ってしまっている?
『川柳: 激流が 奪い隠した 赤い紐』

280312-2.png

280630-3s.jpg


ラベル:東日本大震災
posted by 三龍斎 at 11:04| Comment(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

『川柳: 窓の外 鈴虫騒ぐ 台風禍) 未だ終わっていませんが、台風禍はいつまで続くのでしょうか?

顕著な苦痛を自覚しなかった為難病発病と気付かず無理してまで再編集に取り組み始めたにメモしておいたものの
投稿です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(川柳) 窓の外 鈴虫騒ぐ 台風禍
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


280630-3s.jpg
posted by 三龍斎 at 21:11| Comment(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

『川柳』 見返りは こぼれる笑顔と ありがとう (熊本地震被災地がボランティアを受け入れ開始)

熊本地震被災地の人々がボランティアを待っておられます。

『川柳: 見返りは こぼれる笑顔と ありがとう』

280422-3f.jpg

(川柳背景の写真は、”無料壁紙、フリー写真素材”から借用しました)
(川柳背景の写真”オキナグサ”の花言葉は ”奉仕” です)

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 20:08| Comment(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

『川柳』 AIに 地震予知など 願いたし (将棋や囲碁で人間を凌駕しても地震予知は出来ないの?)

人知の及ばぬ自然災害、辛いです。今や月はおろか金星までも征服しかねない時代なのに多寡が地球のくしゃみで私達は艱難辛苦を背負わされます。テロったり防いだり、ドンパチごっこをする暇と金が有ったら何とかなりそうに、私のような凡夫は思えるのですが、・・・・・

280410-780e.jpg

(川柳背景の写真は自宅で撮影した鉢植えです)

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 11:53| Comment(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『川柳』 ノーベル賞 絶対確実 地震予知 (戦前では想像もつかぬ程科学技術が進歩しました。でも地震予知は?)

日本列島は間違いなく地震列島です。地震は時として未曾有の被害を引き起こします。ダジャレでなく「地震雷火事親父」と古から恐れられてきました。アメリカでは地震予知はとっくの昔に諦めて発生後の被害を小さくする為の施策に切り替えたそうですが、日本では・・・
「地震予知研究」でWEB検索してみました。東京大学、京都大学、民間でも地震予兆研究センターなどがヒットしました。それなりに研究しているのでしょうが未だ実を結ばずってことですね!

280410-811e.jpg

(川柳背景の写真は、埼玉県坂戸市の越辺(おっぺ)川堤防敷地に植えられた安行寒桜(大寒桜)が散った後です。4月10日に撮影しました)

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 05:53| Comment(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

『川柳』 生きていて 良かったサンシュユ 庭の隅 (東日本大震災の復興、未だ成らず)

昨日は震災忌、5年前の3月11日に東日本大震災が発生しました。
昨日はテレビで、本日は新聞紙上に多くの方々が辛い思いを語っておられます。辛さは忘れられませんが一日も早く乗り越えられ笑顔を取り戻される日をお待ちしております。

280312-23e.jpg

◎川柳背景の写真のサンシュユは本日自宅庭で撮影しました。

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 14:29| Comment(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

『川柳』 故郷を 捨てたにあらず 震災忌 (東日本大震災、東京電力原発事故から早や5年!)

東日本大震災からもう5年にもなるのですね。
震災で故郷から離れざるを得ず、捨てたのではないのに、捨てる訳ないのに、5年も経つのに帰りたくても帰れぬ人々の何と多いこと。

230327-70f.png

◎背景の写真は仮設住宅準備作業のボランティア説明会に集まった人々

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 12:42| Comment(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

『川柳』 日々是好日 そうはさせじの 噴火かな (関東・東北南豪雨禍の疵が癒えぬのに阿蘇山が噴火!)

日本はマッコト災害列島ですね!
昨日までのテレビ画面は関東・東北南豪雨禍一点張りでしたが、今日は熊本県阿蘇山の噴火に主役交代です。地震、津波、台風、豪雨、洪水そして噴火 ・・・ あーあ
平安時代ですと、天変地変が続くと何とかの崇りだとかで権力者が交代なさるのですが、今は平成の世、政権交代などありませんし、崇りとか怨霊、神様が下された試練などと申しますと変な人と一蹴されます。自然災害は起こります。問題は、予測し備えがあったかどうかだけなのです。

270914-1s.jpg

◎川柳背景のイラストは”いらすとや”から借用しました。

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

『川柳』 副業で 実力誇示の 自衛隊 (災害救助でヘリコプターが大活躍)

日本航空123便墜落事故は1985年(昭和60年)8月12日でした。御巣鷹の尾根に墜落しました。その時、始めてヘリコプターでの自衛隊の救助活動がテレビ放映されました。サーカスのような光景に驚き感激もしました。
今回の関東・東北南部豪雨で茨城県常総市・鬼怒川の堤防決壊による救助作業では、何台ものヘリの活躍ぶりが放映されました。消防ヘリもいたでしょうが大半は自衛隊ヘリの筈です。テレビ画面でのその活躍を当たり前の風景と見ていました。元来、自衛隊は外敵と武力で戦うのが本業で災害救助は消防が主体の筈なのに、・・・ 隔世の感ありです。
NHK NEWS WEB 9月12日 12時15分 ↓
茨城 常総 不明15人の捜索と救助続く
270912-1t.jpg

◎川柳背景のイラストは、”いらすとや”から借用しました。

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

『川柳』 やさぐれ台風 睨み合いして 長逗留 (記録的豪雨、関東、東北南部で被害甚大)

台風17号、18号が留まり相乗作用で50年に一度の記録的豪雨、住まい付近でも物凄い雨でした。関東、東北南部に大雨特別警報が出されました。茨城県常総市の鬼怒川、宮城県大崎市の渋井川を始めとして7ヶ所も堤防が決壊し洪水、24ヶ所で堤防から溢れ浸水するなど甚大な被害をもたらしました。何も悪い事をしていない人々がどうしてこの様な災害に逢わなければならないのでしょうか?

270911-1s.jpg
◎川柳背景の逆さ箒のイラストは、”いらすとや”から借用しました。
NHK 9月11日21時26分 → 鬼怒川水害「太陽光事業者の掘削が要因では」 住民指摘

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

『川柳』 災難を 見せられお茶の 苦さかな (鬼怒川堤防が決壊、常総市の被害甚大)

関東一円に長時間の豪雨、茨城県常総市・鬼怒川の堤防が決壊し被害ぶりや救助の模様をテレビで午後から長々と見せられています。テレビで放送されていないだけで鬼怒川以外の関東一円の被害は甚大と思われます。

住まい近辺も猛烈な雨で近くの越辺川や高麗川・都幾川に見るからに恐ろしげな濁流が流れていますが、私が知る限りでは堤防決壊とか氾濫はありません。被害ぶりを放送されても私は何もできません。被害者を慮れば憂鬱です。息苦しくなります。
NHK NEWS WEB 9月10日 18時51分 ↓
茨城・鬼怒川で堤防決壊 濁流のなか懸命の救助
270910-2s 台風のイラスト素材画像集.jpg

◎川柳背景のイラストは、台風のイラスト素材画像集(無料)から借用しました。

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

『川柳』 長雨で 雨乞い龍蛇 生あくび (長雨に続き今日は豪雨、ウンザリです)

うっとおしい長雨です。今日は猛烈な土砂降りです。幸い雨や洪水、土砂災害には強い丘に住み処がありますので大きな心配はありませんが、関東の方々に警告、避難指示や勧告が出されています。この様な状態では、雨乞いの必要はありません。

200830-48s.jpg

◎背景の写真は、埼玉県鶴ヶ島市脚折の「脚折雨乞い行事の龍蛇」です。

280613-5-2 トップページ.jpg
posted by 三龍斎 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

川柳: 醜態を 晒す松枯れ 梅雨来たり (松枯れ病に犯された松の木に気味悪いキノコが生えていました)

大規模住宅造成地調整池の土手補強のための松の木が数年前から松枯れ病に犯され始め、本日数えたら十本ほどの内一本を残して無様な姿をみせていました。加えて、枯れた松の木にこれまで見たことのないキノコがくっ付いていました。気味の悪い風景でした。

270603-206s.jpg
ラベル:松枯れ病 キノコ
posted by 三龍斎 at 19:14| Comment(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

川柳: 震災を 忘れてならじと 祈りの灯 (阪神淡路大震災から20年も経ちました)

つい先日のように思えますが、阪神淡路大震災が起こって最早20年も過ぎました。
会社に出勤直後、同僚の噂で近畿地方に大震災が発生したと知り、取るものも取りあえず勤務先の会社のビルを飛び出し、こんな時の為と場所を確認していた公衆電話で大阪市・吹田市・箕面市在住の肉親の安否を確認しました。幸いと言っては語弊がありますが、命に係わるほどの被害は受けていませんでした。肉親の為に駆けつける必要が無いとしても、何か私に出来ることが無いかと思案していたら、朝日新聞の天声人語で「視覚障害者援助の要請」を見付け、ヨメの実家を基地(宿泊所)にして一週間、現在でいうボランティア活動を行いました。(当時ボランティアの概念は一般的ではありませんでした)宿泊費はヨメの実家ですので無料ですが活動費として20万円を用意していました。年休は、当時管理者でしたので理由を問わず一か月以上休めば首と知っていましたが、こんな事で首になるのならそれも運命と求められる限り無期限の構えでした。
活動は主に神戸市でした。神戸市は生まれた直後から小学校入学までの間お世話になった街です。働き甲斐がありました。残念ですが巧みに一週間で追い返されてしまいました。
長文になってしまいました。疲れました。具体的にどの様な活動だったのか? 何を見聞きしたのか? 何を学んだのか? 機会があれば続きを記述したいと思います。
     (この記事の事を覚えておればの話ですが ・・・)

190526-136a.png

◎川柳背景の写真は、震災後10年程経ったころ、神戸市での姪の結婚披露宴風景です。
posted by 三龍斎 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

川柳: 老体が 寒さに慣れるは 夕げ後 (老いるって事の意味を一日一に実感しています)

台風19号が過ぎ去った途端きつい寒さになりましたね。
温かい台風が去ったことで寒波を引きずり込むのだそうですが、急激な温度変化は老体に堪えます。老人と自覚していない頃は、老いるって事がこれ程までに自然の気温・湿気などに対応できなくなるとは知りませんでした。大自然の変化に適応し辛いのです。若ければ気候に順応することなど朝飯前でしょうが、老人は朝飯前ならぬ夕げ後です。難儀なことです。

261017-1a.jpg

※川柳背景の写真は、埼玉県立長瀞玉淀自然公園付近の山です。
posted by 三龍斎 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

川柳: 雪解けを 待つ身も辛し 御嶽山 (御嶽山噴火で行方不明の7人の捜索が中止されました!)

御嶽山の噴火に巻き込まれ行方不明となった7人の捜索が中止されたそうです。やむを得ない判断としても、近親者にとっては真に辛い事です。もし遭難者が私の身内としたら、果たして私はこの様な事態に耐え得るか否か、甚だ疑問です。
NHK NEWS WEB 10月16日 18時37分 ↓
御嶽山 ことしの捜索を中止 来春以降再開へ
261016-6a.jpg
posted by 三龍斎 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

川柳: 俊足が 自慢らしいね 19号 (大型で被害甚大かと思えば、肩すかしの台風でした)

気象庁の発表の表現が変わった様子ですね。危機感を煽る内容です。テレビを見ていて猛烈な大型台風襲来かと恐れていたら、並みの台風で何事もなく、サッと通り過ぎてしまいました。未だ、時々強い風が吹いています。
在所だけこんな風で、他の地域での被害状況が放送されてはいますが、被害甚大なのかな? こんな具合が続くと間違いなく予報や警告が ”オオカミ少年”になりそうです。その方が恐いです。クワバラクワバラです。
NHK NEWS WEB 10月14日 8時01分 → 東北など 昼すぎにかけ非常に強い風に
261014-1s.jpg

◎日本気象協会の午後2時の発表では、台風19号は温帯低気圧になったそうです。
posted by 三龍斎 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

川柳: 命名に 焦ることなく 19号 (大型台風19号が襲来だそうです)

終戦後はキャサリーン台風とかジェーン台風とか、台風にアメリカ女性の名前を付けさせられていましたよねー 19号、簡潔でイイデス! 隔世の感ありです。
NHK NEWS WEB 10月13日 16時23分 → 台風19号 高知県宿毛市付近に再上陸
261013-3a.jpg

※川柳背景のイラストは”いらすとや”からお借りしました。
ラベル:台風19号
posted by 三龍斎 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

川柳: 神様も 度が過ぎますと 恨み節 (御嶽山噴火、救助、捜索活動がままならず)

原発事故時の放射能対応とか、化学工場の火災(高熱・有毒ガス)対応とか、噴火時の(高熱・落石・有毒ガス)などなど高熱や有毒ガスに耐え得て立ち向かえるロボットを一日も早く開発してほしいですね! 御嶽山噴火の救助や捜索活動に消防、警察、自衛隊が難儀しているとか!
NHK NEWS WEB 10月1日 9時36分 ↓
御嶽山での捜索を再開 範囲を広げることに
260925-64s.jpg

◎写真と川柳・雑文とは関係ありません。
posted by 三龍斎 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 習作川柳(自然災害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。